私たちが出会った奇跡。 私たちが出会った奇跡 キャスト・登場人物紹介

韓国ドラマ『私たちが出会った奇跡』DVD発売日、レンタル開始日は?動画配信サービスでの配信スケジュールもご紹介!|K

私たちが出会った奇跡

もくじ• 私たちが出会った奇跡 作品情報 放送 2018年3. 26~5. 29 KBS 全18話 韓国公式サイト: 演出・脚本・キャスト 演出:イ・ヒョンミン ごめん、愛してる(2004) 赤と黒 2010 力の強い女ト・ボンスン(2017) 私たちが出会った奇跡(2018) 共同演出:チョ・ウン 脚本:ペク・ミギョン 愛するウンドン 2015 力の強い女ト・ボンスン(2017) 私たちが出会った奇跡(2018) 僕を溶かしてくれ(2019) キャスト キム・ミョンミン(ソン・ヒョンチョル) キム・ヒョンジュ(ソン・ヘジン) ラ・ミラン(チョ・ヨナ) コ・チャンソク(ソン・ヒョンチョル) カイ(アト) ベテラン演出家イ・ヒョンミン 本作は 「力の強い女ト・ボンスン」の演出脚本ペアによるドラマでした。 特に、演出家イ・ヒョンミン氏は「ごめん、愛してる」や「雪の女王」も手掛けられた シリアスなヒューマンメロを得意とされている大ベテラン。 本作でも、大人から子供たちまで、 登場人物たちの深い愛の行方や葛藤などを描きながら見るものを引き付けてくれました。 冒頭あらすじ 中華料理店を経営するソン・ヒョンチョル。 妻のヨナとはおしどり夫婦。 ヒョンチョルは神話銀行に身に覚えのない融資を受けている記録があることを知り金融監督庁に確認に行く途中交通事故にあった。 もう一人、 神話銀行支店長ソン・ヒョンチョルもまた料理人のヒョンチョルと同じ日に交通事故に遭い重体となった。 2人のヒョンチョルは生年月日も同じ。 神の使者アトは誤って死亡リストに入っていない料理人のヒョンチョルを天国へと召してしまい、気づいたときには彼の体は火葬されてしまっていた。 急きょ支店長のヒョンチョルの体に魂を移したアト。 しかしこのことでヒョンチョルだけでなく、周りの家族たちの人生も変えてしまうこととなった・・・。 人物相関図 KNTV公式サイトより相関図をお借りしてきました 私たちが出会った奇跡(原題)KNTV 切れ者だが冷徹な支店長ヒョンチョルと温厚で相手も周りも温かくする料理人ヒョンチョル。 それぞれ家族があって、複雑な展開になっていきました。 予告編 ここで日本版DVD販売元の予告編をご紹介します。 本作の物語の始まりとなる設定がとても分かりやすいですね。 本作はコメディタッチではあるものの ヒューマンな部分が胸に来る作品。 その雰囲気を感じられる予告編となっています。 私たちが出会った奇跡の魅力 魂が入れ替わるファンタジー設定 魂が入れ替わることで生み出される登場人物たちの心の変化を描くドラマは私の好きなファンタジー設定の一つ。 本作では細かく言って4つの状態の人物をキム・ミョンミンが演じながら、予測不可能な本作のストーリーを牽引していきました。 別の人物として、他の誰かの家族として生きざるを得ない中で本人が気づいた事や、周囲の人たちにもたらした変化などをじっくり描いてありました。 韓国ドラマの子役たちは名俳優 わたしとしては料理人ヒョンチョルの娘ジス役キム・ファニが強烈に印象に残っています。 韓国の子役たちは子供役をする立派な俳優さんです。 すごい。 もうひとり、支配人ヒョンチョルの息子ドンホ君も良い表情をするんですよ。 またどこかのドラマで出会いそうな彼でした 話題となっていたEXOのカイ ミスのせいで彼らの運命を狂わせた責任感と罪悪感から、そばでヒョンチョルやその家族を見守る神の使者を演じたのはグローバルアイドルスターグループEXOのカイ。 脚本家のペク・ミギョン作家が 人間離れした男神のイメージがぴったりでキャスティングしたとインタビューで語られていたのを読んだのですが、印象的なキーパーソンとしての存在感は十分でした。 私たちが出会った奇跡とは ネタバレあらすじ・感想 本作は亡くなるはずではなかった料理人ヒョンチョルさんが、銀行支配人のヒョンチョルさんの体を得るというバージョン。 料理人ヒョンチョルはその人柄で 支配人ヒョンチョルの家族を大切に守り、また 支配人ヒョンチョルの誇りも 自分自身の死の真相も暴くという偉業を成し遂げました。 元の家族を愛する思いと、支配人ヒョンチョルの家族を大切にする思いなども含めて 料理人ヒョンチョルの徐々に変化する細やかな気持ちの動きを実に見事に演じて見せてくれました 特にすごいと感じたのは、支配人ヒョンチョルの妻へインを徐々に愛し始めているかもしれないというあいまいな心境のあたり。 この物語がどういったエンディングを迎えるのか予測不可能でぐいぐいと引き込まれていったのはこういった心の動きがきちんと伝わってきたからと言えます。 現実的なラインでは体の持ち主である支配人ヒョンチョルの記憶がどんどん増えてゆき、料理人ヒョンチョルの感情だけが残るか、あるいはもっとファンタジックな展開かも?なんていろいろ推測していたのですが、 実際は、 はい、ファンタジックな展開となっていました。 結末は 2人のヒョンチョルの死の真相を突き止め、犯人を逮捕しすべてが片付いたあと、 ヒョンチョルは神の使者アトにすべてが始まった日に 時間を戻すよう願いました。 ただし、支配人ヒョンチョルには、 料理人ヒョンチョルが体を使っていた間の記憶をすべて残すという条件もつけていました。 すべての真相を暴いた記憶を持つ支配人ヒョンチョルは、2人が死を迎えてしまうすべての要素を回避し、ことが起こる前に陰謀をすべて潰すことができました。 おかげで料理人ヒョンチョルの家族は夫・父を失うことはありませんでした。 支配人ヒョンチョルは 料理人ヒョンチョルが苦悩し体験して来た経緯を知っていて感謝し、 自分の家族を大切にしようと心に誓いました。 まるで夢だったとでも言える消え去った時間の中に真実がひっそりとしまわれたという感じ。 神様がくれた奇跡とはまさに、料理人ヒョンチョルが支配人ヒョンチョルにくれた 再スタートという贈り物でした。 おしどり夫婦から夫を奪ってしまうなんていうしんどい設定だったので、地上波ゆえに視聴者を意識したともいえなくないけど、これはこれでよかったな~ 私の心に響いたOST このドラマに結構没入できたのは感情移入しやすいOST曲のおかげ! 特に好きだった2曲をご紹介します。 1.Bily Acoustie「Monochrome」 君の元へはもう戻れない・・・なんていう歌詞がいろんなシーンごとにそれぞれぴたっとはまって切なかったです。

次の

私たちが出会った奇跡 視聴感想 韓国ドラマ|ドラマほびっと

私たちが出会った奇跡

「私たちが出会った奇跡」ドラマ情報 韓国の平凡なある一家の家長が名前と年齢が同じなだけで、正反対の人生を生きてきた男の人生を代わって暮らすことになってから、自分なりのやり方で周囲を温かく変化させる過程を描いたファンタジーヒューマンドラマ。 しかも人の体を借りて生きなければならなくなったとしたら? とんでもない想像から始まった物語は、魂と肉体の密接の関係について根本的な質問を投げかける。 自分の魂が他人の肉体を借りることで、その人の人生を生きるようになったら私のアイデンティティや私は何者になるのか。 人間の真髄が果たして魂なのか、肉体なのかについての悩みは非常に難しい。 神のミスから始まった一人の男の波乱万丈の自分探しの旅は神の一手となり、愛と人生に対する考察を残す。 このドラマはある家長と家族の話だが、男の人生と男の感性を癒す話だ。 一人の男が二つの家庭の家長になり、二人の妻の間で葛藤する。 二つの家庭で発生した前代未聞の事件!それによってもたらされた奇想天外な奇跡のような話! 私たちの出会った奇跡は、世の中の美しさをたっぷり詰め込んでいる。 きっと桜をみたような温かい気持ちにさせてくれます。 原題:우리가 만난 기적• 韓国放送期間:2018年4月2日〜2018年5月29日• 放送局:KBS2• 最高視聴率:13. 話数:全18話• ジャンル:ファンタジーヒューマンメロドラマ• 出世することに人生を捧げている。 全国最下位支店も全国一位に変えてみせる。 それこそ、一位であるプレッシャーを楽しんでいる成功志向的な完璧主義者である。 家庭でも権威を掲げておりお世辞にもいい父親とは言えない。 感性のないロボットのような家長であり、夫で一人楽しく暮らしている。 妻のヘジンの献身をいつの間にか当然の権利のように受けて生きており、開き直りも甚だしい。 最年少銀行頭取を夢見る彼は、ヘジンの献身的犠牲はいつも関心外。 さらに愛人までおり二重生活を平然と維持している真っ最中だ。 結局、点に決められた運命通り42歳の短い生を終えるソン・ヒョンチョル。 しかし、なぜか彼の肉体は地上に残るようになり、自分と同名の別のソン・ヒョンチョルが自分の体から先の人生を生きていくことになる。 あなたという男が私は不安で疲れる。 だから私は自立します!!」 誰も彼女がどれほど危険で胸が熱い女なのかをしらない。 表向きはすべてが完璧な主婦だ。 成功の道を突き進む能力のある夫に、家の金庫に貯めておいた金が白髪より多いという金持ち姑。 そしてハンサムな息子と勉強の出来る娘がおり完璧で幸せな女性に見える。 しかし、夫とは上辺だけの夫婦であり、夫婦らしい関係は何年前か記憶に残っていない。 これ以上自分を女性としてみない夫を自分も男として見ないことにした。 一時は心からヒョンチョルを愛した彼女が出来る自尊心の最低ラインだ。 耐えるだけ耐え、行くところまで行った。 あとはもう離婚だけが残っている。 そのためには、経済的に独立をしなければならなかった。 グローバルマーケットターゲットペニー顧客センターで働いていた彼女は新しい代表クン・ソンムから能力を認められ自身の生き方を探した。 何気なく近寄るソンムに彼女も久々に女性としてわくわくする。 しかし、夫の事故後、様子の変わった姿に彼女は混乱している。 優しくて、善良で、何より自分を見る目つきが変わっている。 自分を女性として眺めているのだ。 16年前の自分に一目惚れしたその目で自分を見つめてくれている。 夫に向けて再び心臓が動き出したヘジン。 彼女は誰を選択するのか? 画像:KBS公式サイトより 高校時代は勉強は後回しにしてうろつきまわって遊んでいた。 夫に出会ってやいなやすぐに家庭を持った。 一人しかいない娘は自身と似ている点が多く、勉強も出来なくてなまけものだが彼女にとってはこの上なく愛おしかった。 田舎に一人で暮らしている義理の父親と一緒に暮らそうと提案したのも彼女だった。 貧しかったが幸せだった。 時が経ち、夫が中華料理店を買収し貧しい時代が終わった。 経済的にもゆとりが出てきた。 しかし!そこから運命がこじれ始めた。 夫が一念発起して購入した飲食店は、違法貸し出しに関わっていた。 解決しようとした夫は謎の交通事故に遭って入院することになった。 無事に回復してきた夫だが、突然死亡してしまう。 一人残された彼女は、想像を絶する辛い生活を送ることになってしまった。 そんなある日、夫の友達だと言って献身的に協力してくれる見知らぬ男が突然現れた。 名前も夫と同じのようだ。 怪しい。 しかも夫について全てのことを知り尽くしている。 知らないことがない。 徐々に彼を頼るようになって親近感と不慣れさの境界で恋をするようになる。 結局、その男が自分の夫であることを本能的に感じるようになる事件が起こる。 空はこんなにも青いのに何がどうして、、あぁほんとに! 私たちはコック長Bソンチョルの外見よりは、霊魂に注目する必要がある。 彼の肉体はドラマ序盤に火葬され再び見ることが出来ないからだ。 高等学校の時、ミーティングで会った今の妻と結婚して、子どもにも恵まれ楽しく幸せだった。 それがすべての人生だった。 非常に誠実な家長だった。 一人で自分を育てた父を大切に思っている。 心の優しい息子であり、愛情深い夫で、素敵なパパだった。 中華料理店の宅配からスタートし、いつの間にか中華料理専門店社長になりこれ以上願うことがないような人生を送っていた。 しかし、ある日、自分が融資を受けていない融資が存在するのが明らかになった。 そして間もなくして疑問の交通事故に遭った。 軽い交通事故だったが彼は死んだ。 いや、少なくとも彼の肉体は消滅した。 神様のミスで、自分と同名異人であり、生年月日が同じ銀行の支店長ソン・ヒョンチョルに代わることになってしまった。 ミスを気付づいた神は、彼の魂を慌てて地上に送ったが、すでに彼の体は火葬されてしまっていた。 仕方なく、彼は他の人の体を借りることになる。 彼の名前もソン・ヒョンチョル。 年も誕生日も同じ男だった。 魂の家庭、肉体の家庭、二つの家庭の家長になった彼のとんでもない二重生活が開始された。 その中、徐々に自分が体を借りて使っているソン・ヒョンチョルの妻ヘジンにひかれ始めた。 生まれて初めて妻ではない他の女性を守りたい気持ちが生じ、心の葛藤が加速する。 自分の死を明らかにしていこうとしている中、自分の肉体の持ち主や、今は自分自身になってしまったソン・ヒョンチョルがその事件の中心にあることを知った。 自分を破壊することも守ることができないジレンマとともに混乱は極限に達する。 そして、ついに事件の実態が明るみになる。 英語の名前はSam Roland. グローバルマーケットTarget Penny所有者の米国人Ronald家に養子縁組された次男。 結婚後4年で離婚し独身になった。 韓国支社で働くために、ミッションを達成するためにきた才能がある魅力的な男だ。 代表の身分を隠して客に偽装して、ミステリー・ショッパーをしている時、顧客センター職員ヘジンのプロフェッショナルな態度に深い印象を受けた。 次第に好意を抱くようになり、実の母を探す過程で彼女に心を開くようになった。 一歩離れて見つめてばかりいたヘジンへ運命的に近づいてみようとしたが、ヘジンの視線は離婚しようとしていた夫に再び向かっていた。 彼のひたむきな恋は結局、友情として残る道を選択する。 彼は、ヘジンの心強い助っ人であり、友達になって彼女の能力発揮をきちんと助けてくれる。 そして彼女に米支社の研修の機会まで提案し、彼女の新しい未来まで準備している。 しかし、これ以上彼女と一緒になることは難しそうだ。 彼は彼女を手放すことができるのだろうか?.

次の

私たちが出会った奇跡 17話・18話(最終回) あらすじと感想

私たちが出会った奇跡

「私たちが出会った奇跡」18話(最終回)あらすじ ヨンファが事故に遭い、亡くなってしまう。 悲しみに暮れるジス。 ヨンファが亡くなったことが分かり、下界に戻って来るアト。 そんなヒョンチョルの前に現れるアト。 手帳を取り出し、何かを書くヒョンチョル。 ヒョンチョルAの自宅に戻り、ヘジンの寝顔を眺めるヒョンチョル。 あなたに向かう私の気持ちが支店長のヒョンチョルなのか調理師のヒョンチョルなのか尋ねたことがあったでしょう?私にもよく分からない。 そんなヘジンにキスするヒョンチョル。 ヒョンチョル達の事故前まで時間が戻る奇跡が起こる。 ーーーー 家庭を顧みない傲慢なヒョンチョルAと、そんなヒョンチョルAに不満でむなしい生活を送りながら離婚を考えているヘジン。 ブランチミーティングを開いてもヒョンチョルAの仕事の話でなかなか部下たちは食事ができない。 だが、以前とは違って部下たちに食事の時間を与えるヒョンチョルA。 叱られるが、蹴られもせずに以前と違う様子のヒョンチョルに驚くハ代理。 ランチに入った中華料理店でヒョンチョルBと顔を合わせるヘジン。 キム頭取からオソングループへの融資の事を念押しされるヒョンチョルA。 ヒョンチョルAの誕生日を祝おうと、自宅で準備するヒョジュ。 だが、ヒョンチョルAが向かったのは自宅だった。 ヘジンが作った誕生日のわかめスープを食べるヒョンチョル。 同じ時、ヒョンチョルBはヨンファやジス、モドンに賑やかに誕生日を祝ってもらっていた。 自身が自動車事故に遭ったり、何か手帳に書いている姿を思い出し、混乱するヒョンチョルA。 自身の手帳に先付の日付で記入されているのを見るヒョンチョルA。 自身の車で事故に遭った記憶が現れ、自家用車を使うのを止めるヒョンチョルA。 ヒョンチョルBはヒョンチョルAの江南支店に融資の申し込みに行く。 そこに現れたヒョンチョルAは、応対していたハ代理に事情を聞き、その以前の融資が行われたヨンドゥンポ支店に問い合わせの電話をかける。 この調査をすることにするヒョンチョルA。 その様子を見ているヒョジュ。 調査の結果、銀行の電算システムのリニューアル責任者がウ・チャンチュンだということが分かるヒョンチョルA。 身に覚えのない融資があると分かり、金融監督庁に駆け込むことにするヒョンチョルB。 そんなヒョンチョルBに、金融監督庁ではなく銀行に来るように伝えるヒョンチョルA。 時間が戻る前の記憶を取り戻したヒョンチョルAは、やって来たヒョンチョルBと顔を合わせる。 ヒョンチョルBの融資は誰かが画策したようだと話し、銀行で起こった問題だからとヒョンチョルBに謝罪するヒョンチョルA。 ヒョンチョルBが中華料理店を引き継ぐのに必要な資金をすぐに融資することにするヒョンチョルA。 先付の日付で書かれた自分の手帳を読むヒョンチョルA。 初対面のヒョンチョルAのいきなりの話に戸惑うパク刑事。 頭取に話したら銀行イメージを気にしてもみ消されると考えるヒョンチョルA。 マスコミに発表する前に金融監督庁にいる先輩の元を訪れ、神話銀行で起こっている不正にシステム利用した不正融資の件を告白する。 また、オソングループへの不正融資が行われそうだという情報も話し、事が大きくなる前に調査するように話すヒョンチョルA。 時間を戻したら自身が消滅してしまうのを分かっていて、時間を戻すことを選んだヒョンチョル。 そんなヒョンチョルへのプレゼントとして、記憶をそのままにしておいたアト。 晴れて中華料理屋がヒョンチョルBの名義となり、喜ぶヨンファやジス、モドン。 その光景を遠くから眺めるヒョンチョルA。 1等を取ろうとして苦しむんじゃない。 そんなヒョンチョルAと子供たちとの会話に驚くヘジン。 ヘジンを散歩に誘うヒョンチョル。 俺がお前に沢山間違いをした。 お前を凄く苦しめた。 泣くヘジンの手を繋ぐヒョンチョルA。 チャン・ギチョルを逮捕するパク刑事。 神話銀行の電算システムを使って不正した犯人も検挙されたとニュースになる。 懐かしそうにヒョンチョルBの自宅の前に来るヒョンチョルA。 そのヒョンチョルAに気付き、声をかけるヨンファ。 それが今回融資の件で世話になった支店長だと分かり、お礼を言ってプレゼントを渡すヨンファ。 ヒョンチョルAがそのプレゼントを開けてみると、例のオレンジ色のポロシャツが入っていた。 ヘジンを春川旅行に誘ったヒョンチョルA。 春川行きの列車を予約しようとするヘジン。 私に与えられた奇跡を忘れません。

次の