モンハン ワールド アイス ボーン ライト ボウガン。 【MHWアイスボーン】ライトボウガン・回避装填がかっこいい。それだけの理由で回避装填つけてます(動画付き)『しろのモンハンワールドブログ』

【モンハンワールド:アイスボーン】ライトボウガンおすすめ防具・スキルまとめ

モンハン ワールド アイス ボーン ライト ボウガン

ライトボウガンの回避装填がかっこいいんです MHWからボウガンにカスタマイズという機能が追加されました。 以前のモンハンではスキルで追加していた反動などをパーツでカスタマイズできるようにしたものです。 そんでアイスボーンのボウガンにはさらに新しくパーツが追加されています。 ボウガンはメイン武器では無いので適当に選んでいましたが、今回いろいろ試してみたところ回避装填が目に留まりました。 ライトボウガン・回避装填のやり方 ライトボウガン固有のスライディング発生時、回避装填パーツをつけていると回避装填パーツ数に応じた弾数がリロードされます。 やり方は2通り。 右左に避けつつの攻撃は弓でチャージステップしてるのと同じ様な感じです。 回避装填の注意点 地形によって装填されない 段差や狭いエリアでは地形に邪魔されスライディングできない時がある。 調子に乗ってステップしているとスタミナ切れを起こす。 回避装填を多めに使いたい場合、ステップ・スライディングのスタミナ消費を減らす体術、スタミナ回復を早めるスタミナ急速回復を少し積んだ方が良いかもしれません。 狩猟笛さんがいればスタミナ旋律を吹いて欲しいところ。 スタミナ管理ができればどんな弾でもすぐ装填でき使っていてかっこいいのでお気に入りです。

次の

【MHWI】超高火力雷ライトボウガン・ストームスリンガーのビルドが組めたので紹介します!!【モンハンワールド:アイスボーン】

モンハン ワールド アイス ボーン ライト ボウガン

抜刀中に + 押し込み 派生コンボ 1. L2+R2でスリンガー発射に派生 2. 抜刀スリンガー照準中は「クラッチクロー」やスリンガーの弾を発射でき、再度ボタンを押すと照準モードに切り替わります。 装備強化でパーツの装備枠が増える NEW アイスボーンの素材で武器を強化させることで強化パーツの装備枠を増やすことが可能です。 ライトボウガンはレア度10以上の武器で4枠目が解放されます。 複数装備で装填数も1発ずつ増える。 起爆竜弾・改造パーツ 「起爆竜弾」が前方へ射出する「反撃竜弾」に変化。 持続性は短いが、衝撃に反応して爆発する。 モンスターの攻撃で爆発した場合、その威力が高いほどダメージも上昇。 弾丸重化パーツ ライト・ヘビィ共通 貫通ダメージを与えやすくなり、気絶や滅気の効果が高くなります。 弾速強化と併用、複数装着はできません。 弾速強化パーツ ライト・ヘビィ共通 弾速を強化することによって、射程や適性距離が延びます。 弾丸重化と併用、複数装着はできません。 ライトボウガンの立ち回りと使い方 速射のシステムを理解しよう 「ライトボウガン」には、専用のシステムとして速射が存在します。 一度の発射で3発以上の弾を連発することができ、通常の発射に比べ1発あたりの威力や状態異常値は低下しますが、全弾命中時では通常発射時を上回るものとなります。 また、速射は通常射撃よりも反動が大きく、撃ち終わるまで時間を要しますが、弾の消費は1発で済みます。 爆弾は3発まで連続で使用でき、発射後は約1分経過するごとに1発ずつ再使用可能になります。 また、この爆弾は 地面に撃ち込むだけでは起爆せず、ハンターやモンスターの攻撃が爆弾に接触することで爆発が発生します。 そのため、スキが大きい時に地面に設置するのがおすすめです。 反動を理解して立ち回ろう 「ライトボウガン」は、 反動が中以下の弾であれば、移動速度を落とさずに発射することができます。 そのため、中以下の弾でモンスターの側面に回り込みながら発射するのが基本的な立ち回りです。 発射後にターゲットが自分の場合は、ステップや滑り込み回避を利用して攻撃を避けましょう。 反動が大以上の弾や、リロードが「やや遅い」といった弾をリロードする際は足が止まるため、使用する際はモンスターのスキに合わせて発射するようにしましょう。 ダウン後はすかさず上記の「起爆竜弾」を頭部付近に設置し。 大ダメージを与えていきます。 この攻撃は打撃属性となっているため、高威力かつ気絶値・減気値を蓄積させられます。 使い方としては、上記の「起爆竜弾」を設置後に、近接攻撃で起爆するのがおすすめです。 抜刀中に + 押し込み 派生コンボ 1. L2+R2でスリンガー発射に派生 2. 抜刀スリンガー照準中は「クラッチクロー」やスリンガーの弾を発射でき、再度ボタンを押すと照準モードに切り替わります。 装備強化でパーツの装備枠が増える アイスボーンの素材で武器を強化させることで強化パーツの装備枠を増やすことができるようになりました。 なので、今まで付けていた「反動抑制パーツ」などに加えて更にパーツを追加できるということですね。 追加されるパーツは以下の通りです。 パーツ名 効果 回避装填パーツ 滑り込み回避時に弾を装填できる「回避装填」が使えるようになる。 起爆竜弾・改造パーツ 「起爆竜弾」が前方へ射出する「反撃竜弾」に変化します。 弾丸重化パーツ ライト・ヘビィ共通 貫通ダメージを与えやすくなり、気絶や滅気の効果が高くなります。 弾速強化と併用、複数装着はできません。 弾速強化パーツ ライト・ヘビィ共通 弾速を強化することによって、射程や適性距離が延びます。 弾丸重化と併用、複数装着はできません。 その他の新アクション・モーション 全武器の新アクション・操作方法 ライト.

次の

【MHWアイスボーン】ライトボウガンは下手に物理弾撃つよりも脳死徹甲のほうが早く狩れちゃうという悲しみ【モンハンワールドアイスボーン】

モンハン ワールド アイス ボーン ライト ボウガン

臨界ブラキ採用の徹甲ライト装備 部位 防具名 スロット 武器• 部位 作成に必要な素材 頭• 武器の覚醒能力は攻撃力強化に全振りし、パーツは反動抑制と回避装填を2個ずつセットしましょう。 挑戦者と砲術の上限解放が同時に実現でき、他火力スキルやKO術により火力が大幅に上昇しました。 ムフェト用ライトのおすすめ装備 水速射ライト構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 部位 作成に必要な素材 頭• 重撃・体力珠や解放・体力珠を持っていれば、空きスロットを作って逆上珠や治癒珠を入れ、火力や回復力を上げられます。 龍脈覚醒ストスリ構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 部位 作成に必要な素材 頭• カスタマイズパーツは動力源パーツの他に、ストームボルトの射程距離を伸ばし、リロード補助を2個付けて雷撃弾を使いやすくします。 特殊弾「ストームボルト」は発射毎に自傷があり、9発目で大ダメージを受けるので8発目を維持するタップ撃ちが必要です。 回復カスタムを付ける場合は雷光珠を外し、治癒珠を入れて回復量を上げるのも手です。 徹甲榴弾速射のおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器1 迅竜の真髄• 部位 作成に必要な素材 頭• カスタムパーツは、回避装填と反動抑制を2個ずつ付けます。 反動抑制によって徹甲榴弾Lv3を歩き撃ちできるため、Lv2と使い分けできます。 貫通弾速射のおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 頭• 部位 作成に必要な素材 頭• 貫通弾Lv2での運用を主体とするため、装填拡張Lv2で事が足りる点が魅力です。 また、ガルルガライトを採用しているため、徹甲榴弾でスタンも狙える対応力も兼ね備えています。 マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 スロット 頭• - 腰 自由枠• - 脚• 部位 作成に必要な素材 頭• - 腰• - 脚• 体力増強と攻撃のスキルを内包しつつ空きスロットの豊富な装備を採用しているので、自分が扱う武器に応じてカスタマイズが可能です。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 頭• 部位 作成に必要な素材 頭• ラスボスクリア後おすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 - 頭• 部位 作成に必要な素材 頭• 武器は徹甲榴弾を速射できるものであれば代用可能です。 モンハンワールドのライト最強装備 通常弾速射装備【鑑定武器】• 散弾運用装備【生産武器】• 部位 作成に必要な素材 頭• 弱点を狙うのは重要ですが、モンスターの正面に立たない立ち回りも重要です。 属性弾運用【生産武器】• 自由枠【1】• 自由枠【1】 胴• 自由枠【1】• 自由枠【1】 腕• モンスターに合わせて拡張が可能で、属性珠を入れて火力を伸ばしたり、対策スキルや属性やられ無効を編成す構成も可能です。 散弾Lv2で運用を想定しています。 ボウガンのカスタマイズは反動抑制1と近接強化2をつけて運用し、火力向上と即次射撃を目指しています。 散弾速射?一度使って見るとわかるのですが、散弾速射の弱さがクリアタイムに如実に現れます。 立ち回り次第では、現状ライトで一番火力が出るのでは?と思っています。

次の