牡蠣 小屋 池下。 【香川県】この冬には豪快に「牡蠣焼き食べ放題」はいかが?

名古屋駅近くの牡蠣小屋「がんがん亭」で2017年もカキを食べ尽くそう!

牡蠣 小屋 池下

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

名古屋駅の立ち飲み屋「かき小屋」は年中新鮮な牡蠣と料理をリーズナブルに楽しめる立ち飲み居酒屋

牡蠣 小屋 池下

一年中新鮮な「生がき」が食べられる唯一のブランド「あっけし」。 漁師直営だから鮮度バツグンのかきが毎日届きます。 シーズンに関係なく「厚岸産の牡蠣」をお楽しみいただけます。 2016年現 東京品川 神田 大阪 愛知8店舗となり、10人の漁師さんに支えられております。 牡蠣が海にある時点から状態を確認しあっけし産の中でも最高のものを送っていただいております。 漁師さんの想いを届ける。 【秘密その1】一般的に牡蠣の旬は冬。 しかし、厚岸では夏でも寒流の影響で海水温が上がりにくい海域があり、そこを使ってかいの成熟をコントロール。 また低水温であることはじっくり時間をかけて栄養と甘みが詰まった『なまら旨い牡蠣』になるんです!! 【秘密その2】北海道厚岸の漁師さんから、丹精こめてそだてた幻の牡蠣が毎日届きます。 お子さまを連れてのディナーやランチをお楽しみいただけます。 恐らく幻の牡蠣、「北海道厚岸の牡蠣」に出会えてなかっただけだと思います!!オーナー自身も元々は牡蠣が苦手でした。 しかし、厚岸の牡蠣を食べて一転大好物になりました!厚岸の牡蠣を最も新鮮で、最もリーズナブルにご提供致します。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 厚岸水産 かき小屋 池下店の基本情報 スポット名 厚岸水産 かき小屋 池下店 TEL 052-751-2223 住所 〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下町 2-41.

次の

厚岸水産 かき小屋 池下店 (愛知県名古屋市千種区/魚料理)

牡蠣 小屋 池下

1つでも複数でも検索できます。 ジャンル うどん・きしめん・そば お寿司 すき焼き・しゃぶしゃぶ その他 アジア・エスニック イタリアン カフェ・喫茶 カレー スイーツ ダイニング/バー テイクアウト バル パン ビストロ フレンチ ランチ ラーメン 中華料理 丼もの 名古屋名物 和食・定食 天ぷら・揚げ物 居酒屋 懐石・会席料理・割烹 洋食 焼肉・ステーキ 牛料理 鍋料理 韓国料理 魚介料理・海鮮料理 区 中区 中川区 中村区 北区 千種区 南区 名東区 天白区 守山区 昭和区 東区 港区 熱田区 瑞穂区 緑区 西区 エリア 伏見・丸の内 千種・今池・池下 名古屋城周辺 名古屋駅周辺 大須・金山・鶴舞 御器所・いりなか・八事 新栄・泉 星ヶ丘・藤が丘 栄・矢場町 覚王山・本山・東山公園 黒川・大曽根・矢田 シチュエーション インスタ映え/フォトジェニック コスパ最高 デートにぴったり ファミリーにもオススメ モーニング 一人当たりの予算 女子会にぴったり 宴会にも 昼から飲める 景色がいい 気軽に一人で 深夜まで飲める 特別な日やちょっとした贅沢 隠れ家的 駐車場有り 1人当たりの予算 一人当たりの予算:〜¥1,000 一人当たりの予算:¥1,000〜¥3,000 一人当たりの予算:¥3,000〜¥6,000 一人当たりの予算:¥6,000〜¥9,000 一人当たりの予算:¥9,000〜 フリーワード検索 1つでも複数でも選択できます うどん・きしめん・そば お寿司 すき焼き・しゃぶしゃぶ その他 アジア・エスニック イタリアン カフェ・喫茶 カレー スイーツ ダイニング/バー テイクアウト バル パン ビストロ フレンチ ランチ ラーメン 中華料理 丼もの 名古屋名物 和食・定食 天ぷら・揚げ物 居酒屋 懐石・会席料理・割烹 洋食 焼肉・ステーキ 牛料理 鍋料理 韓国料理 魚介料理・海鮮料理 中区 中川区 中村区 北区 千種区 南区 名東区 天白区 守山区 昭和区 東区 港区 熱田区 瑞穂区 緑区 西区 伏見・丸の内 千種・今池・池下 名古屋城周辺 名古屋駅周辺 大須・金山・鶴舞 御器所・いりなか・八事 新栄・泉 星ヶ丘・藤が丘 栄・矢場町 覚王山・本山・東山公園 黒川・大曽根・矢田 インスタ映え/フォトジェニック コスパ最高 デートにぴったり ファミリーにもオススメ モーニング 女子会にぴったり 宴会にも 昼から飲める 景色がいい 気軽に一人で 深夜まで飲める 特別な日やちょっとした贅沢 隠れ家的 駐車場有り 〜¥1,000 ¥1,000〜¥3,000 ¥3,000〜¥6,000 ¥6,000〜¥9,000 ¥9,000〜 場所は名古屋駅から徒歩10分ほど。 名古屋の立ち飲み業界では有名な 「駅前横丁」の一角。 3坪ほどでカウンターのみの営業。 常連さんで賑わってはいるものの、「入れますかー?」と一声かけると、お客さん同士で場所を確保してくれる様子に、お店への愛を感じます。 (写真はお客さんがいなくなったのを見計らって撮ったもので、いつもはお客さんで賑わっています) 居酒屋といえばまずは1杯。 「とりあえず生!」と伝えると、 「はいよ!!」と、なんと空のグラスが手渡されます。 初見の方は 「?」となるでしょう。 実は入り口付近にビアサーバーが設置してあり、 自分で注ぐスタイル! 斬新ながらもちょっとしたライブ感が気持ちをたかぶらせます。 混雑時にはまさかのビアサーバー付近の常連さんが注いでくれるので、1人で来てもさっそくフレンドリーな雰囲気に。 これで常連さんの仲間入りですね。 (笑) 若女将が1人で切り盛りするには多すぎるくらいの品揃え。 メインの牡蠣以外にも中華料理系やおつまみ類も豊富。 後ろを振り向くと、壁一面にドリンクメニューがずらり。 牡蠣小屋さんでは年中新鮮でぷりぷりな牡蠣を提供するため、 北海道の厚岸(あっけし)という産地から仕入れているとのこと。 私も年間通して数回通っていますが、たしかに毎度質の良い牡蠣がいただけることを確認しています。 「海のミルク」と言われる牡蠣はビタミンや鉄分等の栄養が豊富に含まれているそう。 お酒を飲む人にとっては二日酔いになりにくいとされているオルニチンも含まれているようなので、美味しい上に体に優しいなんて…ありがたいこと極まりない。 ではではさっそくメニューのご紹介! まずは 口取り(お通し) 口取りが美味しいお店は信用できると昔からよく言われていますが、「かき小屋名古屋」さんはその名を証明するかのようにお通しから牡蠣が楽しめます。 いきなり美味しいのです。 日によってお通しで提供される牡蠣の味付けが違うそう。 ・生牡蠣 1個400円(税別) ビジュアルで伝わるぷりっぷり感!全長7cmほどの大振りの生牡蠣。 ここは豪快に一口で味わいましょう。 濃厚でクリーミーな牡蠣が、磯の香りとともに口の中を満たしていき、 口の中はまさに海と化します。 その日溜めたストレスも一瞬でどこかに消えてしまいそうなくらいの満足感。 少し絞ったレモン果汁が独特の生臭さを中和していますが、レモン果汁なしでも嫌なクセは全くなし!濃厚ながらもフレッシュな味わいでした。 するっと喉を通っていくのも気持ちがいいです。 ・蒸し牡蠣 3個 1,300円(税別) 先ほどの生牡蠣を蒸すことで旨味がぎゅっと凝縮された牡蠣へと変貌。 生牡蠣が舌と喉で味わうものならば、蒸し牡蠣は舌と歯で味わうといったところ。 日本酒を少し殻に垂らして食べるのが、飲兵衛にはたまらないオススメの食べ方! てことで日本酒を注文。 「かき小屋名古屋」さんの定番である 百十郎を溢れんばかりに(溢れてます)注いでいただきました。 キレのある辛口ながら、口の中で空気と混ぜるとフルーティーな香りが鼻を抜けていきます。 ・蒸し鶏のトマト油淋鶏ソース 500円(税別) 牡蠣小屋さんのソッコーメニュー。 トマトの酸味と爽やかなタレがタンパクな鶏肉と相性がいい。 ・ぼんじりのにんにく醤油 400円 こちらもソッコーメニューの1つ。 1〜2人でつまむにはちょうどいい量。 にんにくを使用していますが、匂いを気にすることなくいただけます。 ぼんじりのちょうどいい脂身とコクのある味付けが、またまた酔いの世界に誘い(いざない)ます。 ・本格!陳麻婆豆腐 450円(税別) 辛さがしっかりと際立つ麻婆豆腐。 濃いめの味付けに、これまたグラスが空いていきます。 ちびちび食べても存在感バッチリでした! ・あさりラーメン 780円 立ち飲み屋さんのラーメンって、手抜き感が想像できてあまり期待はできないのですが、こちらのあさりラーメンはちゃんと生麺を使用。 ぷりぷりした歯ごたえのある麺を使用しています。 もちろんスープはあさりの出汁が抜群に効いた塩ベース。 あさりの旨味が溶け出した、奥行きのある優しいスープ。 コクはありますが、あさりだけに 「あっさり」しているので、スープまで飲み干せました。 二日用意防止にも良いとされているオルニチンをたっぷり含んだスープは、お酒を楽しむ全ての人の強い味方! 料理を楽しみ、一期一会の隣人との会話を楽しむ。 立ち飲みだからこその醍醐味 行くたびに常連さんや、はたまた遠方から足を運んできた人たちと楽しく過ごせる。 後腐れのない関係を楽しめるのが「立ち飲み」の醍醐味。 美味しい料理だけではなく、そんな人との関わり合いがお酒を美味しくし、楽しいひと時を生むのだと思います。 もちろん知らない人への鬼絡みはご法度。 若女将が目を光らせていますからね!(笑).

次の