カメ の 甲羅 は あばら骨。 表紙見た時のインパクトがすごい『カメの甲羅はあばら骨』

表紙見た時のインパクトがすごい『カメの甲羅はあばら骨』

カメ の 甲羅 は あばら骨

川崎悟司「カメの甲羅はあばら骨」 生き残りを賭けた試行錯誤 とにかく表紙のイラストが目を引く。 けれど、売れている理由が最初はわからなかった。 いろんな動物の特徴的な身体。 人間なら骨格や筋肉をどう変えれば、その動物と同じになるのかを絵で表現している。 カメの甲羅のことも、イヌがつま先立ちしていることも知識としてはあったが、イメージしにくかった。 それが、不気味とも思える絵で疑問が次々に解かれていく。 わかりやすい。 それだけに、絵を確かめるなら立ち読みで済みそうだ(本屋さん、ごめんなさい)。 絵と合わせて読む説明がポイントかも知れない。 速く走るのに適した骨格、空を飛ぶのに必要な筋肉、地面に穴を掘るのに適した体つき。 動物の生態に適した合理的な体つきの解説があって、「改造人間」の理解が深まる。 読みながら、手首を回してみたり、背伸びをしてみたり、口を大きく開けたくなる。 試してみてはうなずく。 小さな驚きも楽しい。 カバが陸上を走る速度は時速40キロにも達するという。 見た目で判断してはいけない。 コアラの子どもはユーカリの葉を分解する腸内細菌を譲り受けるために母親のウンチを食べる。 近年、注目の「便微生物移植」の仕組みだ。 長い脚で内陸をすたすた歩いていた「ワニ」、3トンもあった巨大な「ナマケモノ」。 滅びた動物との形態の比較は、環境に適応した進化を考えさせる。 そんないくつもの仕掛けに、立ち読みでは堪能できず、レジに向かうのかも知れない。 本書はSNSでも話題になっているから、ネットでさわりを見てたまらずにポチッと買う人も多いのだろう。

次の

表紙見た時のインパクトがすごい『カメの甲羅はあばら骨』

カメ の 甲羅 は あばら骨

人間と動物の構造は大まか同じで、目や口、肘、脛など人間の体の各部につけられた名前に当たるものは動物の体にもある。 一方でキリンやゾウなどを思い浮かべれば分かるように、動物はそれぞれ、生活環境に適するように自分の体を進化させてきた。 本書は、動物たちの特徴的な体にスポットをあて、それにあたる人体の部分が同じようになったらどうなるのかをイラストで表現しながら、動物の秘密を解説してくれる面白イラスト動物図鑑である。 と、ここまで読めば、この不思議なタイトルの意味が一気に納得できるはず。 カメの甲羅は、人間でいうところの肋骨(あばら骨)と背骨がくっついて板のようになったもので「骨甲板」と呼ばれる。 ほとんどのカメが持つこうした骨でつくられた装甲は、他の動物には見られない構造であり、ワニやアルマジロなどの装甲は皮膚の中から発生した皮骨で出来ておりカメの甲羅とは根本的に異なるものだという。 人間もカメのように肩甲骨と骨盤が包み込まれるように肋骨が巨大化したらどうなるのか、出来上がった「カメ人間」のイラストは滑稽で、少々グロテスクだが、その他の解説はいたって真面目だ。 その他、胴体から真横に足が伸び這い歩きをするトカゲ、下アゴは地面に近いため、人間と逆に上アゴの方が開く構造のワニ、左右どちらにも270度まで首を回すことができるフクロウ、人間の5倍150度まで口を開くことができるカバ、中指に当たる第3指だけを残して1本指になってしまったウマなど。 お馴染みの23種の動物たちの体の特殊な構造と進化の過程を、人体変形イラストを通して解説する。 ユニークに変形した人間のイラストは、子供にバカウケすること間違いなし。 家族で楽しもう。 (SBクリエイティブ 1000円+税).

次の

「カメの甲羅はあばら骨」川崎悟司著|日刊ゲンダイDIGITAL

カメ の 甲羅 は あばら骨

Twitterをざわつかせた「カメ人間」イラスト(「カメの甲羅はあばら骨」より) 「これ、ヤバイ本だ!!」「めちゃくちゃクセが強い。 じっと眺めてるとだんだん精神崩壊してきそう。 現在4刷まで重版しており、動物の体の構造を人間に置き換えたらどうなるのか、そして人間に置き換えることでわかる動物の仕組みを説明するシュールなイラストにSNSで反響が集まっている。 一体どういった流れでこのような本が完成したのか。 作者と編集者に話を聞いた。 Twitterがざわついたシュールすぎるイラスト多数「カメの甲羅はあばら骨」フォトギャラリー• 動物図鑑や動物園での解説などで、子どもの頃になんとなく見て記憶している動物の体のしくみ。 それを一度人間に置き換えることで、「えっ! カメの甲羅って人間のあばらなの?」「フラミンゴの逆に曲がった膝の部分は人間でいう足首!?」と新たな発見が得られるつくりとなっているのだ。 SNSでは「絵はショッキングだけど、分かりやすくて面白い」「絵が面白すぎて子供に受けまくってる」「カメ人間のビジュアルのインパクトがすごい」などと大きな反響を呼んでいる。 このイラストを入り口に、動物のことが学べる新書ができれば面白いのではないかと考えたのが発端です」と出版の経緯を語る。 作者の川崎悟司さんは、絶滅動物、古生物、恐竜などのイラストを描く仕事をしており「人間のあばら骨がカメのあばら骨だったら」をビジュアル化したイラストを自身のTwitterにも投稿して話題を集めていた。 「本にするという話をいただく前に、動物の体を人体で表したイラストを描いてTwitterでよく発信していたのですが、「気持ち悪いけどわかりやすい」というコメントが多くありました。 著者の川崎さんも、「丁寧に説明することに徹底的にこだわった」と語る。 「解説文などは、「バカなりに丁寧に説明する」ということにこだわっています。 本書は動物の体の構造や、動物がなぜこのような形になったのかを説明するのに、生物の進化の話などを盛り込んでいます。 一般とは馴染みのない専門的な分野の話になってしまうので、専門的な言葉も多くなります。 となると、勉強感が強く出てしまうので、専門的な言葉を極力避けて、なるべく日常で使うような言葉で説明するようにしています。 ただそうすると、回りくどい言い方や誤解を招く言い方になってしまうこともあって、そこがいつも難しいなと思っています」(川崎さん) 本は現在4刷まで重版している。 読者にウケている理由としては、シュールで面白い絵と、詳しくわかりやすい説明文、このギャップが挙げられるのかもしれない。 「日本のマンガやアニメが好きな外国人の方からの反響も大きく、Twitterでも「海外版はどこで手に入りますか?」と何度も問い合わせがありました。 子どもには少し怖いかなと思っていたのですが、小学生でも好んでくれている子が多いと聞き、クリスマスプレゼントにこの本を送ったという感想も頂きました。 トラウマにならないことを願っています(笑)」(北村さん) 動物の体を人体で表すと、どれも奇妙な生き物に見えてしまうが、「それは逆に言うと、動物の中でもヒトの体が異端であるからだ」と川崎さんは言う。 そして、それこそがヒトと動物の体のしくみの違いの面白い部分でもあるという。 「ヤギの赤ちゃんは生まれてすぐに立ち上がることができ、イルカの赤ちゃんは生まれてすぐに泳ぐことができる。 でもヒトの赤ちゃんは生まれてすぐには何もできません。 私たちが何気にやっている直立二足歩行は、実は高度な運動神経が求められ、ヒトの赤ちゃんが自分で歩くことができるまでには1年くらいかかってしまう。 また、重たい頭が体の一番上にあるため、とても不安定で、直立姿勢で縦になった背骨が体の大黒柱になる分、背骨にかかる負担も大きく、肩こりや腰痛を引き起こすとも言われています。 そんな効率が良いとはいえない体をしているヒトが大繁栄しているのですから、「わからないものだな」といつも感じています」.

次の