ロード バイク ギア チェンジ。 ロードバイクのギアチェンジのコツ。登りの前にフロントをインナーへ??

【ロードバイク】ギアチェンジの方法を解説!基本のギアの変え方を知ろう【初心者向け】

ロード バイク ギア チェンジ

【目次】• シフトチェンジはペダルを回しながら! 基本中の基本ですがシフトチェンジはペダルを回しながら行います。 停止したまま行うと、ディレイラーは動くのにチェーンが移動しないのでディレイラーに負荷がかかったままの状態になります。 そうなると、ディレイラー周りにひずみが生じて、うまくシフトチェンジができない事になります。 こうなったら、最悪の場合「調整しても滑らかな変速ができない」のでディレイラーを交換しなければいけません。 フロントギアの使い分け 通常走る時にはフロントギアはアウター(大きいギア)を使います。 ぺダルは重くなりますが、スピードに乗ったら速く走れます。 基本的にフロントはアウターで動かさずに、細かい調整はリアのギアで行います。 フロントのインナー(小さいギア)はキツイ坂道や信号待ちのスタートなどで使います。 ペダルは軽くなりますが、スピードはでません。 ただ、力が弱い女性やスポーツ自転車の初心者の人は通常走行でインナーを使ってもいいと思います。 自分の体力に合わせて使い分けてください。 チェーンの斜めがけはNG チェーンが極端に斜めになるようなギアの選択はしないようにしましょう。 斜めがけのままチェーンとギアが回転すると、負担がかかるからです。 フロントがアウターの場合は、リアをインナーギア2~3枚の位置にしないようにします。 フロントがインナーの場合は、リアをアウターギア2~3枚の位置にしないようにします。 フロントを変速したらリアのギアが無理な位置にないかを確認しましょう。 また、フロントを変速するとペダルの重さが大きく変わるので、同時にリアも変速した方がいいですね。 大きなトルクでの変速はダメ 山道など長い登り坂でスポーツ自転車に乗ると、ゆっくしりた速度でペダルを力任せにグイグイ漕ぐ人は多いんじゃないでしょうか?しかし、その走り方ではチェーンが強い力で引っ張られた状態になり、シフトチェンジをするとディレイラーも「ガチンガチン!」と鈍い音を立てて変速します。 もちろんディレイラーに大きな負荷がかかるので良い事ではありません。 なので、 登り坂や走り始めの大きなトルクがかかる状況では、ギアを軽くして無理のない力でペダルを回せるようにしましょう。 目安はくるくる回せる感じで、1分間に70回転以上は欲しいですね。 できればケイデンス(ペダル回転数)が計測できるサイクルコンピュータがあると便利です。 加速では段階的にギアを上げる 信号待ちや休憩などでロードバイクを停止させる前にギアを落として軽くしておきます。 走り始めた時に無理なくペダルを回せるギアまで落としましょう。 走り始めは軽いギアから徐々に重くしていきスピードを上げるようにします。 どのタイミングでギアを変速すれば効率的かは人それぞれなので体で覚えていきましょう。 状況に合わせてマメに変速をする ロードバイクで走っていると完全に平坦な道ではなく、わずかな上りと下りとなっている道は多いです。 また、新しい道はアスファルトが滑らかでスイスイ走れますが、古い道では小さなゴツゴツしていて走りにくいです。 そして、風向きや風の強さによってもペダルの重さは全然違います。 その時の状況に合わせて細かくシフトチェンジしましょう。 まとめ• シフトチェンジはペダルを回しながら行う。 フロントギアは通常の走行ではアウターを使う。 坂道などではインナーを使う。 チェーンが極端に斜めにならないようにフロントとリアのギアを調整する。 強くペダルを踏みこんでる時のシフトチェンジはダメ。 走り始めは段階的にギアを上げる。 停車の前にはギアを落としておく。 細かい状況に合わせて変速をこまめにする。

次の

ロードバイクの効果的なギアチェンジ法!メカニックの初心者向けガイド

ロード バイク ギア チェンジ

ロードバイクのギアチェンジ・シフトチェンジついて考えてみましょう。 現在のロードバイクは本当にギア数が多くなりました。 私がスポーツ系の自転車を乗り始めた時、フロントのギアは現在と同じ2枚か3枚でした。 しかし、リアホイールに付いているカセットのギア枚数は5枚が主流、ちょうど6スピードが出始めの頃でした。 今現在主流は9、もしくは10スピード。 メーカーのトップコンポーネントは11スピードが出てきています。 フロント2、リア11スピードとなると、トータルで22スピードとなり、本当にたくさんのギアを利用できるのです。 こんなにたくさんのギアが必要なの?と思われますが、これら多数のギアを使いこなすことにより、ロードバイクやより速く、そしてより遠くへ行くことができます。 そして、とても大切なことはこれらたくさんのギアを適切に使うことにより体力の消耗を最小限に抑えることができるのです。 それではシフティングについて考えていきましょう。 この記事の目次• シフティングレバーの使い方 現在のロードバイクは特殊な用途のバイクを除き、基本的にはブレーキレバーを操作することにより、シフティングを行います。 ただ、メーカーに寄って少々シフティングの方法が違いますので、各メーカにおけるシフティング法を見て行きましょう。 シマノ• フロントシフトダウン:左側ブレーキレバー内側の小さいレバーを押し込めばフロントシフトダウン• フロントシフトアップ:左側ブレーキレバー本体を内側に押し込めばフロントシフトアップ• リアシフトアップ:右側ブレーキレバー内側の小さいレバーを押し込めばリアシフトアップ• リアシフトダウン:右側ブレーキレバー本体を内側に押し込めばリアシフトダウン リアシフトダウンは一気に3速シフトダウンが可能です。 その他は1速ずつのアップ・ダウンとなります。 カンパニョーロ• フロントシフトダウン:左側のボタンを親指で下に押すとフロントシフトダウン• フロントシフトアップ:左側ブレーキレバー内側の小さなレバーを押し込めばフロントシフトアップ• リアシフトアップ:右側のボタンを親指で下に押すとリアシフトアップ• リアシフトダウン:右側ブレーキレバー内側の小さなレバーを押し込めばリアシフトダウン 右側内側レバーがシマノの方式とは逆になります。 カンパのレバーはシマノと違い、ブレーキレバー本体は倒れません。 シマノの場合、レバー本体も倒れるためブレーキング時に力の入れ方によりシフトをしてしまうことがあります。 それに対してカンパはブレーキレバー本体が倒れないことが利点となっています。 スラム• フロントシフトダウン:左側ブレーキレバー内側の小さいレバーを押し込めばフロントシフトダウン• フロントシフトアップ:左側ブレーキレバー内側の小さいレバーをさらにもう一段奥へ押し込めばフロントシフトアップ• リアシフトアップ:右側ブレーキレバー内側の小さいレバーを押し込めばリアシフトアップ• リアシフトダウン:右側ブレーキレバー内側の小さいレバーをさらにもう一段奥へ押し込めばリアシフトダウン SRAMは独自の方法です。 レバー内側にある小さいレバーでシフトアップとダウンの両方を可能にするDoubleTapテクノロジーを採用しています。 カンパ同様レバー本体は倒れない形式となっています。 シフティングはクランクを回しながら行う フロントギア、リアギアのシフティングを行う際、注意することがあります。 それはシフティングを行う場合は、必ずクランクを回してペダリングを行いながらするということです。 またできるだけ負荷のない状態でシフトすることが理想です。 自転車のトランスミッション構造上、ペダリングをしてチェーンが駆動していないとギアチェンジが行えません。 必ずペダリングをしながらシフティングを行います。 シフティングは状況に応じてリア・フロントを使う シフティングは路面の状況に応じてリア・フロントの療法を使います。 通常のサイクリングコースであれば、リアのみで問題無いと思います。 登りが近づいた時 もし目前に上り坂が迫ってきた場合、フロントアウターのまま登れるのであれば、状況に応じてリアをシフトダウンするとよいでしょう。 しかし、フロントをシフトダウンしなければ登れないことが分かる場合は、クランクにあまり負荷のかかっていない状態でシフトダウンをしておきます。 具体的には、まずリアを2、3枚シフトアップをしておきます。 (ダウンではありません) リアをシフトアップしてからフロントをシフトダウンします。 このような手順を行うことで、急激な負荷の変動を防ぐことができます。 フロントを先にシフトすると、これもまた急激にギア比が低くなり、足が空回りします。 負荷がかからない状態で行えば、負荷変動も非常に少なくなり、またリアをシフトアップしておくことで、登りの時にリアシフトダウン枚数の余裕も持つことができます。 シフトダウンのやってはいけない例 上り坂に入ってからリアをどんどんシフトダウンしていき、リアカセットの余裕がなくなった状態でフロントをシフトダウンすることはやめましょう。 いきなりその状態で、最大にギア比が低くなり、足がいきなり軽くなります。 またリアカセットの余裕もありません。 登りで苦しくなってからリアシフトアップするのは非常に厳しくなることも理由の1つです。 必ず余裕のある時点でリアをアップしてからフロントダウンを行いましょう。 シフトアップ時の注意点 峠の登りが終了をしてシフトアップする場合、まずはリアシフトアップを数枚行い、その後フロントをシフトアップします。 登りピーク付近ではリアが最大径のカセットになっている場合が多いでしょう。 その状態でフロントをシフトアップするとリアディレイラーが最大テンションになってしまいます。 それを防ぐため、まずはリアをシフトアップして小さいギアにチェーンを移動してからフロントをシフトアップするとよいでしょう。 たすき掛けにしない チェーンはできるだけフレームに並行近いほうが理想です。 フロントアウター、リアカセットがロー側になるとチェーンは斜めになります。 逆にフロントインナーでリアカセットがトップ側も同様にチェーンは斜めになります。 このような状態をたすき掛けといいます。 ギア比的に考えてみます。 たとえば50Tx25Tとたすき掛け状態になっている状態と、フロントをインナーに落としリアが真ん中あたりの34Tx17Tもギア比を比較します。 このギア比は両方とも同じです。 00 どちらが自転車のトランスミッションに影響が少ないかといえば、明らかにチェーンが水平になっている後者となります。 しかし、状況によりこれも一概に言えません。 たとえば、登り坂でギア落としていき、目の前にピークが迫りすぐに行であれば、50Tx25Tのままで登りきります。 フロントを触らずシフトアップができます。 逆に坂の途中、また登りがまだまだ続くのであれば後者のほうが有利なことは言うまでもありません。 状況に応じてシフトをしましょう。 またできるだけ、たすき掛け状態にならないようにすることは大切です。 直近で人気5記事• ロードバイクのホイール交換はロードバイクの重量、性能、足回りの軽量化などあらゆることを変えてくれるカスタマイズ... February 6, 2017 に投稿された• ロードバイクでよく使われているタイヤ太さには23c・25c・28cの3種類がメインとなるだろう。 ロードバイ... April 6, 2019 に投稿された• ロードバイクを購入する上で、「ロードバイクのコンポは105以上?」・・・それとも「コンポはティアグラでOK?」... March 14, 2018 に投稿された• ロードバイク・自転車に乗りながら音楽を聞く方法を考えてみたいと思う。 ロードバイクに乗っていると・・・お気に入り... January 21, 2016 に投稿された• ロードバイクを乗る上で、とにかく一番の問題、そして悩みが「お尻の痛み」になるでしょう。 とくにロードバイク初心者... February 23, 2015 に投稿された.

次の

ロードバイクのギアチェンジのタイミングと使いわけ方の基本

ロード バイク ギア チェンジ

<基本操作>• ギアを変えるときはペダルを漕ぎながら• シフトレバーを押す• 漕ぎ方を強くしすぎない これらを守らないと、ギアチェーンが外れてしまったり、壊れてしまうこともあるので、十分に気をつけていきましょう。 【右シフトレバー=後輪ギア】ギアチェンジの基本操作 こちらが、後輪側にあるリアギアの【シフトレバー】です。 乗った状態で、ハンドル右側にあります。 右シフトレバー アウター・インナー の使い分け ギア操作は乗っているとき、以下のタイミングで使い分けましょう。 乗った状態で、ハンドル左側にあります。 慣れるまでは混乱しますが、たくさん乗れば覚えられるでしょう。 左シフトレバー アウター・インナー の使い分け ギア操作は乗っているとき、以下のタイミングで使い分けましょう。 アウター(レバー両方)…基本的には1番外側 重いギア にいれておく• 私もまだ「ギアチェンジ」には慣れていないのですが、なるべくあまり動かすことのない『前輪のギア』が今どの状態にあるのかを意識して走ると、前後のギアがねじれた状態を防ぐことができるでしょう。 【ロードバイク初心者】ギアチェンジの基本操作まとめ 『速く走る』『疲れないように走る』には、それに適切なギアがあります。 それを探すためにも、基本の操作はしっかり覚えておきましょう。

次の