極道 の 妻たち けじめ。 極道の妻たち

極道の妻たち

極道 の 妻たち けじめ

価格:945円(税込、送料込) 今回は、いつものセリフの紹介・解説から離れて、「 極道の妻たち 」シリーズの決めセリフを集めてみました。 監督 五社英雄。 出演 岩下志麻、かたせ梨乃、世良公則) 「うちは極道に、惚れたんやない。 惚れた男が、たまたま極道だったんや」 「あほんだら、撃てるもんなら、撃ってみぃ」 極妻シリーズの1作は、こんなセリフで開幕しました。 以降、どんどんエスカレートしてゆきます。 監督 土橋亨。 出演 十朱幸代、かたせ梨乃、村上弘明) 「この先、重宗のシマに一歩でも土足で踏み込んできたら、 うちら、血の一滴が枯れるまで戦うしな。 虫ケラだと思って舐めてたら、その首飛ぶかもしれまへんで」 本作の主人公は、十朱幸代です。 シリーズの中でも情感たっぷりの作品でした。 監督 降旗康男。 出演 三田佳子、かたせ梨乃、萩原健一) 「わてらの惚れた腫れたは、タマのとりあいやで 極道の女やったら、腹くくって、もの云いや」 三田佳子は、姐の柄ではないともうのですが、それなりに健闘。 監督 山下耕作。 監督 中島貞夫。 出演 岩下志麻、かたせ梨乃、高嶋政宏) 「わてを誰と思うとんのや、 ここにおんのは、あんたを産んだ母親やない。 監督 山下耕作。 出演 岩下志麻、かたせ梨乃、 草刈正雄) 記すべきセリフが、とくに見つかりませんでした。 監督 降旗康男。 出演 岩下志麻、山下真司) 「極道に惚れたら、女御は地獄や」 「極道の妻として、かく致すしかほかなく、 ただいま決着(けじめ)をつけさして貰いました」 はちゃめちゃな一作ですが、出色の出来です。 監督 関本郁夫。 出演 岩下志麻、宅麻伸) 「極道は、なあ、筋を通すためには惚れた男も殺すのや」 このあたりから、シリーズもマンネリ化してきているのですが、 TV放映を睨んだつくりにもなってきており、 また岩下志麻が美しく撮れるか、なんていうのも、映画のポイントに なっていたようです。 監督 中島貞夫。 監督 中島貞夫。 出演 岩下志麻、かたせ梨乃、とよた真帆) 「女には女の決着(けじめ)がおます。 極道の女房として、この戦争(でいり)、 なんとしても、あんたら男に譲るわけにはいきまへんのや」 「死ね!」 この激しい一言で、今回は幕となります。 Established from Jan. 2008.

次の

極道の妻たち 決着のあらすじ・キャスト・再放送

極道 の 妻たち けじめ

解説 夫を罠にはめ、暴利を貪る傘下の悪徳ヤクザに闘いを挑む、極妻の活躍を描いた人気シリーズの第10弾にして最終作。 監督は「極道の妻たち危険な賭け」の中島貞夫。 脚本は「まむしの兄弟」の高田宏治。 撮影を「鉄と鉛 STEEL&LEAD」の仙元誠三が担当している。 主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の岩下志麻。 1998年製作/116分/日本 配給:東映 ストーリー 大阪南部を縄張りにしたヤクザ組織・井出組の傘下の秋葉組組長・秋葉吟二が、何者かによって殺された。 三ヶ月前、リゾートホテル建設という大事業に手を出していた秋葉は、取引先の信用金庫のトラブルから融資を打ち切られ、苦しい状況にあった。 しかし、信用金庫の理事長が50億もの隠し財産があるという情報を秘かに掴んだ彼は、それをネタに一発逆転を狙っていた。 彼が殺されたのは、そんな矢先の出来事だった--。 秋葉を殺した犯人・玉城が捕まり、彼が秋葉殺しを指示したのが井出組長だと自供した為に、井出が逮捕された。 秋葉を我が子のように思っていた井出が、秋葉を殺める筈がない。 井出の妻・春日は、夫の汚名を晴らす為、そして秋葉を弔う為に、秋葉の妻・杏子や傘下・番水組組長の妻・彩子たちの協力を得て、事件の真相を暴こうと調査を開始する。 そんな折、杏子に恩義のある賭博師・東造が、事件解明の鍵を握ってやってきた。 黒幕は傘下の名腰組組長・名腰兼良だった。 信用金庫から50億の金を奪う秋葉の計画を事前に知った名腰は、その金を横領しようと秋葉を殺害、井出を罠にはめたのだ。 そして、彼はまんまと50億を手中に収めていた。 これを知った春日をはじめとする極妻たちは激怒。 独立をも企んでいた名腰にけじめをとらせる為、組長の出所祝いと称した賭場で金を奪回。 名腰の命を奪い、謀反に決着をつけるのであった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 1. 2013年• 2005年• 2001年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1996年• 1995年• 1994年• 1993年• 1991年• 1990年• 1989年• 1987年• 1986年 極道の妻たち 決着• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• フォトギャラリー•

次の

極道の妻たち

極道 の 妻たち けじめ

解説 夫を罠にはめ、暴利を貪る傘下の悪徳ヤクザに闘いを挑む、極妻の活躍を描いた人気シリーズの第10弾にして最終作。 監督は「極道の妻たち危険な賭け」の中島貞夫。 脚本は「まむしの兄弟」の高田宏治。 撮影を「鉄と鉛 STEEL&LEAD」の仙元誠三が担当している。 主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の岩下志麻。 1998年製作/116分/日本 配給:東映 ストーリー 大阪南部を縄張りにしたヤクザ組織・井出組の傘下の秋葉組組長・秋葉吟二が、何者かによって殺された。 三ヶ月前、リゾートホテル建設という大事業に手を出していた秋葉は、取引先の信用金庫のトラブルから融資を打ち切られ、苦しい状況にあった。 しかし、信用金庫の理事長が50億もの隠し財産があるという情報を秘かに掴んだ彼は、それをネタに一発逆転を狙っていた。 彼が殺されたのは、そんな矢先の出来事だった--。 秋葉を殺した犯人・玉城が捕まり、彼が秋葉殺しを指示したのが井出組長だと自供した為に、井出が逮捕された。 秋葉を我が子のように思っていた井出が、秋葉を殺める筈がない。 井出の妻・春日は、夫の汚名を晴らす為、そして秋葉を弔う為に、秋葉の妻・杏子や傘下・番水組組長の妻・彩子たちの協力を得て、事件の真相を暴こうと調査を開始する。 そんな折、杏子に恩義のある賭博師・東造が、事件解明の鍵を握ってやってきた。 黒幕は傘下の名腰組組長・名腰兼良だった。 信用金庫から50億の金を奪う秋葉の計画を事前に知った名腰は、その金を横領しようと秋葉を殺害、井出を罠にはめたのだ。 そして、彼はまんまと50億を手中に収めていた。 これを知った春日をはじめとする極妻たちは激怒。 独立をも企んでいた名腰にけじめをとらせる為、組長の出所祝いと称した賭場で金を奪回。 名腰の命を奪い、謀反に決着をつけるのであった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 1. 2013年• 2005年• 2001年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1996年• 1995年• 1994年• 1993年• 1991年• 1990年• 1989年• 1987年• 1986年 極道の妻たち 決着• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• フォトギャラリー•

次の