お手数かけてすみません 英語。 お手数おかけしてすみませんって英語でなんて言うの?

「お手数をおかけします」はこの英語で通じる?|マイスキ英語

お手数かけてすみません 英語

お手数ですがに当てはまる英語はない!? 「お手数ですが」という言葉は、相手に手間や時間をとらせてしまった際に、迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを伝えるために使います。 実は、日本語の 「お手数ですが」という言葉に、上手く当てはまる英語はありません。 例えば、取引先の会社の女性の方に電話をかけましたが、その方が席を外している時、電話に出られた方は、日本語だとこのように答えることが多いですよね。 「〇〇は今席を外しております。 Can you call back in an hour? 英語に訳した時は、 「お手数ですが」にあたる表現が入っていません。 しかし、丁寧語や謙譲語に値する表現なので相手に失礼にはならずに、決まり文句として使える英会話なので、覚えておきましょう! 「お手数ですが〜してください」「お手数ですが教えてください」の英語表現 ビジネスシーンにおいては、「お手数ですが」という言葉を使う場面は、他にもたくさんあります。 たとえば、相手に面倒なことを頼む場合、 「お手数ですが、〜してもらってもいいですか?」 と言ったり、 自分が相手へ何か確認をお願いしたい場合には、 「お手数ですが、ご確認よろしくお願いいたします。 」 と丁寧に依頼することはよくありますよね。 このような場面では、 Would you mind〜? Sorry for inconveniencing you, but〜? Sorry to bother you, but〜? というような表現を使います。 英語には、日本語でいう「お手数ですが」という便利な表現はないので、このように様々な表現で、日本語の「お手数ですが」に近いニュアンスを表現します。 いくつか例文と単語の解説を見ておきましょう。 お手数ですが私にその書類をとっていただけますか? Would you mind passing me that documents? Would you mind〜は、〜してもらえませんか?という丁寧な敬語表現なので、日本語でいう「お手数ですが」のニュアンスに近くなります。 お手数ですが、もう少し詳しく教えてもらえませんか? Sorry for inconveniencing you, but would you explain a little more in detail? inconvenience は、迷惑や不都合という意味です。 迷惑をかけて申し訳ないのですが=お手数ですが というニュアンスの言い方ができます。 お手数ですが、あとで私に電話をしていただけませんか? Sorry to bother you, but could you call me back later? botherという単語は、手間をかけるという意味があるので、 お手間をかけますが=お手数ですが、お忙しいところ恐れ入りますが という意味で使われます。 ビジネスメールでよく使う「お手数ですがご確認お願いします」 ビジネスシーンにおいては、 「お手数ですがご確認お願いします」 という表現をよく使いますよね。 煩わせる、面倒をかけるという意味を持つ、 trouble を使った表現で、 I am sorry to trouble you, but 〜 という表現は、ビジネスメールでもよく使われる表現なので、合わせて例文を見ておきましょう。 お手数ですがご確認よろしくお願いいたします。 I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. ちなみに、 confirmは確認するという意味の単語で、確認をお願いする時によく出てくるフレーズです。 下記ご確認ください。 Please confirm the following information. こちらも覚えておくと便利です。

次の

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数かけてすみません 英語

「お手数をおかけして申し訳ございません」の使用例 では、まず「お手数をおかけして申し訳ございません」という意に近い使用例全文について見ていきます!なお、こちらの使用例は実際に私が10,000本以上のメールをやりとりした結果実際のネィティブが使っていた言い回しをサンプルとしてまとめたものです Hi Mike, As we discussed yesterday, could you share me the list following? — company name — e-mail address — address — phone number Thank you for your help! Best, YAS このメールではMikeに対して、昨日の話し合いに基づいていくつかのTO DOリスト「会社名、e-mail、住所、電話番号」を送ってもらうようにお願いするメールです。 そして、最後に感謝の意でメールを締めくくっています。 上述したように、 英語には直接「お手数をおかけして申し訳ございません」という表現は存在しません。 (書こうと思えばかけますが書いた場合は非常にぎこちない英文になります)代わりに、 お手数をおかけしたことに対する感謝を結びで示すのが一般的です。 日本語における「助け」と「ご協力」に近い使い分けなので状況に応じて使い分ければおkだと思いますが、わからなければhelpの方が汎用性が高いです I very much appreciate your support! 」という表現になりますが、たかだか何かをお願いしたくらいで、apologizeやsorryなどが使われたら非常に違和感を感じます。 このような使用例は間違いです。 欧米では、申し訳ない気持ちよりも、ありがとうという気持ちを前面に押し出す方が正解になります。 その他の「お手数をおかけして申し訳ございません」使用例 それでは私が実際に米国のビジネスマンとのやり取りで 実際に受け取った他の使用例を見ていきます。 上述したように、基本は感謝の意を結びで伝えるのが基本です。 あらかじめ感謝を伝える場合の「in advance」 「in advance」を入れることにより、これからお願いしようとしている内容に対してあらかじめ謝意をより伝えたいとき「何卒よろしくお願いします」的な意で伝えることができます。 煩雑な内容やそれほど関係性が築けていない相手に使うことが多いですね Thank you very much in advance! 本当にありがとう。 本当にお手間を取らせてすいません。 と言ったニュアンスを込めたいときに使います。 関係性の上下はあまり関係ありません。 あくまでもタスク量に応じて使い分けると言う感じです。 逆に簡単なことをお願いした時は大袈裟になります。 「 Thank you once again — this is one of the intense times for us and we very much appreciate your help! 入れない方が一般的でしょう。 「in advance」がなくても実際にお願い事の実行前に使っても大丈夫です 何か申し訳ないことをお願いした場合の「paitience」 直接的な意味では、この使用例が一番近いとも言えますが、よっぽど非礼がない限りこの表現は使いません。 例えば、何週間も待たせた上でお願いしたり、お願い事に対して何度も修正を要求したなど相手に対して明らかに非礼がある場合に限りこの表現を使うかなという印象があります。 「sorry」を使いたくなりますが、「sorry」を使うと「あなたの辛抱に対してごめんなさい」と言う少し意味が通じない文章になるので「thanks」を使いましょう。 Thanks for your patience. 他の記事やウェブサイトでは直訳的な使用例が多く乗ってますが、実際のビジネスの場では使われていません。 やすブログでは実際にビジネスのメールを10,000本以上やり取りした中でよく使われる言い回しを今後も上げていこうと思いますので、応援何卒よろしくお願いします。 では次の記事でお会いしましょう!Twitterのフォロー やYoutubeのなどよろしくお願いします。

次の

英語で「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」って何て言う?

お手数かけてすみません 英語

ビジネスで役立つ表現 まず、 何度もすみませんや 度々すみませんを伝える3つのビジネスシーンを想定した例文をみていきましょう。 何度もすみませんとストレートに表現する はじめに、相手に何度も迷惑をかけてしまった時に使う 何度もすみませんの例文を3つ紹介します。 以下、3つの例文は全て 何度もすみませんや 度々すみませんを意味しています。 Sorry to bother you again. ネイティブが使う鉄板の表現です。 まず、 sorryで すみませんと謝っていることを伝えます。 その次の bother youは あなたを煩わせるという表現で、最後に againで 何度もの意味を持たせます。 直属の上司や親しくしている取引先など、面識のある方に対して使うフレーズです。 My apologies for bothering you again. sorryはややカジュアルな表現なので、もう少しフォーマルな言い方が良い場合、 sorryの代わりに apologiesという単語を使うと、丁寧な文です。 apologyとは 謝罪するという意味で、 sorryの同義語です。 My apologies for~. で ~についてすいません。 という表現になり、ビジネスにおいて好まれます。 覚えておいて損はないでしょう。 Sorry to bother you over and over. この例文は againの代わりに over and overを使っていますが、同じ意味で伝わります。 againよりも over and overの方が 何度もの部分が強調されますので、相手と何度もやり取りをしている場合にうってつけです。 謝り方のバリエーションを増やすにはこちらの記事もおすすめです。 相手に対してたくさん質問したいときに使う例文 質問がたくさんある場合、相手に気をつかってしまうものですが、そんな時に使える例文を紹介します。 たくさんの質問をしてすみません。 Please forgive me for asking so many questions. forgiveは 許すという意味で、 Please forgive me for~. で直訳すると ~について許してくださいね。 という意味を表しますが、言い換えると、 ~についてすみません。 という意味を表します。 askは 質問する、 many questionsは たくさんの質問の意味なので、 many questionsの前に soを付けることによって、たくさんあることを強調しています。 たくさんの質問を失礼します。 Please excuse all the questions. たくさん質問してしまった時に使える例文のふたつめ。 excuseは excuse meなどにも使われる 許すという意味の動詞で、直訳すると たくさんの質問をしてしまったことを許してくださいという意味を表します。 Pleaseが文頭に来ることで、丁寧な表現になります。 再度質問したい場合の何度もすみません もう終わりそうな会議で最後にもう1つ質問したいことがある場面で使える3つのフレーズを紹介します。 もう1問質問してもよろしいでしょうか? May I ask one more question? May I ask~? で 聞いてよろしいでしょうか?と丁寧に相手に質問し、 もう一つの質問を強調するために one moreと続けます。 ちなみに、友人などに質問するときは May I~? は丁寧すぎる表現なので Can I~? または Could I~? を使います。 もしよろしければもう1問質問したいのですが。 英会話でよく使う表現です。 残念ながらアメリカ英語ではあまり使われていません。 I would like to ~. は ~したいです。 という意味を丁寧に表す表現です。 こちらもビジネスシーンで多用されるフレーズですので、ぜひノートに書き留めておきましょう。 またお聞きしてすみません。 My apologies for asking again. 先ほどの My apologies for~. を使っています。 ask againは もう1度聞くという意味です。 カジュアルな場面で使う何度もすみません 謝るのはフォーマルな場だけではありません。 友人同士や家族間でも、何度もごめんねとさらりと謝ることがありますが、そんな時に使える Sorryを使わないカジュアルなフレーズを紹介します。 またやっちゃった 何度も同じミスをしてしまった時に友人同士ならどのように言えばいいでしょうか? ここではカジュアルな場面で使える 何度もすみませんを表すフレーズを紹介します。 It is meとは直訳してみると、 これは私ですとなりますが、 私だけどという意味でネイティブがよく使う表現です。 それに againを加えて、 また私となります。 解説だけでは状況がつかみにくいので、ふたつの会話例を見てみましょう。 (A)昨日の晩冷蔵庫を開けっぱなしにしていたのは誰? (A) Who left the fridge open last night? が使われていますね。 次の会話文をみてみましょう。 電話で何度も買い物を頼んでいる状況です。 Can you pick up 2 tomatoes on your way home? (B)いいわよ。 ほかに要るものはある?あなたこれ今日の午後だけで3回目の電話よ。 (B) All right. Do you want anything else? You have called me 3 times already this afternoon. あともう1つお願いしたいとき 身近な人に対して 何度もごめんねの意味を含めつつ、 あともう1つお願い!と伝えたいとき言い回しを紹介します。 もう1つだけ! Just one more thing! この文は Justを文頭に持ってくることで、 1つだけを意味する one more thingを強調する効果があります。 次の会話例で使い方を確認していきましょう。 (B)どうしよう!電車に遅れちゃう! (B) Oh my god! (A)ちょっと、リナ。 (A) Hey Lina. (B)今度は何? (B) What now? (A)もう一つだけ。 着替えて頂戴!あなたまだパジャマのままよ! (A) Just one more thing. Change your clothes! You are still wearing pajamas. 友達との待ち合わせや家族への返信など、遅れてしまうことはありませんか? そんなときネイティブが使う「遅れてごめーん」の表現を学ぶにはこちらの記事が参考になります。

次の