捜査 一 課長 平井。 警視庁捜査一課長3 斉藤由貴キャストは?平井真琴役どうなる?

『警視庁・捜査一課長2020』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

捜査 一 課長 平井

大岩純一(おおいわ・じゅんいち)……内藤剛志 警視庁捜査一課長。 約400名の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。 都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。 ひとり娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。 平井真琴(ひらい・まこと)……斉藤由貴 警視庁捜査一課・現場資料班主任。 洞察力と直感力に優れた女性刑事。 小山田管理官との凸凹コンビで、大岩一課長をサポートしている。 ユニークな言動で周囲から浮いてしまうことも多いが、大岩からは絶大な信頼を寄せられている。 小山田大介(おやまだ・だいすけ)……金田明夫 警視庁捜査一課・庶務担当管理官。 真琴と共に、大岩の右腕となって捜査を進めていく。 直感的な推理を得意とする真琴に対して、持ち前の粘り強さで地道な捜査を展開する。 恐妻家で、妻には弱い。 天笠一馬(あまがさ・かずま)……鈴木裕樹 大岩が乗りこむ公用車の運転を担当する、若手刑事。 最大の任務は運転だが、大岩の役に立ちたいという思いから勝手な捜査に走ることがある。 武藤広樹(むとう・ひろき)……矢野浩二 警視庁・鑑識課主任。 現場検証において瞬時に状況を見極め、臨場する大岩らに事件解決への端緒を与える。 笹川健志(ささがわ・たけし)……本田博太郎 警視庁刑事部長、大岩の上司。 責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。 大岩小春(おおいわ・こはる)……床嶋佳子 大岩の妻。 娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。 小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

次の

『警視庁・捜査一課長2020』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

捜査 一 課長 平井

「」の第1作を見ました。 2012年放送の2時間ドラマ。 土曜ワイド劇場だったようです。 主な出演者 大岩純一(警視庁・捜査一課長)/内藤剛志 大岩小春(大岩の妻)/床嶋佳子 笹川健士(警視庁刑事部長)/本田博太郎 天笠一馬(警視庁捜査一課・運転担当刑事)/ 鈴木裕樹 小山田大介(警視庁捜査一課・庶務担当管理官)/金田明夫 平井真琴(警視庁捜査一課・現場資料班主任)/斉藤由貴 大福先輩(平井さん)以外は今も変わらないメンバー。 ゲスト出演者 野口秋代(警視庁捜査一課・管理)/未來貴子 杉森知美/渡辺梓 竹川麻子/北原佐和子 竹川由衣/朝倉あき 須崎道彦(警視庁捜査一課・管理官)/篠塚勝 中根穂高(警視庁捜査一課・殺人犯捜査第4係)/池田政典 貝瀬猛(警視庁捜査一課・殺人犯捜査第5係)/木村栄 管理官や係長の方々はその後のシリーズでも出演されている方が多いと思います。 7年前ということで、大岩課長(というか内藤さん)が今よりちょっとシュッとしている。 愛猫・ビビもシュッとしている(笑)。 ウィキペディアを見たら、1、2作は「ミミ」となっているのだけど、私には「ビビ」と聞こえたのは思い込み? 捜査一課長とはどういう役割かを内藤さんナレーションで丁寧に説明。 捜査本部を置く所轄から刑事部長に電話で報告とか、最近のシリーズでは見ない場面。 「ホシを挙げる!」は一課長がよく言う言葉だけど、最初のうちは「ホシを挙げろ」が多かったなあと、今のほうが語気が荒い感じ。 病気で亡くなったという娘さんの写真は、2作目までは本田望結ちゃん。 大岩一課長と小山田管理官の年齢的な上下関係がわからなかったのだけど、では、一課長が56歳で、管理官が54歳。 警察学校のときにおんぶしてやったみたいな発言を一課長がしていたので、同期なのかな? 一課長が16年前に関わった事件に関係した殺人が起こり、16年前の真相も解決。 一課長になったらその事件を解決すると平井さんには言っていたらしい。 悲しい結末ではあったけど、事件関係者のわだかまりはなくなったのかな。 2作目も再放送があったので録画済み。 楽しみ。

次の

『警視庁・捜査一課長2』第8話 あらすじ&ネタバレ 大食い 内山理名,大和田獏ゲスト出演

捜査 一 課長 平井

女優の武田玲奈さんが、俳優の内藤剛志さん主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長2020」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第2話にゲスト出演することが4月16日、明らかになった。 武田さんが刑事ドラマに出演するのは今回が初めて。 事件の目撃者でありながら、なぜか漠然とした証言しか語らない芦田雪子を演じる。 武田さんに加え、YouTuberで女優としても活躍する大関れいかさんの出演も発表された。 大関さんは武田さん演じる雪子と知り合いで、事件の被害者となってしまう鴨川咲良を演じる。 第2話は、現状資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴さん)が食品開発会社の社員・鴨川咲良(大関さん)の遺体を発見。 現場から逃げ去った容疑者を目撃したはずの看護師・芦田雪子(武田さん)は、なぜか漠然とした証言しか語らず、真琴は雪子が咲良の遺体を見てもまるで事件を予測していたかのように平然としていたこと、事情聴取にもスラスラと答えることに不審を抱く……というストーリー。 「警視庁・捜査一課長」は、同局の2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」で2012年に始まった人気シリーズ。 2016年4月に「木曜ミステリー」枠で連続ドラマ化され、これまで「season2」(2017年4月期)、「season3」(2018年4月期)が放送。 さらに、2018年7月~2020年1月にかけて8作のスペシャルドラマが制作された。 コメントは以下の通り。 仕事には意外と真面目な部分が多い半面、人に対してはあまり素直になれなかったり、強く当たってしまったり……。 常識がないわけではなく、お見舞いに行ったりと優しいところも持っているなとも思い、演じる上では、ただの強めな女ではないところを大切にしました。 そして空き時間などでお話している中で、役に対してもしっかり考えられていて、とても勉強にもなりたくさん学ばせていただきました。 あとは声の大きさですか?(笑い)。 そこを楽しんでいただけたらうれしいです。 私自身も放送をとても楽しみにしていて、少し緊張しますが、皆さん、ぜひ見てください!.

次の