カシラ 部位。 コブクロ肉の部位はどこ?牛と豚のコブクロの違い?2種類を徹底解説!

カシラ(ほほ肉)通販おすすめランキング|おすすめ牛肉通販

カシラ 部位

豚のコブクロは、 生後6カ月の若い雌のコブクロが使われます。 なぜ若い雌のコブクロがいいのかというと、若い雌の豚のコブクロは、 柔らかくてコブクロの中の管の中が大変綺麗な状態なのです。 しかし、高齢の親の雌の豚のコブクロになると、子どもを産んだ経験のある豚のコブクロは、コブクロの管の中にアンモニアのような匂いや汚れがあります。 匂いや汚れのあるコブクロは、下処理をしなくてはいけません。 コブクロの管を割いて下処理するのはかなり大変な作業になります。 若い雌の豚のコブクロの方が、下処理の手間がかからずおいしいので、スーパーや通販でも手に入れることができます。 親の雌の豚のコブクロは、業務用として販売されることが多いのです。 コブクロ100gの中で、 脂肪は0. 9gとかなり少なく、そのため カロリーも70㎉とヘルシーな部位となっています。 低カロリーといわれている ヒレ肉に比べても半分程度のカロリーになっています。 コブクロの栄養素は、 たんぱく質が多く14. 6g、炭水化物0g、 ビタミンB12と ナイアシンの栄養成分が高くなっています。 コブクロは、糖質の代謝を助けエネルギーを作り出し、 疲労回復に役立つ ビタミンB1 や 細胞の代謝を促進し、 皮膚や粘膜の機能維持や成長に役立つ ビタミンB2、 皮膚の粘膜の維持をサポートしたり脳神経を正常に働かせる ナイアシンや ビタミンB16、 動脈硬化を予防し、ストレスを和らげる働きの パントテン酸も含まれています。 コブクロにはその他にも、 貧血予防や細胞の生まれ変わり、新しい赤血球を作る 葉酸、 抗酸化ビタミンである ビタミンCや ビタミンE 、 骨や歯を構成するのに必要なミネラルである カルシウムや リン、 マグネシウム、 疲労回復や利尿作用、高血圧予防の カリウムも含まれています。 豚のカシラとは、こめかみから頬にかけての部位になります。 よく動かす部位なので、筋肉が発達して脂身は少ないのですが、旨味は強くやや硬めの食感が特徴です。 カシラという名前ですが、こめかみから頬を合わせた部位というのが変わっていますが、カシラをトウニクやカシラニクと呼ぶこともあります。 豚のカシラのカロリーは、豚のカシラ肉の串焼きが1本で 107kcalです。 豚バラの串焼きが1本 135kcalなので、同じ豚肉の串焼きではカシラの方が、低カロリーになります。 カシラの栄養素は、 たんぱく質、 脂肪、 ビタミンB1がおもな栄養素となっています。 豚肉の脂肪に含まれる 不飽和脂肪酸は、 悪玉コレステロールの減少や動脈硬化の予防が期待できます。 ホルモンを焼くにはコツがいります。 焼き過ぎないのが一番ですが、なかなかわかりづらく焦がしてしまうことがよくあります。 見極め方は、生のホルモンはトングでつかむと掴みにくいぐらいグニュグニュしていますが、 焼くと張り感が出てきます。 トングで張り具合を確認しながら焼くと、程よいタイミングがわかります。 炭焼きでの焼き方は、一番火の通る真ん中で焼きます。 炎が上がったら網の端に移動させる、また真ん中に移動させるを繰り返します。 炎で包まれるとススが付いて風味を損なうので、 こまめに移動させるのがおいしく焼く焼き方のコツです。 ホルモンをひっくり返すタイミングもおいしく食べる焼き方があります。 いじりすぎや放置しすぎは美味しさが半減してしまします。 ひっくり返すタイミングは、 片面に程よく火が通り、焼き縮みが起こる直前くらいがベストです。 両面の焼け具合が同じくらいで、均等に火が通るように適度にひっくり返すのがポイントです。 なかなか難しいので少し修業が必要ですが、自分の好みに合う焼き方を身に付けられれば美味しいお肉とホルモンを味わうことができます。 コブクロや豚トロ、カシラや豚タンなど、様々な部位のホルモンがありますが、どこの部位かわかると栄養素やカロリー、どこの部位が希少性があるなど、ホルモンの価値がわかると食べる楽しみも変わってきます。 ホルモンは、低カロリーのものも多く、豚ホルモンの中でも コブクロは 特にカロリーが低く、高たんぱくのホルモンです。 しかし、 豚トロは 豚の部位の中でも群を抜いて高カロリーです。 豚は、肉・内臓ともに高たんぱくで、低糖質なので、積極的にに取りたいのですが、焼肉などでは、ビールやごはんが進むので、食べすぎには注意したいです。 しかし、コラーゲンやビタミンも豊富なのでぜひバランスよくおいしく食べていただきたいです。

次の

カシラの部位は肉のどこ?焼き鳥と豚ホルモンのカシラは別の部位?

カシラ 部位

豚のカシラとは、どこの部位? 豚カシラは一般的に頭部の筋肉の部分のことを言います。 豚がものを噛む時に使うことから、しっかりと発達した筋肉です。 弾力があり脂身が少ないので食べ応えがあります。 脂身は少ないですが、とてもジュしーな味わいを堪能できます。 豚カシラの特徴とは? 頭部(カシラ)といっても範囲がとても広いので、 実際はカシラの中でも色々な部位に分けて区別されています。 具体的には ・舌の部分をタン ・耳の皮部分をミミガー ・顔の皮部分をチラガー ・こめかみの部分のコメカミ ・頬の部分のツラミ ・頬の下の部分をトントロ などです。 後半の3つに関してはどこまでが首で、どこまでが頬で、 どの部分がこめかみなのか曖昧な部分があるので 精肉業者や地域によって違った部位を示す場合もあります。 上記で挙げた部位の総称をカシラだと思ってくれれば大丈夫です。 つまり、カシラはどこかの特定の部位というよりも 部位の総称だということです。 では、やきとんで見るカシラはどこの部分が使われているのか? やきとんで見るカシラは豚のどこにある? 焼き鳥屋は「鳥」という漢字が使われていますが、 牛や豚のお肉もメニューにありますよね。 そして「カシラ」は豚の頭部のお肉が使われていることは説明しました。 そして、一般的に焼き鳥屋で「カシラ」と言われ部位は、 上で述べた ・ツラミ(頬の部分のお肉) ・豚のコメカミ部分 が使われています。 つまり 豚のコメカミから頬の部分のお肉がやきとんで 使われている部位ということになります。 お店によっては「頬の部分のお肉です!」ということもあれば 「豚のコメカミの部分です!」と説明されることもあるでしょう。 お肉の世界では明確な定義がなされていないのが現状です。 なので、お肉屋さんによって説明が違うことも多々あります。 では、豚カシラの栄養素を見ていきましょう。 カシラの栄養素は? カシラの栄養素には ・カルシウム ・コラーゲン が多く含まれています。 また、豚肉に多く含まれていると言われているビタミンB1も もちろん含まれています。 カルシウムは牛乳でもよく知られているように、 新しい歯や骨の細胞をつくる働きがあります。 コラーゲンは免疫力を高めたり、関節の働きを助けたり、 お肌を健やかに保つ効果があります。 ビタミンB1は糖質がエネルギーになるのを助け、 粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあります。 カシラのカロリー お店の食材の大きさにもよりますが かしらを焼き鳥にした場合のカロリーは 1本あたり約70kcalです。 塩やタレなどの味付けによっても少し変わってきます。 他の食材を見てみると、ももは約180kcal、 つくねは約90kcalなので低カロリーでヘルシーな部位です。 カシラの糖質 カシラのみの部位で糖質量を測定したデータはありませんでしたので カシラを含む豚肉全体として見てみます。 豚肉の糖質量は100gあたり0. 2gです。 食品全ての糖質量の平均は100gあたりで18. 5g、 お肉類の糖質量の平均は1. 1gです。 全食品や同じお肉類と比較しても低糖質な食材であるといえるでしょう。 ちなみに、お肉全般に言えることですが お肉自体は低糖質です。 それに、焼肉のタレなどをつけることで糖質が一気に上がってしまいます。 ダイエット中で糖質を気にしている方は、付け合わせやタレなどを意識するといいでしょう。 カシラは豚一頭からどれくらい取れるの? 豚1頭からは、約1. 5kgのカシラがとれます。 ただし脂身などの食べられない部分を除くと約1. 2kgに減ってしまいます。 これを焼き鳥で考えると、お店にもよりますが、 大体24本分のカシラの串が取れることになります。 (1本50gとして計算)。 あの大きい豚1頭から焼き鳥24本分だけ、 と考えると少ないような気もしますが、 約110kgの豚1頭からとれる可食部分の内臓は約9kgと言われています。 その中の約13%がカシラということになります。 ホルモン全体の量を考えると13%は標準的な割合でしょう。 カシラ(頭)は内臓という位置付けなの? と思うかもしれませんが、豚の頭は内臓と位置付けされています。 他にも ・タン ・豚足 なども内臓として分類されます。 生焼けのカシラを食べたけど大丈夫かな? 焼き豚屋でカシラを注文したら..... 出てきた料理のお皿に、お肉の肉汁が..... 「生焼けかも…?」 と不安になることがありますよね。 お店の方も自分の店で食中毒が起きないよう、 きちんと安全管理をして火を通しています。 しかし豚の内臓やお肉を生、または半生で食べると E型肝炎ウイルスに感染してしまう可能性があるというのも事実です。 生焼けのカシラを食べてしまった後も、 特に普段と変わらない体調であれば心配し過ぎる必要はありませんが、 体調が少しでも悪いようなら、すぐに病院へ行き、 生焼けの豚肉を食べてしまった旨を伝えましょう。 最初は軽い症状だったとしてもE型肝炎は急激に悪化することもあります。 安易に自己判断せず、すぐに病院へ行くようにしましょう。 豚カシラはスーパーで入手可能? カシラは焼き豚としてはもちろんのこと、 炒め物や煮物など色々な調理方法があり、 おいしく食べることができます。 スーパーなどではカシラの他、 「豚頭肉」や 「豚ほほ肉」という表記で 販売されていますが、ほとんど見かけることがありません。 その理由はロースやバラなどの他の部位に比べて カシラは傷んでしまうのが非常に早いからです。 季節によっては3日程度で変色し、 食べることが出来なくなってしまうこともあります。 もしもスーパーで販売されているのを見かけたら 迷わず購入するといいかもしれませんね。 ワンポイントアドバイスとして 「酢」に漬け込むと お肉が柔らかくなるのと同時に臭みも消すことができるので オススメです。 まとめ 今回は豚のカシラ、特に焼き豚屋さんでカシラと呼ばれている 部位の ・特徴 ・栄養素 ・カロリー や カシラを食べる時の注意点や 流通量などについてお伝えしてきました。 カシラは 低カロリーで 低糖質ですが カルシウムやコラーゲンが多く含まれているなど、 栄養価の高い食材です。 しかし流通量の少ない食材でもあるので、 スーパーで見かけた際には購入して自宅で調理してみるのもオススメです。 万が一、半生のカシラを食べて体調が悪くなってしまった時には 迷わず医療機関を受診しましょう。 カシラを理解できたらレバーの記事はいかがですか?.

次の

焼肉で部位の名前がわからなくなった時に見るページ

カシラ 部位

豚ホルモンの一つ、クセなくやや硬めで旨味がしっかり!炒め物や煮込みに 豚のカシラはホルモン =もつ の一つ。 こめかみから頬にかけての部位で、居酒屋さんや焼き肉店に時折「こめかみ」「ほほ肉」の名称で取り扱っていることがあります。 ホルモンというとクセが強く下処理に手間がかかるイメージがありますが、カシラは 最低限の下処理をすれば、あとは炒めたり煮こんだり、好きな調理法で楽しむことができます。 手軽に楽しめる肉の部位ですが、 一般的にはあまり流通していません。 カシラは質が落ちるのが早くスーパーで陳列されないことがほとんど。 量が少ないため、お目にかかることも少ないのです。 カシラの特徴としては、こめかみからほほまでの部位なので 筋肉が発達しています。 肉質はやや硬めですが、 脂身が少なく旨味が強いです。 8割がた焼けたら、一旦取り出し野菜を投入。 今回はもやしと小松菜を入れました。 口の中に ジューシーな旨味が広がります。 豚バラブロックを我が家ではよく使いますが、それと比較するとカシラは脂肪が少ないため、 比較的あっさり食べられるかも。 確かに 歯ごたえはしっかりしていますが、固くなく美味しく食べられました やっぱりお酢の漬け込みが良かったから?笑。 もし豚のカシラを煮込み料理にするなら、普通の豚のかたまり肉を使う時よりも時間をかけて煮込んだ方が良いかも。

次の