インター ナビ ポケット。 スマホでバイクナビ快適化計画:ホンダのナビアプリ『インターナビ ポケット』を使ってみた。

ホンダ・インターナビとその地図更新の仕組み

インター ナビ ポケット

2016年11月「インターナビポケット」が新しくなりました! 「インターナビ ポケット」は、Hondaが提供するHonda四輪車オーナーのためのカーライフサービスアプリ「インターナビ・リンク」とHonda二輪車オーナーのための バイクライフサービスアプリ「Honda Moto LINC」と連携させ、ドライブ前のルートチェックやプランニングができるアプリです。 さらに、有料の「ナビゲーション機能」をご購入いただくと、本格的なルート案内や音声案内、オートリルートに対応し、 Hondaの純正カーナビ「インターナビ」をスマートフォンでご利用いただけます。 ナビゲーション機能(有料オプション)は1ヶ月間無料でお使いいただけます。 ぜひ、ご購入の前に一度お試しください。 まるでナビのように便利に使えます。 ルート検索はHonda独自の交通情報を活用し、6つの多彩なルートからお客様のニーズに応じて選ぶことができます。 ・ナビゲーション機能(有料オプション) 基本機能に加えて、カーナビさながらのルート誘導が可能です。 honda. pdfをご覧ください。 ・有料オプションはご購入後、いかなる場合もご返金できません。 ・ 「インターナビ ポケット」を利用するにはインターナビ・リンクあるいはHonda Moto LINCの会員登録が必要です。 会員登録について詳しくは、下記をご覧ください。 honda. honda. ・本アプリの基本機能では、カーナビのようなルート誘導はできません。 ナビゲーション機能(有料オプション)をご購入ください。 ・「インターナビ・リンク」と「Honda Moto LINC」の機能をすべて利用するには、Hondaが提供している別のアプリ「internavi LINC」、「Honda Moto LINC」も あわせてインストールしてください。 ・本サービスをご利用になる場合、走行中に操作したり、画面を注視することは、非常に危険ですので、お止めください。 本サービスを利用する場合には、 必ず安全な場所に停車してから行ってください。 ・本サービスが提供する情報は、参考情報となります。 実際の交通規制と異なる場合は、実際の道路状況と交通規制に従って走行してください。 ・提供されるルートは四輪車向けのルートです。 ドライブモード、ナビゲーション機能(有料オプション)のルート誘導は二輪車の交通規制等に非対応の為、二輪車では利用しないでください。 ・本サービス利用中に事故等を起こしても、当社は一切の責任を負いません。

次の

クルマはスマホナビで十分? 通信料やルート案内など「○と×」を車載ナビと比較した

インター ナビ ポケット

車載ナビよりも低いコストで利用できる 2018年6月4日、アメリカ・サンノゼで開催された開発者向けのイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で、これまでのiOSに添付されるCarPlayの使い勝手を大きく変えそうな発表が行われた。 なんと、今後リリースされるiOS12から、Googleマップなどサードパーティが用意したナビアプリをCarPlayで使えるようになるというのだ。 これまでCarPlayはアップルが開発した地図アプリをデフォルトとしており、それ以外の地図アプリには非対応としていた。 ところが日本ではこのアプリが交通情報に非対応でもあり、ナビゲーションとして使うにはあまりに力不足。 今回の対応により、CarPlay上で交通情報を踏まえたルートガイドが実現することになったのは、まさに朗報と言うべきだろう。 周辺を見回せば、すでに三菱のアウトランダーやエクリプスクロスではナビゲーションそのものを標準搭載せず、オプション設定に。 CarPlayやAndroid Autoへの対応をグローバルで展開中。 ほかのメーカーも、日本でこそナビゲーションを数多くラインアップするが、海外ではほとんどがナビレスのディスプレイオーディオとなっているのも事実だ。 今回のCarPlayの対応は、日本国内でもこの流れを加速させる可能性が出てきたとも言える。 では、多くのユーザーが車載ナビを使っている日本で、本当にスマホによるナビゲーションで間に合うのだろうか。 マルとバツで考えてみた。 車載ナビでは、地図更新のためにネット上から最新版の地図データをダウンロードし、それを車載ナビ上で展開するという手間を経るのがほとんど。 スマホナビでは通信がつねにつながっていることで、山間の県境でも越えない限りはいつでも最新の状態にある。 まさにメンテナンスフリーで使い続けられるのがスマホナビなのだ。 【車載ナビよりもはるかに低いコストで利用できる】 スマホナビは車載ナビよりはるかに低コストで使える。 車載ナビはどんな廉価モデルでも5万円以上はするが、スマホ向けには無料で使えるナビアプリが数多く提供されている。 しかも交通情報はCarPlayの指定地図アプリが非対応であったものの、アプリにはVICSや独自に収集したプローブ情報を使うなど、車載ナビ顔負けのスペックで提供されるものも少なくない。 仮に有料アプリであっても、その費用は月々300〜500円程度とそのコストは桁違いに低い。 【ルートガイドの案内も大きく進化】 ルートガイド中の表示も着実に進化している。 ただ、これはアプリによって対応はさまざまで、Googleマップでは今もなお地図を自動的に拡大するだけだが、その一方でYahoo! ナビやトヨタのTCナビでは車載ナビと比較してもほとんど見劣りしないルートガイドを行う。 高速道路でも専用モードを用意したり、車線ガイドまでも行うアプリは確実に増えてきているのだ。 スマホでは測位するのにGPSを使うのが基本で、この受信状況次第で精度は大きく左右される。 そのため、建物に電波が反射するマルチパスにも影響され、ビル街や山間に入ると自車位置が不安定になるにもこのためだ。 ここがジャイロセンサーや車速パルスも併用する車載ナビと大きく違う点だ。 加えて、車載ナビでは当たり前の道路の高低差もスマホナビは認識できず。 【利用シーンによりルートガイドも不安定になる】 測位精度の不安定さはルートガイドにも影響する。 自車位置が不安定だと正しい案内もできなくなってしまうのだ。 また、アプリを立ち上げた直後は進むべき方角も示せない。 つねに安定したルートガイドを求めるなら、スマホナビは明らかに力不足と言えるだろう。 【画面サイズが小さく視認性はイマイチ】 車載ナビに比べて画面が小さいのもスマホナビの弱点だ。 画面サイズが小さいため、ダッシュボードの上に取り付けるとドライバーは案内が良く見えなかったりする。 その一方で車載ナビは着実に大画面化が進んでおり、視認性は飛躍的にアップしている。 一部の車種ではナビゲーション以外にさまざまな機能をモニタリングするために、画面サイズをタブレット並みしている例もあるほどだ。 「それならスマホではなくタブレットを使えばいい」との声も出そうだが、衝突時のリスクも踏まえると運転席まわりに取り付けるのはかなり難しい。 ただ私はこれまで経験上、それほど心配する必要はないと思っている。 グラフィカルな表示を行うナビになるほど通信料がかかる傾向にあるのは当然だが、たとえばシンプルな表示にとどまるGoogleマップなどは頻繁に使っても1カ月で1GBを超えることはまずない。

次の

S660(ホンダ)「インタナビポケットの使用感」Q&A・質問

インター ナビ ポケット

主な機能 ドライブプランニング スマートフォンに標準搭載された地図アプリに目的地のルートを表示し、地図が現在地の変化に追従。 まるでカーナビのように便利に使えます。 ルート検索はHonda独自の交通情報を活用し、5つの多彩なルートからニーズに応じて選ぶことができます。 駐車場セレクト 料金や検索場所からの距離など、条件に合った駐車場をセレクトし、地図に表示します。 候補から駐車場を目的地に設定すると、目的地までの最適なルートを表示します。 また、駐車場の満車/空車情報を表示します。 安否確認システム 震度5弱以上の地震が発生したり、津波警報・注意報が発表された際に あらかじめ登録されたご家族のメールアドレスに、クルマの位置情報や安否情報を送信することが出来ます。 通行実績情報の表示 地震や災害発生時の通行実績情報が、「internavi POCKET」でも表示できるようになりました。 急減速多発交差点案内 危険性のある交差点が近づくと事前に通知し、ドライバーの注意を喚起します。 カーナビ機能(有料) 基本機能に加えて、カーナビさながらのルート誘導が可能です。 音声案内• オートリルート• ノースアップ/ヘディングアップ切り替え• 交差点拡大表示• 高速分岐拡大表示• マップマッチング• iOS7へアップデートすると、「インターナビ ポケット」アプリとの連携機能が正常にご利用できなくなります。 ご注意ください。 ご注意• 「インターナビ ポケット」を利用するにはインターナビ・リンクの会員登録が必要です。 会員登録について詳しくは、をご覧ください。 インターナビ・リンク プレミアムクラブ会員の方は、お持ちの会員IDとパスワードで利用することができます。 「インターナビ・リンク」の機能をすべて利用するには、Hondaが提供する別のアプリ「」もあわせてインストールしてください。 運転者が自動車などで本サービスを利用する場合、運転中の操作や画面を注視することは非常に危険ですのでおやめください。 本サービスを自動車内でご利用になる場合は、同乗者に行っていただくか、安全な場所に停車して行ってください。 本サービスが提供する情報は、参考情報となります。 実際の交通規制と異なる場合は、実際の道路状況に従って走行してください。 お客様が本サービス利用中に事故を起こしても、当社は一切の責任を負いません。

次の