更年期 生理 こない。 生理がきそうでこないときに知っておきたいこと

生理がきそうでこないときに知っておきたいこと

更年期 生理 こない

生理周期の確認 生理がきそうでこない時は、前の生理がいつ訪れたのかチェックするようにしましょう。 生理周期は、25日~38日の範囲であれば正常だと言われています。 いつもより生理が遅れていたとしても、数日なら大きな生理周期の乱れにはなりません。 ただ、生理周期の正常な範囲を超えてもなかなか生理がきそうでこない時は、何かの原因が隠されている場合があります。 その原因について、それぞれ詳しく見ていきましょう。 生理がきそうでこない時 妊娠の可能性 生理がきそうでこない時、まず疑うべきなのは妊娠の可能性です。 基礎体温を計測している方なら、すぐに妊娠の可能性を確認することができるでしょう。 妊娠している場合、高温期が続いている状態がキープされています。 生理が始まる直前の状態なら、基礎体温は下がり始め高温期は終了しているので、その違いはハッキリ読み取ることができるでしょう。 基礎体温を計測していない方は、さまざまな症状から妊娠の可能性を考える必要があります。 妊娠初期と、生理前の症状は非常に似ていますが、微妙に異なる部分もあるため、具体的にご紹介しておきましょう。 生理前と妊娠の症状は 生理がきそうでこない時、妊娠の可能性があります。 生理前と妊娠初期の症状は非常に似ているため、今にも生理が来そうな状態に感じることがあるでしょう。 妊娠初期の症状として多く取り上げられるのが、倦怠感、下腹部痛、腰の重さ、胸の張り、眠気などがあります。 妊娠すると、いつもの生理前に比べると症状が強く出ることがありますが、全く同じような症状が出ることもあります。 さらに、妊娠するといつもの生理前の症状が出ないという方もいらっしゃるでしょう。 妊娠か、生理前の症状か区別する材料としては、「いつもとどう違うか」というのがポイントです。 明らかにいつもより眠気が強い、明らかに胸の張りが強い、また生理前の症状が全くない、という意見が多いため、いつもと異なる違和感が出た場合は、妊娠の可能性が高くなっていると言えるでしょう。 妊娠検査薬を試す時期は 生理がきそうでこない時、妊娠の可能性があるため一刻も早く結果を知りたくなりますよね。 しかし、一般に流通している妊娠検査薬が反応するのは生理予定日から1週間を過ぎてからになります。 それより前の検査は「フライング検査」と言われ、生理がきそうでこない原因をすぐに確かめたい人は行う傾向があります。 最近に妊娠検査薬は精度が高くなっているため、フライング検査でも薄い反応が出る場合があります。 ただ、フライング検査をすると知る必要のない情報を知ってしまう可能性もあるので注意が必要です。 フライング検査により陽性反応が出たとしても、着床が安定しなければ受精卵は流れてしまい、通常より少し重めの生理が始まってしまいます。 受精卵の着床が安定せず流れてしまうことはよくありますが、フライング検査をしなければ流産したことを知ることもありませんし、一喜一憂しなくて済みます。 また、子宮外妊娠の場合でも妊娠検査薬は反応するため、陽性反応=正常妊娠とは限らないことも知っておきましょう。 これらの情報を踏まえたうえで、妊娠検査薬は生理予定日を1週間過ぎてから試すようにしてください。 生理がきそうでこない時 生理周期の乱れ 生理がきそうでこない時、生理周期が乱れている可能性があります。 生理周期の正常な範囲は25日~38日ですが、それより生理が遅れている場合、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があるでしょう。 女性ホルモンはストレスや環境の変化など、些細なことでも影響されてしまいます。 生理がきそうでこない時が多く、生理周期が常に乱れやすいという方は、一度しっかり検査を受けた方が良いでしょう。 生理が来る仕組みとは 生理がきそうでこない状態が続くと、生理はいつ始まるのかとモヤモヤしてしまいます。 生理が遅れる原因として、女性ホルモンの存在がありますが、女性ホルモンと生理にはどのような関係があるのでしょうか。 生理は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが減少することから引き起こされます。 妊娠すると、女性ホルモンの分泌量は一定を保たれるため、生理が起こらなくなるのです。 しかし、女性ホルモンのバランスが崩れると、排卵が遅れ、生理予定日も後へとずれこんでしまいます。 そのため、生理がきそうでこない状態が長く続くようになるのです。 生理周期を整えるためには、ストレスを溜めこまないようにし、できるだけリフレッシュを心掛けることが大切です。 また、生理周期の乱れが一時的ではなく、長期間続くようなら病院で女性ホルモンを整える治療を受けた方が良いでしょう。 低用量ピルで改善を 生理がきそうでこない状態が長く続き、妊娠の可能性もない場合、女性ホルモンが乱れていることがあります。 病院で診てもらい、女性ホルモンを整える治療を受けるようにしましょう。 女性ホルモンを整える治療としては、低用量ピルが使用されます。 低用量ピルは、副作用が少なく生理周期も安定しやすいため、多くの病院で使用されている薬です。 一定期間服用し続けることで、排卵や生理のリズムを作っていけば、徐々に生理周期は安定してくるでしょう。 詳しく: 生活リズムの見直しを 生理がきそうでこない状態が長く続き、妊娠の可能性もない場合、女性ホルモンが乱れていることがあります。 低用量ピルで治療することができますが、できれば薬を服用したくないという方は、生活リズムを見直すようにしましょう。 充分な睡眠を確保し、野菜や豆、魚類中心の食事を心掛けるだけでも生理周期は安定してきます。 また、三陰交や血海などのツボを試したり、漢方薬でコントロールしたりするのもオススメです。 毎日の生活リズムを見直すことで、体調も気分も改善し、生理周期も安定してくるでしょう。 生理がきそうでこない時 無排卵月経の可能性 生理がこないのに妊娠検査薬は陰性という場合は、ここしばらくの生理周期の様子や体調の変化を良くチェックしましょう。 急に生理不順になったり、更年期でもないのに経血量が減少している時はホルモンバランスの崩れによる無排卵月経の可能性が出てきます。 特にエストロゲン分泌が減少すると、卵胞が成熟しないために排卵が起こらず子宮内膜も増えないため出血量が少なくなります。 この状態を放置すると不妊につながったり、長期の治療が必要になることもありますので、気になった時は躊躇せず病院で相談してください。 生理がきそうでこない時 早発閉経 無排卵月経はまだ卵巣に卵子が残っていて、環境が整えば生理が再開する状態ですが、早発閉経は卵子の数が少なくなっている状態です。 閉経は40代後半から50代後半ごろに起こりますが、20~30代の女性に更年期と同じような症状が現れて生理周期が不安定になってくるのを早発閉経と呼びます。 閉経と月経前症候群の症状は重なる部分が多いので勘違いしやすいのですが、いつもよりも症状が酷かったり火照りの症状が現れた時などは、ぜひ病院で検査を受けてください。 病院では少しでも閉経を遅らせるための治療を行いますので、早期発見がとても大事です。 生理がきそうでこない時 病気の可能性 生理がきそうでこない状態が長く続き、妊娠の可能性もない場合、病気が隠されていることがあります。 女性ホルモンを分泌する卵巣に不具合が生じていたり、ガンや脳の障害などで生理が遅れたりすることがあるからです。 生理が来たと思ったら、通常の生理とは大きく違い、経血量が多かったり極端に少なかったりすることもあるため、異常な生理だと感じた場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。 環境の変化やストレスなどで女性ホルモンの分泌は乱れてしまうため、生理がきそうでこない=病気と断定する必要はありませんが、病気の場合は早期発見が重要となるため、早めに病院を受診するようにしましょう。 多嚢胞性卵巣症候群の可能性 生理前の肌荒れは月経前症候群の一症状ですから、生理前は仕方ないと我慢して過ごす方も多いですね。 しかし肌荒れが酷くなるだけでなく、体毛が濃くなる・声が低くなるといった症状が出てくると、これは月経前症候群ではなく多嚢胞性卵巣症候群という病気の症状に当てはまり可能性があります。 何らかの原因で卵巣の表面が硬くなり卵胞が外に飛び出せず内部に卵胞が溜まってしまう病気で、排卵できないため不妊につながりやすいという問題があります。 挙げた症状以外にも、無排卵月経と同様に急に生理周期が乱れるようになったり、生理があっても出血量が多く生理期間も長いといった特徴が挙げられます。 治療法も確立していて完治して妊娠したという方も非常に多いので、まずは病院で相談し検査を受けましょう。 考えすぎないことも大切 生理が始まらないとどうして?と悩んでしまいますが、実はそうやって悩む事自体が生理を遅らせる原因となります。 ホルモン分泌と自律神経が深く関係しているのは皆さんご存知だと思われますが、悩む事でストレスホルモンが分泌されてホルモンバランスが更に乱れるようになってしまいますし、そうなれば自律神経のバランスも崩れて血行が鈍り体は冷えてしまいます。 このような状態は生理が始まらない原因に直結するので、なるべく思いつめずに運動したり自分の趣味に没頭するなど、気持ちの切り替えをしていきましょう。 まとめ 生理がきそうでこない時の原因や対処方法など幅広くご紹介しました。 さまざまな原因がありますが自己判断しにくいことも多いため、一度病院で診てもらうことも大切です。 生理がきそうでこない時だからこそ、自分の身体を見つめなおすきっかけにしてください。

次の

更年期の生理周期とは?閉経までは生理不順が続く女性がほとんど

更年期 生理 こない

更年期と言われる年齢は45歳から55歳。 この10年間の間でしばらく生理が来ない というときに疑われるのは 【妊娠】か【閉経】ですよね。 更年期の年齢でも妊娠する可能性はある? 閉経と妊娠の違いって何? といった疑問について、ご紹介します。 「閉経or妊娠?」 更年期でも妊娠の可能性はゼロではありません 更年期だから妊娠しない ということはありません。 実際、私のいとこは47歳(48歳間近)で妊娠、出産しましたから。 50代になって妊娠して出産した方もいるのです。 もちろん、20代、30代と比べれば格段に妊娠する確率は下がります。 が、卵巣から卵子が排卵されている限りは常に妊娠の可能性はあるのです。 生理が来ない というときに妊娠の可能性のある出来事があれば、妊娠の可能性は否定できません。 まずは「更年期の妊娠は閉経していない限りあり得る」ということだけは頭においておきましょう。 ただし、更年期に生理が来ない場合に妊娠意外に疑われるのは閉経です。 閉経の場合、徐々に生理の間隔が長くなる、または生理の間隔が短くなったり長くなったりして不定期な生理になってゆき、 1年以上生理がこない状況になって はじめて閉経した と判定されるのです。 今までの生理の状況を振り返ってみて、今回生理が来なくなるまでに、生理周期が短くなったり、長くなったりといった生理不順はありましたか? 生理不順が続いていたのであれば、妊娠よりも閉経しつつある可能性が高い と言えるでしょう。 更年期にさしかかったら生理ダイアリーをつけておくと安心ですよ。 本当に閉経していたら 妊娠はありえないので、ダイアリーをつけておきましょう。 本当に閉経したなら、「妊娠」はあり得ません 閉経は卵巣に卵子がなくなり排卵しなくなった状態。 本当に閉経したのであれば、いくら性行為があった、としても妊娠することはありえないのです。 ごくまれに 1年以上生理が来なかったけど妊娠した というケースがあります。 これは閉経したのに妊娠したわけではなく、閉経をしていなかった、というのが本当のところでしょう。 1年も開いたのに?と思われるかもしれませんが、ごくまれにこういうことはあるのです。 閉経は本当に千差万別で症状も経緯も個人差が大きいのです。 「閉経」は、卵巣に卵子がなくなった状態です。 つまり、本当に閉経したら、いくら性行為があったとしても、妊娠することはあり得ません。 もし、いま妊娠を望んでいないのであれば、いくら更年期だからと言っても、油断は禁物です。 相手の理解を得て、避妊に努めるように心がけましょう。 少しでも妊娠の可能性があるなら、早めに病院で検査を! 更年期に生理の間隔が数か月開くのは珍しいことではありません。 が、妊娠の可能性も捨てきれない という場合には早めに病院で検査をすること。 妊娠検査薬を使ってみるのもよいでしょう。 万が一妊娠している場合には、早い人では5週目あたりでつわりやお腹の張りが出始めます。 高齢出産は若い頃と比較してリスクを伴うため 出産を希望するのであれば、早いうちからのケアが必要。 出産できないのであれば、早めに妊娠検査を受けたほうが良いでしょう。 また、閉経が近づいているのかどうかも、病院の血液検査で調べることができます。

次の

更年期の生理不順|「長引く」「止まらない」「こない」その理由とは?

更年期 生理 こない

生理が終わりに近づくサインは、人によって大きく異なります。 閉経は、45歳以上で1年間、生理の出血がない状態だと、診断されます。 でも、生理の出血が完全になくなる前に、40代になると生理の乱れや変化が生じます。 どのような生理のリズムの乱れが生じるのか不安ですよね? 更年期の生理周期の乱れは、 卵巣の働きが衰え始めれば、すべての人に必ず起こります。 でも、どのように生理周期が乱れるかは、個人差があって、同じような月経異常、月経不順が起こるわけではありません。 でも、ある一定の順序は、あるのです。 その 秘密は、卵巣から分泌される女性ホルモンにあります。 卵巣の中の卵胞は、生まれてから毎年減っていきます。 この減り方はひとりひとり異なり、生まれる前の胎児のときにすでに決まっていると言われています。 女性は、生まれるときに、この原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。 しかし、生理が始まる思春期には、約170万個から180万個が自然に消滅し、生殖年齢のころには約20~30万個まで減少しています。 その後も1回の生理の周期に約1000個が減り続けていると言われています。 そして更年期には、卵巣の機能が低下して、卵巣から分泌されるエストロゲン 卵胞ホルモン やプロゲステロン(黄体ホルモン)の量も減ります。 脳がいくら頑張っても、卵巣から女性ホルモンは分泌されない... 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあって、卵巣から分泌されますが、 実は、卵巣は脳からの指令でコントロールされています。 けれども、更年期で卵巣機能が衰え、卵胞の老化、減少が進んでいると、脳がいくら頑張ってFSHやLHを増加させても、卵巣からの女性ホルモンは残念ながら分泌されません。 生理の乱れが自律神経の不調にも関係しています ホルモンバランスが崩れると、脳は混乱して、自律神経系(体温コントロールにも関係)に乱れを起こし、これがほてり、発汗、冷え、めまい、不眠、うつなどなど、更年期の不調につながります。 これが更年期障害の症状の一部です。 最終的には、脳からのホルモンも卵巣からのホルモンも低下し、ほとんど分泌されなくなり、生理の出血がなくなって、閉経します。 極めて少量のエストロゲンは、閉経後も脂肪組織などから分泌されていると言われています。 閉経までの月経のパターンは... さて、この女性ホルモンの分泌が減少していく過程で、生理は、周期や出血量(経血量)などがさまざまに変化して、閉経へといざないます。 その 典型例をご紹介します。 1~5の順に生理が変化することが多いですが、すべての女性がこの順序で進むわけではありません。 正常な生理(月経) 更年期の生理の変化は、周期が短くなる(頻発月経)ことから始まることが多いです。 たとえば、今まで30日周期だったのが、22~23日周期などと短くなります。 同時に生理の出血量(経血量)が少なくなり、生理が続く日数も短くなります。 周期が短くなる理由としては、• 卵巣機能が低下し、卵胞の数が減ると、エストロゲンの分泌量が減るため、脳は視床下部、下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)を多く分泌します。 すると、卵巣が一時的に刺激され、卵胞の発育が短期間に進みます(卵胞期短縮)。 そのため生理から排卵までの期間が短くなり、基礎体温の低温期(卵胞期)が短くなりますが、排卵後の高温期(黄体期)は、この段階では変わらないため、周期が短くなるのです。 まだ、この時期には排卵している可能性があります。 ただし、極端に短い周期(15~19日)で生理が来る(頻発月経)場合は、排卵していないことが多いです。 生理(月経)期間がダラダラと長く続く さらに卵巣の機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れ、生理周期が長い短いにかかわらず、生理(出血)期間が8日以上続くというケースも出てきます。 過長月経と呼ばれています。 長い人になると、2週間~1か月も生理が続く人がいます。 プロゲステロンの分泌量が減り、エストロゲンだけが少量分泌され、子宮内膜ができても内膜が厚くならないうちに、すぐに剥がれてしまうので、生理は排卵のない機能性出血のことが多いのです。 多くの場合、排卵はありませんが、たまに排卵している場合もあり、どちらとも断定できない状態です。 機能性出血は、更年期世代は閉経に向かう過程でもありますが、若い世代はストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れで起こることが多いです。 生理(月経)周期が長くなる 最終の生理開始日から1年経っても月経がない場合は、閉経とみなします。 この順序には、個人差があります。 更年期だからとあなどらないで! 病気が隠れていることも 更年期世代は、隠れた病気による不正出血と、生理的な月経の乱れの区別がつきにくい時期です。 年1回は婦人科で、子宮や卵巣を経腟超音波検査などでチェックすることをおすすめします。 出血が長引く場合は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮体がん、子宮頸管ポリープなどの病気が原因のこともあります。 また、周期が短い生理が長期間続くと、貧血の可能性がありますので注意が必要です。 40代からの体の変化を、これから30年、40年、50年の人生を楽しく、元気に生きるためのいいきっかけにしましょう! 更年期についてもっと知りたい.

次の