グレン ロビンソン 3 世。 グレン・ロビンソン3世とは

グレン・ロビンソン3世

グレン ロビンソン 3 世

コンテンツ• スラムダンクコンテストの形式は? 出場選手は4人で、1回戦と決勝戦があります。 それぞれのラウンドで、2回のダンクシュートをきめて、それを5人の審査員がジャッジするという方式です。 採点は1回のシュートにつき、6点から10点で採点されます。 つまり、これが5人分x2回ということで、採点合計は60点から100点となります。 1回戦では上位2人が決勝進出、決勝も同じ方式で採点上位が優勝となります。 そして気になる出場選手は・・・ デアンドレ・ジョーダン ロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダン。 ダンクコンテストは初出場ですが、今シーズン現在のところ165のダンクを決めており、2位の149に大きく差をつけての単独1位。 力強いダンクを見せつけてくれるでしょう。 Representing the in the at — 2017 NBA All-Star NBAAllStar グレン・ロビンソン3世 インディアナ・ペイサーズのグレン・ロビンソン3世。 レギュラーシーズンでの成績はそれほど特筆すべき点はありませんが、その豪快なダンクシュートは目を見張るものがあります。 豪快かつ創造的なダンクを決められたら、注目度アップは間違いないでしょうy。 Representing the in the at — 2017 NBA All-Star NBAAllStar デリック・ジョーンズジュニア 今回の出場選手の中で最もサプライズの選出だったのが、このデリックジョーンズジュニア。 フェニックス・サンズのルーキーなのですが、サンズでは殆どプレーしておらず、今シーズンは殆ど下部リーグにあたるDリーグで研鑽を積んでいます。 NBAの試合出場は、現在まで僅か7試合。 大学・Dリーグでのダンクシーンはありますが、NBAでのダンクシーンはまだなく、どうして選ばれたのか、詳細は不明です。 しかし、その身体能力の高さを伺える動画が幾つかあがっており、ひょっとすると無名選手の優勝もあるのかもしれません。 Representing the in the at — 2017 NBA All-Star NBAAllStar アーロン・ゴードン そして最後にオーランド・マジックのアーロン・ゴードン。 昨年の準優勝者でもあります。 Representing the in the at — 2017 NBA All-Star NBAAllStar ゴードンはなんといっても昨年のスラムダンクコンテストでのこのダンクシュートの成功が有名です。 マスコットを飛び越えての、足下からのダンクシュート。 誰も思い浮かばない発想力とそれを遂げられるほどの運動能力。 今年もなにをやってくれるのか期待がかかります。

次の

グレン・ロビンソン3世とは

グレン ロビンソン 3 世

来歴 [ ] で、、などと共に主力選手として活躍し、2年間同大学でプレーした後ににアーリーエントリーを表明。 しかし、ロビンソンに対する評価は思いの外低く、40位でから指名されることになった。 更にロビンソンに試練が訪れる。 2014年8月、ウルブズは、を相手に三角トレードを敢行。 それまでのエースだったをキャブスに放出し、で全体1位指名を受けたを獲得。 ロビンソンはポジションが重なるウィギンスに太刀打ちすることが出来ず、シーズン通してベンチに座る時間が殆どとなり、2015年3月7日にウルブズを解雇。 2日後にと契約し、残りシーズンを過ごした。 2015年7月26日、と3年契約を結んだ。 前夜祭のにおいて、ロビンソンは見事に優勝を果たした。 その他 [ ] 父は元NBA選手ので、全体1位指名選手である。 父は指名先ので2002年までプレーした後、各チームを転々とする現役生活を送ったが、2005年にはでを経験している。

次の

NBAスラムダンクコンテストで優勝したグレン・ロビンソン3世には、ダンクの技術や芸術性を教えた『師匠』がいた!

グレン ロビンソン 3 世

「一定の出場時間を得て、いいパフォーマンスをすることができていないのが、ここに来てから最もがっかりしている部分」と移籍後の苦悩を明かす キャリア6年目の今季、グレン・ロビンソン3世はゴールデンステイト・ウォリアーズの一員として開幕を迎え、ケガ人続出という状況下で主軸としてプレー。 ウォリアーズでは48試合全てに先発出場し、平均31. 6分12. 9得点4. 7リバウンド1. 8アシストと、軒並みキャリアハイの成績を残していた。 ところが、2月7日(現地時間6日、日付は以下同)のトレードデッドラインで、アレック・バークスと共にフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移籍。 交換相手は選手ではなく、複数のドラフト2巡目指名権だった。 シクサーズは、というオールスターデュオの周囲に、、、の5人で豪華なスターターを形成するイースタン・カンファレンス上位チーム。 ロビンソン3世とバークスには、選手層を厚くし、ベンチから得点力を持ち込むことが期待されていたのだが、28日終了時点で満足のいくパフォーマンスができていない。 ロビンソン3世はシクサーズ加入後7試合(うち先発は3試合)に出場して平均15. 4分5. 7得点2. 0リバウンドとプレータイムが半減。 ウォリアーズでは40. 0パーセントの高確率を残していた3ポイントも、シクサーズでは9本放って成功はゼロ。 バークスは6試合に出場して平均19. 5分9. 3得点2. 5リバウンド1. 7アシストと、成績ダウンしているものの、ロビンソン3世と比較すればまだまだプレータイムを手にしていると言えるだろう。 「(ウォリアーズの一員として)フィリーでプレーしていた時、僕はできる限りのプレーを彼らに見せていた。 だから、一定の出場時間を得て、いいパフォーマンスをすることができていないのが、ここに来てから最もがっかりしている部分だ」。 大きな役割を期待していたロビンソン3世にとって、「自分の役割について本当に聞かされていない」状況はつらいはず。 「トレードで加入してから、すぐさまインパクトを残さなければならない、というわけじゃない。 でも、このチームにはウィングの選手が充実していて、全員がプレーできるんだ。 だから、どうして彼らが僕をトレードで獲得したのか、理解できない」とロビンソン3世。 もっとも、「これはビジネスだから、コートに出て毎晩自分のベストを尽くすことを実現させなきゃいけない。 競争者、NBA選手として、僕はキャリア6年目なのだから、もっともっと多くの役割をこなしたいと思ってる。 だから、勝負どころでどんなことが起こるか、すごく期待している」と現状打破を見据えていた。 シクサーズは現在、シモンズが腰背部、エンビードが左肩を痛めて欠場しているだけに、ロビンソン3世にとってはレギュラーシーズン終盤、そしてプレーオフに向けてアピールするには絶好の機会と言っていいだろう。

次の