アンチャー テッド エルドラド の 秘宝 攻略。 トロフィー 「格闘チャンピオン」

『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』 about.marquee.by ゲームの紹介とレビュー

アンチャー テッド エルドラド の 秘宝 攻略

シリーズ3作品のシングルモードが収録された決定版。 本特集記事では、PS4用に調整された本作の特徴や、収録された歴代シリーズ作品の魅力を3回にわたって紹介していく。 PS3で発売された過去3作が1つに! ネイトの冒険の幕開けとなったシリーズ1作目『エル・ドラドの秘宝』をはじめ、2作目の『黄金刀と消えた船団』、3作目の『砂漠に眠るアトランティス』が、『アンチャーテッド コレクション』に収録されている。 作中の時系列もこの順番に沿って進んでいくため、本作を初めてプレイする人は『エル・ドラドの秘宝』から始めるのがオススメだ。 各作品単体で冒険は完結するものの、登場人物の関係など、順にプレイすることで味わえる魅力も。 つねに新鮮な気持ちでプレイ可能だ。 PS4の性能に合わせ、グラフィックの質を向上 PS3からPS4になり、マシンパワーが向上したため、全体的にグラフィックのクオリティがアップ! PS3では、遠景はモヤがかかったようにボヤけていた部分が、本作ではクッキリ見えるようになっているなど、細部まで調整している。 リアルになった光の描写が、鮮明にその瞬間を演出する。 操作方法が統一され、プレイが快適に! 『アンチャーテッド』シリーズは、作品を重ねるごとにプレイヤーの操作しやすいように操作性が改良されていた。 そのため、1作目と3作目では操作が異なっていたが、本作ではすべて統一。 プレイ中に混乱することなく、最高の操作性でプレイが可能になっている。 直感的に操作できるため、ゲーム慣れしていない人でも安心だ。 逆にプレイ経験者の方が新鮮な気持ちでプレイできるかも!? 密林のなかには古代文明の遺跡があり、侵入者対策の罠や謎が散りばめられている。 ストーリー:黄金の都を目指し、ネイトが立つ! 実在したイングランドの冒険家、フランシス・ドレイク卿の子孫を自称するネイトは、太平洋からドレイク卿の棺を引き上げる。 その中に収められていたのは、1冊の手帳。 そこに記された手がかりをもとに、伝説の黄金都市エル・ドラドを目指していく。 相棒のサリーとともに、遺跡の探索を始めるネイトだったが、宝を欲するローマンに宝のありかを示す地図を奪われてしまう。 間一髪で難を逃れたネイトは、今回の探索を取材していたエレナと合流し、宝を求めてローマンを追う。 しかし、そこから運び出された痕跡を発見し、追跡を再開。 何度も命の危機に直面しつつも、徐々に宝へと迫っていく。 幾度の危険をともに乗り越えることで、エレナとの仲も次第に深まっていく。 映画さながらの人間ドラマも魅力の1つだ。 トレジャー:エル・ドラドの秘宝 本作のキーとなる財宝であるエル・ドラドの秘宝とは、すなわち黄金で作られた像のこと。 本来隠されていた場所からは400年前にすでに持ち去られており、ネイトは像を持ち去ったスペイン人の痕跡をたどって行くことになる。 ところが、この金色の像にはある秘密が隠されており、その秘密がネイトの冒険を思わぬ方向へと導びいていく。 皮肉屋で軽い性格だが、高い身体能力と豊富な知識を持つトレジャーハンター。 ドレイク卿の子孫を自称している。 口が達者で、相手を手玉に取るのはお手の物。 愛称はサリー。 考古学の知識が豊富なだけでなく、銃や乗り物の扱いもソツなくこなす。 目的のためには手段を選ばず、傭兵や海賊を雇ってネイトを妨害する。 シリーズ初作品ゆえの新しさも 今改めて振り返ると、シリーズ1作目の『エル・ドラドの秘宝』は、かなりチャレンジ精神が凝縮されたような作品だったと思います。 UI(ユーザーインターフェース)には最低限のものしか表示しないというのも、この姿勢から生まれた手法の1つでしょう。 今でこそ、普段は画面をスッキリさせておき、必要な時だけUIを表示させるという作品は珍しくありませんが、当時これだけ画面をスッキリさせたゲームはほぼありませんでした。 しかし、モーションセンサー周りの操作性に苦戦したプレイヤーが多かったようで、次回作の『黄金刀と消えた船団』以降はオプションでオンオフを切り替えられるように変更されました。 確かに使いやすいとは言えませんでしたが、おもしろい試みでしたね(『アンチャーテッド コレクション』では、モーションセンサーやジャイロによる操作は含まれていません。 『インディージョーンズ』をはじめとした冒険映画的なお約束を詰め込んだ演出が多いゲームだということと、あまりの没入感の高さに見入ってしまう=映画のように楽しんでいる、という心理が働くことを指す、最高級のほめ言葉なんです。 これはシリーズ通して徹底されている魅力ですが、『1』の時点ですでに完成されつつあるのがすごい。 先に述べた、UIをほとんど表示しないのも、このための布石。 余計なものに意識をそらされず画面に集中できるので、没入感が高まります。 皮肉たっぷりなセリフ回しが多く、戦闘中も軽口を絶やさない主人公・ネイト。 そして、おちゃらけていながらも、やるときはやる渋いベテランの相棒のサリー。 この2人の掛け合いは本当におもしろいです。 自分は海外ゲームを主にプレイしていますが、『アンチャーテッド』だけは絶対日本語でプレイしたい! と思うほどに吹き替えがいい味を出しています。 木曜洋画劇場や、金曜ロードショーをよく見ていた人はわかると思いますが、まさにあの感じ。 質問に皮肉で返すネイト、戦闘中に行われる仲間との口論、突然始まるラブロマンス(笑)。 どれも「あ~、あるある」と同意してしまう映画的演出の数々は、ゲームをプレイしているハズなのに、映画を観ている気持ちにさせてくるのです。 音声というのは意外と重要で、例えば崩れ落ちる橋を必死で走って脱出しようとするシーンでは、キャラクターは崩落に巻き込まれまいと慌てているわけです。 その時に、恐怖のあまり何かを叫びながら走るとすると、やっぱり英語よりもなじみのある日本語のほうが感情がじかに伝わってくるんですよね。 ネイトの口癖で、ピンチの時に「やべやべやべやべっ!」と言うのですが、プレイしている最中は、実際のヤバそうな演出で緊張するのはもちろん、ネイトの声がそれに拍車をかけてきて、本当にヤバそうに感じます。 そう感じている時点で、かなりゲームに没入している証拠なんですが、『アンチャーテッド』はそのあたりの導線の引き方がとんでもなくうまい。 そしてそれは、アクションシーンに限ったことではありません。 謎解きのシーンでは、実際に手帳を参照し、そこに書かれたヒントをもとにしてギミックを解いていきます。 自分の目で見て、自分の手で探す。 これが徹底されているため、戦闘以外のシーンでも没入感が薄れずに遊び続けられるわけです。 難易度もほどよく、ちょっと頭を使わないと解けないものも、時間が経つとヒントが出るなど、謎解きが苦手なプレイヤー向けの配慮も忘れません。 プレイしなおすと少し粗さも見えるものの、今でも十分楽しめる1作目。 引き続き登場するサリーやエレナとの関係性を楽しむためにも、未プレイの方はぜひ『コレクション』でプレイしてみてください。 勝気な彼女に振り回されるネイトの姿が見られます(笑)。 感情移入の高さはトップクラス! 今では珍しくないものの、発売された2007年当時としては革新的なパルクールアクションの先駆けともいえる作品の1つが、この『アンチャーテッド』です。 ただ足場をジャンプで渡っていく従来のアクションに比べ、凹凸を利用して垂直の壁を移動したり、ジャンプした先のヘリにつかまったりと、立体的なアクションが増えました。 また、壁や障害物に身を隠すカバーアクションが増え始めたのもこの時期から。 足場が悪い場所ではつまづきそうな動きをしたり、身を隠す時は少し慌てたような感じになるなど、どの動きもまさに人間的。 この挙動のリアルさが、高い没入感と緊迫感を与えてくれます。 自分は普通にプレイしているつもりなのに、画面の中のネイトが本当に慌てているように感じて、こっちまでドキドキしてしまう……そんなプレイヤーを引き込むアクションが満載されているのが、『アンチャーテッド』シリーズの特徴といえるでしょう。 ものすごく映画的なんだけど、間違いなくゲームである、という感覚は、本作でしか感じ得ない魅力です。 シリーズ最新作『海賊王と最後の秘宝』が2016年3月18日にPS4で発売! シリーズ最新作『海賊王と最後の秘宝』の発売日が2016年3月に決定した。 『砂漠に眠るアトランティス』の3年後が描かれる本作には、死別したと思われていたネイトの兄・サムが登場。 彼の依頼で、海賊王の秘宝が眠るとされる国・リバタリアへの冒険に協力することになる。 『アンチャーテッド』最終章となる本作は、これまでのノウハウが凝縮されており、すでにシリーズ最高傑作との呼び声も高い。 ネイトの冒険の行く末を楽しみに、3月の発売を待とう。 モーションもより洗練され、戦術にも多様性が出ている。

次の

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

アンチャー テッド エルドラド の 秘宝 攻略

シリーズ化にともない「アンチャーテッド1」と呼ばれることが多い。 キャッチコピーは「 PLAYする映画」。 略称は アンチャ。 「Uncharted」は「未知の領域」を意味する。 続編は発売の『 』。 2015年には『アンチャーテッド コレクション』においてリマスター化もされた。 概要 [ ] 開発は『』シリーズ等を制作したが担当。 海洋冒険家・の残した手帳を手に入れた、彼の子孫を自負するトレジャーハンターのネイサン・ドレイク(愛称: ネイト)が、や遺跡、古城をにの財宝「」を求め、陰謀の渦に巻き込まれる。 本作のジャンルは要素を組み込んだアクション・アドベンチャーゲームではあるが、没入感を高める手法として一般的なアクションゲームに見られるような 体力ゲージや マップ等を極力表示しないよう工夫がなされており、それらの表現は「被ダメージ数に応じて画面を徐々に暗くさせる」「残弾数や照準用カーソルは武器を構えた時のみ」としている。 プレイスタイルは謎解きと戦闘をしながら「壁を伝う」「登る」「降りる」「飛び移る」を駆使した移動が基本となるが、とても「正規ルート」とは思えないような場面を進むため、一本道でありながらも初見では少し考えながら進む必要がある(マップの随所に正規ルートへのヒントが設けられている為、法則を理解すればあまり迷わないように設計されている)。 このことから PLAYする映画というキャッチコピーが用いられ、日本語版の吹き替えはを意図した翻訳がされており、これらの作風と方向性はシリーズ最終作まで継承され、アンチャーテッドというゲームの個性となった。 グラフィックは(テクスチャ・光源処理・水の表現など)2007年当時のタイトルとしてはコンソール機の性能を活かした描画となっている。 リマスター版はハードがへ移行したことで、さらに高解像度化・高フレームレート化の強化がなされている。 登場人物 [ ] ネイト一行 [ ] - 声: 本作の主人公で、プロのトレジャーハンター。 愛称は「 ネイト」。 海洋冒険家「」の子孫を自負しており、彼の遺品とされるリングを首から下げている。 リングには「偉業も小さな一歩から」というドレイクの格言が彫られており、ネイトのモットーとなっている。 考古学の豊富な知識と優れた洞察力を持ち、わずかな手掛かりから謎を紐解く。 軽い性格の皮肉屋だがユーモアに溢れ、危険な状況でも軽口をたたく余裕を失わない。 また、身体能力が非常に高く、険しい場所も軽い身のこなしで登っていく卓越したクライミング技術を持っている。 さらに、銃火器の扱いや格闘術、飛行機や水上バイクなどの乗り物の操縦にも長けている。 今作では海底から引き揚げた「ドレイク卿の手帳」を元に、ローマン一味との熾烈な戦いを繰り広げながら、エル・ドラドの黄金像伝説を追っていく。 エレナ・フィッシャー - 声: 本作のヒロインで、ジャーナリスト。 アドベンチャー番組「アンチャーテッド」の司会を務めている。 頭脳明晰な美女で、古代建築などの知識が豊富である。 性格は明るく奔放で、少々頑固なところがある。 ネイトに引けを取らないほどの行動力を持っており、女性でありながらも銃の扱いや乗り物の操縦にも長けている。 黄金像伝説の取材という名目で、カメラ片手に半ば無理やりネイト達に同行し、ネイトの良きパートナーとして数々の活躍を見せる。 ヴィクター・サリバン - 声: ネイトの相棒で、ベテランのトレジャーハンター。 愛称は「 サリー」。 ネイトにトレジャーハンティングの技術を教えた師匠でもある。 多方面に多額の負債を抱えており、金には少々汚い。 話術に長けており、未だに若い女性を口説くこともある。 現在は力仕事などは若いネイトに任せているが、冒険家としての腕や知識は衰えていない。 今作では、エル・ドラドの黄金像伝説に己の財産と人生を全て賭け、ネイトについて行くが・・・。 敵対者 [ ] ガブリエル・ローマン - 声: 裏社会で名を馳せている犯罪組織のボス。 私設の傭兵部隊を組織するほどの財力を持つ。 コレクションの充実のため、エル・ドラドの黄金像を狙う。 物腰は紳士的だが、ビジネスの為ならば手段を選ばない非情な性格。 アトック・ナヴァロ - 声: ローマン私設傭兵部隊の隊長。 凶暴かつ残忍な性格で、時折ローマンに行動をたしなめられる事もある。 傭兵としての実力は非常に高く、考古学関連の知識に造詣が深い。 ローマンにエル・ドラドの黄金像の話を持ちかけた。 エディー・ラジャ - 声: ローマンに雇われた海賊団のリーダー。 ネイトとは顔馴染みで、かつて「ビジネス」を共にしたことがあるが、今回はナヴァロの手下として容赦なくネイト達に襲いかかる。 武器 [ ] 本作の戦闘はスタンダードなを踏襲しており、主にハンドガン・サブマシンガン系とアサルトライフル・ショットガン・スナイパーライフル系を2系統のカテゴリとしてまとめ、それぞれコントローラの十字キーの左・右へ割り当てられている。 これらをスイッチすることで切り替えを行い、戦闘シチュエーションによって使い分けながらプレイするのが基本となる。 現実の銃器であれば同一の口径・規格の用いたモデルであれば弾薬を使い回す事が可能だが、本作はゲームシステムの仕様上、弾薬はその武器専用となり、(弾薬の)補充を行うには装備している「武器と同一」であることが条件となる。 この仕様はシリーズ最終作 まで引き継がれている。 セミオートマチックピストル• ゲーム最序盤から入手可能な武器。 ネイトの初期装備。 ゲーム中盤以降で入手可能。 装弾数の多さと連射速度の速さからPM-9mmの上位版にあたる。 ゲーム終盤から敵から入手可能。 装弾数が少なく連射速度も遅いが、それを補うほど威力が高く、敵をほぼ1発(高難易度の場合は計2発)で撃破可能。 ただし、敵が所持している場合はレーザーサイトを用いて正確に狙撃してくるため、遮蔽物へ身を隠す、動き回ることで回避運動が必須となる。 エディーが所持する銃のベースモデルでもあり、黄金に塗装されグリップには龍の模様が刻まれている。 リボルバー• ゲーム中盤から入手可能。 Desert-5と同じく、敵を1〜2発で撃破可能だが入手頻度は非常に限られる。 主人公ネイトの相棒サリーが所持する愛銃と同一モデルである。 サブマシンガン• ゲーム中盤から入手可能。 一発の威力はハンドガンよりも低いものの、連射速度がそれを補う。 近接時の制圧力は高いが集弾性に欠け、遠距離への攻撃は苦手としている。 フルオート射撃が可能な武器ではあるが、ゲーム上の分類はハンドガンと同じ扱いとなる。 ゲーム終盤から入手可能。 Micro-9mmと比べ連射力は劣るものの、攻撃力と装弾数が向上した上位版。 サブマシンガンとして表記してあるが、ゲーム上の分類はアサルトライフル・ショットガン・スナイパーライフルと同じ扱いとなる。 アサルトライフル• ゲーム序盤以降から入手可能。 ゲーム中盤以降までは主力武器となる。 威力と連射性は申し分ないものの、反動の大きさから集弾性が悪い。 ゲーム中盤以降から入手可能。 AK-47と比べ、連射時の集弾性が向上している。 装弾数とリロード時の速度はAK-47と同等。 ショットガン• ゲーム序盤以降から入手可能。 接近戦では無類の強さを誇るが、遠距離では威力が大きく低下する。 ゲーム終盤から入手可能。 Moss-12と比べ、集弾率が向上しており、中距離までであれば威力はあまり低下しない。 グレネードランチャー• 特定のシーンでしか入手出来ないものの、手榴弾並の威力を持ち合わせており、着弾と同時に爆発するためMk-NDIグレネードの上位版となる。 爆風は貫通効果もあるため、壁に隠れてる敵も倒すことが可能。 スナイパーライフル• ゲーム終盤から入手可能。 本作では唯一の狙撃銃であるため、高倍率スコープを用いたズームが可能。 威力も申し分なく、軽装備の敵であれば一撃で撃破できる。 手榴弾• 序盤から手に入るグレネード(破片手榴弾)。 PS3版ではコントローラーの傾きセンサーを用いて、位置予測カーソルを操作をしながら投擲を行う。 敵に直撃させれば一発で撃破可能だが、爆発範囲が狭く、投擲から爆発の間にはラグがある為、タイミングを意識しながら投擲する必要がある。 その他• 固定銃座 一部シーンにおいて、装甲板で覆われた重機関銃型と(ジープに搭載された)単連射式グレネードランチャー型の固定銃座が存在する。 その絶大な火力により圧倒的な制圧力を誇るが、使用中は原則としてプレイヤーキャラの移動は不可能であり、また背後まではカバー出来ないため、四方八方からの攻撃には無防備になりやすい。 メダル [ ] ゲーム内にはメダルシステムが搭載されている。 「ステージ内に隠されているお宝を所定数獲得」「特定の方法で一定数敵を倒す」「所定の難易度をクリア」といった条件を達成するとメダルを獲得できる。 メダルには難易度に応じてメダルポイントが設定されており、クリアや所定のポイントに達するたびに 報酬としてデザインギャラリーやメイキングカットシーンなどの特典映像の閲覧やネイトの衣装チェンジ(エレナやサリーといった仲間や海賊やローマンといった敵キャラにも変更可能、ただし声はそのまま。 また、プリレンダムービーでも変更が適用されない。 )、特定の武器を持つことができるようになったり、無限弾薬・一撃死といったプレーを楽にする報酬もある。 (一部変更は最高難易度のプロでは適用されないが、1度プロをクリアすると使用可能。 ) また、アップデートによりメダルと連動しても獲得できるようになり、メダルを獲得することで対応するトロフィーがもらえるようになった。 用語集 [ ] 卿 実在した出身の、。 イギリス人初となる世界一周を成し遂げている。 その航海で得た宝はに献上されたが、実はそれと別に残しているお宝があるとされており、その財宝をネイトとローマンが狙っている。 また、死去した際に鉛の棺に納められ海中に沈められたとされており、この棺は現在も見つかっていない。 本作は、ネイトがその棺を見つけたところから物語が始まる。 ドレイク卿のリング ネイトが常に首から下げているリング。 上述のフランシス・ドレイク卿の遺品で、彼が死亡したとされる日の翌日の日付と、海底に沈められたという彼の鉛の棺の座標(パナマ沖)が彫られている。 また、ネイトがモットーとしている彼の格言「偉業も小さな一歩から」も刻まれている。 ドレイク卿の日記 ドレイク卿がエル・ドラドの黄金像の探索記録を記した日記帳。 海底に沈められていた鉛の棺に、彼の遺体の代わりに納められていた。 ネイト達の黄金像探索の大きな手掛かりとなる。 に伝わる黄金郷にまつわる伝説。 本作では、黄金と宝石で作られた豪華絢爛な像とされている。 黄金像を手に入れようとした者には、恐ろしい呪いがかかるという。 この幻の黄金像を追い求め、ネイト達の大冒険が繰り広げられる。 実写映画化 [ ] 現在、で、本作のストーリを原作とした実写映画化がにより企画されている。 当初、監督は映画 2010 などを監督したで、主演はと決定していたが、俳優がネイトに似ていない上、ストーリは実際のものとは異なり、ノーティドッグやシリーズのファンはあまり支持していなかったという。 これに対してデヴィッド監督は制作上での意見の食い違いから映画制作を中退。 その後、コロンビア映画は脚本と俳優を没にし、デヴィッド監督の代わりとなる新しい脚本家としてを受け入れたが、後にはニール監督も降板することとなる。 2014年2月にはが監督交渉に入ったことが報じられ 、制作企画は健在している模様。 関連情報 [ ]• 、画質のプロモーションムービーがにて配信された。 、画質のプロモーションムービーがPLAYSTATION Storeにて配信された。 、「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」体験版がPLAYSTATION Storeにて配信された。 関連項目 [ ]• - 2作目• - 3作目• - 4作目• - スピンオフ• 出典 [ ].

次の

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ストーリーを終えたらマルチプレイに挑戦!【特集第4回/電撃PS】

アンチャー テッド エルドラド の 秘宝 攻略

どもっ!さくですよ! ようやく「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」の本編をクリアしたので、記事にしたいと思います! いやー、と比べると、「黄金刀と消えた船団」はめっちゃ難易度が高く感じました! 原因はね、多分ですが謎解きメインじゃなく、銃撃戦がメインみたいになってたから。 「エル・ドラドの秘宝」では、銃撃戦は確かチャプター3か4までなかったんですよ。 うーん、好きになれない顔だな。 前作の「エレナ」ちゃんのほうが、私は好みです!はぃ!!! …ふぅ、スッキリした  ̄ー ̄ なお、なんとなく予想はしていましたが、いきなりこのムカつく野郎が裏切ります。 くそやな!!!!! ムカつく野郎の裏切りのせいで捕まるのですが、前作で私が気にいってた「サリー」おじさんが助けにきてくれました。 上記で、今作になって難易度が上がった気がすると書いておりますが、その原因がこの新しい敵達です。 まず、上記の画像に映っている盾を持った敵。 この盾でこちらの銃を防いできます。 かといって、殴りにいったら盾でおもいっきし殴られます。 名前は私が適当につけましたw 絶対こんな名前じゃないだろうな…w こいつ、連射性能バツグンのガトリングを装備してます。 なんか他に良い方法あるんでしょうけどね… 戦闘ヘリ、戦車も今作で登場します。 どちらも耐久度、攻撃性能共に高いのでめっちゃウザイです。 またチートか!!! そして、やはり今作もいました化物野郎。 今作はゴリラみたいなやつです。 このアングル、超かっこいい! ちなみに、謎の液体を飲み、無敵マンになります。 無敵マンになっても、主人公はこの無敵ラザレビッチを倒すんですけどね… あれ?主人公がチーt 本作は前作と比べると、ボリュームもかなり増え、銃撃戦もより頭を使うものとなり、とにかく全体的に難易度が上がっています。 こんなワンシーンもあるので、エロ親父のそこの君! 早くプレイするんだ!!! Twitter・Feedlyの紹介 最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。 さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

次の