巣 作り カリン。 スムシの対策

『巣作りドラゴン』『ウィザーズクライマー』のソフトハウスキャラが解散・廃業を発表。3月末をもって営業終了へ

巣 作り カリン

飛行中のミツバチ 日本では、の2種が(養蜂)され蜜の採取が行われている。 またのにも広く用いられるが、やなどのの類は蜜を出さず特殊な振動採粉を行うためミツバチではなく(ミツバチ科マルハナバチ属)が使われる。 セイヨウミツバチの養蜂においては規格化された巣箱を用いて大規模な採蜜が行われる一方、ニホンミツバチの場合は一部の養蜂家がハニカム人工巣を用いた養蜂を行っている が、多くは野生集団を捕獲して飼育し採蜜の際は巣を破壊して搾り取ると言う伝統的な手法が主であり、蜂蜜の流通量も少ない。 日本では2012年6月に(昭和30年8月27日法律第180号)が改正され、原則として蜜蜂を飼育する場合にはへの飼育届の提出が必要となった。 種類 [ ] 現生種 [ ] ミツバチ属 Apis は現生種ではコミツバチ亜属 Micrapis、オオミツバチ亜属 Megapis、およびミツバチ亜属 Apis の3亜属、合計9種に分類される。 そのいずれもが、の昆虫で、餌に花蜜や花粉を集める。 コミツバチ亜属及びオオミツバチ亜属の種は、開放空間に営巣しその巣板は1枚である。 ミツバチ亜属では樹洞のような閉鎖空間に営巣し、複数の巣板を作る。 コミツバチの働き蜂 コミツバチ亜属には次の2種が属し、その体の大きさはミツバチ属中で最も小さく、現生種のうちで最も祖先的な群である。 Fabricius, 1787 - から南西アジアに分布する。 Smith, 1858 - 東南アジアに分布する。 オオミツバチ亜属には次の2種が属し 、体の大きさはミツバチ属中で最も大きい。 オオミツバチには基亜種のほかに2亜種が知られている。 Fabricius, 1793 -東南アジアからに分布する。 dorsata breviligula Maa, 1953 フィリピンのルソン島に分布するオオミツバチの亜種。 dorsata binghami Cockerell, 1906 インドネシアのスラウェシ島とブタン島に分布する亜種。 Smith, 1871 - 地域に分布する。 ミツバチ属3種の比較。 左からトウヨウミツバチ・セイヨウミツバチ・オオミツバチ ミツバチ亜属には次の5種が属している。 , 1758 - ・に分布する。 世界中に移入され、近代的養蜂において主に用いられる種。 以下に主な亜種をあげる。 , 1758 - セイヨウミツバチの基亜種でイギリス、フランスほか北西ヨーロッパ原産。 European dark bee(German black beeとも)呼ばれ、近代養蜂に採り入れられ、植民地時代に北アメリカに導入された。 このミツバチは小さくて暗い色をしている。 Spinola, 1806(イタリアン)は地中海地方原産の亜種。 世界中に移入され、・に分布。 本は世界中の家によって飼育される。 非常に気性が穏やかで、分蜂性 が低く、大量のを集める。 コロニーは冬期を通してより大きな個体群を維持する傾向があるので、本亜種は他の温帯の亜種よりも冬の蓄えが必要である。 体色は明るい黄色から橙色と黒の縞模様となっている。 Pollman, 1879(カーニオラン) - 原産地は中・東ヨーロッパ(オーストリア、旧ユーゴスラビア北東部、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア。 Gorbachev, 1916(コーカシアン) - 原産地はロシア、コーカサス地方。 Engel, 1999 別名 Apis mellifera iberica —原産地は(、)。 Lepeletier, 1836 - 原産地はアフリカ東部から南部で 、分蜂性が強く集蜜性は低い。 1956年に熱帯に適応しているものとして改良を目的にブラジルに導入された。 その逃げ出したものと先行して導入され帰化したセイヨウミツバチとが交雑してとなった。 セイヨウミツバチ A. mellifera とトウヨウミツバチ A. cerana の後翅の翅脈の比較• Fabricius, 1793 - 全域に分布し 、基亜種を含む4亜種が知られている。 中国の研究者によれば、さらに skorikovi、 abaensis、 hainanensis の3亜種が区別できるとされる。 Apis cerana cerana Fabricius, 1793 基亜種(中国亜種)、中国北部、インド北部、アフガニスタン、パキスタン北部に分布する。 Fabricius, 1798 - インド亜種、南インド、スリランカから東南アジアに分布する。 Smith 1991, nomen nudum. - ヒマラヤ亜種、ヒマラヤから中国に分布する。 Radoszkowski, 1887 - はトウヨウミツバチの亜種であり韓国に生息するトウヨウミツバチと近縁。 Buttel - Reepen, 1906 - 及びに分布する。 ボルネオミツバチとも表記される。 Smith, 1861 - インドネシアのに分布する。 現生種の系統関係 [ ] ミツバチ属現生種の系統関係については、働き蜂の形態形質やミトコンドリアあるいは核DNAの塩基配列の解析から、そのいずれにおいても比較的類似した結果が示されている。 コミツバチ亜属、オオミツバチ亜属、ミツバチ亜属のいずれもで、コミツバチ亜属が最も基部で分岐し、オオミツバチ亜属とミツバチ亜属は姉妹群の関係にある。 ミツバチ亜属の中ではセイヨウミツバチとサバミツバチがそれぞれ分岐し、残ったトウヨウミツバチ、キナバルヤマミツバチ、クロオビミツバチがを形成する。 コミツバチ亜属とオオミツバチ亜属がいずれも開放空間に一枚巣板を作ることから、この習性がミツバチ属の共有原始形質であり、ミツバチ亜属の閉鎖空間に複数巣板を作る形質は派生形質であると考えられている。 化石種 [ ] 化石種は1976年に17種が記録されたが、2005年に3亜属8種に整理された(3亜属のうち1亜属は現生種と同じオオミツバチ亜属である。 その後アメリカ合衆国で発見された中期の化石がミツバチ属のものであることが 2009年に発表され、 と命名された。 これは新世界で初めて発見されたミツバチ属の化石となった。 ムカシミツバチ亜属 Cascapis は次の1種とされていた が、2009年に1種追加され2種となった。 ドイツムカシミツバチ Apis armbrusteri Zeuner, 1931、発見場所はドイツで地質年代は中新世である。 アケボノミツバチ亜属 Synapis は次の6種となっている。 ミヤマアケボノミツバチ Apis henshawi Cockerell, 1907、発見場所はヨーロッパで地質年代はである。 ナガアケボノミツバチ Apis longtibia Zhang, 1906、発見場所は中国で地質年代は中新世である。 チュウゴクナガアケボノミツバチ Apis miocenica Hong, 1983、発見場所は中国で地質年代は中新世である。 ボヘミアアケボノミツバチ Apis petrefacta Riha, 1973、発見場所はボヘミアで地質年代は中新世である。 ムカシアケボノミツバチ Apis vetustus Engel, 1998、発見場所はドイツで地質年代は漸新世である。 オオミツバチ亜属 Megapis• イキオオミツバチ Apis lithohermaea Engel, 2005、発見場所は日本ので地質年代は中新世である。 生態 [ ] 新世代の女王蜂の羽化を目前とした巣では群の分割(分封)が起こり、旧世代の女王蜂は働きバチを引き連れ巣を出て新しい巣を探しに出る。 この際、旧世代の女王蜂を護って働きバチが塊のようになる 分封蜂球(ぶんぽうほうきゅう)を作る。 ミツバチの働きバチは受精卵から発生する2倍体 2 n であり全てである。 通常メスの幼虫は主に花粉と蜂蜜を食べて育ち働きバチとなるが、働きバチの頭部から分泌されるのみで育てられたメスは交尾産卵能力を有する女王バチとなる。 は未受精卵から発生する1倍体 1 n であるが、巣の中では働き蜂に餌をもらう以外特に何もしない。 働きバチに比べて体が大きく、働きバチや女王バチよりもが非常に発達していることが外見上の特徴である。 オスはとするため、晴天の日を選んで外に飛び立つ。 オスバチは空中を集団で飛行し、その群れの中へ女王バチが飛び込んできて交尾を行う。 オスバチは交尾の為の射精後に速やかに死亡し、新女王蜂はこの死体をぶら下げてしばらく飛翔するがやがて交尾器がちぎれて雄蜂の死体は落下する。 新女王蜂は体内に残った交尾器を排除して再び雄蜂の群れに向かい交尾を行う。 この配偶行動が幾度か繰り返されて新女王蜂の体内に一生の間で使用されるだけの精子が蓄えられると巣に帰還し産卵を開始する。 アリ科やスズメバチ科の社会性昆虫の多くで生涯交尾回数が一度だけで一個体の雄としか交尾しないのと好対照である。 交尾できなかったオスも巣に戻るが、繁殖期が終わると働きバチに巣を追い出される等して死に絶える。 へのは弱く、の半分程度という。 セイヨウミツバチの成虫の寿命は、女王蜂が1-3年(最長8年)、働き蜂が最盛期で15-38日、中間期は30-60日、越冬期が140日、雄蜂は21-32日である。 性決定の仕組み [ ] の蜜を採集中のミツバチ ミツバチは蜜源を見つけると巣内の垂直な巣板の上でを行い、仲間に蜜源の方向と距離を伝える。 これは行動の例としてたびたび使われる。 ミツバチのダンスは蜜源の場所という具体的な情報をダンスという抽象的な情報に変換して伝達が行われるため、記号的コミュニケーションであると考えられている。 ミツバチのダンスコミュニケーションを発見したは高次なコミュニケーション能力が昆虫にもあるという発見が評価され、、と共ににを受賞した。 蜜源が近い場合には、体を振りながら左右に交互に円形を描く「円形ダンス」をおこなう。 蜜源が遠い場合(50m〜)は「尻を振りながら直進 - 右回りして元の位置へ - 尻を振りながら直進 - 左回りして元の位置へ」という、いわゆる「の字ダンス(尻振りダンス)」を繰り返す。 このとき尻を振りながら直進する角度がと蜜源のなす角度を示しており、真上が太陽を示す。 また、ダンスの時の尻を振る速度が蜜源までの距離を表す。 すなわち尻振りの速度が大きいときは蜜源までの距離が近く、速度が低いときには距離が遠い。 花粉や水の採集、分封時の新たな巣の場所決定に際しても、同様のダンスによるコミュニケーションが行われる。 蜜を持ち帰った働きバチは、貯蔵係のハチに蜜を渡すが、そのとき貯蔵係は糖度の高い蜜を優先して受け取り、糖度の低い蜜を持ったハチは待たされる。 このことによって、よりよい蜜源へ働きバチを集中的に動員できる。 日本ののグループによるミツバチの巣の社会性行動研究は世界的にも有名で、坂上の著作はの『社会生物学』にも非常に多く引用されている。 巣の構造 [ ] 蜂の巣(巣板) 自然の状態では、ミツバチの巣は巣板と呼ばれる鉛直方向に伸びる平面状の構造のみからなる。 ミツバチが利用した空間の形状によっては巣板が傾いていることもある。 巣板の数はミツバチの種によって異なる。 養蜂に用いるニホンミツバチやは複数枚の巣板を形成し、自然の状態でも10枚以上にのぼることがある。 コミツバチなどは巣板を1枚しか作らないため、養蜂には向かない。 ミツバチは巣板を防御する構造物を自ら作り出すことはせず家屋の隙間や床下、などもともと存在する外壁を利用する。 都市部では巣板がむき出しになった巣も存在する。 巣板は中空の六角柱が平面状に数千個接続した構造である。 このような構造をと呼ぶ。 強度に優れ、材料が最少で済むという特徴がある。 六角柱は厚さ約0. 1mmの壁でできており、奥行きは10〜15mmある。 底部は三角錐である。 巣板の材料はミツバチの腹部にある蝋腺から分泌されたである。 幼虫を育てるために使用する穴の奥行きは10〜15mmであるが、蜜を貯蔵するために使用する穴の奥行きはバラツキが大きく20mm程度に成る場合もある。 他種との関係 [ ] 蜂球 左:巣口周辺を飛び回ると腹部を反り上げ翅を震わせるニホンミツバチ。 中:ニホンミツバチによる蜂球。 中では2匹のキイロスズメバチが蒸されている。 右:「 中」の約1時間後。 蜂球は解体され、蒸し殺されたキイロスズメバチの死体が見える。 (いずれも7月 横浜市内) ミツバチのとしてアジアだけに生息するがいるが、アジアで進化したトウヨウミツバチはオオスズメバチへの対抗手段を獲得した。 巣の中に侵入したスズメバチを大勢のミツバチが取り囲み 蜂球(ほうきゅう)とよばれる塊をつくり、飛翔筋を激しく震わせることによって内部の温度を上昇させ、スズメバチを蒸し殺す。 ミツバチの運動により温度、CO 2濃度、湿度が高まり、酸素欠乏ではなく体表の気化熱で冷やすことができなくなり、高温により死んだと考えられる。 また、蜂球経験済みの個体は次に蜂球を形成する際、返り討ちに逢いやすく危険な蜂球の中心部に集中することが観測された。 は、大群での腹の周りを圧迫し、呼吸を不可能にして約1時間かけてさせるという対抗手段を持っているケースが報告された。 これを asphyxia-balling( 窒息スクラム)と呼ぶ。 また、従来、セイヨウミツバチは蜂球を作らないと考えられていたが、2・3回、スズメバチを提示すると、蜂球を形成することが実験で確認された。 トウヨウミツバチとセイヨウミツバチの共通祖先がすでに蜂球行動をしていた可能性がある。 古くから使われていたニホンミツバチに比べより多くの蜜を採集するセイヨウミツバチがに導入された。 セイヨウミツバチはも旺盛なことからしニホンミツバチを駆逐してしまうのではないかと懸念された。 実際に北米では養蜂のために導入した後、野生化している。 しかし、日本では現在まで一部の地域を除いて野生化は確認されていない。 これは天敵オオスズメバチの存在によると考えられている。 セイヨウミツバチの窒息スクラムはモンスズメバチ以下の小型種しか対応できず、大型で体力があるオオスズメバチの襲撃を受けると容易に巣を全滅させられるためと説明される。 一方、近年になって都市部で野生のニホンミツバチの観測が増える傾向にある。 住宅街はもちろん、の排気ガスやの騒音に晒されるような都心部に巣作りしていることも多々ある。 都心部では天敵のスズメバチが人間によって駆除される為、山間部より比較的安全であるからと推測されている。 寄生虫 [ ] 巣に寄生し、巣の基材(巣板)を食べる、ノゼマ病を引き起こすミツバチ微胞子虫 Nosema apis 、バロア病を引き起こすミツバチヘギイタダニ Varroa destructor 、アカリンダニ症を引き起こすアカリンダニ Acarapis woodi 、ミツバチトゲダニ症を引き起こすミツバチトゲダニ Tropilaelaps clareae 、ケーニガーミツバチトゲダニ T. koenigerum などが報告されている。 ハチノスツヅリガ [ ] 幼虫が巣を食害するハチノスツヅリガ 直接ミツバチを襲うわけではないが、養蜂家からスムシ(巣虫)と呼ばれ嫌われるハチノスツヅリガ 等ののは、蝋を原料とした巣を食べて成長する(蜂児をも捕食することがある。 多くのスムシに寄生された巣の蜂群は逃去することもある。 オオミツバチでもハチノスツヅリガの食害があるが、ヒマラヤオオミツバチでは知られていない。 コミツバチでも同様にハチノスツヅリガの食害を受け、これが蜂群の逃去の原因となっている。 アカリンダニ [ ] アカリンダニは日本の届出伝染病に指定され 、ミツバチ成虫の気管内に寄生して体液を吸汁するダニ。 寄生されたセイヨウミツバチ群では、採餌能力、育児能力の低下を引き起こし、冬期に群が崩壊することが知られている。 詳細は「」を参照 現在、セイヨウミツバチの蜂群がをはじめ世界的に激減しつつあり、と呼ばれる。 原因としては特定の、、、系農薬、長距離移送によるストレス(アメリカ合衆国)、冬期に餌として与えられる、はてはが疑われているがはっきりとはしていない。 ミツバチによる生産物 [ ] 人間は、主に下記の物をミツバチの生活環から得て利用をしている。 花から得られる糖分と水分、ミツバチ体内の転化酵素が濃縮された物質。 有史以前から甘味料として利用され現在では製菓原料、化粧品原料、栄養食品などにも利用される。 (蜂ろうとも表記される ) ミツバチが体内で合成し分泌する物質。 ワックス成分で巣の主要な構成材料となっている。 中世ヨーロッパではの主原料であった。 蜜蝋自体はとはならないが、などのメディウム(薄め液)、、、、などの原料として利用される。 また、時では、、、の滑沢、、、、錆止めなどに使用され、重要な戦略物資であった。 植物が芽などを保護する目的で分泌した滲出物をセイヨウミツバチが集めた物質で 、巣の接合部位や巣材の蜂ろうの補強材料として、また巣のすき間を埋めるのに使う物質である。 抗菌性や抗腫瘍性成分などが注目され、健康食品として利用されている。 プロポリスを集めるセイヨウミツバチの働きバチは専門化していて、花粉と同じように後脚に付けて運ぶ。 セイヨウミツバチの亜種間でプロポリスを集める性質に差があり、コーカシアン A. caucasica 、インターミッサ A. intermisa はよく集めるが、エジプト蜂 A. lamarckii やカーニオラン A. carnica はあまり集めない。 コミツバチ亜属の2種は開放空間の植物の枝に1枚の巣板を作る。 この巣へのアリの侵入を防ぐために、植物の樹脂を営巣した枝の巣の近く2-3cmのところに塗布する。 オオミツバチでも巣の接合部の補強材料としてプロポリス様の樹脂を使う。 トウヨウミツバチはプロポリスを集めない。 働きバチが体内で合成し咽頭腺から分泌する物質。 ローヤルゼリーのみで育てられたメスの幼虫だけが女王バチとして成長する。 解析により女王バチと働きバチのゲノムに違いがないことが明らかになっており、どのメスの幼虫も女王バチになるを持っている。 ビーポーレンを運ぶセイヨウミツバチ 働きバチは幼虫の餌やローヤルゼリーの原料とするため、花粉をだんご状にして後脚の脛節にある ()につけて運び、巣に蓄える。 この花粉団子はとも呼ばれ、主に乾燥物が健康食品として利用されている。 抗HIV物質 ミツバチの毒にはメリチンという抗HIV作用のある物質があり、2017年の段階では実用化には至っていないが注目されている。 文化 [ ] 慣習 [ ]• 「蜂に伝えよ 出典: 」 - 養蜂家の結婚・死亡・出産などの重要なことを蜂に伝えないと、蜂が巣を引き払ったり、蜜を作るのを止めてしまったり、死んでしまうという迷信。 イギリス、特にイングランド地方で広く信じられており、その他アイルランドやウェールズ地方、ドイツ、オランダ、アメリカ合衆国といった国と地域でも広く知られている。 ミツバチが主題の作品 [ ]• 小説『』(蜜蜂マアヤ。 アニメ化もされた)は擬人化した話ではあるが、スズメバチがミツバチを襲うなど実際の観察に基づいた設定がなされている。 ではは探偵引退後の仕事として養蜂家となり、著作も残したことになっている。 これは、この50年ほど前に近代養蜂に関する体系的な著書がの養蜂家ロレンゾ・ロレイン・ラングストロス Lorenzo Lorraine Langstroth により発表されたことが反映されている。 『青い鳥』で知られるノーベル賞作家は観察眼の鋭い養蜂家でもあり『蜜蜂の生活』 という名著を残している。 - の。 物語中のハチを始めとする動物たちは、擬人化されている。 『』- の。 その他 [ ]• ニホンミツバチが1997年(平成9年)11月28日発売の20円の意匠になった。 (蘭)の一種である中国南部原産の(金稜辺)の花はニホンミツバチを引き寄せる匂いを出す。 ニホンミツバチの分封を捕獲する時に利用される事もある。 セイヨウミツバチには金稜辺の花の匂いに集まる習性は無い。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京都産業労働局 2013年12月20日閲覧• 147-148. 145• 115-121, 玉川大学ミツバチ科学研究所• 一般社団法人日本養蜂協会. 2014年5月14日閲覧。 独立行政法人国立環境研究所. 2014年5月16日閲覧。 75-76. 、pp. 93-94. 2014年4月18日閲覧。 150• 148-149. Engel, I. Rasnitsyn 2009. PDF. Proceedings of the California Academy of Sciences 60 3 : 23—38. 2014年4月23日閲覧。. 栗林慧; 日高敏隆 2007. ミツバチ. リブリオ出版. 10,20-21. 2009年4月4日, at the. 2007年11月23日, at the. 比較生理生化学 30 2 : 71. 、pp. 41-42• www. tamagawa. 玉川大学. 2020年5月10日閲覧。 公益財団法人体質研究会(2014)、p. Hosamani R. , Sharma S. , Gulati R. , ミツバチ科学 26巻. 4号, p. 163-166 2006-08• 玉川大学ミツバチ科学研究センター• 一般社団法人日本養蜂協会. 2014年5月21日閲覧。 動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室• 前田 太郎: 日本ダニ学会誌 2015年 24巻 1号 p. 9-17, :• 、pp. 122-124. 日本養蜂協会. 2017年1月1日閲覧。 、pp. 74-75. 101-102. 、pp. 76-77. クリスティー・ウィルコックス 『毒々生物の奇妙な進化』(垂水雄二訳、文藝春秋、2017)• 159 参考文献 [ ]• 2010年9月19日 12時45分. 2010年9月27日閲覧。 [ ] -- ニホンミツバチの天敵撃退方法(内の、、)• 藤原誠太(2010) 『だれでも飼える日本ミツバチ』、社団法人農山漁村文化協会()• 松香光夫「II 熱帯およびアジアにおける養蜂」及び「III 昆虫産生物質の生産と利用」『アジアの昆虫資源:資源化と生産物の利用』農林水産省国際農林水産業研究センター編、農林統計協会、1998年、60-124頁。 中村純「」『ミツバチ科学』第19巻第2号、ミツバチ科学研究所、1998年、 73-80頁、 、。 佐々木正己『養蜂の科学』サイエンスハウス〈昆虫利用科学シリーズ 5〉、1994年、159頁。 佐々木正己『ニホンミツバチ:北限のApis cerana』海游社、1999年。 菅原道夫『ミツバチ学』、2005年。 高橋純一「」『ミツバチ科学』第26巻第4号、ミツバチ科学研究所、2005年、 145-152頁、 、。 高橋純一「」『ミツバチ科学』第27巻第1号、玉川大学ミツバチ科学研究所、2006年、 23-32頁、 、。 高橋純一「」『ミツバチ科学』第27巻第2号、玉川大学ミツバチ科学研究所、2007年、 83-92頁、 、。 吉田忠晴『ニホンミツバチの飼育法と生態』玉川大学出版会、2000年。 坂本文夫「」『化学』第69巻第4号、化学同人、2014年、 40-44頁。 公益財団法人体質研究会「」『環境と健康』、vol. 27、No. 4、2014年、10-56頁。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 、、 ()、• ミツバチの罹る病気• () - ミツバチを全滅させかねない ()などの病気の一覧• 、、、、 外部リンク [ ]• - 山田養蜂場• - 日本養蜂協会• - 日本獣医師会.

次の

巣作りカリンちゃん 感想・攻略メモ

巣 作り カリン

大好き• 恋姫シリーズ未プレイ• フルが収録されたサントラがで発売していたけど当然買えるわけもなく…。 再販希望。 プレイ時間は20~25時間くらい。 CGやシーンは未コンプでそこまでやり込んでいないけど、真エンディングが見られたし一旦もういいかなという感じ。 改めてどうだったかを振り返る。 【ゲーム性】 一般的な。 ゲームとして面白いかつまらないかで言うと普通に面白い。 時間泥棒。 これにはの良さがあったと思う。 ドット絵も良い。 難易度は高くないし、戦闘パートも説明を読まずに何となく始めて大体理解できる。 巣作りと違ってユニットが死亡することもない。 ただし、攻略には周回が前提。 ランス10よりも気軽に周回する。 そして周回ゲーなんだけど、周回のうまみというか、面白みがない。 なので、真エンディングを迎えられたらもういいかなってなってしまう。 コンプ欲が湧かないかな。 【キャラ】 全部恋姫のキャラ。 全くやったことが無いので、どこかで見たことあるなーという程度。 調べたら恋姫本編の魏のキャラらしい カリンが。 そして敵として迷宮を攻略してくるのが呉のキャラ。 あれ?蜀は?ってなるけど、一切出てこない。 大人の事情か分からないけど、とにかく出てこない。 キャラはそこまで深掘りされないけど、何となくそのキャラを分かった気になれる。 カリン CV: よりとにかくフウ CV: がよく喋る。 さんの演技は本当に昔からよく聞いてきたし嫌いじゃないんだけど、フウの演技は苦手。 聞いてるのがつらくなった。 その代わりに CV:奏雨 とケイファ CV:みる には癒された。 特にみるさんの演技は久しぶりに聞いたし、やっぱり好きだなぁと再認識。 恋姫本編は分からないけど、お気に入りのキャラは。 戦闘パートでもお世話になった。 「〇〇っす」という口調が最近だとぬきたしのスス子になっちゃうけど、も良きかな。 甘えてくる感じのボイスは最高だった。 【シナリオ】 迷宮を作って侵入者を追い払う戦闘パートとその準備が作品の肝なので、はっきり言ってシナリオは有って無いようなもの。 読み物としてのシナリオは無いと言っていい。 一応、会話パートを進めることで各キャラのエンディングはある。 結局はカリンを復活させるのが全て。 物足りなさはあるけど面白いから、巣作りファンはやっていいと思う。 ただし過度なやり込みには期待しないように。 恋姫ファンたらどうなんだろう。 どれくらい好きかっていうファンの熱量にもよるけど、魏が好きならアリ…なのかな?けど登場するのは魏の一部だしなぁ。 エンディングがあるだけでルートとかないし、キャラの話なんて各ターンの会話パートだけだから、一般的なギャルゲ・エロゲの紙芝居ゲーみたいなのを期待したらダメ。 普段からやみたいなゲーム性重視のゲームをやってる人なら問題なくできると思う。 気になるならまず先に体験版をやろう。 こんな感じで。 巣作りのリュミル CV: と同じ声が今作でモブ役だったのはちょっと面白かったな。 カリンちゃんが終わったらまた巣作りがやりたくなったよ。 あくまで一例として参考程度に。 明確な区切りはなく体感だけど、ゲームは大きく分けて「序盤」「中盤」「終盤」の3フェーズになる。 このゲームの面白さは中盤にある。 序盤は資金難で詰むし、終盤は敵が強くなり過ぎて、迷宮の施設がある程度固定化される&強い部隊ユニットが手に入っても育成できない 既に使い続けてるユニットの方が強い から面白みが減る。 ここら辺は周回を繰り返すことでクリアされるけど、そこまでやるかというと微妙。 逆に中盤はテンポよく進み、迷宮レベルが気持ちよく上がり、残りターンが延長できる。 おそらくこの時が一番面白い。 エンディングは以下の3つ。 戦闘に負けてゲームオーバー バッドEND• 残りのターンが尽きる ターンオーバー• やってみれば分かるけど、とにかく資金が足りない。 金金あんど金。 とりあえず1周目は序盤で終わると思う。 なのでいい感じに引き継げるように進める。 引き継げる要素は• 部隊ユニット• 各ユニットのレベル• 各素材• となる。 逆に引き継げない中で気をつける要素は• 仲間になったリーダーユニット レベルは引き継げる• 迷宮 となる。 以降のリーダーユニットは未加入状態からスタートする。 資金も施設も引き継げないので、ユニットを育てたりを進めたりして資金をなるべく消費した状態で次の周回を迎えた方が良い。 迷宮を拡張した分は初期状態に戻るので引継ぎ前に無理に拡張する必要はない。 進め方としては、まず派遣エリアをLv. 10にする。 10は1つの節目で、リーダーユニットが仲間になったり、次のエリアが解放されるなど、何かしらイベントが起こる。 迷宮レベルを上げることで残りターンが延長されるけど、1周目は敵が強くて詰むからやれることをやる。 森や田舎はLv. 20にしてから迎撃することでミダリとシッポを仲間にするできるので、早めに仲間にしておくべき。 部隊ユニットだから周回で引き継げるし、普通に強い。 最果ての敵が強すぎて無理だった。 敵ランクB~Aを普通に撃退できるくらい。 街道をメインに進めて、王都で惨敗する感じ。 手探りで色々分かってきてるから、好きにやっていく。 ヒロインエンドに向かうもよし、次の周回のための準備をするもよし。 迷宮拡張3回目の10万という出費に耐えられるかどうかで変わってくる。 次の周回に回すなら無理に3回目はやらなくていいと思う。 街道のミンメイやシシュンが強いので、施設やユニット配置の最適化、各ユニットの強化もしておきたい。 入口付近にボス部屋を作る ボスが死にそうならカズトの特技を使用• カズトに強い部隊ユニットを付ける ユニット数が増えるため• 宝物庫前に• 部隊ユニットは対空防御付きを多めに採用 ユニットをある程度育てても敵の方が強くなり、フウの回復特技も1回が重いので、ボスをぶつけて必要に応じてカズトで回復させるようにした。 案外ボスが優秀で、運もあるけど強敵の足止めをしてくれる。 は引き継げるので、以降はボスを最初から建設できるようになる。 ボスの強さはにかかる資金順だと思われる。 これがカリン復活のタイミング。 カリンが復活するとカリンとフウ以外は会話ができなくなる。 一応、フウも真エンディングが用意されているけれど、カリンの真エンディングが本当の終わり。 未達の会話を見れば解放条件が何となくわかるので、それを満たすようにする。 「会話その9」の条件は所持金を50万以上にすること。 この時点では建設も終わっているので金の使い道はユニットの成長とのみ。 王都に派遣して金を貯めていく。 街道も途中で止めていたのでミンメイとシシュンも同じ。 ということで呉のキャラのエンディングが一切見られなかった。 王都以外に派遣すると迷宮評価が落ちるし、経験値が段違いだったから王都しか派遣していなかった。 途中で休憩を挟んで調整したりすれば良かったのかもしれない。 とりあえず見たくない人はスルーで。 他のキャラは会話の最後でエンディングだけど、カリンの最後だけちょっと特殊ですよというお話。 エンディングを迎える、を押すとラスボスと戦えるようになる。 ある程度予想できるけど、やっぱりそうだよねっていう。 全力で迎え撃つことになる。 マジで強い。 宝物庫へ一直線ではなく遠回りしてくれるので、毒にして遠隔攻撃を当てて削っていく。 遠回り中に各部屋でユニットが蹂躙されるけど、最終的に宝物庫前までに倒せればOK。 倒せなくてもエンディングになるけど、倒せたら本当のエンディングを迎える。 ちゃんと試してないけど倒さないと最終評価がSSSにならないかも?とりあえず倒してSSSが取れたので巣作りカリンちゃんおしまい。 4周目にて。 ちょっとキツいからもう一周した方が安定したかな。

次の

ミツバチ

巣 作り カリン

ストーリー [ ] 舞台は中世風の世界。 ある日、エルブワード王国にある大きな山に竜が巣を作り始めた。 竜は周辺の村や町に生贄や金品を要求し、逆らうものには容赦をしないため、王国は騒然となった。 しかしその竜は大きな被害をもたらさなかったため、王国は無駄に刺激をすることもないと静観することにした。 ところが数十年後、突如竜が村や町を攻撃、貢物を要求してきた。 放置できなくなった王国はやむを得ず竜討伐令を発するのだった。 の竜族である ブラッドは、幼い頃から竜族最強最悪の女と呼ばれる リュミスにいじめられ、何度も重傷を負わされてきた。 そこでブラッドは、大きく立派な巣を作り財宝を蓄えてから花嫁を迎えるという竜族の習慣を利用し、巣作りを口実に竜族の村を出る事にした。 ところが出発の前日、行方不明になっているブラッドの許婚 ライアネに代わり、リュミスが許婚になってしまう。 わざと巣作りを遅らせる事で結婚を先延ばしにしようとしたブラッドだったが、業を煮やしたリュミスが勝手に周辺の村や町を攻撃、貢物を要求する。 さらに期限内に立派な巣を作らねば死なすと脅され、ブラッドはやむを得ず巣作りに本腰を入れるのだった。 システム [ ] ゲームの(一応の)目的はリュミスが満足する巣を作る事。 そのためには財宝を蓄え、巣を豪華なものにし、Hのテクニックを磨かねばならない。 また、巣には財宝や竜退治が目的の人間が侵入してくるため、迎撃するモンスターを雇ったり巣に罠を設置したりすることができる。 財宝は村や町を攻撃して貢物として、侵入者を撃退して身ぐるみを剥ぐ、侵入者を捕らえて身代金として得る。 巣は財宝を消費して豪華にし、Hのテクニックは捕虜で練習して磨く。 世界設定 [ ] 竜 数千年前まで大地と空を支配していた超生命体。 不老長寿(外的要因で落命しなかった場合の寿命は数万年)で、戦闘能力は天使や悪魔をも凌駕する。 あまりにも気侭に殺戮と破壊を続け過ぎたため天界・魔界と戦争になり、2000年に及ぶ戦いの末に屈服した。 戦争中にほとんどが殺害され、生き残った竜はわずか15頭だった。 生き延びた竜は人間の姿に変えられて能力を封印され、人間や亜人のパートナーを宛がわれて再び数を増やしたが、戦争中に神によって創造された「竜殺し」の一族や竜殺しの神器を手にした人間によって狩られ、現在の生息数は1000頭にまで減り、男女比は1:16と偏ってしまった。 多くは竜の里で纏まって暮らしているが、ある程度成長した竜は巣作りのため里を離れ独り立ちする。 女性の戦闘力が男性と比較にならないほど強い。 非常に長命であるため、繁殖力が低い。 現代に生きる竜は通常人間の姿で生活しているがこれは仮初の姿であり、人間の姿でいる時の竜を殺害する事は出来ない。 人間の姿でいる時に致命傷を受けると竜本来の姿に戻り、理性を失って本能の赴くまま破壊の限りを尽くす。 この際、記憶喪失になる場合がある。 多くの竜は人間の姿の時は人間並みの力しか発揮出来ないが、強大な力を持つ竜や歳経た竜は人間の姿でも竜としての力を振るうことが出来る。 身体の全ての部位が高級な魔法素材である。 また若返りの秘薬の材料となる竜の男性の精液を胎内に受けた人間・亜人の女性は不老長寿となり、約300年ほど生きる。 古代竜・魔王竜・暗黒竜・火炎竜・水氷竜・地砕竜・烈風竜・雷光竜など、全部で15の種類がいる。 またワイバーンなどの亜竜も存在するが、これら亜竜の能力は竜に遠く及ばず、知性も無い。 竜の結婚 竜は一般的に親同士が決めた許婚と結婚する。 成長した若い竜は結婚の準備のために里を離れ、人間の領域にある山腹等に巣を構える。 巣を大きくしまた相当の蓄財をした後、許婚を迎え入れる。 また性的な事柄に関して秘する習慣のある竜の社会には性教育というものが無いため、若い竜は巣に侵入してきた人間や亜人の女性を捕らえて彼女達を相手にセックスの練習をし、来るべきに備える。 巣が粗末であったり、財産が少なかったり、また性的技巧が未熟だったりした状態で新婦を迎えてしまうと侮辱と看做され、新郎は手酷い制裁を受ける場合がある。 なお竜は女性の数が男性より著しく多いこともあり一夫一婦制ではないが、竜の女性は非常に独占欲が強く嫉妬深いため、妻を上手く手懐けることが出来た夫だけが、2人目以降の妻を持つことが出来る。 竜殺し 竜と天界・魔界の戦争中に、神が創造した特殊な人間。 基本的な戦闘能力が通常の人間より高い上、竜の血統に反応して対峙した竜の能力を封じる特殊能力を持っている。 相手の竜が純血に近いほどその効果は大きい。 「竜殺し」の一族は戦争終結後も竜を殺し続けたため、竜の絶滅を恐れた天界・魔界によって根絶やしにされた。 なお同様に対峙した竜の能力を封印する「竜殺しの剣」という神器が存在するが、「竜殺し」の一族の根絶と同時期にほとんどが天界によって回収されており、魔界では超レアなコレクターズアイテムとして扱われている。 竜騎士 竜がその長い一生の間に、ただ1人の人間にだけ与える称号であり、またその称号を得たパートナーのこと。 唯一、竜の背に乗る資格を持つ者。 数ある騎士位の中でも最高峰であり、人間社会においては並みの王よりも権威がある。 なお巣作り中の竜が竜騎士を迎えた場合、その竜騎士が存命中は結婚を延期することが出来る。 ギュンギュスカー商会 ある吸血鬼が起業した、魔界でも有数の商会。 主な業務の1つに、竜の巣の委託管理がある。 従業員は全員魔族である。 組織体系は軍隊式であり、時給制の下士官・兵と月給制の士官に分かれる。 竜の巣などの派遣先での業務はである連隊長が統括する。 所詮は金で雇われた関係なので、従業員の雇用主に対する忠誠心はほぼ皆無。 社内規則で雇用主と肉体関係を持つことが禁じられている。 また従業員が商会を退職するには、将官に昇進して本社勤務になるか、誰かにしてもらう必要がある。 メイド隊 ギュンギュスカー商会で働いている魔族(吸血鬼の眷属)の少女の集団。 横に伸びた大きな耳が特徴で、全員がお揃いのメイド服を着用している。 全てのメイドが髪色以外全く同じ容姿をしているのは、そういう種族だからである。 本人の意思とは関係なく、村単位でまとめて商会に雇い入れられている。 同族であるせいか、メイド同士の仲は非常に良く和気藹々としている。 男性の精神や精力を吸い取ったり、逆に分け与えたりする能力を持つが、メイド隊の大多数が処女であり能力を上手くコントロール出来ないことが、社内規則「雇用主と肉体関係を持ってはならない」の理由である。 なおブラッドの巣に派遣されてきたメイド隊は、42名全員が士官であり、巣の増改築から侵入者迎撃の指揮、捕虜の管理から家事全般まで、何でもこなす。 なお戦闘指揮メイドのコールサインは「コントロールワン」、偵察メイドのコールサインは「アームワン」である。 魔族 魔界の住人。 様々な種類がいるが、本作には「吸血鬼の眷属」しか登場しない。 酷い味音痴で、魔族が作った料理を食べることは人間にとって拷問に等しい。 獣人 獣の肉体的特長を持つ亜人。 村を築いて定住し、狩猟や耕作によって生計を立てている。 人間から迫害されており関係は険悪なものの、一部には人間と番う者もいる。 エルブワード王国 資源が豊富な以外には何の特徴も無い弱小国家。 隣接するハッサン王国とライトナ王国との間の紛争に巻き込まれ、危機的状況にある。 数十年前から、北の山に竜が住み着いている。 メインキャラクター [ ] ブラッド・ライン 主人公。 竜社会の上層部によって先祖代々計画的に行われてきた交配によって生み出された雑種で、竜の中では最弱の部類だが魔王竜・暗黒竜・火炎竜・水氷竜・地砕竜・烈風竜・雷光竜の血を受け継いでいるため、これら複数の種類の力を使うことが出来る。 元は暗黒竜に連なる一族の出身。 竜化した際の姿は、5本の角とくすんだ金色の鱗を持つ。 混血のため上手く力が制御できず、竜族では落ちこぼれである。 本人もそのことについては自覚しており、たまに自虐的なモノローグが入る。 小さい頃からリュミスの暴力には散々な目に遭わされ何度も死にそうになる事(何度かのうち2回は本当に生死の境をさまっよたらしく、半年ほどベッドから出られなかったらしい。 )もあったらしく、習性を利用して竜の里を出る頃には内心ホッとしていたらしい節がある。 リュミスを恐れてはいるが別に嫌いというわけではなく、逆に竜族で一番強くプライドの高いリュミスのことを憧れ目標にしたいとも思っているようである。 竜の巣は最高位の攻撃魔法でも崩れない設計になっているが竜の力には耐えられないため、ある程度の額の財産を貯めて修繕費が苦にならないようになるまで、ギュンギュスカー商会の意向で戦闘への参加を止められている。 なお、戦闘の際は絶対に死なないが彼が戦闘するたびに巣が壊れるために戦闘終了後に修理代が差し引かれていく。 「」にゲスト出演している。 リュミスベルン(:) 愛称はリュミス。 ライアネと共に現代に残ったただ2頭の純血の古代竜で、竜族最強の女。 基本的に我侭であり自分の思い通りにいかない場合は実力を持って行動する。 またブラッドの巣にいるギュンギュスカー商会のクーやメイド隊を買収しており、ブラッドが滞りなく結婚式を迎えられるように面倒を見ろと言い付けている。 幼い頃からブラッドに好意を抱いていたものの、姉妹同然の親友ライアネがブラッドの許婚となっていたため言い出せず、人知れず悩んでいた。 竜社会の上層部が混血種の有益性に疑問を持ちブラッドの抹殺を謀った際には、ブラッドを守るため計画に加わった長老らを殺害した。 晴れてブラッドと結婚した後は照れ隠しの傍若無人な態度も何処へやら、夫に甘えまくる新婚生活を満喫している。 なお実弟マイトはブラッドの親友でもある。 キャラとして非常に人気が高いキャラであるのだが、このことはスタッフにとって想定外であった。 それどころかヒロインとすら思っていなかったため、パッケージイラストにはリュミスが描かれていない。 しかし彼女のみEDが2つ存在する。 ユメ・サイオン(声:) 麓の獣人の村から貢物と共に差し出された、人間と獣人の混血の娘。 人間の方の祖先は「竜殺し」の一族でありその力を受け継いでいる。 獣人と交わっていたため、「竜殺し」根絶作戦の際にサイオンの一族は天界・魔界のチェックから漏れていたらしい。 また家伝の物かは不明だが「竜殺しの剣」を所有している。 村に複数の妹を残して来ている。 祖先は「サイオンジ」と名乗っていたが、年月を経て訛り「サイオン」になった。 どうせ死ぬならせめて一矢報いようとブラッドに挑むが、ブラッドが雑種であり「竜殺し」の影響が小さかったことと、ユメ自身が戦闘向きではない服装をしていたため、ブラッドに全治数ヶ月の傷を負わせたものの返り討ちに遭い捕らえられた。 家事能力が非常に高く、ブラッドに恭順した後は主に料理番を務めて巣内の食事状況を大いに改善した。 おっとりした性格ではあるが、「犬系?猫系?」と聞いてきたメイドを笑顔で威圧したり、料理を習いに来たメイドに槍を渡して狩りを命じるなど、難儀な面も持っている。 雇用主であるブラッドの身内扱いなので、ギュンギュスカー商会の面々からは「ユメ様」と呼ばれている。 当然ながら竜殺しの力が最大限に発揮される純血ドラゴンであるリュミスとの相性は最悪で、「竜殺しの剣」を装備した時の戦闘力がリュミスを上回る事がより険悪度に拍車をかけている。 後にブラッドを愛するようになり、彼女のENDでは、許婚であるリュミスを殺害、もしくは脅迫して妻の座を手にし、300年ほどの間ブラッドと暮らしてモミジという名の1女をもうけた。 モミジは竜でありながら「竜殺し」の力も受け継いでいるという反則的なハイブリッドであり、モミジとその子孫によって近い将来再び竜が隆盛を極めるのではないかと期待されている。 オオカミとタイガーの混血獣人で種類としては「オオガー」系。 同メーカーの作品「王賊」のネイ曰く「オオガー族はエリート」らしい。 「」「」にゲスト出演している。 フェイ・ルランジェル・ヘルトン(声:) かつてエルブワード王国第一王女付近衛騎士だったプロマイヤー・ヘルトン(ギリウム氏)を父に持つ女剣士。 父が軍務中に重大な規律違反を犯したことからギリウム氏は騎士位を剥奪され家名も断絶となっているため、フェイ自身は無位無官である。 父が遺した近衛騎士の装備、特に魔法剣を何よりも大切にしている。 街が竜に襲われるのを見て討伐に立ち上がり、竜を倒し騎士の称号を得て家名を再興することを目標としている。 勇んでブラッドの巣に侵入したものの、剣の効かないモンスターを前に動揺し準備をして来ていたにも関わらず対処を誤り、捕らえられてしまった。 ブラッドに篭絡されて忠誠を誓い、雇われモンスター達と共に巣の防衛を担った。 巣にいる魔族やモンスターにすんなり馴染むなど、意外に適応力が高い。 凛とした剣士風ではあるが乙女らしさも持っており、ブラッドのシャツを抱き締めてうっとりしているところをメイドに目撃され、絶滅危惧種扱いされた。 雇用主であるブラッドの身内扱いなので、ギュンギュスカー商会の面々からは「フェイ様」と呼ばれている。 彼女の単独ENDでは、後にその忠勤の褒美としてブラッドによって「竜騎士」に叙され、300年に渡ってエルブワード王国を守護した。 またのスタッフによる同人サークル「珠手箱」発行の原画集や設定資料集などに掲載されている後日談漫画(著:きくぢん)では、ブラッドとの間にラミネという名の1人娘をもうけている。 高い戦闘力と「必殺斬り」を持つ、初心者プレイヤーが最初にぶちあたる壁(特定の行動を起こさないと出現しないため、一週目はそこを逆手に取ることで安全に進めることも出来る)。 なお彼女は部下としては絶対に死なないように設定されており、ステータスは以降の周回プレイに引き継ぐことが出来る。 リ・ルクル・エルブワード(声:) 愛称はルクル。 エルブワード王国第一王女。 隣接するハッサン王国・ライトナ王国が領土内に住み着いた竜を恐れて侵攻を見合わせていることで何とか自国が独立を維持出来ている現状を鑑み、竜を討伐したがっている父王を翻意させようと苦心している。 性格は気の強いお姫様でありツンデレであるが、部下に対しては横柄な態度などはとらず国を良くしようと協力しているため家臣からの人望が厚い。 度々侵入してくるエルブワード軍に辟易したブラッドらが、貴族の娘を誘拐して脅迫し軍の出動規模を縮小させようとの思い付きでエルブワード城を襲ったところ、捕獲用に雇った触手モンスターが城に居た女性を手当たり次第に攫ってしまい、その中に紛れ込んでいたルクルは巣に連れ去られてしまう。 ブラッドに処女を奪われて篭絡され、王国内における竜討伐反対派として引き続き活動することを命じられて解放されるが、ブラッドとのセックスを目当てにその後も度々巣を訪れるようになる。 言動や容貌、雰囲気がリュミスに似ているため、メイド隊から怖がられている。 彼女のENDでは、後に王妃と王女の命を材料にライトナ王国と取引をした父王によって処刑されそうになるが、ブラッドに唆されてクーデターを起こし電撃的に王国全土を掌握し、女王の座に就く。 更にブラッドの協力を得てハッサン王国・ライトナ王国を征服し、エルブワード王国を大陸最大の強国に伸し上げた。 ブラッドの正体を偽って夫に迎え幸せに暮らしているが、国務が忙しくてなかなか夫の相手が出来ないことと、夫が滅ぼした王国の王女達を巣に囲っているのが不満。 ブラッドと遺伝的な相性が良いらしく、子供を「ポコポコ生んで」いる。 のスタッフによる同人サークル「珠手箱」発行の原画集や設定資料集などに掲載されている後日談漫画(著:きくぢん)では、娘達の内2人の名は、クリスとラティアである。 なお直衛の騎士であったフェイの父プロマイヤーのことをとても信頼していた。 クー(声:) ブラッドの巣に派遣されて来ているギュンギュスカー商会の指揮官。 階級は大佐で、役職は連隊長。 赤い髪の毛をにし、常に執事の服をまとっている。 性格は明るく思ったことはすぐに口に出す。 魔法で空を飛ぶことが出来、ブラッドが近隣の街や村を襲う際には必ず同行しているが、これはブラッドの身を心配したリュミスによって同行するよう依頼されているためである。 料理が苦手な魔族の中でも特に料理下手で、その手料理は毒をも美味しく頂く魔族のメイドをたった一口で卒倒させるほどである。 カラオケが好きなようでマイクを握ると離さない。 ブラッドのことを「ご主人様」と呼ぶが雇われ人であるため忠誠心は低く、メイド隊同様リュミスに買収されておりブラッドよりも彼女の命令を優先する。 曰く「お金を払ってくれる人は全て私のご主人様です」。 非常に頭がよく、時にブラッドののような役割を務める。 ブラッドが商品をあまり買ってくれないため営業の成績が下がったらしい。 そのため、よくブラッドに商品を薦める。 である事にコンプレックスがあるため露出の多い服装は苦手で、また着替え中など体を見られることを極端に嫌う。 単独ENDでは後にブラッドと肉体関係を持ってしまい、性欲に溺れながらも社内規則を気にして「お仕置き」という体裁をとって関係を続けている。 また別のエピローグでは、メイド隊と共に連隊丸ごとブラッドに身請され、乱交三昧の日々を送っている。 「」にゲスト出演している。 ドゥエルナ(声:) 竜殺しとして名高い女魔導師。 竜社会にとって最も危険な人間であり、各竜の元には発見し次第即座に殺すように求める手配書が回されている。 竜を殺すのは魔術の材料になるためである。 しかし、実際は自分でもわかっていないがなぜか竜に対して強い恨みを心の中に持っていることが原因で竜を標的にする。 今回たまたま近くにいるブラッドが狙われる。 フェイの次にそびえる壁。 正体はリュミスと共に現代に残ったただ2頭の純血の古代竜、失踪中のブラッドの元許婚 ライアネである。 ブラッドと姉リュミスを娶わせようとしたマイトによって致命傷を負わされたことで理性を失い竜化して里を飛び出し、以来竜としての記憶を失い竜を殺し続けていた。 ブラッドを元許婚と知らずに狙って巣へ侵入して捕らえられ、ベッドに拘束され犯されている最中に記憶を取り戻した。 単独ENDではその後は一旦竜の里に戻ったが、ライアネが戻ったことでブラッドとリュミスの許婚が解消されたため、ブラッドと結婚した。 元々放浪癖があったことから結婚後も巣には定住せずに人間の冒険者として生活を続け、夫を振り回している。 リュベルマイト(声:) 愛称はマイト。 ブラッドの親友であり、リュミスの実弟。 竜の男性の中では最強を誇るが、女性と比べるとその強さは霞んでしまう。 ブラッドと同じく巣作り中であるが、たびたびブラッドの巣へと顔を出しに来る。 許婚の人物像は不明だが、ブラッドがマイトの許婚を思い浮かべて微妙な表情をしていることから、その一端が伺える。 許婚のいるブラッドを思い続ける姉リュミスを見かねて、彼女のために「竜殺しの剣」を持ち出してブラッドの許婚ライアネの殺害を謀った。 人間の姿のライアネに致命傷を与えることは出来たものの、理性を失い竜化して暴れるライアネによって自身も致命傷を負わされ、竜化して暴れている内にライアネを取り逃がしてしまった。 ブラッドがドゥエルナを捕獲してライアネの記憶を呼び覚まさせないと、彼女の標的に選ばれ殺害されるという末路を辿る。 であり、リュミスのことを姉以上に思っている節もある。 結婚式コマンドで「誰も選ばない」を選ぶと、彼との友情エンドになる。 リュミスの弟ということでマイトも純血の古代竜だが、マイト以外に古代竜のオスは1頭しか残っていないことがで明かされた。 サブキャラクター [ ] ティエ以外は専用ルートは無し。 ティエ・テイカー(声:) ブラッドの巣に派遣されて来ているギュンギュスカー商会メイド隊の一員。 髪色は緑。 万能な士官であるため様々な仕事をこなしているが、ブラッドのセックス練習の監視や相手となる捕虜の管理をしている事が多い。 吸血鬼の能力を用い、危険なまでに性欲が肥大しつつあるブラッドの精神を吸収して治めようとしたが失敗し、暴走したブラッドに襲われ処女を奪われてしまった。 その後も上司のクーに気付かれぬように、密かに関係を続けている。 ブラッドの食事の給仕をする際、「この料理は食べにくいので手伝います」と言うのが、「今夜寝室へ忍び込みます」という意味の合図となっている。 エーファ・ライズマン(声:) ブラッドの巣に侵入して捕らえられ、となった女剣士。 大剣を使う。 ツンデレの気がある。 巣周辺の偵察から巣の防衛を担う竜戦士として世に知られ、ブラッドとの間に3児をもうけた。 子供達は3人共長じて優れた剣士となり名を残す。 マイム・マイストロン(声:) ブラッドの巣に侵入して捕らえられ、妾となった女僧侶。 最初は抵抗するものの性行為の快楽に溺れることになる。 巣内の治療要員として活躍し、ブラッドとの間に2児をもうけた。 子供達はエルブワード王国に貢献し、王国の歴史に名を残す。 ラル・グレー(声:) ブラッドの巣に侵入して捕らえられ、妾となった女軍人(エルブワード王国騎士)。 これもツンデレの気がある。 解放された後にブラッドの子を生み、再び巣に戻って防衛を担った。 息子は戦士として名を残す。 サブキャラとしては最もHシーンを見るのが難しい。 リオ・ハレイン(声:) ブラッドの巣に侵入して捕らえられ、妾となった女盗賊。 エルブワード王国首都の盗賊組合長の娘。 40代の頃に父親から組合長の地位を簒奪し、以降100歳頃までエルブワード王国の裏社会で活躍して伝説となった。 ブラッドとの間に3児をもうけた。 幼い頃スライムに襲われアナルをいじられた事がトラウマになっている。 セピア・クリッド(声:) ブラッドの巣に生け贄として送られ、妾となった村娘。 生け贄としてやってきた素朴で従順な生娘だったが、人を纏める才能があり、巣の生贄達のリーダー格となった。 後に巣の近くに生贄とその子供達の住まう村を築き、交渉のみで村を外敵から守り通した。 ブラッドとの間に7児をもうけ、内1人は竜の血を色濃く受け継いでおり竜の姿に変身することが出来た。 マーガレット・ベオルフ(声:) ブラッドの巣に生け贄として送られ、妾となった貴族娘。 実家が没落して商家へ嫁いだものの夫は爵位目当てであったため、息子が生まれるとすぐさま竜への生贄として差し出されてしまった。 後にブラッドの命を受けたクーとメイド隊によって助け出された息子と共に、麓にある獣人の村(ユメの故郷)に匿われ、人間と獣人の間の関係改善に寄与した。 ブラッドとの間に竜の血を色濃く受け継いだ娘を1人もうけた。 作中唯一の子持ち女性であり、搾乳シーンがある。 ロベルト・カーロン(声:) エルブワード王国第一王女付近衛隊の兵士。 ルクルに仕えて15年になるベテランで、実質的に彼女の側近である。 ルクル個人に対する忠誠心が極めて強く、彼女の身を常に案じているが、いささか思い込みが激しいところがあり、この辺りは本編ではなくおまけの方で見ることが出来る。 同僚に ジョルジュ・ブラストマイアがいる。 2007年7月に行われたメーカー公式の第7回人気投票において、第6位という堂々たる記録を打ち立てた。 さらに2010年の「帰ってきた人気投票 ~意識調査編~」では、第4位にまで躍進している。 主題歌 [ ] 「」 作詞・作曲・歌唱: コーラス: 漫画『ガンジェット・ブラックナイト』 [ ] ソフトハウスキャラのHPで描かれた作品。 ブラッドが巣を作る以前に、別の巣でのある物語。 なおフェイが最後のページで登場している。 ガンジェット 主人公。 タイル通りに黒い鎧で装備を固めている。 大英雄と言われるほどの実力者だが、金銭面ではだらしがない。 ホーンちゃん ガンジェットが一目惚れした軍服を着た女性のモンスター。 見た目は人だが腕は白骨化している、死んでも復活する「不死身」スキルを習得できるアンデッド系モンスターである。 劇中で名前は明かされなかった。 メルティナ ガンジェットとパーティーを組む女性。 ランバート ガンジェットとパーティーを組む男性。 過去2回カミさんに逃げられている。 ノベライズ [ ]• ソフトハウスキャラ 原作\甲斐正一 著『巣作りドラゴン』(、2004年) 原画・佐々木珠流 備考 [ ] ソフトハウスキャラの8作目の。 発売前に配布されたで高い前評判を得て発売。 それまでの作品よりはるかに売れた。 後にスタッフは「これが売れなければもう会社を畳む気だった」と発言しているが、「より開発期間が短いこれがどうして大ヒットしたのかが不思議だ」とも発言している。 2019年に「」とのコラボブランド「KarinProject」から『巣作りカリンちゃん -巣作りドラゴン同梱版-』が発売。 外部リンク [ ]•

次の