ほくろ が できる 理由。 ほくろのでき方・仕組み、できる理由は?予防対策の方法は?

突然唇にほくろができるのはナゼ?理由と対処の仕方

ほくろ が できる 理由

どうも。 「ざっきぶろぐ」です。 という訳で、今回の記事ではあまり知られていない ほくろの秘密についてご紹介します。 ほくろの原因は過剰なメラニン色素だった。 要因は肌を黒くするメラニン色素 ほくろができる要因となるのは、肌が黒くなる メラニン色素にあります。 メラニン色素とは、肌や毛髪、瞳の色を形成する色素の事です。 紫外線を浴びたときに刺激から肌を守ろうとする細胞もメラニンです。 ただ、一般的にメラニンはあまり良いイメージを持たれていません。 喫煙者の歯がメラニンで色が黒ずむという話や肌を黒くする原因がメラニンだ、とも言われています。 でも本当は 身体を守るために黒くなるのです。 例えば、紫外線を浴びた時に肌が黒くなるのは、メラニンが紫外線をカットするために機能するからです。 美容面では「肌が黒ずむので嫌だ」と感じても、身体を守るためにメラニンが機能して黒ずむので、健康の証と言えるんですよね。 ほくろが増える原因 そんなメラニン色素ですが、紫外線を浴び過ぎたり刺激を与え過ぎると、 過剰に生成されてしまいます。 (もちろん体の健康を守るためです。 ) しかし、 メラニンを排出するための体の機能が追い付かず、たくさん生成されたメラニン色素は体内に残ってしまいますよね。 それがほくろです。 ほくろができる人の特徴 つまり、ほくろができる原因は以下の3つに絞られます。 紫外線を避け怪我無く健康的な生活を送ることが、ほくろを増やさないための秘訣です。 私自身の体験 私は一般的な人と同じように生活しています。 時々、外出したり運動したりします。 でも、最近になってほくろが増えてきたと感じます。 腕や手、太ももに小さなほくろ(0. 1㎜程度)がポツポツと出始めたんです。 それに気が付いたのは半年前。 ちょうど仕事で忙しい時期でした。 紫外線を過剰に浴びた覚えはありません。 海に行った訳でもないし、職場で太陽を浴びた記憶もない。 今回、この記事を書きながら思いました。 あの時ほくろが増えたのは、ストレスだったんだなと。 寝不足が続いていた時期だったんですよね。 なので生活習慣の乱れでメラニンを排出する機能が低下していたんだな、と気が付きました。 大きくなったりしていないので、そのまま放置しています。 皆さんの中で、ほくろが大きくなったり何か異常に感じられる場合は、何らかの病気の可能性もありますので、早めに診察を受けて下さいね。 腕や手に急に増えた時の対処法・除去方法 ほくろは除去できる 最後にほくろを除去する方法をご紹介します。 現在は医学の進歩によりレーザー治療や手術で縫い合わることも出来ます。 でも「とりあえず自分で対処したい」という方は以下を試してみて下さい。 お灸のもぐさを使う まとめ いかがだったでしょうか? ほくろを増やさないポイントを今一度まとめますね。 でも紫外線や外からの強い刺激が原因だと分かると安心します。 健康的な生活を送りストレスを減らせば、ほくろの急増を減らせます。 ほくろが数カ所増えても、特に問題はありませんので安心してください。 それでは。 早めに診察を受ける事をおすすめします。 zakkiblog.

次の

突然唇にほくろができるのはナゼ?理由と対処の仕方

ほくろ が できる 理由

普段は注意して見ていないのでなかなか気付かないけれど、ふと気付いた時には「ほくろ」が増えていた、という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか? 急にほくろの数が増えたり、顔など目立つ場所にできてしまうと、やはり気になってしまいますよね。 そもそもほくろとは、顔や身体にできる黒色や黒褐色の斑点のことを指します。 ほくろが出来る一番の原因は、紫外線によるものだとされています。 紫外線によって作られたメラニン色素が多くなりすぎると、体外に上手く排出されず、ほくろとして残ってしまいます。 紫外線の他にも、以下のようなものがほくろの原因となります。 2歳くらいから増えてくるほくろは、後天性のほくろに入ります。 先天性のほくろは、比較的大きなものが多く、遺伝も関係していると言われています。 少しでも「ほくろ」を増やさない為にも、ほくろが増える原因を作らないことが大切です。 簡単に出来る予防から始めてみましょう。 日焼け止めをこまめに塗る以外にも、日傘や帽子を活用する、長袖の服を着るなど、日頃から紫外線対策を心掛けましょう。 それにより、メラニン色素が排出されるので、ほくろの予防が期待出来ます。 ストレスの軽減にも有効です。 睡眠時間をしっかり確保し、バランスの取れた食事をするように気を付けてください。 「ほくろ」は自然増えていってしまうものですが、少しの心掛けで予防することも出来ます。 個人によりその効果は異なります。 ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

次の

ほくろが増える原因とは~増えやすい人と病気の可能性~|「マイナビウーマン」

ほくろ が できる 理由

Sponsored Link 生まれたときから顔や身体にある ほくろは、目にしても違和感はありませんよね。 私はもともとほくろが多いほうなので、いちいち気にせず生活しています。 それでも新しいほくろがあるのに気付いたら、一瞬「 おや、こんなところに?」と気になります。 いちど気になり始めたら、気になって仕方なく、何か悪い病気なんじゃないか?というところまで妄想がふくらんだこともありました。 ほくろが増える原因はなんなのでしょうか。 そして 病気の可能性はあるのでしょうか。 下記のテーマ順にまとめていきます。 ・急にほくろが増える原因は? ・10代20代で急にほくろが増える理由。 病気の可能性は? ・ほくろを除去したくなったら Sponsored Link 急にほくろが増える原因は? ほくろができる原因は、 メラニン色素のかたまりであるメラノサイトが、皮膚の一部に集中して、それが凝縮するからです。 シミと似ていますが、 シミはメラニン色素が肌にたまってできたもので、ほくろはそれが集まったものなので盛り上がっています。 メラニン色素は、紫外線を肌が吸収することで自然に増えるものです。 日焼けすることが多くなったり、ケアを怠って放置していれば、知らず知らずのうちにほくろが増える原因になります。 とくに女性は、ホルモンバランスやストレスが原因でメラニン色素が大幅に増えることがあります。 また、 ほくろができやすい体質は遺伝するものなので、両親に聞いてどちらかができやすいと言っていたら、「そうか、それが原因なんだ・・・」と納得できますよね。 ただし、いつもできるほくろとは違う真っ黒な色をしていたり、出血していたり、どんどん大きくなっていったら皮膚がんの可能性もありますので、直ちに病院に行きましょう。 10代20代で急にほくろが増える理由。 病気の可能性は? もしあなたが10代や20代という若さで、急にほくろが増えるとしたら、いくつが原因が考えられます。 まず、 紫外線を浴びすぎていないかということです。 若いころは日焼けしてもシミになることは少ないのですが、それでも紫外線から顔や身体を守る対策をしていないとシミはできますし、それが原因でほくろができてしまうこともあります。 それから、 市販のサプリメントやインスタント食品、ファストフード、甘いものをとりすぎていませんか? サプリメントやインスタント食品に含まれる食品添加物、ファストフードに多いトランス脂肪酸、甘い物に含まれる白砂糖・・・すべてお肌の大敵です。 つぎに気をつけたいのが、ほくろの中でもできる箇所によって悪性のものがあり、とくに 足の裏にできるほくろはメラノーマという悪性のがんであることが多いのです。 じつは足の裏にはメラニン色素がないので、ほくろができるのはおかしいですし、歩くことによって刺激を受け、どんどん悪化してしまいます。 若いときは、がんの進行が早いのでなおさら注意が必要です。 ほくろが足の裏にできていたら、皮膚科を受診しましょうね。 Sponsored Link ほくろを除去したくなったら 顔にできたほくろは、鏡を見るたびに気になって、気に入らない場合取りたくなるのは当然です。 最近では様々な民間療法もあるようですが、 お医者様にとってもらうのオススメします。 なぜなら、ほくろの大きさや形、できた場所によって、レーザー除去や切開など、お医者様が最適な方法を選んで除去してくれるので安全だから。 切開というとギョッとしますが、局所麻酔を使うようなので手術中は痛くはないようです。 レーザー除去でほくろをとる女性の動画をこちらで見ることができますよ。 驚くほど早くて簡単でまるでマジックのようです。 こんなに簡単に除去できるんですね。

次の