着物 マンガ。 初心者さん必読!

初心者さん必読!

着物 マンガ

時代劇マンガの描き方 男女の着物 『夢酔独言』のマンガをすでに約1300ページ描いている私・はやおきですが、いわゆる「時代劇マンガの描き方」というのを勉強したことがありません。 今年の夏に一念発起それ系の参考書を買いましたが、袋に入れたまま、放置していました。 しかし、いよいよマンガも完結し、清書を始めなければ2023年の生誕200周年に間に合いません。 そこで…。 私が「時代劇マンガの描き方」を勉強し、同じく時代劇マンガを描きたい皆様にレクチャーします! なぜレクチャーまでするのかと言うと、人に教えるには、それ以上に自分が理解できていることが必要だから!こいつはメチャ理解できるぞやっほー!ということです。 第一回は「男女の着物」! 一冊の本ちょろっと見るだけでもだいぶ要素があったので、袴とか羽織とか帯とかもやりたかったんですが、今回はざっくり「着物」について解説します。 明治中期以降の着物を描きたい方は注意です!• ・基本形 男女ともに帯の位置は低く! 男の着物のポイントは、帯が腰の上でなく、腰あたりということです。 思ってるよりちょっと下めの方が江戸っぽい。 あと、洋服とは袖部分の柄の出方が違うのも注意。 江戸時代は、女の人も今より帯低めなイメージ。 襟もめっちゃ開いてる。 ・着物の構造 袖の付け位置は、洋服よりも腕側へ下がる。 襟が身頃に対してナナメに付いているから、ストライプが並行にならない。 肩の位置に縫い目はこない。 今回本を見てはじめて分かったのは、 前のあわせが、腰の真横あたりまであるということ。 前から合わせめが見えないくらい。 ・袖 袖の描き方は前々から怪しかったので、頑張って理解しようとしました。 何回も描いていけば、そのうち習得できるはず。 写真見て思ったんですが、リアルタイムの着物は図解よりハリ(厚み?)があります。 なので、着られてる感が結構ある。 女性の襟元は現代よりずっと開いてます。 男性の襟は肩でなく、首に沿うように。 逆に女は沿わさずに、ふわっと立ててる感じです。 襟の幅は思ったよりずっと太いです。 肩幅の半分ぐらいあるんじゃないの?と思うぐらい。 裾のはしょり方も、今日覚えました。 今回は、ここまで。 これで、今後のマンガ『夢酔独言』も、よりいい感じになるはず! 袴とか羽織、刀の差し方、日本髪も、あらためて勉強する所存です。 参考文献:『着物の描き方』 摩耶薫子 『新版 写真で見る幕末・明治』 小沢健志 『童謡 妙々車』 柳下亭種員作 国貞画 モデル:小吉と信 hayaoki6.

次の

着物の漫画教えて下さい

着物 マンガ

主人公の女の子・モモは祖母の形見の着物に魅了され、四季折々の模様が描かれた着物を着て出かけるのが趣味。 着物で出かけた先で一目惚れした男性や、日本文化が大好きなイタリア人からのアプローチ…など初々しくてキュンとする恋愛もあり…。 大好きな着物を通して恋愛、仕事、趣味・・・と様々なことを経験して大人の女性になっていく姿が描かれています。 主人公・モモは大阪在住の普通のOL 主人公は20代のOL、モモちゃん。 大阪で家族と暮らしている、平凡な女性です。 着物を着る人といえば、年配の人か茶道や日本舞踊をする人・・・なんてイメージを持つ方も多いですよね。 しかし、 モモちゃんは一般の企業で働き、週末だけ着物を楽しむという、イマドキの「着物女子」。 やがて着物店の店主に出会い、着物店に転職するのですが、「好きなことを仕事にしたい」と着物業界へ飛び込んだり…。 着物女子には「あるある」で共感できる人も多いのではないでしょうか。 でも、普段の生活に取り入れる人はなかなか増えないですよね。 着物を着てもどこへ行ったらいいかわからない• 着物を着ると「老けて」見えそう• 着物を揃えるのはお金がかかりそう 「着物に興味はあるけど…」という女性の多くから、このような話を聞きます。 しかし、モモちゃんは一人で着物姿で人気の喫茶店へ行ったり、友達と出かける時に着物を着たりしています。 また、 亡くなったおばあさんの着物を受け継いで着ているため、若いOLさんでも無理な出費もなく着物を楽しんでいる様子がわかります。 今、SNSで着物姿をたくさんアップしている着物女子の人たちも、最初はお母さんやおばあさんのお下がりの着物ばかり着ていたという人が多いです。 そして、着物を好きになるとカフェやショッピングなど「特別なイベント」でなくても着物を着て出かけるように…。 まさに、現代の「着物女子」がそのまま描かれているのです。 作者の山崎零さんご自身も「着物女子」 このマンガの作者である山崎零(ぜろ)さんも、着物を愛用する「着物女子」。 それゆえ、着物を着るときの所作なども丁寧に描かれています。 着物に詳しくない人が作品中に着物姿の人を描くと「こんな時にこんな着物は着ないよね…」とツッコミたくなることもありますが、• 季節に応じて素材や模様を選ぶ• 長襦袢やインナー類も細かいところまで忠実に描かれている など、実際に着物を着ている人だからこそわかるリアルな着物を見ることができ、山崎さんの「着物愛」が伝わってきます。 そのため着物や帯をそれぞれ単体で見ると古風でシックなものも多いです。 ともすれば地味に見えてしまうと不安になりますが。。。 モモちゃんは帯締め代わりに洋服用のベルトを使ったり、帽子をかぶったり。 普段着だからこそできるアレンジを加えて、古いものを「古臭く見せない」コーディネートが魅力です。 古着の着物でリーズナブルに着物を楽しみたいという初心者さんは特にコーデの参考になるはずです。 SNSで人気の「着物系インフルエンサー」がコーデ監修していることでも話題 毎回ガーリーでおしゃれな着物コーデには秘密があります。 それは、着物スタイリストさんや着物店の店主さんなど、着物のプロがスタイリングを監修しているのです!• 着物雑誌でも活躍されているコバヤシクミさん• 着付け講師で「TSUBAKIAN」というブランドも展開されているモリタマミさん• 古着きもの店店主でYouTubeでの着物&メイク動画も人気のうさぎ小町さん などなど、SNSでも人気の「着物系インフルエンサー」の面々!! どなたも色使いや小物使い、どれを取ってもセンス抜群の方々なので、モモちゃんのコーデがかわいいのもうなずけます。 『恋せよキモノ乙女』は、 1話ごとに実際に存在する場所が登場します。 実際の観光スポットへ行くという設定の良いところは、TPOを踏まえた着物コーデが見られるのもポイントです! (和歌山の海へ行くなら帽子と合わせてカジュアルに…など) マンガの真似をして観光プランを立ててみるのも楽しそうですね。 2020年春、『きもの展』(東京国立博物館)と『恋せよキモノ乙女』がコラボ決定! 作品の人気と知名度はどんどん高まっていて、2020年春に東京で開催される『きもの展』とのコラボも決定しています。 恋せよキモノ乙女5巻の帯でお知らせがありました。 織田信長や豊臣秀吉、篤姫など歴史上の人物が着たとされる着物から、現代のデザイナーの作品までが勢揃いするとのこと。 詳細の発表はまだのようですが、会場へ行くモモちゃんが見られたりするのかもしれませんね。 会期は予定です。 最新情報は公式サイトでご確認ください 2020年、作者・山崎零さんデザインの浴衣が発売! また、阪急百貨店では作者の山崎零さんデザインの浴衣が発売されます。

次の

時代劇マンガの描き方 男女の着物

着物 マンガ

主人公の女の子・モモは祖母の形見の着物に魅了され、四季折々の模様が描かれた着物を着て出かけるのが趣味。 着物で出かけた先で一目惚れした男性や、日本文化が大好きなイタリア人からのアプローチ…など初々しくてキュンとする恋愛もあり…。 大好きな着物を通して恋愛、仕事、趣味・・・と様々なことを経験して大人の女性になっていく姿が描かれています。 主人公・モモは大阪在住の普通のOL 主人公は20代のOL、モモちゃん。 大阪で家族と暮らしている、平凡な女性です。 着物を着る人といえば、年配の人か茶道や日本舞踊をする人・・・なんてイメージを持つ方も多いですよね。 しかし、 モモちゃんは一般の企業で働き、週末だけ着物を楽しむという、イマドキの「着物女子」。 やがて着物店の店主に出会い、着物店に転職するのですが、「好きなことを仕事にしたい」と着物業界へ飛び込んだり…。 着物女子には「あるある」で共感できる人も多いのではないでしょうか。 でも、普段の生活に取り入れる人はなかなか増えないですよね。 着物を着てもどこへ行ったらいいかわからない• 着物を着ると「老けて」見えそう• 着物を揃えるのはお金がかかりそう 「着物に興味はあるけど…」という女性の多くから、このような話を聞きます。 しかし、モモちゃんは一人で着物姿で人気の喫茶店へ行ったり、友達と出かける時に着物を着たりしています。 また、 亡くなったおばあさんの着物を受け継いで着ているため、若いOLさんでも無理な出費もなく着物を楽しんでいる様子がわかります。 今、SNSで着物姿をたくさんアップしている着物女子の人たちも、最初はお母さんやおばあさんのお下がりの着物ばかり着ていたという人が多いです。 そして、着物を好きになるとカフェやショッピングなど「特別なイベント」でなくても着物を着て出かけるように…。 まさに、現代の「着物女子」がそのまま描かれているのです。 作者の山崎零さんご自身も「着物女子」 このマンガの作者である山崎零(ぜろ)さんも、着物を愛用する「着物女子」。 それゆえ、着物を着るときの所作なども丁寧に描かれています。 着物に詳しくない人が作品中に着物姿の人を描くと「こんな時にこんな着物は着ないよね…」とツッコミたくなることもありますが、• 季節に応じて素材や模様を選ぶ• 長襦袢やインナー類も細かいところまで忠実に描かれている など、実際に着物を着ている人だからこそわかるリアルな着物を見ることができ、山崎さんの「着物愛」が伝わってきます。 そのため着物や帯をそれぞれ単体で見ると古風でシックなものも多いです。 ともすれば地味に見えてしまうと不安になりますが。。。 モモちゃんは帯締め代わりに洋服用のベルトを使ったり、帽子をかぶったり。 普段着だからこそできるアレンジを加えて、古いものを「古臭く見せない」コーディネートが魅力です。 古着の着物でリーズナブルに着物を楽しみたいという初心者さんは特にコーデの参考になるはずです。 SNSで人気の「着物系インフルエンサー」がコーデ監修していることでも話題 毎回ガーリーでおしゃれな着物コーデには秘密があります。 それは、着物スタイリストさんや着物店の店主さんなど、着物のプロがスタイリングを監修しているのです!• 着物雑誌でも活躍されているコバヤシクミさん• 着付け講師で「TSUBAKIAN」というブランドも展開されているモリタマミさん• 古着きもの店店主でYouTubeでの着物&メイク動画も人気のうさぎ小町さん などなど、SNSでも人気の「着物系インフルエンサー」の面々!! どなたも色使いや小物使い、どれを取ってもセンス抜群の方々なので、モモちゃんのコーデがかわいいのもうなずけます。 『恋せよキモノ乙女』は、 1話ごとに実際に存在する場所が登場します。 実際の観光スポットへ行くという設定の良いところは、TPOを踏まえた着物コーデが見られるのもポイントです! (和歌山の海へ行くなら帽子と合わせてカジュアルに…など) マンガの真似をして観光プランを立ててみるのも楽しそうですね。 2020年春、『きもの展』(東京国立博物館)と『恋せよキモノ乙女』がコラボ決定! 作品の人気と知名度はどんどん高まっていて、2020年春に東京で開催される『きもの展』とのコラボも決定しています。 恋せよキモノ乙女5巻の帯でお知らせがありました。 織田信長や豊臣秀吉、篤姫など歴史上の人物が着たとされる着物から、現代のデザイナーの作品までが勢揃いするとのこと。 詳細の発表はまだのようですが、会場へ行くモモちゃんが見られたりするのかもしれませんね。 会期は予定です。 最新情報は公式サイトでご確認ください 2020年、作者・山崎零さんデザインの浴衣が発売! また、阪急百貨店では作者の山崎零さんデザインの浴衣が発売されます。

次の