住民 票 原本 コンビニ。 福岡市 コンビニ交付サービス

コンビニ発行の印鑑証明書等を、登記手続に使用できますか?

住民 票 原本 コンビニ

この中だと、5番の社員契約をするとき、に該当するわね。 でもそういえば、この春に部屋を借りたときも、銀行口座を作ったときも住民票を取ったわ! すっかり忘れてた・・・(笑)。 住民票はどこで取得できるの? 取得の仕方は多くの市町村で3通りあります。 役所の窓口で請求する• 郵送してもらう• コンビニで発行する 順番に見ていきましょう。 役所の窓口で請求する お住まいの(あなたの住民票がある)市町村の役所に出かけて、窓口に直接取りに行く方法です。 公的書類のあれこれについてあまり慣れていない方でも、まずイメージされるのはこちらの方法ではないでしょうか? メリットとデメリットを挙げるとこんな感じです。 わたしの場合、講義がない日なら余裕をもって取りに行けそうね。 平日にお仕事されてるサラリーマンの方なんかは大変そうね・・・。 まずは上司に事情を相談かしら? 郵送してもらう そこで、そんな多忙な方には郵送という方法もあるのでオススメです。 ただし、必要な書類を準備するのが少々大変です。 以下のものを準備して、それを役所へ郵送します。 申請用紙(お住まいの市町村のホームページからダウンロードします)• 本人確認書類のコピー• 交付手数料分の定額小為替(300円のところが多いです)• 返信用封筒 申請用紙をインターネット上から手元に準備したり、郵便局で定額小為替を買ってきたりと ハードルは高そうです。 そういえば 「住民票の写しの原本」を準備するのよね・・・。 原本は写しの元になってるものよね? 今回コピーの提出は不可だから・・・ でもコピーって写しのことじゃないの??(混乱) 日本語って難しいですよね・・・。 ここではこの モヤモヤを解消するために一気にまとめてご紹介しますね。 「原本」とは? これが、あなたの市町村のお役所が、 住民基本台帳に大切に保管している「住民票そのもの」です。 そして、これは大切なもので1つしかありませんので、請求して受け取ることはできないのです。 今回のケースのように、 「写しの原本」などの表現は、実は誤解のもとなのですが、残念ながら世の中に氾濫しています・・・。 「写し」とは? 住民基本台帳にある「原本」は受け取れませんが、社会生活では今回のように現住所の証明をしなければならない場面があります。 そこで、わたしたちはこの「原本」を中身を確認するために、お役所の方に 「原本を写したもの」を請求できるんです。 これがつまり「住民票の写し」で、一般に単に「住民票」と呼ばれています。 「コピー」とは? 日本語の難しさここに極まれり・・・。 「住民票の写し」にたいして「コピー」とは、 「住民票の写しのコピー」を意味します(笑)。 つまりお役所やコンビニで受け取ってきたものを、 コピー機でコピーしたもののことです。 注意しなければならないのは、いくらコピー機で量産しても、「住民票の写し」はそのことが分かるようにできている点です。 これは紙幣と同じ仕組みですね。 ですので、「住民票の写し」が何枚も必要だからといって、交付手数料を節約することはできません。 「写し」と「コピー」の効力の違いは? だからといって、 「コピー」にまったく証明書としての効力がないわけではありません。 場合によっては、 「コピーの提出でも構わないよ」 と言われることがあるので、そのときはお言葉に甘えてコピーを提出するとよいです。 ですが、基本的には「写し」を提出したり、あるいは 提示するだけで大丈夫な場合もあります。 何度も取るとなると面倒だし、この先いったい何枚必要になるか分からない住民票。 「写し」の提示やコピーで済む場合は、なるべくそうしたいものですね。 まとめ 住民票って?• 市町村ごとに住民基本台帳にまとめられた住民の記録のこと• 社会生活において現住所の証明をするときに必要になる どんな取得の方法があるの?• 役所の窓口で請求する• 郵送してもらう• コンビニで発行する 「原本」「写し」「コピー」の違いって?• 「原本」・・・役所が大切に保管してくれている「住民票そのもの」• 「写し」・・・その原本は渡してもらえないので、それを「写したもの」• 「コピー」・・・さらにその「写し」を自分でコピー機などで「コピーしたもの」 さて今回は、大学生のAさんのケースを追いながら、住民票について詳しく見てきました。 初めは少し戸惑っていましたが、最後にはしっかり店長の求めていた書類を提出できていましたね。 取得の方法は、今回のAさんのように コンビニ発行がオススメです。 また、引っ越しの際には住民票がなにかと必要になってきますので、 多めに取得するのもアリですよ。 でも提出書類には、「コピー」ではなく 「写し」を提出した方が良いですよ! 他にも、世の中で様々な使われ方をしている言葉はたくさんあります。 知らない言葉に惑わされずに、きちんと対処できることを願っています。

次の

住民票をコンビニ(ローソン・セブンイレブン等で)で取得する方法

住民 票 原本 コンビニ

【コンビニ交付サービス休止のお知らせ】(全国一斉) 7月23日(木)から7月26日(日)は、全国のマイナンバーカード(個人番号カード)システム等のメンテナンス作業のため、コンビニ交付サービスを休止します。 サービスの提供開始は7月27日(月)6時30分からを予定しています。 【コンビニ交付サービスについて】 新宿区に住民票のある方を対象に、マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、全国のコンビニエンスストア等に設置されているマルチコピー機(キオスク端末)で住民票の写しなどの証明書を取得できるコンビニ交付サービスを、平成30年12月2日から開始しました。 すでにマイナンバーカードをお持ちの方はお持ちのカード(利用者証明用電子証明書が発行されているものに限ります)でご利用いただけます。 コンビニ交付サービスをご利用いただくためには、 マイナンバーカード(利用者証明用電子証明書搭載のもの)が必要です。 マイナンバーカードの申請方法等については、(区のページ)「マイナンバーカードの交付を希望する方へ(申請方法)」をご確認ください。 マイナンバーカードの交付申請時に搭載しないことを希望した方を除き、マイナンバーカードに標準搭載されます。 発行を希望される場合は、区役所本庁舎1階の7番窓口及びお近くの特別出張所(10所)の窓口にマイナンバーカードを持参し発行申請を行ってください。 コンビニ交付サービスは、住民基本台帳カード、マイナンバーの通知カード(紙製のマイナンバーなどが記載されたカード)、印鑑登録証明および自動交付機カードでは利用できません。 終了するまでその場を離れないでください。 取り忘れにご注意ください。 マルチコピー機の画面表示や音声案内により、マイナンバーカードや証明書の取り忘れを防ぎます。 専用の通信ネットワーク、通信内容の暗号化により、他からの不正なアクセスから情報を守ります。 各店舗で出力した証明書の個人データは、発行後すぐにマルチコピー機から自動消去されます。 ・ スクランブル画像(裏面)・・・証明書データに暗号化処理を施し、生成した画像が印刷されます。 ・ けん制文字(表面、裏面)・・・コピーすると、「複写」という文字が浮き上がります。 ・ 偽造防止検出画像(裏面)・・・目視で確認できる画像に加え、隠れた画像が印刷されています。 偽造改ざん防止措置に関する詳細情報は以下のホームページ(外部サイト)で確認できます。 (外部サイトへリンク).

次の

コンビニ等で取得できる証明書について

住民 票 原本 コンビニ

コンビニで住民票がとれる 日本全国で約50,000店舗 2020年5月調べ 展開しているコンビニ。 なんとその コンビニで住民票(住民票の写し)が取れます。 引っ越しでの住所変更した際など何かと用意しなければいけないとなると役所まで行かないとなーからはじまり 「平日は会社で行けないのに、土日は開いてないしなー」 となかなか住民票や印鑑証明書、戸籍謄本は取得が面倒なものだとお思いのかたも多いと思います。 そんな面倒なものが近くのコンビニで済むんだったらありがたい! でもどうやるの? 持ち物、取得に 必要なものや 受付時間や 料金はあるのか、 レジで受付するの?などのコンビニでの住民票の取り方についてをコンビニ勤務歴10年の元店長が解説します。 どこのコンビニで住民票発行ができるの? コンビニといってもたくさんありますよね。 そのどこのコンビニで住民票の発行可能かというと・・・ ・セブンイレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・ミニストップ ・セイコーマート ・ポプラ あれ、サンクスやスリーエフは入っていないの?と思う方もいるかと思います。 しかしそれらのチェーンはファミリーマートやローソンと合併しているので、これはもうほぼすべてのコンビニが対応ということです。 大きい 郵便局さらにはドラッグストアの ウエルシアや ココカラファインでも発行が可能とのこと。 住民票は取りづらくて面倒だと思っていたのが、こんなに発行できる場所が増えているんですね。 コンビニ店内のコピー機から発行できる さて、いざコンビニに 住民票を発行しに行っても、そういえばどこで、どうやって発行するの?レジで店員さんに言うのかな?まだまだコンビニでの住民票発行に関する疑問があると思います。 そのどこで、どうやってというのはすべて店内の コピー機が解決してくれます。 今日におけるコンビニのコピー機は 「マルチコピー機」と呼ばれ、書類を白黒やカラーでコピーするための、ただのコピー機ではなくほんとうに「マルチ」な端末になってきています。 住民票ははそんなマルチなコピー機にて発行します。 ちなみにコンビニ以外のドラッグストアもコピー機からの取得です。 コンビニの住民票発行に受付時間はあるの? いくら24時間営業、年中無休のコンビニでも住民票の発行には受付時間が存在します。 時間は決められているが土日も対応 午前6時半~午後11時(12月29日~1月3日を除く) この時間、期間が基本です。 店舗の営業時間が24時間で上記の時間内で発行可能です。 しかも年中無休!土日祝日も! ほんとうにお店が開いている限り、コピー機が壊れていない限り発行可能です。 平日は忙しくてなかなか役所へ行って手続きのできない方はこれまで郵送してもらっていたかもしれませんがこれだけ長い時間受付してくれると足を運びやすいですよね! 自治体によっては対応していない、利用時間が異なる、といった場合もあるそうなのでお住いの市区町村の自治体がこのコンビニでおこなえる 「行政サービス」について対応しているか調べてみてください! この受付時間はセブンイレブン、ファミマ、ローソンなどどこのコンビニも共通です。 もちろん料金が発生するのでお金、現金を用意します。 コンビニでも各自治体の役所で住民票(住民票の写し)を発行した際の料金と同額です。 マイナンバーカードまたは住基カードが必要 もう一点発行に必要なものが マイナンバーカード、もしくは住民基本台帳カード(住基カード)です。 これはどこのコンビニにも共通です!むしろこの現金とマイナンバーカードか住基カードがあれば発行可能です。 仕組みは店内のマルチコピー機にマイナンバーカード、もしくは住民基本台帳カード(住基カード)をかざしカードに内蔵されているICチップで住民票の基となる情報の読み込みをおこないます。 この仕組みが意外と重要でマイナンバーカードと「マイナンバー通知カード」を勘 違いしているかたもいるかと思います。 必要なのは マイナンバーカード or 住基カード です。 世帯主・続柄の記載• 本籍地・筆頭者の記載• 個人番号 マイナンバー の記載 が [有・無]で選択可能になっています。 住民票ってなにも全て載っていればいいってわけではない時もありますよね。 完全なる個人情報ですので、できれば必要とされている情報のみの記載がいいですよね。 コンビニで住民票発行に必要な金額、手数料 コンビニのマルチコピー機から住民票を発行しても料金は役所で発行するのと 同額です。 お住いの自治体の住民票の写しの取得が1部税込み300円であれば、ファミマで取得するのも税込み300円です。 手数料もかからない このサービスは「行政サービス」といってコンビニやコピー機のメーカーが管理しているのではなく、完全にお住いの地域の自治体が管理しています。 詳しく言えば地方公共団体情報システム機構というところが管理しています。 なのでコンビニで住民票を発行しても手数料もかからず、役所で発行した際と同額です。 住民票発行の各店舗の対応については店舗というより自治体が対応していないと 発行不可のようです。 詳しくはでご確認ください。 「コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付(コンビニ交付)ホームページ」 店内のマルチコピー機にて自身で操作し発行することに抵抗や店員さんに聞きたくても忙しそうとか、聞いたけど店員さんが知らなかったなどあるかもしれません。 でも役所に行って住民票の写し1枚に20分、30分待つことや役所そのものが遠いなんてことありませんか? この記事を読んだあなたはもう大丈夫! 近くて、身近なコンビニでかんたんに住民票を発行してみてはいかがでしょうか。

次の