ポケモンgo クレセリア ハイパーリーグ。 炎竜レシラム、ハイパーリーグでの運用法!強くてコスパ抜群、今のうちに厳選しとけ【ポケモンGO 秋田局】

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第2弾

ポケモンgo クレセリア ハイパーリーグ

フレンドチャレンジが開催! レイド招待機能が実装! キュレムがレイドボスとして登場! ポケモンGO ポケモンゴー のハイパーリーグでの最強ポケモンを考察・紹介しています。 現在の対戦環境やポケモン単体の性能、耐性の多さや汎用性の高さに重きを置いたランク付けになっております。 対策ポケモンも紹介していますので是非ご覧ください。 ランキング上位のポケモンを対象として投票することができます。 その他を選んだ方、お手数ですがコメント欄にてあなたの最強ポケモンを教えていただけると幸いです。 投票中です... そのままお待ちください。 SSランクポケモンの簡易評価 ギラティナ アナザー 現環境のトップメタと言っても過言では無い性能を誇るポケモンです。 HL向けで高耐久な種族値、「 りゅうのいぶき」「 ドラゴンクロー」の圧倒的等倍火力で対策なしでは大暴れして試合が終わります。 通常技は「 りゅうのいぶき」と「 シャドークロー」の選択ですが、ゲージ技を早く打てるシャドークローが優勢。 ある程度の火力と強力なバフにワンチャン賭ける 「 げんしのちから」が。 それでもなお対策必須のポケモンです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 284 187 225 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ギラティナ アナザー の対策ポケモン レジスチル 「 はがね」タイプで優秀な耐性と高い耐久力を持ち、「 ロックオン」によってまさかの 1ゲージ技の連発が可能なポケモンです。 強力な「 ラスターカノン」や「 きあいだま」で相手にプレッシャーをかけましょう。 ただし 「ロックオン」自体には攻撃力がほぼないのでゲージ技をシールドされると、ほぼダメージを与えられないので、相手のシールドを剥がした後で繰り出すと効果的です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 190 143 285 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 レジスチルの対策ポケモン アーマードミュウツー 通常のミュウツーより耐久寄りでHL向けのステータスになっています。 で エスパー最強技「」を習得したアーマードミュウツーが登場。 HLでの活躍が期待できます。 いわ・かくとう・じめん・エスパーと覚えるゲージ技のタイプが多く、幅広く相手を見られる点で優秀です。 「」を使用するのも有りでしょう。 弱点も「くさ」のみとタイプ相性が非常に優秀です。 対やみず技が等倍で入る相手に出していきましょう。 「 ハイドロカノン」がで威力低下、それでもなお活躍の機会が多く優れたポケモンです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 225 208 175 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ラグラージの対策ポケモン トゲキッス のような「ドラゴン」や、はがね技を搭載していないを抑えることができるポケモンです。 SLに続きHLでも 「ほのお」技を打てるポケモンは貴重です。 通常技は対ドラゴン以外でも削り性能の高い「 」を選択します。 強力なバフ効果と優秀なサブウェポンだった「 げんしのちから」が。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 198 225 217 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 トゲキッスの対策ポケモン Sランクポケモンの簡易評価 ニョロボン 優秀なバフ技「 グロウパンチ」を覚え、の苦手な やを抑えられる点で評価が高くなります。 ゲージ溜め性能が非常に優秀な「 マッドショット」が通常技でほぼ確定。 ゲージ技は「 グロウパンチ」で攻撃力を上昇させ、技解放をして「 れいとうパンチ」と通常技でダメージを与えましょう。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 207 182 184 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ニョロボンの対策ポケモン メルメタル 平均的に 高水準な種族値にはがね単タイプで耐性も優秀。 通常技はなぜかタイプ不一致「 でんきショック」しか覚えないが ゲージ溜め性能が非常に優秀なので問題ない。 ゲージ技は種類が豊富で、好みに合わせても良いのですが、「 いわなだれ」「 ばかぢから」の組み合わせが優秀です。 はがね単タイプでかくとう技を打てるところがポイントです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 264 226 190 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 メルメタルの対策ポケモン アローラベトベトン 優秀なタイプ相性で弱点が少なく、 やに強い「あく」「どく」の複合タイプとなります。 種族値もHPの高い耐久寄りでHLにおすすめです。 通常技はゲージ溜め性能が高い「 バークアウト」を採用します。 ゲージ技はギラティナやクレセリアを意識して「 あくのはどう」は欲しいところです。 技解放で防御デバフが優秀な「 アシッドボム」もおすすめです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 233 190 172 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 アローラベトベトンの対策ポケモン クレセリア クレセリアはHL向けの高耐久な種族値と、にて 特別なわざ「 くさむすび」を習得、これにより今までは厳しかったラグラージなどの、 みず・じめんタイプに強くなりました。 通常技はゲージ技が打ちやすくなる「 サイコカッター」を採用。 イベント限定の「 くさむすび」とタイプ一致「 みらいよち」が強力です。 「 ムーンフォース」や「 オーロラビーム」でいぶき型のギラティナに勝つことも可能です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 260 152 258 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 クレセリアの対策ポケモン メガニウム 「 はっぱカッター」の驚異的な削り性能とゲージ量が低く連発しやすい 「 ハードプラント」が強力です。 ランキング上位に居るやなどにプレッシャーをかけられるのでくさタイプ枠として採用されます。 通常技で削る戦法なら「 はっぱカッター」、ゲージ技を連発したければ「 つるのムチ」の選択ですが、ゲージ技を多く打てる「つるのムチ」が優勢でしょうか。 ゲージ技は「 ハードプラント」と「 じしん」があると苦手なほのおタイプに反撃も可能です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 190 168 202 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 メガニウムの対策ポケモン Aランクポケモンの簡易評価 ピクシー トゲキッスと同じくのような ドラゴンタイプを抑えられるポケモンです。 トゲキッスと違いフェアリー単タイプなので「 」を等倍で受けられる。 「」を打つより「 」連打の方がシールドもされずダメージを稼げるほど強力。 フェアリーミラーの対面で有利な「 」を覚えておくと便利です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 190 228 246 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ピクシーの対策ポケモン ギャラドス 全体的に高い種族値と優秀な技構成、弱点が少なく耐性が多い強力なポケモンです。 ハイパーリーグ環境には少ないが、 でんきタイプの技は二重弱点なので要注意。 通常技は「 りゅうのいぶき」がDPSも高く、ギラティナに刺さるのでおすすめ。 ゲージ技は高火力の「 ハイドロポンプ」と、ゴースト・エスパーに刺さる「 かみくだく」が優秀です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 216 237 186 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ギャラドスの対策ポケモン カビゴン 「 ノーマル」単タイプなので環境トップのギラティナのゴースト技に耐性があり、こちらは「」によって 効果抜群の通常技で殴り続ける点が評価されます。 弱点も「 かくとう」のみで、 HLではかくとうタイプの出番が少ないので滅多なことでは弱点が突かれません。 ゲージ技の範囲も広く、扱いやすいポケモンです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 330 190 169 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 カビゴンの対策ポケモン フシギバナ 通常技は削り性能の「 はっぱカッター」とゲージ溜め性能の「 つるのムチ」で選択ですが、 はっぱカッターの火力がおかしいのでこちらを推奨します。 くさタイプ対面で役立つ「 ヘドロばくだん」をサードアタックに備えておくといいでしょう。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 155 198 189 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【ゲージ技】 【ゲージ技】 フシギバナの対策ポケモン リザードン 環境に少ない強力な「ほのお」タイプとして運用されます。 はがね・くさタイプが非常に多い ハイパーリーグ帯ではほのおタイプの需要が高いのですが、HL適性の高い耐久力のあるほのおタイプが少ないのが難点。 弱点相手にはもちろん、等倍でも高火力の「 ブラストバーン」が強力です。 ほのおの効かない相手には小回りのきく「 ドラゴンクロー」で、シールドやHPを少しでも削る役割も可能です。 種族値などのステータスの高さ HLでは攻撃力より如何に生存でき相手を削れるかが重要になってきます。 HPや防御力が高いポケモンが評価されます。 通常技の性能 HLでは如何に通常技で相手HPを削るか、もしくはゲージを素早く貯められるかを重視します。 それぞれを「削り性能」と「ゲージ溜め性能」と表記しています。 ゲージ技の性能 単純なDPSもそうですが、PvPではゲージ技に追加効果 バフ・デバフ のある技が存在します。 シールドで防がれても追加効果は発動するので評価が高くなります。 特化した能力 合計種族値や対面勝負では不利ですが、ピンポイントで活躍できるポケモンは活躍できる場所での評価を含めて基準としています。 対面勝負での優位性 実際にバトルをする上で多くのポケモンとの対面勝負で優位に立てるポケモンを優秀と考え基準としています。

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグ最強ポケモンランキング【PvP対戦】

ポケモンgo クレセリア ハイパーリーグ

弱点が草タイプしかないため、多くのポケモンと打ち合うことができます。 等倍同士の打ち合いではほぼほぼ負けないため、対面性能も高いポケモンになっています。 また、ドラゴンタイプを複合しているため耐性が8つある点も優秀です。 更に、こちらも回転率が高く等倍範囲が広い「かげうち」を覚えるため攻撃面に関しても隙がありません。 強敵になりうる「レジスチル」や「ハガネール」に対して弱点を突くことができるため、パーティに1匹入れておくと安心です。 攻撃種族値が高いため、大ダメージを狙えるのが魅力です。 しかし、 ギラティナの「げんしのちから」が2重弱点になる点に注意しましょう。 ですので、 これらのポケモンをまとめて対策できるアローラベトベトンは必然的にハイパーリーグにて数を増やしているポケモンです。 攻撃種族値は並程度のアローラベトベトンですが、技のお陰で攻撃面も優秀です。 さらに、HPと防御種族値が高く攻撃を受けきれるのも魅力です。 SP技の「のしかかり」が溜まりやすいため、ゴーストポケモン意外には有効です。 通常技「したでなめる」もギラティナの弱点を突くことができます。 覚えられる技の数が多く、型が読まれにくいのが特徴と言えます。 ハイパーリーグは耐久寄りの種族値のポケモンが活躍しやすいルールなため、ハガネールも例に漏れず活躍できます。 また、ピクシーとトゲキッスを始めとするフェアリータイプやギラティナを始めとするドラゴンタイプをハガネール1匹で対策可能です。 ゲージ技でも等倍範囲が広く回転率の高い「かみくだく」や、高火力のタイプ一致技の「じしん」を覚えるため技に恵まれたポケモンです。 さらに、通常技の「ロックオン」はエネルギー獲得量が多く、SP技の回転率が高いので、シールド破壊役としても重宝します。 レガシー技「のしかかり」で安定してSP技を出すことができ、解放技で「シャドーボール」や「ソーラービーム」も覚えることができるため、対面性能も高いポケモンです。 同じフェアリータイプのピクシーよりも圧倒的に攻撃が高いため、手早くこれらのポケモンを処理することができます。 ただし、「かえんほうしゃ」はタイプ不一致ですので鋼タイプに対して打ち勝てるわけではない点は注意です。 さらに、SP技を撃つ回転率が高く、ギラティナだけで敵のパーティを壊滅させるスペックを誇ります。 また、耐久力があっても弱点を取られやすくては意味がないため、同時に耐性の優秀さも考慮しました。 技の範囲と質を考慮 覚える技の範囲と質は、ポケモンの強さに直結するため考慮に入れています。 特に、格闘技のグロウパンチは回転率が高く攻撃も上げられるため、覚えることができるポケモンは高く評価しました。 環境ポケモンに対して強いポケモンを評価 単体性能はSSランクやSランクのポケモンに劣るものの、タイプ相性や覚える技によって環境トップのポケモンに対して有利なポケモンは評価基準にしています。 関連記事 リーグ別最強ランキング ハイパー最強.

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグの最強ランキング|ゲームエイト

ポケモンgo クレセリア ハイパーリーグ

シーズン2ハイパーリーグの期間は? ハイパーリーグ専用の開催期間は 2020年6月2日 火 朝5:00~2020年6月23日 火 朝5:00まで(日本時間)となっています。 選出上位ポケモンの動向 まずシーズン1ハイパーリーグ期間(3月28日~4月10日)での選出率上位15のポケモンをおさらいしておきます。 15位未満でしたが、その他に本記事で紹介したい3種も追加して掲載しています。 なお、全データをまとめた記事のリンクは本記事の最後に貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 — ポケモン 選出数 選出率 1 ギラティナ(アナザー) 83 14. ギラティナは飴の投資がほぼ技の解放100のみで済み、それでいてハイパーリーグ最強なんだから、作らないほうがどうかしているレベルです。 その代わり他の伝説ポケモンにまでアメを回せる余裕がない方は多かったのではと感じています。 しかし シーズン2からは溜まってきたアメを使ってギラティナ以外の伝説ポケモンも育成してきたプレーヤーも増えてくると予想します。 候補はレジスチル、アーマードミュウツー、フリーザー、クレセリアの4種です(クレセリアは後述)。 筆頭はレジスチル。 こいつはハイパーリーグだとMAX強化が前提となるためアメの消費量がえげつないですが、それに見合った活躍を見せてくれます。 アーマードミュウツーは幅広いポケモンに対応できるオールラウンダーです。 (スーパーリーグでいうところのデオキシスのポジション?) フリーザーはギラティナに有利なうえ、攻撃ダウン効果のこごえるかぜ連発が非常にウザいです。 このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想します。 増加:クレセリア• 不利:ラグラージ、ニョロボン• ギラティナとしてはかなりの逆風になります。 グランブルについては以下の記事でもさらに詳しくまとめてあります。 増加:グランブル• 不利:ギラティナ• 対策:レジスチル(インファイトには注意) 新・レジスチル対策 ここまで見てくると、 新規に台頭する勢力の多くはレジスチルで対策できるということが見えてきます。 そうなると、従来からレジスチルに有利であったラグラージ、ニョロボン以外で、新たにレジスチルを対策するポケモンを検討する必要がでてきます。 ここで注目したいのは リザードン! レジスチルのすべての技とフェアリー勢のあまえるに耐性があります。 また、草系としては メガニウムはラグラージとレジスチルの両方を見ることができ、ギラティナにも地震を等倍で通せますので、シーズン1と同様にフシギバナに代わって台頭してくると予想します。 どちらもリザードンで対応できますね。 増加:レジスチル、メガニウム• 対策:リザードン 以上、シーズン2ハイパーリーグ開幕前の環境予想でした。 しっかり対策を練って、がんばっていきましょう!.

次の