デキサメタゾン 口腔 用 軟膏。 デキサメタゾンの口内炎などへの効能と副作用や強さ!市販薬も

デキサメタゾン軟膏の強さと効果・副作用【外用ステロイド薬】

デキサメタゾン 口腔 用 軟膏

有効成分(ステロイド薬) デキサルチン口腔用軟膏1g中にはステロイド薬の「デキサメタゾン」が1mg含有されています。 効能・効果(歯肉炎には適応なし) デキサルチン口腔用軟膏の効能・効果は 「 びらん又は潰瘍を伴う難治性口内炎又は舌炎」 となっています。 歯肉炎には効能・効果はありません。 口内炎治療薬のは「歯肉炎」の適応があります。 ジェネリック医薬品?先発品は? デキサルチン口腔用軟膏はジェネリック医薬品です。 先発品は「 アフタゾロン口腔用軟膏」です。 またジェネリック医薬品として• デキサメタゾン軟膏口腔用0.1%「CH」• デルゾン口腔用軟膏0.1%• D・E・X0.1%眼軟膏T があります。 効能・効果や使用方法は全く同じとなっています。 塗り方・使用方法 デキサルチン口腔用軟膏は1日1〜数回患部に塗ります。 まず口の中を水でクチュクチュすすぎます。 手を清潔にし、指で直接塗るか、綿棒などにつけて塗ってください。 擦り込まずに軽く伸ばすようにしましょう。 食後のタイミングで塗るのがよいでしょう。 また塗った後30分間はお水やお茶を飲んだり、何かを食べるのは控えるようにしてください。 口の中に入っても問題ない薬になっていますので安心してください。 妊娠中・授乳中の使用 製薬メーカーの説明書では妊婦さんには「長期の連用は避けること」とされています。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には長期連用を避けること。 (妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。) 引用元 デキサルチン口腔用軟膏 添付文書 また添付文書に授乳中の使用の注意書きはなく「授乳を中止しなくても使用していい」と指導されるケースがあります。 ヘルペスに効果ある? 「デキサルチンは口唇ヘルペスに効果ありますか?」 薬局で時々聞かれる質問ですが、デキサルチンはステロイド薬のためヘルペスウイルスを抑える作用はありません。 免疫を抑えるため、むしろ感染症を悪化させることがあります。 自己判断での使用は絶対に避けるようにしましょう。

次の

医療関係者のご確認/日本化薬医療関係者向け情報サイト MINK Web

デキサメタゾン 口腔 用 軟膏

口内炎の種類 口内炎は大きくわけると 4種類です。 アフタ性口内炎• カタル性口内炎• ヘルペス性口内炎• カンジダ性口内炎 口内炎といえば、 アフタ性口内炎もしくは カタル性口内炎を指す場合が多く、アフタゾロン(デキサルチン)のようなステロイド薬は、そのような口内炎に使います。 アフタ性口内炎 アフタ性口内炎の原因は、ストレス、寝不足、ビタミン不足、胃が荒れている…。 いろいろ語られていますが、根本的な原因はわかっていません。 カタル性口内炎 カタル性口内炎の原因は 物理的な刺激です。 舌を噛んだ• 火傷(熱い食物)• 入れ歯・矯正器具が合わない ヘルペス性口内炎 ヘルペス性口内炎の原因は ヘルペスウィルスの感染です。 口の外側にできる唇の周りのヘルペスをといい、口の中(舌、歯ぐき)にできるを、 ヘルペス性口内炎といいます。 カンジダ性口内炎 カンジダ性口内炎の原因は カンジダと呼ばれる真菌(カビ)の感染で、 口腔カンジダともいいます。 多くの場合、口の中の違和感やピリピリ感があり、舌や頬などの口腔粘膜に 白い苔(こけ)のようなものがみえます。 アフタゾロンとデキサルチンの違い 内科ではや デキサルチンが有名ですが、歯科では アフタゾロンが使われているイメージがあります。 (同様に、内科のうがい薬はイソジンガーグルだが、歯科ではネオステリングリーン) デキサルチン(デキサルチン口腔用軟膏)はアフタゾロン(アフタゾロン口腔用軟膏)の ジェネリックで、この2種類の口内炎薬の効能効果は同等です。 先発:アフタゾロン 後発(ジェネリック):デキサルチン アフタゾロン(デキサルチン)は口の中に使うため、塗っても唾液などで取れにくい 基剤が使われています。 口内炎薬 基剤 アフタゾロン ヒプロメロース カルボキシビニルポリマー ゲル化炭化水素 デキサルチン 流動パラフィン ポリアクリル酸Na プラスチベース アフタゾロンは 粘着性の強さが強調されていますが、アフタゾロン、デキサルチン、ケナログの粘着性を自分の舌で比較したところ、粘着の強さの違いは体感できませんでした。 本剤の付着性については「食事中,食事後も付着している」とするもの55. 2%で、付着による違和感が少ないため,平均 約100分の付着時間が認められている。 アフタゾロンのインタビューフォームより また、アフタゾロン(先発)とデキサルチン(ジェネリック)は薬価(薬の値段)の違いがほとんどありません。 アフタゾロン:65. デキサルチン:52. ステロイドには強さのランクがありますが、 デキサメタゾンはランク表にはなく強さはわかりません。 (吉草酸デキサメタゾンがstrongのため、それと同等かそれ以下のmildあたりか?) 強さ 表記 主なステロイド 最強 strongest デルモベート 非常に強い very strong マイザー アンテベート 強い strong ボアラ (吉草酸デキサメタゾン) 普通 mild アルメタ キンダベート 弱い weak オイラックスH アフタゾロン(デキサルチン)の効果 アフタゾロン(デキサルチン)は、 アフタ性口内炎や カタル性口内炎に効果があり、口内炎の炎症を抑え、痛みを取り除きます。 アフタゾロンの効果(有効率):77% アフタゾロンのインタビューフォームより 反対に、ヘルペス性口内炎やカンジダ性口内炎には効果はなく、ヘルペス性口内炎やカンジダ性口内炎に使うと、むしろ悪化します。 その理由はこちらの記事で説明しています。 『』 アフタゾロン(デキサルチン)の使い方1 塗る回数 アフタゾロン(デキサルチン)の添付文書(医療者向け薬の説明書)には、次のような記載があります。 通常、適量を1日1回~数回患部に塗布する。 なお、症状により適宜増減する。 アフタゾロン(デキサルチン)は、使い方の自由度が高いです。 回数のルールはありませんが、 1日4回(毎食後と寝る前)も塗れば十分で、 2. 3日もすればで炎症は治まります。 1週間使ってみて効果がない場合は、それは普通の口内炎ではないのかもしれません。 『』 アフタゾロン(デキサルチン)の使い方2 塗り方、塗る量 アフタゾロン(デキサルチン)は、ザラザラしているので最初はうまく塗れません。 さらに、ただ塗るだけではすぐに取れてしまいます。 <アフタゾロン(デキサルチン)の塗り方>• ティッシュなどで口内炎の水気を取ります (これが重要!)• アフタゾロン(デキサルチン)を指や綿棒に 米粒大から小豆大の大きさに取ります• アフタゾロン(デキサルチン)を 口内炎全体をおおうように塗ります [口内炎をアフタゾロン(デキサルチン)でカバーするイメージ]• アフタゾロン(デキサルチン)を塗った後は30分くらいは飲食を控えます• 使用後、アフタゾロン(デキサルチン)の先端をきれいに拭きとります (薬が先端で固まる場合があるため) アフタゾロン(デキサルチン)は口内炎の刺激を抑える効果も期待できますが、食事をするとアフタゾロン(デキサルチン)ははがれ落ちてしまいます。 粘着性で口内炎薬を選ぶのであれば、がおすすめです。 ちょっとした食事ではびくともしません。 『』 アフタゾロン(デキサルチン)の副作用 アフタゾロン(デキサルチン)はステロイド薬ですので、使い続けるとその部分の免疫力が落ちて細菌感染などを受ける可能性があります。 実際に、口内炎の貼り薬 アフタッチでは口腔カンジダの副作用報告があります。 『』 まとめ• デキサメタゾンはアフタゾロンのジェネリック(後発)。 アフタゾロン(デキサルチン)の主成分はステロイドのデキサメタゾン。 アフタゾロン(デキサルチン)は、アフタ性口内炎やカタル性口内炎に効果がある。 アフタゾロン(デキサルチン)を1日4回(毎食後と寝る前)口内炎に塗れば、2. 3日もすればで炎症は治まる。 アフタゾロン(デキサルチン)を使って1週間くらいしても治らないときは、口内炎の種類に合っていない(ヘルペス性口内炎、カンジダ性口内炎など)可能性がある。 アフタゾロン(デキサルチン)の主成分である「デキサメタゾン」が入った市販の口内炎塗り薬はない。

次の

デキサメタゾン軟膏口腔用0.1%「CH」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

デキサメタゾン 口腔 用 軟膏

「アフタゾロン口腔用軟膏0. なお、症状により適宜増減する。 患者は、舌の先に口内炎ができたためクリニックを受診し、アフタゾロン口腔用軟膏<デキサメタドン>が処方された。 薬剤師は患者に、軟膏が流れてしまう可能性があるので、塗布後しばらくは飲食しないように説明し、交付した。 次の来局時に、患者は、軟膏が流れてしまってはいけないと思い、嚥下してはいけないと考えて、舌に塗布後、自己判断で20~30分間口を閉じない、飲み込まないでいたことが判明した。 その時、唾液が多量に出て困ったと述べた。 薬剤師による服薬指導の際に、軟膏が流れる可能性をあまりにも強調しすぎたため、患者は嚥下してはいけないと誤解してしまった。 また、塗布した後は口を閉じても良いことや、飲み込んでも問題ないことをきちんと伝えていなかった。 口腔内用軟膏の服薬指導後に、使用法などを患者が正しく理解できているか確認する必要がある。 <製剤の物性> 健常人被験者6名の口腔内に本剤をそれぞれ塗布し、検出できなくなるまでの時間を記録した結果、口腔内に対する付着時間は1. 49時間であったことが報告されている。 (アフタゾロン口腔用軟膏の医薬品インタビューフォーム,2016年1月改訂,第9版,p. 5より) <基剤の特性> 本剤の基剤は、口腔内の特殊性(常に唾液により湿潤していること、可動部が多いこと、咀嚼などによる粘膜面の機械的自浄作用が強いことなど)を考慮して、湿潤粘膜に対する付着性と口腔内滞留性が付与されている。 本剤の局所塗布により患部をスムースな被膜で長時間保護すると共にデキサメタゾンの効果を助長する。 事例114• 事例113• 事例112• 事例111• 事例110• 事例109• 事例108• 事例107• 事例106• 事例105• 事例104• 事例103• 事例102• 事例101• 事例100• 事例99• 事例98• 事例97• 事例96• 事例95• 事例94• 事例93• 事例92• 事例91• 事例90• 事例89• 事例88• 事例87• 事例86• 事例85• 事例84• 事例83• 事例82• 事例81• 事例80• 事例79• 事例78• 事例77• 事例76• 事例75• 事例74• 事例73• 事例72• 事例71• 事例70• 事例69• 事例68• 事例67• 事例66• 事例65• 事例64• 事例63• 事例62• 事例61• 事例60• 事例59• 事例58• 事例57• 事例56• 事例55• 事例54• 事例53• 事例52• 事例51• 事例50• 事例49• 事例48• 事例47• 事例46• 事例45• 事例44• 事例43• 事例42• 事例41• 事例40• 事例39• 事例38• 事例37• 事例36• 事例35• 事例34• 事例33• 事例32• 事例31• 事例30• 事例29• 事例28• 事例27• 事例26• 事例25• 事例24• 事例23• 事例22• 事例21• 事例20• 事例19• 事例18• 事例17• 事例16• 事例15• 事例14• 事例13• 事例12• 事例11• 事例10• 事例09• 事例08• 事例07• 事例06• 事例05• 事例04• 事例03• 事例02• 事例01.

次の