艦これ 軽空母 対潜。 【艦これ】潜水艦のみを攻撃する対潜支援哨戒を試してみた

軽空母の性能一覧と、育成艦のアドバイス | ぜかましねっと艦これ!

艦これ 軽空母 対潜

明日の夜開始となった冬イベントですが、早くも最初の海域名が発表されたりしてワクワク感が止まりません。 艦娘の練度は駆逐と軽巡に不安があるものの資材の備蓄は十分に出来たので準備OKという感じです。 あとはイベントまで何をしようかと思っていたのですが、前回の秋イベントで変わった支援艦隊についてあらためて調べておこうと思いました。 特に気になるのが新しく追加された『対潜支援哨戒』です。 イマイチよくわかっていなかったのでイベント前にwikiを見て調べてみました。 対潜支援哨戒の発生条件 新しく追加された支援で『対潜攻撃』をします。 編成の基本は航空支援と同じですが、通常の航空支援にさらに条件を付けると対潜支援になるようです。 航空支援の条件を満たす• 対潜支援で 対潜航空攻撃可能な軽空母1隻必須• さらに対潜航空攻撃可能な、軽空母、水上機母艦、補給艦、揚陸艦、軽巡洋艦を1隻以上、または海防艦2隻 【対潜航空攻撃可能な艦】• 軽空母:艦攻/艦爆/カ号観測機/三式指揮連絡機など• 水上機母艦:水上爆撃機/水上戦闘機/水上偵察機/飛行艇/カ号など• 補給艦:艦攻/水爆/水戦/水偵/飛行艇/カ号など• 揚陸艦:カ号など• この軽空母に対潜値が付いている艦載機を積んで、さらに上記の対潜航空攻撃可能な艦を含めれば対潜支援哨戒になります。 例)駆逐2軽空母2、駆逐2軽空母1水上機母艦1、駆逐2軽空母1海防2など あとは条件を守りつつ編成を増やします。 海防艦にダメージや命中アップがあるのかは不明です。 装備 次に装備を見てみます。 基本的には対潜値が付いた艦載機を使います。 艦載機が積めない駆逐に載せるソナー、爆雷はダメージには関係無いようです。 ソナーや電探を積んだ際に命中率が変わるのかは不明。 (とりあえず余っているソナーを積んでおけばよさげ? いまのところ判明しているのは『スロットの搭載数』と『艦載機の対潜値』がダメージに関わっているようです。 装備する艦載機は対潜値が付いているものを選びます。 そして、対潜値付きの艦載機は水上艦を攻撃するものとしないものの2種類に分かれます。 攻撃するもの(艦攻・艦爆・噴式爆撃機・水爆など)を1つでも積んでいれば水上艦のみの編成にも攻撃します。 攻撃しないもの(水戦・水偵・飛行艇・カ号観測機・三式指揮連絡機など)のみの場合は潜水艦がいない編成には攻撃しません。 (支援が来ない。 ですので、今回のテーマである『潜水艦のみを攻撃する対潜支援哨戒』では水上艦を攻撃しない装備のみで支援艦隊を編成してみます。 編成例 まんべんなく減っているので、撃墜されたものと思われます。 通常の航空戦であれば偵察機は関係無いですが、対潜支援の場合は普通に減るようです。 後記 例えば、『A:水上艦のみ』『B:潜水艦のみ』『C:水上艦のみ』『D:水上艦のみ』の4マスを通過しようとした際に対潜支援を出すとします。 ここで艦攻や艦爆を積んでしまうとA~D全てに支援が行ってしまいます。 それはそれで支援としては良いのですが、敵空母などが混ざっていると効果のわりに結構損害が出たりします。 いまのところ対潜支援に艦戦を混ぜても制空権喪失となってしまうようです。 Bマスのみに送れるのならば1マスだけですし潜水艦の対空能力などはそれほど脅威ではありません。 支援艦隊で積んでいる艦載機の損害を最小限にしつつ道中のやっかいな潜水艦のみを攻撃出来るのは便利だと思います。 まだ細かいところで不明な点は多いですが、冬イベントE-1は対潜マップになりそうですので1つの手段として覚えておくと良さそうです。 Powered by• - 当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。 , LTD. All Rights Reserved. All Rights Reserved. , Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved. Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~ All Rights Reserved.

次の

初心者向け潜水艦指南

艦これ 軽空母 対潜

これまでの4-4編成はこのような感じ。 編成 使用した編成は画像の通りです。 道中3戦(AEIK)ルートを通ります。 制空値は158です。 一度も優勢以下になることはありませんでした。 A…制空値なし• E…制空値なし(潜水艦)• I…制空値なし• 空母枠に2隻を編成しています。 スロットの機数が小さいので消費を抑えることができ、対潜マスでの活躍も期待します。 は対潜値によって先制対潜攻撃をできるようになりますが、瑞鳳改二乙と大鷹改二とでは必要な対潜値が若干異なる点に注意が必要です。 大鷹改二は艦攻かさえ装備すれば良いですが、瑞鳳改二乙は対潜値が65を超えるようにします。 には対潜値がついていて良い感じです。 空母枠の3隻目は軽空母のこと飛鷹を編成しました。 装備スロットの機数が綺麗です。 昼戦火力不安要素なので、空母は全員戦爆連合カットインをできるようにします。 は先制対潜ができる子です。 火力に期待するのはやめたので、対潜に全振りします。 大鷹改二の3スロット目には彩雲を持たせました。 にするか5秒ほど悩んだのですが、開幕に不安があったので触接をきっちり取りに行くことにしました。 村田、友永の艦攻と合わせて触接成功率が96. 5%あります。 条件 いつも通りです。 画像にダが写っていますが使いません。 大破したら撤退します。 守るつもりのない戦果周回ルール• 出撃ボタン押下時~帰投後補給ボタン押下時の時間を出撃時間とする• 大破艦が出たら撤退する• 出撃時に中破以上の艦がいないようバケツを使用する• 対潜海域ではダ進軍を許可する• 対潜海域では出撃時の中破艦を許容する• 海域道中に補給マスがある場合、獲得した資源を消費資源と相殺する 結果• ボス到達率 出撃・内訳 回数 割合 合計 20 - S勝利 16 80. 92 1. 90 21. 42 出撃時間 1:46:13 5:19 - 燃料 2857 143 1613. 87 弾薬 2292 115 1294. 71 鋼材 853 43 481. 85 1590 80 898. 16 高速修復材 13 0. 65 7. 94~2. 00 ・出撃時間:4分51秒~6分02秒 雑感 満足です。 期待以上の結果を得られました。 さすがに上振れした数値だと思いますが、4-4のことがちょっとだけ好きになりました。 意外だったことに思っていたよりも開幕火力がありました。 良い艦載機を使ってしっかり触接すれば、少ない機数でもしっかりと成果を出すことができます。 がとてもいい仕事をしてくれました。 航空戦でうち漏らした敵艦を落とすのに、を狙ってもきっちり中破大破まで持っていけるので、ケチケチせずに雷装は盛っておくべきだと学びました。 5-4に似ていると良く言われる4-4ですが、低速艦を自由に入れられるのが嬉しいですね。 おまけ 1 2 3 4 5 6 出撃回数 20 20 30 31 75 20 ボス勝利率 75. 87 20. 88 19. 29 19. 81 20. 18 21. 53 1. 79 1. 75 1. 86 1. 89 1. 90 出撃時間 5:26 5:09 5:26 5:37 5:37 5:19 燃料 283 253 202 170 186 143 弾薬 190 208 144 125 143 115 鋼材 207 118 90 78 72 43 32 124 76 84 92 80 高速修復材 1. 75 1. 25 1. 00 1. 61 1. 04 0. これ どうみても上振れしていますが、それを加味しても今までの4-4の中では頭一つ抜けた編成ができたと思います。 ところでうちには神鷹がいません。 次回のイベント、期待しています。 よろしくお願いします。 他の編成はこちらの記事から。 以上 yktd708.

次の

【艦これ】先制対潜の条件と、僕がよく使う対潜値ラインの目安

艦これ 軽空母 対潜

みなさん、こんばんは! 6月<水無月>のExtra Operation攻略を始めました。 そういえば、「水無月」というはいるようですが、まだ実装されてませんね。 されるかどうかはわかりませんけど(汗)。 で、今回は 手始めの1-5の攻略です。 Extra Operationでは簡単な方なので、サクッと攻略してきました。 まずは今月の編成・装備構成です。 今月は 軽編成としています。 全艦対潜装備で固めた装備構成です。 ・駆逐はソナー+の対潜セットで対潜能力を向上させています。 航空戦艦は「」の運用で対潜火力を引き上げています。 軽は「三式指揮連絡機 対潜 」で対潜火力を上げ、「彩雲」でT字戦(不利)を回避しています。 ただし、 軽は艦攻・を装備しないと対潜攻撃できないので、比較的対潜が高く命中も上がる「九七式艦攻 熟練 」で攻撃可能にして、さらに対潜性能の底上げも図っています。 ・・・まあ大体いつも通りの装備編成ですね(笑)。 1-5は正直変えようがないので、大体こんな感じになってしまいます(汗)。 あえていばらの道を突き進むのなら話は別ですけど(笑)。 実際の攻略結果です。 1回目。 しかし、あそこまで執拗に狙われると、「暁」に何かうらみがあるんじゃないかと思うレベルですね(笑)。 2回目。 育成を兼ねるには少々経験値が少ないので、あまりレベリングには向きませんね。 3回目。 連続大破撤退はめったに起こらないので、かなり焦りました(笑)。 特に3戦目大破撤退は、敵の陣形を考えると運が悪かったとしか言いようがない感じですし(汗)。 クリア時。 「」を積むと、本当に強力ですね(笑)。 潜水艦ヨ級flagshipを一発で撃破したのは見たことがなかったので、なかなか爽快でした。 ということで、今月も攻略完了です。 最後は期間限定グラフィックの「祥鳳改」にMVPをとってもらって、記念撮影したかったですが、なかなか軽にはハードルが高いですね(汗)。 また違う所で記念撮影しておこうかと思います(笑)。 軽編成の場合、 「彩雲」でT字戦(不利)を回避できるのは大きいですね。 T字戦(不利)だと、・駆逐でも潜水艦ヨ級flagshipを倒しきれないこともあるので、不安要素が増えますからね。 とはいえ、 軽そのものは装甲が低いため打たれ弱いこと、中破以上すると攻撃できなくなることのリスクが大きいのも特徴です。 の場合、装甲が高く安定感が増しますし、もし中破以上しても攻撃できるため、戦力として計上することもできます。 どちらがいいかと言われれば、 手に入れやすく装備も集めやすい軽の方がお手軽感はありますが、 航巡が育ってきて装備も充実していればこちらの方がいいような気もします。 とはいえ、どちらでも攻略そのものに大きな影響はないので、育っている方や使いたい方など、好みで選べば特に問題はなさそうですね。 ということで、今回はこの辺で。 1-5の次は、1-6か2-5の方をやっていくつもりです。 katatsuwasa.

次の