あおり運転 bmw 犯人。 常磐道あおり運転bmw犯人は誰で名前や顔写真は?【煽り&被害者殴る動画】証拠映像で白ドイツ車SUV男性を特定→逮捕か

【速報】煽り運転&暴行を加えた男性と同乗していた女性に逮捕状請求へ。更に代車を返却した代理人は男性の従業員であることも【動画有】

あおり運転 bmw 犯人

この記事のもくじ• | ここまで報道され、社会問題化してもあおり運転はなくならない | けっこう大きな問題となっているBMW X5のあおり運転。 現在のところわかっている範囲だと「茨木」「静岡」「愛知」で同様の行為を行っているそうで、現在愛知県警が捜査を進めている、と報じられています。 なお、あおり行為を行った男性が乗っていたのはホワイトのBMW X5で、これは「ディーラーの試乗車」だったという事実も判明。 一時的な試乗ではなく、一定期間貸し出しを行っていたとされ、すでに8月12日にディーラーへと返却されている、という報道もなされています。 今のところあおり運転の因果関係は不明なのでなんともいえない状況ではありますが、(怖いイメージのある)トラックに対してもあおり運転を行っているようなので、これはもう「怖いもの知らず」だと言えそう。 加えて、このクルマを貸し出したディーラーも被害者だと考えて良いかと思います。 あおり運転はなぜ起きるのか あおり運転の原因や理由についてはいくつかあると思いますが、いずれも「腹がたった」というのがその根底にあるのかもしれません。 そして腹がたったというのは、主に自尊心を傷つけられたときに発生する感情だと考えられるわけですね。 よって、「抜かれるはずがないと思われるクルマに抜かれた」ときなどはこういった感情が起きやすく、つまり「格下」と考えていた相手に咲きを越されたときに腹を立てやすいのかもしれません。 これが「なめてんのか」というたぐいの発言に繋がると考えていますが(格上と考える相手にこの表現は通常、使わない)、つまりは「自分は誰よりも上」を考えている人、プライドが高い人はあおり運転をしやすい傾向があるのかもしれませんね。 そのほか、「急いでいるのに道を塞がれた」ときに煽ったり、別の件でご立腹のところ、「いい標的」を見つけたので煽ってみたということもあるかもしれませんが、あおり運転の多くは「自尊心を傷つけられた」場合だとぼくは考えています。 blog 「力」を持つと人は変わる? なお、人は力や権力を持ったときにどうするかという問題もあって、多くの人はそれを誇示したり、自分の下(と考える)に位置する人々を押さえつけるという行動に出るのかもしれません。 たとえば、なにかの機会でパワーのある車に乗ったとき、(ふだんはそうしないのに)これ見よがしに他の車を抜いたり割り込んだりすることがあるかもしれない、ということですね。 しかしまたある人は、パワーのある車に乗ったとき、「このクルマは抜きたいときに他の車を全部抜けるんだから、別に他の車に抜かれても気にしない」と考えるのかもしれません。 同じ現象に遭遇しても、人はつまり真逆の心理状態に陥ったり行動を取る場合があり、抑圧されてきた人ほど「力を持たっときに人を押さえつけたがる」傾向があるようにも思います。 「その人を知るには、その人が格下の人をどう扱うかを見ればいい」ということわざのようなものがありますが、ぼくは「その人を知るには、格下のクルマをどう扱うか、語るかを見ればいい」とも考えています(価格が安いからといって、パワーが小さいからといって、そのクルマを貶める行為はすべきではない)。 煽られやすい車種、煽られにくい車種はある? そしてぼくの経験上ですが、煽られやすいクルマ、そうでないクルマというのは確実にあり、今までの車歴の中だと日産パオ、BMW i3は「かなり煽られる率が高かったクルマ」。 BMW i3 両者とも比較的車体が小さく、タイヤが細かったりして走行性能が高いように見えないという共通点があり、BMW i3の場合は「電気自動車」イコール遅い、という先入観があったのかもしれませんね。 普通に走行車線を走っていても割り込まれたり、急ブレーキをかけられたりといったことが多かったように記憶しています。 さらには、車線変更して後続車の前に入ったとき(ぼくは煽り被害に合わないよう、かなりの距離を取って車線変更を行うようにしている)もパッシングされたり、車体を左右に振って抗議の意を示されたりすることがあって、これもやはり「自尊心を傷つけられた」例なのかも。 なお、逆にスポーツタイプのクルマ、SUVは煽られにくいようで、アウディTTやレンジローバー・イヴォーク、ポルシェ911やボクスター、ケイマンといった車に乗っているときは「煽り」に遭遇したことはありません。 加えて、真っ黒いフィルムを貼ったセダンには「もっとも近づきたくない」と思うので、逆に考えると、それは「もっとも煽られにくい」クルマだと言えそうですね。 そして「煽るクルマ」についてはさほど明確な判断はできないと考えていますが、運転免許更新のときに見せられるビデオには昔から「BMWが多いなあ」と感じていて、ほかにも何かでドイツ警察が「BMWは要注意だ」とコメントしてたことは記憶しています(これがイコール煽りが多い、というわけではない)。 VIA:.

次の

あおり運転の宮崎文夫容疑者の身柄を大阪で確保、逮捕。茨城県警

あおり運転 bmw 犯人

この記事のもくじ• | ここまで報道され、社会問題化してもあおり運転はなくならない | けっこう大きな問題となっているBMW X5のあおり運転。 現在のところわかっている範囲だと「茨木」「静岡」「愛知」で同様の行為を行っているそうで、現在愛知県警が捜査を進めている、と報じられています。 なお、あおり行為を行った男性が乗っていたのはホワイトのBMW X5で、これは「ディーラーの試乗車」だったという事実も判明。 一時的な試乗ではなく、一定期間貸し出しを行っていたとされ、すでに8月12日にディーラーへと返却されている、という報道もなされています。 今のところあおり運転の因果関係は不明なのでなんともいえない状況ではありますが、(怖いイメージのある)トラックに対してもあおり運転を行っているようなので、これはもう「怖いもの知らず」だと言えそう。 加えて、このクルマを貸し出したディーラーも被害者だと考えて良いかと思います。 あおり運転はなぜ起きるのか あおり運転の原因や理由についてはいくつかあると思いますが、いずれも「腹がたった」というのがその根底にあるのかもしれません。 そして腹がたったというのは、主に自尊心を傷つけられたときに発生する感情だと考えられるわけですね。 よって、「抜かれるはずがないと思われるクルマに抜かれた」ときなどはこういった感情が起きやすく、つまり「格下」と考えていた相手に咲きを越されたときに腹を立てやすいのかもしれません。 これが「なめてんのか」というたぐいの発言に繋がると考えていますが(格上と考える相手にこの表現は通常、使わない)、つまりは「自分は誰よりも上」を考えている人、プライドが高い人はあおり運転をしやすい傾向があるのかもしれませんね。 そのほか、「急いでいるのに道を塞がれた」ときに煽ったり、別の件でご立腹のところ、「いい標的」を見つけたので煽ってみたということもあるかもしれませんが、あおり運転の多くは「自尊心を傷つけられた」場合だとぼくは考えています。 blog 「力」を持つと人は変わる? なお、人は力や権力を持ったときにどうするかという問題もあって、多くの人はそれを誇示したり、自分の下(と考える)に位置する人々を押さえつけるという行動に出るのかもしれません。 たとえば、なにかの機会でパワーのある車に乗ったとき、(ふだんはそうしないのに)これ見よがしに他の車を抜いたり割り込んだりすることがあるかもしれない、ということですね。 しかしまたある人は、パワーのある車に乗ったとき、「このクルマは抜きたいときに他の車を全部抜けるんだから、別に他の車に抜かれても気にしない」と考えるのかもしれません。 同じ現象に遭遇しても、人はつまり真逆の心理状態に陥ったり行動を取る場合があり、抑圧されてきた人ほど「力を持たっときに人を押さえつけたがる」傾向があるようにも思います。 「その人を知るには、その人が格下の人をどう扱うかを見ればいい」ということわざのようなものがありますが、ぼくは「その人を知るには、格下のクルマをどう扱うか、語るかを見ればいい」とも考えています(価格が安いからといって、パワーが小さいからといって、そのクルマを貶める行為はすべきではない)。 煽られやすい車種、煽られにくい車種はある? そしてぼくの経験上ですが、煽られやすいクルマ、そうでないクルマというのは確実にあり、今までの車歴の中だと日産パオ、BMW i3は「かなり煽られる率が高かったクルマ」。 BMW i3 両者とも比較的車体が小さく、タイヤが細かったりして走行性能が高いように見えないという共通点があり、BMW i3の場合は「電気自動車」イコール遅い、という先入観があったのかもしれませんね。 普通に走行車線を走っていても割り込まれたり、急ブレーキをかけられたりといったことが多かったように記憶しています。 さらには、車線変更して後続車の前に入ったとき(ぼくは煽り被害に合わないよう、かなりの距離を取って車線変更を行うようにしている)もパッシングされたり、車体を左右に振って抗議の意を示されたりすることがあって、これもやはり「自尊心を傷つけられた」例なのかも。 なお、逆にスポーツタイプのクルマ、SUVは煽られにくいようで、アウディTTやレンジローバー・イヴォーク、ポルシェ911やボクスター、ケイマンといった車に乗っているときは「煽り」に遭遇したことはありません。 加えて、真っ黒いフィルムを貼ったセダンには「もっとも近づきたくない」と思うので、逆に考えると、それは「もっとも煽られにくい」クルマだと言えそうですね。 そして「煽るクルマ」についてはさほど明確な判断はできないと考えていますが、運転免許更新のときに見せられるビデオには昔から「BMWが多いなあ」と感じていて、ほかにも何かでドイツ警察が「BMWは要注意だ」とコメントしてたことは記憶しています(これがイコール煽りが多い、というわけではない)。 VIA:.

次の

煽り運転(BMWのX5)の犯人は金村で特定?顔写真やSUVディーラーはどこで代車の代理人とは?

あおり運転 bmw 犯人

あおり運転が後を絶ちません。 常磐道でのあおり運転の男は静岡県に免許の住所があることが判明しました。 この事故の詳細や、長期にわたり、許可なく借りぱなしの状態、いわゆる借りパク状態になった経緯などを調査しました。 また同乗の女性の罪やこのあおり運転の男が逮捕されたあと、再びハンドルを握りことができるのかを調査しました。 スポンサーリンク 事件の概要 8月10日この事件は、茨城県の常磐自動車道で8月10日、男性が車を運転中に高級外車のSUV スポーツタイプ多目的車 にあおられたうえ、運転手の男に数回殴られたもの。 被害にあった男性は、「この人たちは、本当に自分たちを殺すつもりで来ているんだなと」と話した。 その後の捜査関係者への取材で、このSUVは、神奈川県内のディーラーが所有しているもので、男が試乗車か代車の名目でディーラーから借りたとみられている。 出典; 驚いたことに同じ車で静岡県、愛知県でもあおり運転の被害が報告されています。 7月23日には、同じナンバーで男性運転手、女性が助手席に乗ってたようです。 出典; 車は試乗車で、借りパク状態 この車は白のBMWのSUVです そして今回入手した情報によると、神奈川県のディーラーからの試乗車のようです。 自分の車を修理にだし、代車として3日間の約束で借りたようです。 返却予定日の7月23日に、愛知県、静岡県であおり運転を起こしています。 暴行がらみの常磐道のあおり運転は8月10日です。 8月12日に代理人(男性2人、女性1人)が返却にきたようです。 画像で整理すると 出典; 表で詳しくまとめると 21日 代車として借りる 23日 返却せず、午前3時頃、静岡県の一般道で 午前6時半ころ、愛知県の新東名高速道路であおり運転。 ディーラーが連絡取れずに困る 25日 「車が気に入った。 購入を検討している。 」と連絡して、約束を破り乗り続ける。 いわゆる借りパク状態。 勝手に8月3日に返却すると伝える。 8月3日 返却なし 8月10日 常磐道であおり運転をし、高速道路で車を止める。 同乗の女性がガラケーで撮影。 出典; 揉めている間に運転手がブレーキをはずしてしまい、男の車に衝突。 相手の男性を5発殴る。 出典; 8月12日 代理人(男性2人、女性1人)が車を返却 8月15日 警察が捜査のため、車を押収 出典; では、この犯人の情報を整理してみましょう。 〇追記:8月16日17:00 代理人らは「車を借りた彼の会社の従業員だ」と名乗っていたようです。 スポンサーリンク 犯人の情報 警察の発表によると 静岡県在住のようです。 (免許証の住所によると) 出典; ジャケットにパンツスタイルで尖った靴を履く男性です。 女性を同伴しています。 この女性は奥さんでしょうか。 それとも彼女でしょうか。 現時点では正確な情報が少なく、新たに入手出来次第追記していく予定です。 警察が車を押収して、指紋など調べ、逮捕するための証拠固めをしているようです。 では、逮捕はいつなのでしょうか? 逮捕はいつ? 神奈川県のBMWのディーラーから車を代車として借りているのですからほぼ身元は判明しているでしょう。 さらに車を押収し、指紋なども調べているようです。 ただ、犯人側もこれだけ報道されているので、車を返却の際に、証拠隠滅のため、指紋のふき取りなどしているのではないでしょうか? ただ、ドライブレコーダーの画像、免許証で犯人特定は済んでいることでしょう。 あとは、静岡、愛知のあおり運転も同時に立件したいはずなので、もうしばらくかかるかもしれません。 警察はお盆の間になんとか逮捕したいのではないでしょうか? 同乗の女性の罪は 出典; あおり運転は、道路交通法違反が適応され、今回はドライブレコーダーから様々な違反が立件され、即免停、いや免許取り消しまで行くのではないでしょうか? 傷害罪も確実でしょう。 一般的にあおり運転は被害者が死傷した場合は危険運転致死傷罪、一番重い場合は殺人罪が適用されます。 では、このガラケーで撮影している女性はどうなるのでしょうか? 少なくとも、止めている様子もなく、暴力を容認している訳ですよね。 過去の事例をみてみると、 なぎさ容疑者は勇一郎容疑者の暴行を止めなかった疑いがあるということです。 警察は、傷害容疑の共犯として25日にもなぎさ容疑者を再逮捕する方針です。 引用; あおり運転ではありませんが、女児を虐待死させた栗原なぎさも共犯関係で逮捕されています。 詳しい内容はこちらから。 どこまでの共犯関係が認められるかはわかりませんが、何らかの罪は課せられるのではないでしょうか? この悪質なあおり運転の男、逮捕され、有罪になったとして、刑務所で刑期を終えた場合、再び車を運転することはできるのでしょうか? スポンサーリンク 免許取り消しから再取得までは? 交通違反をすると、違反点数や反則金、免停といったペナルティが科されますが、最も重い処分が 免許取り消しです。 当然、今回のこの犯人は 免許取り消しになる可能性は高いでしょう。 ネットの声で また何処かで試乗車借りて、あおり運転するんでしょうか?被害がこれ以上大きくなる前に逮捕してほしいです。 安心して運転できません。 免許停止ではなく、免許取り消しにして一生運転出来ないようにしてもらいたい。 車は凶器ですから、頭の狂った人間に乗らせてはいけない。 引用; 一生運転出来ないようにできるのでしょうか? 調べた限り、現在の法律ではできません。 免許取り消しのあと、欠格期間が設定されています。 この欠格期間は次のようになっています。 法改正による、• 自動車等の運転により人を死傷させ、又は建造物を損壊させる行為で故意によるもの• 危険運転致死傷• 酒酔い運転又は麻薬等運転• 救護義務違反 (以下「特定違反行為」という。 )をしたことを理由として免許を拒否し、若しくは取り消し、又は運転を禁止した場合の欠格期間を、3年以上10年を超えない範囲内で指定することとされたことを踏まえ、特定違反行為をしたことを理由として、行政処分を行う場合の欠格期間指定基準を定めるとともに、それぞれの特定違反行為に対して付する基礎点数を定める。 引用; 欠格期間は3年以上10年を超えない範囲とあるので、10年たてば、本人が取ろうと思えば、 再取得できるのです。 これが、日本の法律のようで、これを変えない限り、繰り返される恐れがあります。 今回の事件、ネットでは大炎上しています。 見てみましょう。 ネットの反応 いやぁ常磐自動車道でのあおり運転酷いなあ SUV男は暴行、同乗の女はガラケーで撮影 頭に虫湧いとるんですか?ってレベルだわ 車のドラレコに映ってるとか思わないのか 逮捕確実 まぁ震えて眠れ — あずき@大好き BlueThunder104 あおり運転常磐道!連続暴行犯人の名前が特定された! ヤクザ風の男とその極悪な女は許せない!すでに名前も出回っている。 男が殴るのをこの男の女が撮影している!頭がどうかしてるこの女も! 試乗車だった。 朝鮮人とも思える名前だ。 二度と車を運転しないで欲しい。 ・免取、傷害で逮捕はあたりまえだけど 殺人未遂でもいいと思う 高速で無理やり停車させたら後続からの追突もあり得る例だし 被害者は民事での損害賠償もしてほしいですね ・身元は割れそうで良かった。 絶対に野放しにしてはいけない。 ・加害者側の画像加工は絶対に不要と思う。 ・複数の県を跨いだ案件だから時間がかかると思うけど、警察が本当に今後こういうことが起きて欲しくないと思うなら一致協力して迅速に対処して欲しいです。 引用; 早く捕まえてほしい、など早期逮捕を求める声が多数です。 それと、2度と車を運転できないようにする声が多いのですが、そのための法整備も必要ではないでしょうか? スポンサーリンク.

次の