ヘビィボウガン 特殊 照準。 MHW/モンハンワールド ヘビィボウガンの特徴と操作方法(歩きリロード&射撃)

ライトボウガン・ヘビィボウガン 新アクション

ヘビィボウガン 特殊 照準

基本的に、MHWアイスボーンの弾はLv. 弾の種類についてざっくりまとめると以下の通りなので、ぜひ参考に! 的確に弱点を狙う「通常弾」 全体的に平均的な威力と射程距離。 最も威力が高いのはLv. 3でメインもLv. 近距離大火力「散弾」 近距離射程で、範囲は縦に狭く横に広い。 複数の弾を同時にばらまき、Lv. 1で3発、Lv. 2で5発、Lv. 3で7発。 アイスボーンで最も簡単に火力を出せる弾種。 遠距離からモンスターの体を貫く「貫通弾」 長距離射程で、一直線に複数ヒット。 Lvが上がるにつれ、ヒット数は大きく上がります。 最も距離が長く、最もダメージが出るのは貫通弾 Lv. モンスターの体を一直線に通るように狙うのがダメージを出すコツ。 爆発でスタン「徹甲榴弾」 着弾してから爆発。 肉質無視の爆発ダメージになり、頭に爆発を当てるとスタン値が蓄積します。 会心率の影響はありません。 爆発ダメージで超火力「拡散弾」 高威力の爆発する弾を発射し、着弾時に爆発ダメージを与えます。 こちらも肉質無視で会心率の影響は無し。 味方を回復サポート「回復弾」 範囲内の仲間を回復。 回復量はLv. 1で回復薬程度、Lv. 2で回復薬グレート程度。 対応する状態異常効果を蓄積させます。 最も使いやすく、実用的なのはLv. 特に、睡眠、麻痺はパーティサポートにおすすめです。 尻尾が切れる唯一無二の弾「斬烈弾」 斬撃属性を持ち、着弾点で炸裂して5回ヒットします。 斬撃なので尻尾が切断できるほか、威力も高め。 砲術や近接射撃強化の効果も乗るため高火力。 攻撃力が高ければ高いほど威力も上がります。 ヘビィボウガン専用弾。 効果時間は2分。 ただし、あまり積極的に使うことはないかも、です。 捕獲専用弾「捕獲用麻酔弾」 捕獲用。 2発でOKです。 モンスターに合わせて使い分けるのがおすすめ MHW アイスボーンで撃てる弾は上記の通り。 ヘビィボウガンでは主に、威力が高い 散弾Lv. 3がメインとなり、ライトボウガンでは、 各属性の速射や状態異常などのサポートがメインとなります。 ちなみに、ライトボウガンの速射は、1発の消費で3発撃つことができ、 2発目以降は0. 5倍の補正がかかります。 ダメージのイメージで言うと、100 1発目. 50(2発目). 50 3発目 といった感じ。 モンスターに合わせて弾を使い分けるのが最近では、 単発自動装填の徹甲榴弾ヘビィと ライトボウガンの徹甲榴弾速射が流行ってるかも。 楽しいですよ。 徹甲榴弾。 特殊弾については以下の通りなので、ぜひ参考にどうぞ。 【 起爆竜弾】ライト専用。 攻撃を受けると爆発する爆弾を地面に設置。 味方や自分の攻撃でも起爆できます。 ダメージは起爆した威力で変わり、1発の再使用可能までは60秒。 【 機関竜弾】ヘビィ専用のザ・マシンガン。 最大50発連射可能で、連続で当てると威力が上昇していきます。 いつでも装填可能ですが、0からフルチャージまでの時間は250秒と長め。 【 狙撃竜弾】伏せて構えるヘビィ専用の特殊弾。 長距離射程の貫通弾を放ち、貫通した箇所に爆発ダメージを与えます。 爆発を頭に当てるとスタン値蓄積。 再使用可能までは90秒。 ライトボウガンは、すべてのボウガンが「起爆竜弾」ですが、ヘビィボウガンは、ボウガンにより機関竜弾か、狙撃竜弾か変わります。 特殊弾は、 いずれも「集中スキル」の効果が乗るため、再使用可能までの時間を短縮することができる……というのも覚えておきたいポイントですね。 散弾、貫通弾、通常弾は、クリティカル距離で撃つと効率良くダメージが与えられます。 MHW アイスボーンで用意されるボウガンのカスタマイズには……• 反動抑制パーツ• リリード補助パーツ• ブレ抑制パーツ• 近接射撃強化パーツ• 遠距離射撃強化パーツ• シールドパーツ• 特殊照準パーツ• 回避装填パーツ• 機関竜弾・改造• 狙撃竜弾・改造• 起爆竜弾・改造• 弾丸重化パーツ• 弾速強化パーツ 上記13個のパーツが存在し、太字がアイスボーンで新しく追加されたパーツですね。 それじゃ、ボウガンのカスタマイズパーツについてもう少し詳しくみていきましょう! 反動抑制パーツ 反動抑制パーツは、その名の通り、 弾を撃った時の反動を軽減できるパーツです。 武器ごとに散弾や貫通弾などなど、弾種による反動は異なりますが、反動抑制パーツを装着することで反動を抑えられます。 例えば、ナルガクルガヘビィを使う場合、メインで使うのは 貫通弾Lv. 3になりますよね。 3の反動は「中」ですが、1つ付けると反動を「小」にすることができるといった感じです。 逆に、ナルガクルガヘビィは、 1つ付けても、2つ付けても反動は「小」のままなので、それ以上は無駄になるということ。 メインで使う弾に合わせて反動抑制パーツがどれだけ必要か、しっかり確認しておきましょう! 反動が少ないほど、連射できるようになるため、撃った後の隙も少なくなりますよ。 ちなみに、反動「大」「特大」は隙が大きく危険。 ライトボウガンであれば、反動「小」「中」はステップ回避が速くなります。 リロード補助パーツ 次に、 リロード補助パーツ。 これもその名の通りリロードが速くなるパーツです。 こちらも、メインで使う弾に合わせて入れ替えればOKですが、 「速い」「普通」であれば移動しながらリロードできるので、その場合は必要ありません。 立ち回りにもよりますが、 リロード「やや遅い」「遅い」は立ち止まってのリロードとなるため、不安な人はリロード補助パーツを付けるといいかも。 ガンナーって、ピンチになるときは大体リロード中なので……、 リロードは、速ければ速いほど隙が無くて使いやすいんですよね。 ブレ抑制パーツ ブレ抑制パーツは、射撃後のブレを抑えるパーツですが、これは基本付けなくてOK。 FPSゲームでいう「リコイル」ってやつです。 ただし、ブレありで撃つ機関竜弾は、超じゃじゃ馬です。 近接射撃強化と遠距離射撃強化 これは、距離で威力に補正をかける、いわば 火力UPパーツ。 有効な範囲で攻撃すれば、効果的にダメージを与えることが出来ます。 2倍 1. 3倍 1. 35倍 1. 4倍 ダメージ倍率としては、遠距離強化パーツの方が高く設定されていますが、これは、 遠距離パーツの効果を発揮できるのが、ほぼ貫通弾のみということと、 有効な距離を維持するのが難しいっていうのが理由ですね。 シールドパーツ 散弾特化ヘビィなら、つけるだけで立ち回りがびっくりするほど安定する防御パーツ。 リロードや撃った直後の反動以外では、 受けたモンスターの攻撃を自動でガードしてくれます。 ボウガンに付けた個数で性能が上がり、目安としては……• 3枚以上は、削りダメージが減少します。 といった感じ。 4~5」みたいな感じで使うことが多め。 ヘビィボウガンのシールドは、3枚以上カスタムすると、削りダメージが大きく減少するため、あまり使うことはないかもですが、覚えておくといいかもしれませんね。 ちなみに、ヘビィボウガンのシールドは、新スキル「 攻めの守勢」の効果もしっかり乗り、撃った直後などにガードが発生すると、スキル「攻めの守勢」が発動するんですよ。 特殊照準パーツ アイスボーンで追加された新しいパーツ「 特殊照準」は、過去作ハンターには懐かしいスコープです。 スコープの適正距離で撃つと「 超適正距離」となり、火力マシマシ。 ただですね、照準距離がかなり近めなので、使うには慣れが必要かも。 とにかくめちゃダメージが上がるので、一度試してみる価値あり。 回避装填はテンポが悪くなるけど、使い方次第で化けます さてさて、ライトボウガン専用の新パーツ「 回避装填」にも触れておかないとですね。 これは、回避しながらリロードできるようになるパーツで、装着したパーツ数に応じてリロードできる弾の数が増加します。 ただ、回避装填はリロードの遅さに関係なくパパッとリロードできるため、徹甲榴弾など、撃つ弾によって化ける、そんなパーツです。 特殊弾の「改造」って? 起爆竜弾・改造 アイスボーンでは、特殊弾を改造することで性能を変えることが出来るようになりました。 起爆竜弾、狙撃竜弾、機関竜弾を改造すると……• 【 起爆竜弾】爆弾を設置するのではなく、飛んでいく爆弾に変化。 モンスターの攻撃に合わせるとカウンターが発生し、威力が大きく上昇します。 【 狙撃竜弾】貫通性がなくなり、1ヒットで弱点部位に極めて有効になります。 【 機関竜弾】連続ヒットさせると、より威力が上昇します。 これ、特化すると火力すっごいです。 ざっとこんな感じ。 特殊弾の改造は、パーツに余裕があれば付けてみるといいかも? 特に、機関竜弾・改造に特化した火力はものすっごいです。 機関竜弾特化の動画は、YoutubeのMHWタイムアタックで知る人ぞ知るが公開してくれているので、気になる人は上の動画もぜひ。 この2つもアイスボーンで追加されたヘビィボウガン専用パーツですが、 併用不可パーツとなっており、いずれか1つしか装着することができません。 【 弾丸重化】貫通ダメージが与えやすくなり、気絶 スタン や減気の効果が高まります。 射程は短め。 【 弾速強化】弾速を強化し、射程と適正距離が伸びます。 貫通ダメージは減少。 弾速強化は、適正距離と射程を伸ばして立ち回りを安定させ、弾丸重化は、貫通弾のヒット間隔が短くなり、効率よくダメージを与えられるようになります。 弾丸重化は、 貫通ヘビィなら第一優先で付けたいパーツかもしれません。 徹甲榴弾であれば、弾丸重化。 貫通弾も弾丸重化。 通常弾なら弾速強化、といった感じで使い分けましょう。 ちなみに、徹甲榴弾は、弾速強化も弾丸重化もどちらも使いやすいので、お好みでどうぞ。 ライトボウガンも、ヘビィボウガンも、選ぶ武器によりそれぞれメインとする弾種は異なりますが、弾の特性やボウガンのカスタマイズを理解していれば、より効率よく狩りを楽しめるようになると思います。

次の

武器/ヘビィボウガン

ヘビィボウガン 特殊 照準

臨界ブラキ採用の徹甲ヘビィ装備 部位 防具名 スロット 武器• 立ち回りやすさ重視で速納珠をつけていますが、耐性スキルや攻撃など火力スキルに差し替えても良いでしょう。 散弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 渾身発動のため、スタミナ管理をしながら立ち回りましょう。 特に装填数【散弾】は4発と少ない散弾を増やせるので、最優先で付与させましょう。 貫通弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 超心・〇〇珠【4】• 渾身発動のため、スタミナにも気を配りましょう。 抜刀ヘビィ装備 火力特化型 部位 防具名 スロット 武器 攻撃力カスタム• 装飾品が複雑なため記載していませんが、主に超会心や整備、体力増強を発動させと安定します。 また、攻撃の回転率を上げるためにも「納刀術」をLv3まで上げてしまうのもおすすめです。 回復カスタム安定型 部位 防具名 スロット 武器 回復カスタム• カスタム枠の兼ね合いから「」を採用しており、1度のクラッチ攻撃でHPを5割程度回復できるのでフルチャージとも好相性です。 通常弾ヘビィ装備 金獅子砲構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 腕 腰• 単発自動装填のおかげで装填拡張が不要なため、スキルの自由度が高いのが利点です。 相手によっては、弾強化を削ってガード強化を積むのも有効です。 撃滅の砲火【戦】構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 腕 腰• マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器• 1 頭 1 胴 3 腕• 回避距離UPで機動力を確保し、体力増強で生存力も伸ばします。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 なし 頭• 1 腰• 1 脚• 武器には貫通弾の扱いに優れる「ヒドゥンスナイパー改」を採用しており、体格の大きいモンスターが出現する傾向にあるストーリー後半にて有効です。 至近距離で弱点を狙い続ければ高いDPSを発揮し、シールドによって咄嗟の攻撃を受けても対処できるのが魅力です。 、バゼルギウスやゼノ・ジーヴァ等の胴長なモンスターに特に有効です。 、 拡散弾で肉質無視ダメージ 拡散弾+竜撃弾特化の構成です。 不動の装衣と癒やしの煙筒を使用して敵の懐に潜り込み、拡散弾を連発して運用します。 、 通常弾運用でシンプルに攻める 通常弾Lv3を使用でき、無属性強化が乗る「ガイラアサルト・爆撃」を採用した、通常弾運用の基本的な構成です。 弱点を狙い続けられれば、高火力を発揮します。 、 攻略班の一言 ユーザー様から投稿頂いた中で、クリア後に作成できる優秀な装備をピックアップしました。 弱点特効を活かすためにも常に弱点を狙撃し続けましょう。 砲術によって徹甲榴弾の威力が僅かながら上昇しているので、攻撃の要としましょう。 下位の安定装備 安定性を高めた下位ヘビィ装備です。 体力増強を採用しており、序盤にも安定感のある戦闘を行えます。 見切りや弱点特効で火力をしており、砲術の効果を活かすため徹甲榴弾を使用しつつ戦いましょう。

次の

【アイスボーン】MR14で作れる貫通弾ヘビィ「ベニカガチノシシⅡ」装飾品なし装備セットを紹介!【MHWモンハンワールド】|まったりマイペースライフ

ヘビィボウガン 特殊 照準

特殊照準パーツとは? ヘビィボウガン専用のカスタマイズで、L2ボタンの照準構えがスコープを覗いた画面に切り替わります。 スコープ画面ですが、きちんと移動することも可能で、ガードも可能です。 スコープ画面に照準の枠とオレンジの枠が表示され、この照準が重なる所が 超適正距離であり、超適正距離になると『カチッ』という音と共に画面のピントが合います。 この超適正距離では ダメージが1. 3倍になるので、使いこなせればかなりのダメージアップになります。 特殊照準パーツのコツ 特殊照準に慣れていないと難しいのが普段の立ち回りだと思います。 トレーニングルームやダウン中の動かない標的なら狙えるけど、動いているモンスター相手になると上手く行かないと思います。 そこで特殊照準を使用するコツを何点か紹介します。 超適正距離の目安 散弾の場合は大タル爆弾1つ分程度の距離で、貫通弾はかなり遠目です。 これが散弾 これが貫通弾 後述する方法である程度調整は可能なものの、基本的にはこの距離で立ち回るようにしましょう。 R1+R3スティックでも調整可能 適正距離の照準合わせは、ハンターの移動によって調節しますが、L2の照準画面中にR1+R3スティックの上下でもピントを絞るように調整可能です。 こちらの方法だと調整が素早く行なえるので、慣れておきましょう。 ただし調整できるのは僅かな距離なので、基本的には立ち位置で調整するようにしましょう。 密着状態の時に、R1+R3を下にして素早く超適正距離にする使い方が多いと思います。 撃つ直前に特殊照準にする ボウガンは常にR2を押して照準構えにしている人が多いと思いますが、特殊照準パーツ使用時は常に照準画面にしているとモンスターの動きが分かりにくく、見失いやすいです。 その為、基本的に 撃つ直前のみR2を押して特殊照準にするようにしましょう。 この時にある程度距離を合わせておくことで、特殊照準に切り替わった瞬間すぐに超適正距離になるようにします。 後退&ガードはR2を押しながら 慣れていないと特殊照準中で難しいのは移動だと思います。 特に後ろへ下がる動きは、L2を押しながらでないとモンスターに背を向ける形になるので、ガードを失敗する事も多いと思います。 後退、ガードをする時はL2で照準を出しながら行なうように慣れましょう。

次の