及川光博。 about.marquee.by

及川光博のプロフィール

及川光博

生年月日:1969年10月24日生まれ 出身:東京都 血液型:B型 星座:さそり座 身長:175cm 趣味:アニメ、宝塚観劇 所属事務所:ホリプロ 及川光博さんは 1969年10月24日東京都の生まれです。 及川光博さんは 3人兄で、兄と二つ年上の妹さんの真ん中で、兄弟皆さん仲が良いそうです。 及川光博さんは、昔からイケメンだったのでしょうか? この画像は及川光博さんの小さい頃の画像です。 目は今ほど鋭くなく優しい感じです。 イケメンというより、かわいいといった感じですね。 現在の及川光博さんは 唇が薄いイメージですが、子供の頃は意外と唇が厚かった?…それにしても子供の頃から整ったイケメンフェイスで羨ましい… 通っていた小学校は 大田区の公立小学校だそうです。 自宅からも近かたのでしょうね。 成績優秀で、このイケメンぶりですから女子が放っておくはずがありませんね。 及川光博さんのモテ期が到来したのは、この中学生時代だそうです。 バレンタインデーの日になると、毎年50個以上のチョコレートをもらっていたそうです。 50個ってジャニーズじゃないんだから… で、チョコレートをもらいすぎて バレンタイン翌日は男子全員から無視されたこともあるのだとか…これって今だとイジメ? 女子から、 モテすぎるという理由から男子の嫉妬を買い、集団でいじめられてしまった及川光博さん。 イケメンすぎるというのも考えものですが、私が変わってあげたいくらいです… 私の学校にも、モテる男子は数人いましたけど、集団イジメをしたくなるほどモテていたってことは、そうとうのイケメンだったのでしょうね。 画像を見ればわかりますね。 イケメンハンサム王子のが芽生えたのも、この頃かしら… こちらの画像は 及川光博さんが、さらに成長した高校時代のイケメン画像です。 ちょっと現在に近づいて目が鋭くなってきたような気がします。 顔もほっそりしてるし成長期だからなのかなぁ。 及川光博さんは中学同様、そのまま 私立成城学園高校に進学をしています。 王子転職宣言とは王子様キャラになることを意味していますが、売れるためにはどうすればいいのかを考えぬいた結果、王子様に着地したそうです。 及川光博さんは、毎年アルバムを出してツアー回るハードなスケジュールを、 とりあえず50代まではいろいろ挑戦したいと言っておられます。 今回は、及川光博さんの若い頃から今現在までの顔画像を見てきましが、イケメンでかっこいいところは変わっていませんが目に関しては今現在のほうが鋭いですね。 昔と今の顔画像を比較してもイケメンハンサム王子のままでした。 で、かっこいい! 及川光博さん、王子様キャラも、そろそろ考えないと…みたいなこともおっしゃっていましたが、出来る限りイケメンハンサム王子のままで頑張って欲しいです。 おわり。 thank you for reading.

次の

及川光博の実家が金持ちは嘘!?両親や兄弟の話と檀れいとの馴れ初めについて!

及川光博

引用:Twitter 及川光博さんは現在とあまり変わっておらず、どれが若い頃の画像か探し出すのもやや苦労するほどでした。 多忙な芸能界でのお仕事の中、若さキープされていて、驚きです。 及川光博さんが学生時代の画像も発見。 高校生位でしょうか? 当時もやはりかっこよさは健在ですね。 周囲の女子からかなりモテていたのではないでしょうか。 本名:及川光博• 生年月日:1969年10月24日• 出身地:東京都大田区 及川光博さんは、1969年生まれで、東京都の大田区出身です。 小さな頃から歌うことが大好きで、 「町内ののど自慢大会」に出演し、毎度のように優勝するほどの腕前だったとか。 そんな歌好きだった及川光博さんは、 1996年に「モラリティー」という曲で歌手デビュー。 デビュー当時から 「王子」の愛称で、大きな人気を集めていました。 余談ですが、及川光博さんはファンをとても大事にする方だそうで、もらったファンレターやアンケートなどは全て必ず目を通していたといいます。 そういった見えない行動がファンにも伝わり、さらに愛されていくという良い循環を生み出しているのかもしれませんね。 スポンサーリンク 【画像】及川光博の鼻整形疑惑の真相とは?昔と比較 及川光博さんはデビュー当時からかなりのイケメンでしたが、実は鼻に整形疑惑が浮上しています。 なんと、鼻を整形していることを、及川光博さん自身も公表しているようでした。 及川光博さんは、 「鼻の形を整えて、劣化を防いでいる」と語っていたようです。 ここまで堂々と認められると、「芸能人も美を維持しなきゃならない仕事だから、大変だなぁ」という感情まで生まれそうです。 及川光博さんのデビュー間もない若い頃の画像と、現在の姿に近い及川光博さんの画像を比較してみます。 一見、全然わかりませんね。 多少鼻筋が通っているかな?程度ではないでしょうか。 もしかしたら、整形しているというのが、嘘なのでは?と思うくらいに、過去の画像も鼻がきれいで、正直困りました。 さほど大きな変化を感じない程度に、上手に整えているのかもしれませんね。 本当は他の部分も整形したかったという話もあるという及川光博さん。 デビュー当時から自分の顔について 「奥二重」や 「柴犬のような顔」など特徴を公言してきたため、あからさまには整形できなかったとも語っているようです。 及川光博の若さの秘訣はメイク方法にもある できるところを整形し、顔を整えている及川光博さん。 いつまでたっても老けないとファンの間でも話題になっていますが、その秘訣は 普段のメイクにもあったようです。 及川光博さんは、 男性ですが常々メイクをしています。 顔色を良くしてシワを出さないようにするため、 ファンデーションや口紅は欠かせないのだそう。 ファンデーションにいたっては、結構厚塗りしているようです。 及川光博の若さの秘訣はメガネにもある 及川光博さんといえば、 メガネをかけていることも多いですよね。 一部では及川光博さんのメガネ姿がかっこいいと大絶賛で、同じメガネが欲しいと探す人もいるようです。 メガネをかけることで、視線がメガネにうつり、劣化して見えるのを防いでくれるのだとか。 またメガネをかけると、年齢が分かりにくくなったり、知的でちょっとミステリアスな雰囲気が出たりしますよね。 そういった効果も狙ってファッションとしてメガネを取り入れているそうなのです。

次の

及川光博の経歴やプロフィール・学歴がすごい!お金持ちの実家についても

及川光博

及川光博は実家が超金持ちのリアル王子!?学歴やプロフィールは? 及川光博は実家が超金持ちのリアル王子!?実家には複数のお手伝いさんが 及川光博は、シンガーソングライターとして活動するほか、水谷豊主演の人気ドラマシリーズ「相棒」に出演するなど、俳優としても活躍しています。 及川光博の愛称「ミッチー」は、幼少の頃からお母さんに呼ばれていたニックネームをそのまま用いたものです。 1996年、芸能界に登場した頃、及川光博は「ミッチロリン星の王子」でした。 普通ならば、「王子」はネタで、実際の暮らしとは関係がないと思われるところですが、及川光博の場合、どうやら生粋の「お坊ちゃん」だったようです。 及川光博の両親は、薬剤師の資格を持っています。 はじめは薬剤師として働いていた及川光博の父親ですが、薬局が好調で支店を増やし、他の経営にも乗り出していきました。 薬局以外では、コンビニ経営、病院の理事、飲食店経営、ダンススクール経営などを行っており、それはもはや薬剤師ではなく実業家。 東京都大田区にビルも持っています。 そんな父親のモットーは、「一流以外はみんなクズ」。 数々の事業で成功しているため、及川光博の家には、複数のお手伝いさんまでいました。 甘いマスクに生まれた及川光博は、生まれ育った環境もあり、王子っぷりとあいまって女子に大人気に。 その分、嫉妬した男子からいじめもあったといいます。 普通ならば、いじめられることで目立たないよう行動したり、周りの力に頼ったりするところですが、及川光博の父親は、「論破しろ!」と一喝。 及川光博は、自分の存在感を消すのではなく、逆にバンド活動などで目立つことにより、一目置かれる存在となっていきました。 一方で、母親が宝塚と少女マンガが大好きであることが、及川光博の趣味趣向にダイレクトに影響を与えています。 及川光博の学歴やプロフィールは?成城学園エスカレーターで法律学科へ 及川光博は学業面でも優秀でした。 小学校では全国模試で1位をとる他、児童会長も務めています。 バレンタインは、女子からの絶大な人気があからさまになる日ですが、廊下の端から端まで歩けば、両手に持ちきれないほどのチョコレートをもらっていたそうです。 及川光博は、いじめを避けるために、私立の成城学園中学校へ進学しています。 人気は中学校でも衰えず、ファンクラブまで登場。 いじめ回避のための中学受験だったはずなのに、やはり中学でも、嫉妬した男子からのいじめが起こってしまいました。 しかし及川光博は、高校もそのまま成城学園高等学校に通っています。 小中学校と違って、高校では積極的に行動したという及川光博は、男子生徒とも仲良くなり始め、グラウンドホッケー部のキャプテンを務めていました。 大学は、両親の希望に応えて弁護士になるべく、成城大学法学部法律学科へ。 しかし、及川光博本人の望みは、俳優になることでした。 弁護士になって欲しい両親と、俳優になりたい息子。 俳優養成所に通う及川光博に、父親は、「25歳までにデビューが決まらなかったら諦めなさい」と条件をつけたといいます。 それでも、なかなか芽が出せない及川光博は、演技ではなく、音楽で芸能界デビューを狙うことにしました。 以後、ライブハウスで「ミッチロリン星の王子」としてバラをくわえ、独特のパフォーマンスを繰り広げるように。 それが音楽関係者の目にとまり、25歳ぎりぎりの1996年に、なんとか芸能界デビュー。 その後は、ドラマ「相棒」シリーズや、ドラマ「白い巨塔」、大人気ドラマ「半沢直樹」などに俳優としても出演。 2011年には、元宝塚の檀れいと結婚しています。 及川光博と水谷豊の不仲説!「相棒」復活にファンの反応は? 及川光博と水谷豊の不仲説!「水谷さん、僕ら不仲なんですか?」 及川光博が出演する「相棒」シリーズは、水谷豊演じる元エリート刑事・杉下右京と、その相棒となる人物が、特命係としてバディを組んで活躍するドラマです。 及川光博はSeason7の最終話から登場し、神戸尊役で2代目相棒を務めました。 「相棒」といえば、毎回噂になるのが、水谷豊と相棒役の俳優の不仲説。 及川光博もその例外ではなく、水谷豊とのぎくしゃくした関係が噂されてきました。 2人が、不仲疑惑を真正面から否定したのは、及川光博が司会を務める「Good Time Music」という音楽番組に水谷豊がゲストとして登場した、2016年7月6日放送回です。 「水谷さんが『ミッチーは相棒失格だ』と言って、現場が凍りついた」や「ドラマ『相棒』の打ち上げ会場で及川光博と水谷豊が一言も口をきかなかった」などの噂に対し、それぞれ、「(悪いうわさは)カスリもしなかった」(水谷)、「『水谷さん、僕ら不仲なんですか?』って、聞いちゃった」(及川)と語っています。 さらに、及川光博は、「記者さんやライターさんは、打ち上げ見てないな」とコメント。 番組放送中の様子と同様、ドラマ「相棒」の打ち上げ会場でも「くっついて話しっぱなしだった」(水谷)ということです。 及川光博の抱いた水谷豊の印象は、「すごい和やかなムードを作ってくれる方」。 「歴代みんな仲悪くされていくんですけど。 仲悪くしたい人がいるんでしょうね」と、水谷豊は苦笑しています。 及川光博「相棒」復活にファンの反応は?2代目終了するもなお続く人気 及川光博が、2代目相棒として人気だった、ドラマ「相棒」。 そのSeason15の第13話・14話は、2017年2月11日から公開映画「相棒-劇場版IV-」の布石となっています。 「相棒-劇場版IV-」には、ゲストではなくレギュラーキャストとして出演しています。 及川光博演じる神戸尊の人気は現在進行形です。 ファンからは、「映画『相棒』また及川光博出るのか、ありがたや」「やっぱり及川光博さんすてきだ~」という喜びの声の他、「神戸くん?!見る!!」と名前を聞くや、即決即断の声もあるほど。 及川光博自身も、「神戸尊というキャラクターは、僕の中で消えていない」「右京さんとのお芝居には、再会の嬉しさが溢れ出ちゃってるかも」と答えています。 神戸尊としてのアドリブが活きているという映画「相棒」では、ドラマ版の神戸尊時代の及川光博を知らない人でも、2人のやりとりに、ニヤニヤさせられること必至です。 及川光博が「たっくん」と贈る「A LIFE ~愛しき人~」!現場あるあるを感じられる命のドラマ 及川光博が、木村拓哉主演の新ドラマ「A LIFE ~愛しき人~」にレギュラー出演しています。 役どころは、木村拓哉演じる外科医・沖田一光を警戒する、第一外科部長・羽村圭吾。 プライドや、嫉妬、愛憎……「A LIFE」は、そうした思惑をも抱え込む病院にあってもなお、愛しい人の命を守る「かけがえのない人生」を描き出すヒューマンラブストーリーとなっています。 共演者たちに、独特の愛称をつけることでも知られる及川光博は、木村拓哉のことを「たっくん」と呼んでいるとか。 舞台挨拶で「たっくん」を連呼する及川光博に、当の木村拓哉も笑っていました。 ドラマでは、「たっくん演じる沖田先生とぶつかり合ったり」するものの、「撮影現場ではたっくんと仲良く」している様子の及川光博。 スター・ウォーズやガンダムの話で「たっくんと盛り上がって」しまったことも明かしています。 この舞台挨拶は、木村拓哉がSMAP解散後初めて、公の場に出た時。 「やっぱり変わることは確実にありますけど、今できることをやっていく」と、グループという大きな存在を失いながらも、個としての新しい道を歩み始めている木村拓哉。 彼を「たっくん」と連呼する及川光博は、そんな木村拓哉の姿勢を尊重し、世間とたっくんとの距離を縮めようとしているのかもしれません。 薬剤師であり、病院の理事の経験も持つ父のもとで育ち、医療現場についても理解が深いた及川光博が、医師が観ても「あー。 あるある」と感じてもらえる内容に仕上がっていると太鼓判を押すドラマ「A LIFE ~愛しき人~」。 及川光博は、「最後まで逃げずにやり抜きたい」という木村拓哉や、他の出演者、スタッフたちと一丸となり、新しい医療ドラマを届けてくれることでしょう。

次の