お盆 なす。 お盆の仏壇飾り 飾り方は!お供えには

お盆 なすの牛、きゅうりの馬を作ってみよう!|孫と学ぶ生活のしきたり|メモリアルアートの大野屋

お盆 なす

お盆のなすときゅうりの牛馬・名前や意味は? なすときゅうりで作った 牛馬の飾りを見た ことのある人は多いと思います。 これらは、 精霊馬(しょうりょううま)という 名前で呼ばれ、 なすが牛、きゅうりが馬の飾り となっています。 なぜ、このような飾りを作るのかというと、 ご先祖様の魂(精霊)が乗って帰って来られる という意味があります。 なぜ牛と馬の両方があるのかというと、 それにもちゃんとした意味があるんです。 行きは馬に乗って少しでも早くお家に帰って いただき、 帰りは景色を楽しんだりしながら、 ゆっくりと牛に乗って帰っていただくという 意図の表れです。 また、別の説では、ご先祖様は馬に乗り、 荷物を牛に乗せて帰って来られるという ためのものという話もあります。 他にも色んな説がありますが、ご先祖様が お盆に乗って各家庭にお帰りになるための 牛馬であることに違いはないようです。 お盆のなすときゅうりの精霊馬・作り方は? それでは、この精霊馬はどのように作るのか ご紹介しますね。 用意するものはなす、きゅうり、そして 割り箸です。 なすときゅうりは少し曲がったものを用意した ほうが、動物らしく見えますよ。 作り方と言っても、至ってシンプルで、 割り箸を刺して足を作るだけです。 なすはへたの部分を頭に見立てるのが一般的です。 小ぶりのきゅうりやなすの場合は、割り箸も 短く切ったほうが格好が良いかもしれません。 また、なぜなすときゅうりを使うのかというと、 夏の旬のものだからという理由があるようです。 もちろん、手に入りやすいということもあり ますが、旬のおいしい野菜を ご先祖様にお供え するという意味もあるんです。 また、沖縄では精霊馬に加え、特産品の さとう きびも飾るそうです。 さとうきびには 杖を表しており、沖縄ならでは の飾りのようで、地域性が出ていて興味深いです。 精霊馬の飾り方・置き方は? 精霊馬ができたら飾りましょう。 飾る場所は一般的には盆棚ですが、仏壇に 乗せるケースもあります。 そして、ご先祖様をお迎えするときは 内向き、 お送りするときは 外向きにおくのが一般的です。 途中で向きを変えることになるんですね。 他にも、ご先祖様は 東から来ると言われるため、 きゅうりは西向き、なすは東向き、という置き方 があります。 入り口から入って来られるため、 玄関に向ける などという飾り方もあります。 ただし、宗派や地域によって変わってくるはず ですので、各家庭で一度調べたほうがいいかも しれません。 なお、飾る期間はお盆の時期なので 8月13日~16日までの4日間です。 13日の午前中にお迎えに行き、16日の午後に お送りするという考え方です。 関東などでは 7月にお盆時期を迎えたりして、 地域によっては時期が異なる場合があります。 その点は注意して下さいね。 今までなすやきゅうりで精霊馬を作った経験が ない人は、ぜひ作ってみて下さいね。 ご先祖様もきっとお喜びになることでしょう。

次の

精霊馬とはなんですか?精霊馬の意味

お盆 なす

Contents• お盆のなすときゅうりの精霊馬とはどんなもの? なすときゅうりで作った精霊馬はお盆のお飾りのひとつで、精霊棚に飾られるものです。 それらは牛と馬を表していて、この世とあの世を行き来するときの乗り物に見立てられています。 きゅうりで作った馬に乗って早くこの世に戻ってきてほしい、あの世にはなすで作った牛に乗ってゆっくりと帰ってほしいという想いが込められているそうです。 しかし地域によっては、ゆっくり丁寧にお迎えするために牛で戻ってきてもらい、帰りはあの世に馬ですばやく帰ってもらうとしているところもあるようですね。 なすときゅうりの精霊馬には、ご先祖様の帰りを待つ温かい気持ちが込められているのです。 スポンサードリンク 精霊馬の作り方や飾り方は? 作り方はとっても簡単! まず、なすときゅうりと割り箸を用意します。 そして、 ヘタが付いているほうを頭に見立てて、割り箸の足を4本刺したら出来上がりです。 なすやきゅうりが小ぶりの場合は、バランスを見て爪楊枝のほうが良い場合もありますね。 形は曲がっているほうが、動物っぽく見えると思います。 どっしりと強そうななすやスマートで速そうなきゅうりを探したり、割り箸の足をバランスよく刺したりなど、精霊馬の意味を話しながら子どもさんと用意するのも楽しくていいですね。 次に飾り方についてお話ししましょう。 精霊棚の上に、迎えるときは内向きに、送るときは外向きにというのが一般的のようであり、私の家でもこのように飾ります。 しかし調べてみると、地域の違いでいろんな飾り方がありました。 ご先祖様は東から帰ってくるのできゅうりは西向きに、戻りのなすは東向きに向ける飾り方、玄関から入ってくるので玄関に向ける飾り方など、いろいろあるようです。 他に飾る日にちも地域によってまちまちであるようなので、地域の方やお年寄りに確認して、受け継がれている飾り方を確認してみてくださいね。 スポンサードリンク なすときゅうりの精霊馬には宗派で違いがあるの? 精霊馬の作り方は、前項でご紹介したとおりで宗派での違いはなさそうです。 簡単な作りなので、ご紹介したもの以外の作り方を見つけるのが難しい気がしますよね。 いろいろ調べてみましたが、精霊馬には宗派での違いというより地域の違いやそれぞれのお家により、お供えする日や飾る向きに相違点があるようです。 調べていく中で、ひとつ大きな発見がありました! 浄土真宗ではなすときゅうりの精霊馬だけでなく他のお盆飾りも準備しないそうです。 どういうことなのかご紹介しますね。 浄土真宗は、 お盆を年に一度の特別な期間とせず、精霊棚を作ったり、お盆飾りや特別なお供えをしたりしないそうです。 えー、なんか冷たいなあとか思わないでくださいね。 浄土真宗は、ご先祖様は極楽浄土で仏様になっており、お盆だからといってこの世に戻ってくることはないと考えられているからだそうです。 ご先祖様はいつも心の中にいて見守ってくださっているから、お盆だからといってお迎えすることはないという考え方なのですね。 【まとめ】お盆飾りのなすときゅうりに宗派で違いがあるの? ここでは、お盆のお供えのなすときゅうりの精霊馬についていろいろと調べてみました。 なすときゅうりの乗り物で、あの世とこの世を行き来するご先祖様を思い浮かべてみると、なんだか可愛らしい感じがしますね。 そして、なすときゅうりで作った牛と馬に込められた想いは、ご先祖様を想うとても温かいものでした。 また、浄土真宗は、お盆だからなにか特別なことをするという考え方ではないということを、初めて知りました。 お盆とひとくちに言っても、地域、宗派、各家庭によりさまざまで、とても奥深いものなのですね。 機会があれば、いろいろな地域や宗派の方々に、お盆の迎え方をたずねてみると新しい発見があるかもしれませんね。

次の

お盆に飾るなすときゅうりの牛馬・名前や意味、作り方、飾り方!

お盆 なす

お盆になすときゅうりを飾る風習がある地域と時期はいつ? 風習には飾る地域と時期があるんですが、 調べようとしたときにまず私が気になってしまった疑問。 なすときゅうりに4本の爪楊枝のようなものを刺して動物にしているあの生き物はいったい何を表しているのかということでした。 う~ん。 見ようと思えば見えるような・・・見えないような・・・これは知ろうとしないとわからないですね。 この2つは2つで1対。 つまりセットだそうです。 この2つを合わせて 「精霊馬(しょうりょううま)」というそうです。 精霊馬を飾る地域について この風習、今年75歳を迎えた千葉在住の両親は知っていました。 幼少時代に関西方面から越してきた父は知っているけどやった覚えはない。 産まれも育ちも千葉の母は小さいころ親がお盆になると作っていたということです! どうやら全国には浸透していないように思いますね。 調べてみました。 作る地域は主に 東日本地域と判明しました。 飾る時期について 地域によって7月にお盆を迎えるところもあるようですが、現在ではほとんどの地域が 8月13日~8月16日とされています。 我が家ではよく前日の12日には掃除を兼ねてお墓参りに行っていました。 お迎えする日は 走るのが早い馬(きゅうり)に乗って自宅まで帰ってこられるように。 送り日にはお供えした物をお土産に持って帰るので荷物も多く、 ゆっくり歩く牛(なす)に乗ってのんびり帰っていただくという意味があるようです。 飾る日ですがお盆の初日ではなく最終日に飾ると言う地域もありました。 お迎え用ではなく 送るための飾りとして作るそうです。 初日か最終日かは地域によって異なるようです。 余談ですが我が家独自のスタイルでは、自宅に帰るときはお墓参りをしたときに提灯にロウソクを車まで灯して、ご先祖様と車で一緒に帰宅。 帰りは最寄りのバス停まで提灯を灯して帰ってもらっていました 笑 精霊馬(しょうりょううま)の意味と作り方は? 風習や地域を知ったからには仏壇のあるお家は作ってみるしかないですね! この時期、なすときゅうりも安いですし作り方も簡単です。 【準備するもの】 ・なす(牛) ・きゅうり(馬) ・爪楊枝/4本)、又は割り箸/二膳(4本)(足の素材) 以上の3点になります。 【作り方】 なすときゅうりはヘタの方が頭部になります。 足にする素材を、なすときゅうりに刺せば完成です!爪楊枝や割り箸は切って短く調整しても問題ないようです。 飾る当日にサクッと短時間でつくれますね。 ご先祖様が乗りやすそうなバランスの良い2頭に作り上げて下さい。 作っている方の中で、トウモロコシのヒゲ部分をしっぽに見立てている人や なすときゅうりの胴体部分に紐を撒いて乗りやすくしている工夫をしている人もいましたよ。 精霊馬と一緒にホオズキ飾ってもアクセントになってとても素敵でした。 ホオズキは提灯に見立てるそうです。 なすときゅうりの飾り方(置き方)と処分の仕方は? 精霊馬が出来上がったら飾ってみましょう。 飾る場所は 玄関や 精霊棚(作った場合)が多い良いです。 というように調べれば調べるほど色々な説が出てきて迷ってしまいます。 この風習は宗派や地域によっても違いがあるようなので、これが正解というものはないそうです。 代々受け継がれたやりかたでやるのが一番ですね。 処分の仕方 お盆が終わったら生ごみでポイっと捨てるってなんとなく抵抗がるような気がしませんか? 処分の仕方があるのかも調べてみると、こちらもいろいろな方法がありました。 昔ならどれも可能でしたが住んでいる場所によっては難しい処分方法もあるかと思います。 できそうなやり方でやってみて下さいね。 くれぐれも食べることはお控えください。 まとめ お盆のなすときゅうりの飾りは「精霊馬」と言われ、なすは牛、きゅうりは馬に見立てて作られます。 宗派や飾る地域の有無にも違いがあり、はっきりとこれが正しい!ということはなく、地域で飾り方や処分の方法も異なるとのことでした。 今年のお盆に初めてなすときゅうりを飾ってみようと思っている人は自身の住んでいる地域や代々どうしていたかなどを調べてみるのも良いかもしれません。 年に一度のことです。 ご先祖様を気持ちよく迎え、快く送りましょう。

次の