おしゃれなディナー レシピ。 美味しい和食のワンプレート17選|おしゃれで人気の家カフェレシピは?

プロが教えるバーベキューレシピ!簡単おしゃれな12品【自宅の庭でも】|おとなの週末

おしゃれなディナー レシピ

がおいしい! ゲストさん 15:59• がおいしい! ゲストさん 15:55• がおいしい! ゲストさん 15:43• がおいしい! ゲストさん 15:33• がおいしい! ゲストさん 15:30• がおいしい! ゲストさん 15:18• がおいしい! ゲストさん 15:13• がおいしい! ゲストさん 15:13• がおいしい! ゲストさん 14:39• がおいしい! ゲストさん 14:23• がおいしい! ゲストさん 14:18• がおいしい! ゲストさん 14:18• がおいしい! ゲストさん 14:14• がおいしい! ゲストさん 14:06• がおいしい! ゲストさん 13:44.

次の

美味しい和食のワンプレート17選|おしゃれで人気の家カフェレシピは?

おしゃれなディナー レシピ

ちらし寿司ケーキの作り方• 1酢飯をセルクルに入れて型を作る• 2大葉と海苔をはさんだら二段目の酢飯を載せる• 3セルクルから酢飯を外す。 ちらし寿司ケーキの土台全体に錦糸卵を載せる• 4サーモンをお花に見立てて飾っていく。 サーモンの端をくるくると巻いてお花の中央を作りその周辺にバランスよくサーモンを花びらになるように飾っていく。 5エビ、いくら、キュウリを好みに合わせてバランスよく飾って完成 1つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ちらし寿司ケーキです。 ひな祭りやはれのひ等のお祝い事にぴったりのこのメニューは、セルクルで形づくった酢飯に具材を飾り付ける過程も楽しい料理です。 お子さんと一緒に挑戦しても楽しめそうですよね。 1チキンライスを作る。 フライパンにバターを入れて熱し、ご飯・みじん切りした玉ねぎ・一口大にカットした鶏肉をいれて炒める• 2玉ねぎがしんなりしたら、塩コショウとコンソメで味付けし、ケチャップで味を調整する。 3オムレツを作る。 卵3個に牛乳・塩コショウを入れて白身の部分を切るようによくかき混ぜる。 4熱したフライパンにバターを多めに入れて、溶き卵を入れる。 5溶き卵がまだ固まりかけた半熟の時点で火を止める• 6フライパンの卵をキッチンペーパーの上に移して丸め、楕円形になるように成型する• 7器にチキンライスを盛り付け、その周辺にデミグラスソースをかける。 ご飯の上に成型したオムレツを載せて完成 2つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、オムライスデミグラスソースです。 人気のご飯メニューのオムライスもフワフワとろとろの卵をきれいに形を整えてデミグラスソースを加えれば、一気にご馳走レシピに早変わりします。 1アサリや貝類は塩抜きしておく。 鶏肉を一口大、パプリカを輪切りにする• 2ホットプレートにオリーブオイルを入れニンニクを香りがするまで炒める• 3鶏肉を入れて色が変わるまで炒めて塩コショウし、米を入れて油が全体に回るまでいためる• 4貝類、エビ、パプリカを加えてサフランを加える• 5トマト缶、水、白ワイン、ブイヨンを加えて混ぜ蓋をする• 6米に芯がなくなったら塩コショウで味を調整して完成 3つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、パエリアです。 人気のスペイン料理のパエリアはパプリカ等の野菜やサフランライスが彩りも豊かで記念日のディナーにピッタリのメニューです。 ホットプレートで作れば、みんなでわいわい楽しく取り分けて食べることができます。 1チキンライスを作る。 熱したフライパンにバターを入れて溶かし、ご飯・みじん切りした玉ねぎ・鶏肉を炒める• 2ケチャップ・塩コショウ・コンソメで味付けする• 3チキンライスの粗熱がとれたら、真ん中にチーズを入れて丸める• 4小麦粉、溶き卵、パン粉をつける• 5衣がきつね色になるまで油で揚げて完成 4つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ライスコロッケです。 サクサクの衣のコロッケを割るとトロトロのチーズが出てきてボリューム満点のライスコロッケは、大人も子供も満足できる一品です。 トマトソースやデミグラスソースを添えてもおいしく食べられますよ。 1ホワイトソースを作る。 牛乳・バター・小麦粉が10:1:1の割合で用意する• 2弱火で熱したフライパンにバターを溶かし、小麦粉を入れて練る• 3牛乳を少しずつ加えてだまにならないようにかき混ぜる• 4ソースがもったりとしてきたら塩コショウで味付けする• 5一口大に切った鶏肉、薄切りにした玉ねぎ、ご飯を炒めて塩コショウで味付けする• 65のご飯にホワイトソースをかけてチーズを載せ、オーブントースターで焼き目がつくまで焼いて完成 5つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、クリームドリアです。 チキンとホワイトソースでボリュームたっぷりのドリアは、男性でも満足できるご馳走メニューです。 手が込んでいるように見えて意外と簡単に作ることができるので、時間のない平日の記念日ディナーにもぴったりです。 1牛モモ肉を常温に戻しておき、たっぷりの塩コショウを刷り込ませる• 2フライパンに油を敷いて肉を強火で焼き目がつくまで焼く。 この時中まで火を通さなくてもよい• 3肉をラップにきっちりとくるんで、ジップロックに入れる。 ジップロックには空気が入らないように注意する• 4大きめの鍋にお湯を沸かして、沸騰したら肉の入ったジップロックを入れて1分ほど火を通す• 5鍋の火を消して、蓋をして鍋の中のお湯が冷めるまで待つ• 6お湯が冷めたら肉を取り出す。 冷蔵庫で肉を冷やしたらお好みの厚さに切って完成 1つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ローストビーフです。 クリスマスやパーティーに登場するローストビーフは、見た目も華やかでボリュームもあり、記念日ディナーにピッタリのメニューです。 お家で手作りのローストビーフを出すことができたら、料理上手な人だと思ってもらえそうです。 1ワックスペーパーを用意してブーケの包みの部分を作る• 2サニーレタス、ブロッコリースプラウトを飾りブーケのグリーンの部分を作る• 3スモークサーモンと生ハムは端からくるくると巻いてお花に見立てて飾る• 4型抜きしたゆで卵とトマトをバランスよく散らして完成 2つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ブーケサラダです。 野菜やサーモンをブーケに見立てたブーケサラダはとっても可愛い見た目でSNS映えもばっちりです。 結婚記念日のディナーの前菜としても良さそうですね。 ブーケを包むワックスペーパーにもこだわって可愛くデコレーションしてみてくださいね。 1トマトは8等分にカットして器に盛り付ける• 2器の中央にブッラータを載せる• 3周囲にバジルを散らす• 4塩とブラックペッパー、オリーブオイルをかけて完成 3つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、カプレーゼです。 トマトとモッツアレラチーズとバジルだけで出来るシンプルなイタリア料理のカプレーゼは、簡単に作れておすすめの前菜の1つです。 このメニューではモッツアレラチーズの一種のブッラータを使用しています。 ブッラータはモッツアレラチーズの中に生クリームが入っており、食べるときに切るととろとろの生クリームがあふれ出るのがSNS映えすることで話題になった食材です。 食べるときも楽しめて美味しいブッラータで作るカプレーゼ、ぜひ挑戦してみてくださいね。 1サーモンは包丁でたたきにして、ディル・塩コショウを入れて混ぜる• 2アボカドをつぶして醤油を少し加えて混ぜる• 3セルクルを用意してサーモンとアボカドを順番に重ねていく• 4セルクルをそっと外して完成 4つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、サーモンとアボカドのタルタルです。 セルクル型できれいに整えたサーモンとアボカドのタルタルは、レストランのコース料理のような美しい見た目で記念日ディナーの前菜にもぴったりのメニューです。 サーモンとアボカドのタルタルは、記念日らしくハート型で作っても可愛いですし、カジュアルな前菜にするのであればクラッカーやバケットに載せるのもおすすめです。 サーモンの代わりにエビやマグロ等の魚介にしても美味しく作ることができますよ。 味にアクセントが欲しい方はワサビを味付けに加えてもOKです。 ほうれん草は下茹でして水気を切り3㎝ぐらいの長さに切る。 トマトは一口大に切り、ベーコンは2㎝幅に切る。 溶き卵に牛乳を入れてよくかき混ぜ、塩コショウを振る• 1の野菜と卵を混ぜて、チーズを載せオーブントースターで焼き目がつくまで焼いて完成 5つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ほうれん草とベーコンのキッシュです。 オーブントースターで簡単にできて野菜も取ることができるキッシュは、記念日のディナーの副菜にもぴったりです。 クリーミーな卵とチーズが美味しく大人から子供まで万人受けする味ですよ。 ぽってりとして少しとろみのあるようなソースをハート型にしてお皿をデコレーションしたら、それだけでプロの仕上がりになります。 やり方は簡単で、ソースをしずく型にお皿に落として中央につまようじで線を引いていくだけです。 サラダにかけるソースや、デザートにかけるチョコレートソースをハート型にデコレーションしたら華やかなプレートになること間違いなしですよ。 赤・黄・緑の彩りを意識して料理を盛り付けるとご馳走レシピをより美味しく見せることができます。 足りない色どりはお皿で補うのもおすすめですよ。 せっかく手作りのご馳走レシピを作るのですから盛り付け方にもこだわってみてくださいね。 記念日のご馳走レシピをいくつか作るときは、前菜・スープ・メインディッシュ・デザートというようにレストランのディナーのコース料理を意識してメニューを考えるとバランスのよい仕上がりになります。 いくら豪華な食材を使ってご馳走を沢山作ったとしても、肉料理ばかりでは飽きてしまいますし彩りもなんだか華やかさに欠けてしまいます。 かといって、前菜ばかりを用意しては華やかさはありますが、ボリュームには欠けますよね。 美味しいご馳走レシピを最後まで味わってもらうために料理同士のバランスも大切なのです。 記念日に手作りのご馳走を作ろう! 今回は、記念日の手作りご馳走レシピを中心に紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 今回紹介した手作りのご馳走レシピは、結婚記念日や季節のイベントや子供のお祝いなど、特別な日をお祝いするのにぴったりのレシピばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 また、ここにおうちパーティーのみんなで作る料理11選を紹介した記事を載せました。 記念日と同じようにお家で行うホームパーティーにも華やかな料理は欠かせません。 みんなで楽しく作って食べられるレシピも紹介されていますので、こちらも興味がある方は是非読んでみてくださいね。

次の

記念日レシピ10選!手作りご馳走ディナーメニューやはれのひのお祝いにも

おしゃれなディナー レシピ

ちらし寿司ケーキの作り方• 1酢飯をセルクルに入れて型を作る• 2大葉と海苔をはさんだら二段目の酢飯を載せる• 3セルクルから酢飯を外す。 ちらし寿司ケーキの土台全体に錦糸卵を載せる• 4サーモンをお花に見立てて飾っていく。 サーモンの端をくるくると巻いてお花の中央を作りその周辺にバランスよくサーモンを花びらになるように飾っていく。 5エビ、いくら、キュウリを好みに合わせてバランスよく飾って完成 1つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ちらし寿司ケーキです。 ひな祭りやはれのひ等のお祝い事にぴったりのこのメニューは、セルクルで形づくった酢飯に具材を飾り付ける過程も楽しい料理です。 お子さんと一緒に挑戦しても楽しめそうですよね。 1チキンライスを作る。 フライパンにバターを入れて熱し、ご飯・みじん切りした玉ねぎ・一口大にカットした鶏肉をいれて炒める• 2玉ねぎがしんなりしたら、塩コショウとコンソメで味付けし、ケチャップで味を調整する。 3オムレツを作る。 卵3個に牛乳・塩コショウを入れて白身の部分を切るようによくかき混ぜる。 4熱したフライパンにバターを多めに入れて、溶き卵を入れる。 5溶き卵がまだ固まりかけた半熟の時点で火を止める• 6フライパンの卵をキッチンペーパーの上に移して丸め、楕円形になるように成型する• 7器にチキンライスを盛り付け、その周辺にデミグラスソースをかける。 ご飯の上に成型したオムレツを載せて完成 2つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、オムライスデミグラスソースです。 人気のご飯メニューのオムライスもフワフワとろとろの卵をきれいに形を整えてデミグラスソースを加えれば、一気にご馳走レシピに早変わりします。 1アサリや貝類は塩抜きしておく。 鶏肉を一口大、パプリカを輪切りにする• 2ホットプレートにオリーブオイルを入れニンニクを香りがするまで炒める• 3鶏肉を入れて色が変わるまで炒めて塩コショウし、米を入れて油が全体に回るまでいためる• 4貝類、エビ、パプリカを加えてサフランを加える• 5トマト缶、水、白ワイン、ブイヨンを加えて混ぜ蓋をする• 6米に芯がなくなったら塩コショウで味を調整して完成 3つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、パエリアです。 人気のスペイン料理のパエリアはパプリカ等の野菜やサフランライスが彩りも豊かで記念日のディナーにピッタリのメニューです。 ホットプレートで作れば、みんなでわいわい楽しく取り分けて食べることができます。 1チキンライスを作る。 熱したフライパンにバターを入れて溶かし、ご飯・みじん切りした玉ねぎ・鶏肉を炒める• 2ケチャップ・塩コショウ・コンソメで味付けする• 3チキンライスの粗熱がとれたら、真ん中にチーズを入れて丸める• 4小麦粉、溶き卵、パン粉をつける• 5衣がきつね色になるまで油で揚げて完成 4つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ライスコロッケです。 サクサクの衣のコロッケを割るとトロトロのチーズが出てきてボリューム満点のライスコロッケは、大人も子供も満足できる一品です。 トマトソースやデミグラスソースを添えてもおいしく食べられますよ。 1ホワイトソースを作る。 牛乳・バター・小麦粉が10:1:1の割合で用意する• 2弱火で熱したフライパンにバターを溶かし、小麦粉を入れて練る• 3牛乳を少しずつ加えてだまにならないようにかき混ぜる• 4ソースがもったりとしてきたら塩コショウで味付けする• 5一口大に切った鶏肉、薄切りにした玉ねぎ、ご飯を炒めて塩コショウで味付けする• 65のご飯にホワイトソースをかけてチーズを載せ、オーブントースターで焼き目がつくまで焼いて完成 5つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、クリームドリアです。 チキンとホワイトソースでボリュームたっぷりのドリアは、男性でも満足できるご馳走メニューです。 手が込んでいるように見えて意外と簡単に作ることができるので、時間のない平日の記念日ディナーにもぴったりです。 1牛モモ肉を常温に戻しておき、たっぷりの塩コショウを刷り込ませる• 2フライパンに油を敷いて肉を強火で焼き目がつくまで焼く。 この時中まで火を通さなくてもよい• 3肉をラップにきっちりとくるんで、ジップロックに入れる。 ジップロックには空気が入らないように注意する• 4大きめの鍋にお湯を沸かして、沸騰したら肉の入ったジップロックを入れて1分ほど火を通す• 5鍋の火を消して、蓋をして鍋の中のお湯が冷めるまで待つ• 6お湯が冷めたら肉を取り出す。 冷蔵庫で肉を冷やしたらお好みの厚さに切って完成 1つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ローストビーフです。 クリスマスやパーティーに登場するローストビーフは、見た目も華やかでボリュームもあり、記念日ディナーにピッタリのメニューです。 お家で手作りのローストビーフを出すことができたら、料理上手な人だと思ってもらえそうです。 1ワックスペーパーを用意してブーケの包みの部分を作る• 2サニーレタス、ブロッコリースプラウトを飾りブーケのグリーンの部分を作る• 3スモークサーモンと生ハムは端からくるくると巻いてお花に見立てて飾る• 4型抜きしたゆで卵とトマトをバランスよく散らして完成 2つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ブーケサラダです。 野菜やサーモンをブーケに見立てたブーケサラダはとっても可愛い見た目でSNS映えもばっちりです。 結婚記念日のディナーの前菜としても良さそうですね。 ブーケを包むワックスペーパーにもこだわって可愛くデコレーションしてみてくださいね。 1トマトは8等分にカットして器に盛り付ける• 2器の中央にブッラータを載せる• 3周囲にバジルを散らす• 4塩とブラックペッパー、オリーブオイルをかけて完成 3つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、カプレーゼです。 トマトとモッツアレラチーズとバジルだけで出来るシンプルなイタリア料理のカプレーゼは、簡単に作れておすすめの前菜の1つです。 このメニューではモッツアレラチーズの一種のブッラータを使用しています。 ブッラータはモッツアレラチーズの中に生クリームが入っており、食べるときに切るととろとろの生クリームがあふれ出るのがSNS映えすることで話題になった食材です。 食べるときも楽しめて美味しいブッラータで作るカプレーゼ、ぜひ挑戦してみてくださいね。 1サーモンは包丁でたたきにして、ディル・塩コショウを入れて混ぜる• 2アボカドをつぶして醤油を少し加えて混ぜる• 3セルクルを用意してサーモンとアボカドを順番に重ねていく• 4セルクルをそっと外して完成 4つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、サーモンとアボカドのタルタルです。 セルクル型できれいに整えたサーモンとアボカドのタルタルは、レストランのコース料理のような美しい見た目で記念日ディナーの前菜にもぴったりのメニューです。 サーモンとアボカドのタルタルは、記念日らしくハート型で作っても可愛いですし、カジュアルな前菜にするのであればクラッカーやバケットに載せるのもおすすめです。 サーモンの代わりにエビやマグロ等の魚介にしても美味しく作ることができますよ。 味にアクセントが欲しい方はワサビを味付けに加えてもOKです。 ほうれん草は下茹でして水気を切り3㎝ぐらいの長さに切る。 トマトは一口大に切り、ベーコンは2㎝幅に切る。 溶き卵に牛乳を入れてよくかき混ぜ、塩コショウを振る• 1の野菜と卵を混ぜて、チーズを載せオーブントースターで焼き目がつくまで焼いて完成 5つ目の記念日の手作りご馳走レシピは、ほうれん草とベーコンのキッシュです。 オーブントースターで簡単にできて野菜も取ることができるキッシュは、記念日のディナーの副菜にもぴったりです。 クリーミーな卵とチーズが美味しく大人から子供まで万人受けする味ですよ。 ぽってりとして少しとろみのあるようなソースをハート型にしてお皿をデコレーションしたら、それだけでプロの仕上がりになります。 やり方は簡単で、ソースをしずく型にお皿に落として中央につまようじで線を引いていくだけです。 サラダにかけるソースや、デザートにかけるチョコレートソースをハート型にデコレーションしたら華やかなプレートになること間違いなしですよ。 赤・黄・緑の彩りを意識して料理を盛り付けるとご馳走レシピをより美味しく見せることができます。 足りない色どりはお皿で補うのもおすすめですよ。 せっかく手作りのご馳走レシピを作るのですから盛り付け方にもこだわってみてくださいね。 記念日のご馳走レシピをいくつか作るときは、前菜・スープ・メインディッシュ・デザートというようにレストランのディナーのコース料理を意識してメニューを考えるとバランスのよい仕上がりになります。 いくら豪華な食材を使ってご馳走を沢山作ったとしても、肉料理ばかりでは飽きてしまいますし彩りもなんだか華やかさに欠けてしまいます。 かといって、前菜ばかりを用意しては華やかさはありますが、ボリュームには欠けますよね。 美味しいご馳走レシピを最後まで味わってもらうために料理同士のバランスも大切なのです。 記念日に手作りのご馳走を作ろう! 今回は、記念日の手作りご馳走レシピを中心に紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 今回紹介した手作りのご馳走レシピは、結婚記念日や季節のイベントや子供のお祝いなど、特別な日をお祝いするのにぴったりのレシピばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 また、ここにおうちパーティーのみんなで作る料理11選を紹介した記事を載せました。 記念日と同じようにお家で行うホームパーティーにも華やかな料理は欠かせません。 みんなで楽しく作って食べられるレシピも紹介されていますので、こちらも興味がある方は是非読んでみてくださいね。

次の