介助 車椅子。 食事介助の正しい方法|安全な姿勢・食事前の準備・介助の手順

車椅子からトイレへの移乗法を元介護職員が徹底解説!

介助 車椅子

移乗介助が必要な方には、骨折や麻痺、筋力低下、痛みなど様々な病気や症状があります。 それぞれに対して「 移乗介助の注意点や介助のポイント」もありますが、応用的な介助方法を知る前に、まずは 基本的な介助の手順を理解しておきましょう。 まず、 移乗介助の基本として「 ベッドから車椅子への移乗」を介助する場合の手順についてご紹介します。 また、介助者にとってもそれだけ介助をする場面が多い場所でもあります。 ここでは、 移乗介助の注意点を正しく理解して、転落などにインシデントを起こすことを防ぎ、安全に手際よく介助できるスキルを身につけていきましょう。 移乗介助をおこなう場合は、元々介助量が少ない方でも、立ち上がりの際に「起立性低血圧」や「めまい」によって急に膝折れを起こし、崩れ落ちてしまうことがあります。 転落には十分に注意しましょう。 移乗介助では、ベッドや車椅子に浅く座った時にシーツや座布団が滑り、床にずり落ちてしまうことがあります。 ベッド柵や車椅子のアームレストを握ってもらうようにしましょう。 ベッドや車椅子の移乗介助では、足元付近に柵やフォットレストなどの鉄パイプがあります。 ご高齢者の場合、皮膚が脆弱(弱くなっていること)になっているため少しぶつけただけで内出血や皮膚が剥離(はくり)してしまうたるため注意が必要です。 移乗介助の際に、介助者がズボンを引っ張り上げてしまうことでズボンが食い込むことがあります。 そのまま座ると下着が食い込んだままになり不快感が残るため注意しましょう。 間違った移乗の介助方法を繰り返していると介助者の方が腰痛を引き起こすことになります。 持病の腰痛をお持ちの方はコルセットを装着したり、正しい介助方法を学んで腰へのストレスを少なくするようにしておきましょう。 では、ここからは実際の移乗の介助を想定して、 移乗介助の「前」と 「介助中」に注意するポイントをご紹介していきます。 まずは「 移乗の前」の注意ポイントです。 移乗介助の前には、介助者が介助しやすい環境設定やご高齢者が移乗しやすいように環境設定をしていきます。 座面が滑らないか? まず注意するポイントとしては車椅子やベッドなどの座面が滑りやすくないか確認します。 車椅子の場合は座布団の影響で浅く座ろうとした特に滑り落ちてしまったり、ベッドの場合はシーツやマットレスが滑りやすくなっている場合があるため注意しておきましょう。 ベッドと車椅子の角度が約30度になっているか? ベッドに対して車椅子を約30度斜めにセッティングするとベッドと車椅子の隙間が少なくなります。 隙間を少なくすると方向転換も楽に行えます。 健側(麻痺がない側)に車椅子を設置しているか? 片麻痺や片足の免荷(体重を乗せれない)がある場合は、車いすを健側(麻痺がない側)に設置しましょう。 脊椎疾患や全介助の方は別の設置位置にすることもあります。 ベッドと車椅子の高さが水平になっているか? スムーズな移乗を可能にするためには、ベッドと車椅子が平行になっていることを確認しましょう。 場合によっては敢えてベッドを高く設定して立ち上がりやすくする場合もあります。 車椅子のブレーキがかかっているか? 安全に移乗するためには車椅子のブレーキをしっかりと締め、車椅子を支持しても動かないか確認しましょう。 場合によっては、車椅子の空気圧を高くしたりブレーキを硬くする必要があります。 車椅子のフットレストが上がっているか? つい忘れてしまうことの1つに車椅子のフットレストがあります。 足を乗せるフットレストを下げたままにしてしまうと立ち上がる時に車椅子ごと前方に倒れてしまうなどの事後を引き起こします。 また足をぶつけて皮膚剥離を起こしてしまうこともあります。 必ず確認しておきましょう。 足の位置を手前に引いているか? 移乗を行う前には、立ち上がりがしやすくなるように高齢者の足の位置を確認しましょう。 足を手前に引いてもらうことでお辞儀がしやすくなり、つま先に重心がかけやすくなります。 このお辞儀がスムーズにできるとお尻が軽々と持ち上がります。 かかとを移乗する方向に向けているか? さらに移乗介助をスムーズに行うためには、高齢者のかかとの位置を移乗する方向に向けておくと良いでしょう。 足の位置を調整しておくだけでも簡単に方向転換をすることができます。 次に「 移乗中」の注意ポイントをご紹介します。 移乗介助をする場合は、大きく「立ち上がり」「方向転換」「着座」の3つの動作に分けて考えていきます。 ご高齢者の脇の下と腰を握りことができているか? ズボンを持つと力で引っ張り上げようとしてしまったり、下着が食い込んで不快感を感じてしまいます。 介助者は脇の下や腰を持つようにしましょう。 介助者とご高齢者の身体をできるかぎり近づけているか? 双方の間に空間が開くと引っ張る力が優先的に働きます。 重心位置を近づけることで大きな力が働くため、少しの力で介助ができるようになります。 しっかりとお辞儀ができているか? 立ち上がる時はお辞儀をするように頭を下げることで重心が前方に移動するためお尻が上がりやすくなります。 一度立ち上がることが難しい方は、このお辞儀をした姿勢のまま方向転換をするのも良いでしょう。 頭をできるだけ前方に出しているか? 立ち上がる時は、お辞儀をするのと同時に頭の位置を前方に突き出すようにすることでよりお尻が持ち上がりやすくなります。 「おでこを前に突き出して」などと声かけするのも良いでしょう。 足踏みができているか? 方向転換する時はご高齢者の無理のない程度に足を動かしてもらいます。 本人のペースに合わせて足踏みを行うようにしましょう。 片足を軸にしているか? 方向転換に介助が必要な方は、片足(健側)を軸足にして滑らすように方向転換すると良いでしょう。 また事前にかかとを移乗する方向に向けておくと身体をひねらずに方向転換することができます。 アームレストやベッド柵、介助者を支持しているか? 着座の際に「ドスッ」と座ってしまうことがあります。 座る前に車椅子のアームレストやベッド柵、介助者をしっかりと支持してゆっくりと座るようにしましょう。 お辞儀ができているか? 着座も立ち上がりと同様にお辞儀をすることで少ない力が座り込むことができます。 しっかりと頭を下げてから座るようにしましょう。 深く座り直したか? ベッドや車椅子に座ったままにしてしまうとお尻が浅くなっていることが多くずり落ちの原因になります。 必ず一度深く座りなおすようにしましょう。 では実際に、移乗介助を行う場合に悩むことの多い「 全介助の移乗介助」と「 片麻痺の移乗介助」の方法についてご紹介します。 [出典]株式会社モルテン 骨折や麻痺、筋力低下などの影響によって、立ち上がりや方向転換の移乗介助が全介助となる方は多いのではないでしょうか? 全介助の場合の移乗介助を行う場合は、力の弱い女性スタッフは転倒や転落をしないか怖いと感じることも多いでしょう。 そこでオススメなのが「 スライディングボード」です。 スライディングボードとは、ベッド・車椅子・ポータブルトイレなどの移乗を座ったままで横にスライドするように移乗介助を行う用具です。 全介助者の移乗介助にてスライディングボードを使用する場合は、車椅子とベッドが水平になるように高さを調整します。 また、車椅子の肘掛け(アームレスト)が上がるモジュール型車椅子やリクライニング車椅子などに変更する必要があります。 使い慣れるまでスラウディングボードのセッティングに時間がかかってしまいますが、慣れると力が入らずに移乗の介助をスムーズにしてくれますよ。 <Sタイプ> 一般的な長方形型です。 柔らかめの素材で抜き差しがしやすく、ベッドと車いすの間隔が狭い場合の移乗に最適です。 [出典]けあ太郎 片麻痺の移乗介助も悩むことが多いのではないでしょうか? 脳梗塞や脳出血などの後遺症で左右どちらかの半身に麻痺(片麻痺)がある場合に、どのように対応すればよいのでしょうか?ここでは、 右半身に麻痺がある場合の移乗介助の方法をご紹介します。 片麻痺の移乗介助の手順 1)車椅子からベッドへ移乗する場合は、麻痺がない側(左側)に車椅子を置きます。 この時できれば、15~30度の角度を保つようにしましょう。 2)介助者は、麻痺側(右側)に立ちます。 3)お尻を少し前にずらし、車いすに浅めに腰かけてもらいます。 4)足の位置を麻痺がない足(左足)を手前に設置し、麻痺足(右足)を前に出します。 5)介助者は、おへそとおへそを合わせるように身体を近づけ、膝を曲げて重心を低くします。 6)麻痺がない手(左手)で介助者の肩を握ってもらうようにします。 7)タイミングを合わせて立ち上がります。 8)立ち上がりの際は、上半身を前屈させるように前方に傾けます。 9)麻痺がない足(左足)を軸にして方向転換をします。 10)お辞儀をするようにゆっくりと座ります。 その他にも 片麻痺の移乗介助のポイントとして、移乗用の手すりとして、ベッド柵を「 L字手すり(L字バー)」に変更したり、ベッドサイドに「 タッチアップ」と呼ばれる福祉用具を設置するのもオススメです。 [出典]福祉ネットあおもり 青森県社会福祉協議会ウェブサイト 続いて、 移乗介助用の福祉用具としてご紹介するのが「 リフト」です。 リフトは、ハンモックのようなシートで全身を包み込み、専用の機械で吊り上げるように移乗します。 リフトには「据置式リフト」や「床走行式リフト」「固定式リフト」などがありますが、一般家庭には、「床走行式リフト」が導入されることが多いようです。 移乗の介助をする方が体重が重かったり、全介助で女性では介助できない場合に使用することをオススメします。 意外にもフレームを組み立てるだけで設置でき、和室での使用も可能となっています。 デメリットとしてレールに沿ってしか移動できないことがあります。 移乗時の吊り上げは電動です。 折りたたみ式のリフトもあるので収納にも便利です。 デメリットとして和室などの部屋では畳を痛めてしまったり移動しにくいことがあります。 移乗時の吊り上げは電動で方向転換は手動で行います。 リフトの中でも一番場所を取らず、狭い部屋でも比較的簡単に導入できます。 移乗介助用の福祉用具は、介助者にも優しく、腰痛や膝の負担を軽減してくれます。 主たる介助者がご高齢の場合など老老介護の場合、介助をサポートしてくれるのでご自宅で介助を行うご家族のために導入することもオススメです。 [出典]ミクニのリフト 続にご紹介する 移乗介助用の福祉用具は「 スライディングシート」です。 スライディングシートは、床に滑りやすいシートを活用することで滑らせるような移動・移乗の介助をすることができるので、介護する側・される側の身体に負担を少なくすることができる福祉用具です。 特にベッド上で寝る位置がずれてしまった時には、スライディングシートを使用すると便利です。 シートがナイロン製ですべりやすい素材でできていますので、女性の介助スタッフでも重たい方を持ち上げなくても滑れせるように移動・移乗することで簡単に位置を修正することができます。 現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。 現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。 作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。 〜筆者の想い〜 通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。 機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

次の

自走式車椅子とは!自操式車椅子の自走式と介助式の違いと特徴や選び方

介助 車椅子

車いすの安全確認(前準備) 車いすを利用する前には、必ず安全確認をしましょう。 また、定期的なメンテナンスも大切です。 車いすの点検ポイント ・ブレーキ・ストッパーなどが正常に作動するか ・タイヤに十分に空気が入っているか ・車輪がスムーズに動き、まっすぐに進むかどうか ・フットサポート(足を乗せる部分)が上げ下げできるか ・座面(シート)にたわみはないか ・ネジのゆるみ・全体的ながたつき・異音・破損などはないか など 介助者の準備と心構え ・ご高齢者のお身体に合った 車いす用クッションを準備しておきましょう。 ・外出するときはご高齢者の ご気分や体調をうかがい、無理をさせないようにしましょう。 ・寒いときには保温のためにひざ掛けなどを用意しましょう。 ・介助者はスカートやヒールのある靴などを避け、 動きやすい服装を心がけましょう。 ・介助者は 腕時計やアクセサリーなどをはずしておきましょう。 ・ご高齢者のお身体が麻痺(まひ)側に傾く場合は、クッションなどを入れて姿勢を調整しましょう。 ・介助をするときは動作のたびに必ず声かけをしましょう。 ・移乗などの動作が終了したら、その都度 体調の変化を確認し、声かけをしましょう。 ・介助者の腰痛などを防ぐために無理な姿勢にならないよう気をつけましょう。 車いすの乗り降りに関しては、こちらの記事も参考にしてみてください。 (片麻痺がある場合は、麻痺側の腕を太ももの上に乗せていただきます。 坂道(斜面)での押し方 (上り坂) 介助者は脇をしめ、歩幅を広げて一歩一歩ゆっくりと押し戻されないように進みます。 (下り坂) ゆるやかな下り坂の場合は、進行方向を向いたままで普通の押し方で前進します。 急な下り坂の場合は、 後ろ向きのほうが安全です。 後ろ向きになる場合は、介助者が グリップをしっかりと握り、後方に注意しながら歩幅を広げてゆっくりと下りましょう。 介助者は車道側の手を グリップからアームサポートに持ちかえると、まっすぐに押しやすくなります。 車いす移動介助の注意点 ・急発進や急カーブ、急停止は絶対にやめましょう。 ・傾斜や段差、溝などがある場所、砂利道、砂地などはできるだけ避けましょう。 ・砂利道など凸凹のある場所では、キャスター(前輪)を上げた状態で押す方法もあります。 ・溝などの格子状のふたの上は、斜めに通過しましょう。 ・ 停止するときや車いすから離れるときは、ほんの少しの間であっても必ず ブレーキをかけましょう。 ・1人での介助が難しい場面では、 無理をせずに周りの方に協力を求めましょう。 ・傾斜が急な場合、ご高齢者の転落など事故につながるケースがあります。 無理な介助は避けて、周囲に手助けを依頼しましょう。

次の

食事介助の正しい方法|安全な姿勢・食事前の準備・介助の手順

介助 車椅子

車椅子の座位で食事介助中に姿勢が傾く理由• 要介護となる高齢者の多くは一度姿勢が崩れてしまうと自分では戻せない• 車椅子の座面がたわんだまま食事介助をしている• 足底(足裏)が床ついていない• 腕がアームレストもしくはテーブルで支えられていない これらをもう少し詳しく説明していきましょう。 要介護となる高齢者の多くは一度姿勢が崩れてしまうと自分で戻せない 要介護となる高齢者の多くは、筋力が低下していたり、姿勢変形があります。 体が前後、左右に傾くことは構わないのです。 健康な人だって椅子にずーっと同じ姿勢でいることなんてできないですよね? 問題は、筋力低下や姿勢変形のある高齢者は傾いたらそれを自分で元に戻せないということなのです。 体が傾くと安定性を保つために大きな力を必要とするため、食事の飲み込みにも悪影響を起こし、誤嚥のリスクも高まります。 なので、飲み込みに集中できるように環境を整えてあげる必要があります。 車椅子の座面がたわんでいる 車椅子の座面の「たわみ」は現場でよく見過ごされている部分です。 患者さんは同じ車椅子を長く使うことが多いです。 高齢者の方が使っているうちに食べこぼしや尿漏れなどで車椅子が汚れてしまうのはよくあることですよね。 車椅子の掃除は介助者もこまめにしていると思いますが、座面のたわみの調整まで目がいっているケースは少ないのです。 これは実際に高齢者の方が食事介助中に傾いてしまうとご相談を受けたときに現場にあった車椅子です。 黄色の丸で囲んだ車椅子の座面がたわんでいるのがお分かりになるでしょうか? 先ほども説明したように、要介護となる高齢者の多くは筋力が低下しています。 なので、こんな座面に座らせられると不安定で傾いてしまうのです。 座面のたわみをなくすだけで解消することもありますので、ぜひ現場にある車椅子を見直してみてくださいね。 足底(足裏)が床ついていない これも現場で多く見られることの1つです。 足底(足裏)が床に付かないとどうなるのでしょうか? コチラの写真をご覧ください。 一般的な車椅子というのはフットレストという足を置くところが少し前に出ており、座面も後側より前側の方がほんの少し高くなって斜めになっています。 (赤線の部分) ここに座ると下のような座位姿勢になります。 フットレストに足を載せると、高齢者の多くは太ももの後ろの筋肉(ハムストリング)が短くなっているため、そのまま太ももは前へ引っ張られ、さらには骨盤も引っ張られて後ろに傾いてしまうのです。 その結果、背中も丸くなっていわゆる円背(猫背のような姿勢、 亀背ともいう)にならざるをえなくなります。 胸の前側も縮んでしまい、圧迫するので呼吸も浅くなります。 また、足底(足裏)が床に付いていないことでよりこの姿勢を増長し、飲み込むのはかなり難しくなります。 これがまた誤嚥のリスクを高めるわけです。 腕がアームレスト、もしくはテーブルで支えられていない 腕が支えられていないために体が傾いてしまうケースもよく見受けられます。 患者の上腕(二の腕)と車椅子のアームレスト(肘あて)やテーブルの高さがあっていないケースです。 コチラの写真をご覧ください。 赤線で印をつけているアームレスト(肘置き)から黄色の丸で示している両肘が落ちています。 腕と肘がアームレストに適正にサポートされていないので、体全体が左に傾いています。 胸の前側も縮んでいますし、体全体が左の方に回って捻じれています。 腕というのは体の中で見ると小さなパーツですが、結構な重さがあります。 要介護となる高齢者の多くは、筋力低下と姿勢変形がありますから、支える所がないと腕の重さで体が傾いてきます。 更には傾いた体を戻すことができないので、傾いたままの状態で座ることになります。 これもまた、誤嚥のリスクを高めることに繋がります。 車椅子で高齢者が食事介助中に傾かないための対策 では、車椅子で食事介助中に傾かないためにはどこを気をつければ良いでしょうか? 車椅子で食事介助中に傾かないための対策• 車椅子の座面のたわみをなくす• 足底(足の裏)を床につける• 腕をアームレストかテーブルで支える これらについて、もう少し詳しく見ていきましょう。 車椅子の座面のたわみをなくす 車椅子の座面のたわみがあると体が傾いてくる確率も高くなります。 「最近車椅子で食事介助する間、体が傾いていることが多くなってきたな?」 と気が付いたら、一度車椅子の座面のたわみをチェックしましょう! 車椅子の座面は、ナイロン製でできていたり、座面に布が張ってあるだけのものが多いです。 このような車椅子に20分~30分も座っていると、健康な人でもお尻が痛くなってしまったり疲れたりします。 介護度が高い人ほど座面は調整する必要があります。 車椅子のたわみをなくす方法 たわみをなくすのにタオルを使った方法があります。 ですが、タオルは時間が経つとへしゃげてサポート力が弱くなります。 また、高齢者お一人お一人にフィットするように調整するにはスキルと慣れが必要です。 現場で調整できる人がいらっしゃれば問題ありません。 実際、私が関わっている施設でも車いす用の座面クッションを購入してもらったおかげで、 クッションを車椅子にセットするだけということでスタッフの手間がなくなりました。 また、 誰がやってもいつでも体が倒れない状態に保っていることができるようになりました。 要介護の高齢者で自分の姿勢を自力で直せない方の車椅子用座面クッションはどんなものがいいでしょうか?• 材質はジェル状のもの(特に坐骨辺り)• 支持性があり、沈み込んで車椅子の座面に底付きしないもの• 形態は立体的なもので、膝と膝がくっつかない、または開きすぎないようにサポートのあるもの(両股関節が内旋しすぎないもの、外旋しすぎないもの) がオススメですので参考になさってください。 患者さんにあった車椅子を選定する もう一つ大事なのは車椅子の選定です。 車椅子で食事介助中に体が傾いてしまう原因の一つとして、体よりも車椅子の座面の幅や奥行が大きいことが考えられます。 要介護である高齢者の方たちは小柄の方が多いです。 なので車椅子の中でお尻が泳いでしまい、ズレることで傾く原因となります。 その方の体型と車椅子のサイズが合っているかをチェックする必要があります。 施設で購入してもらうのは中々ハードルが高いですが、一度検討されることをオススメします。 足底(足の裏)を床につける 足底(足の裏)を床に付けようとする時に、足が床に降りない方がいらっしゃいます。 膝が屈曲(曲がって伸ばせない)してしまっているケースです。 そういう時は雑誌などを重ねて足の裏を支える面を高くしてあげるといいです。 腕をアームレストかテーブルで支える 車椅子によってはアームレストが調整できないために腕が支えられないこともあります。 その場合はブーメラン型のクッションなどで肩甲骨~上腕~肘~前腕までの腕全体をしっかり支えるようにすると上手くいきます。 クッションは柔らかすぎて沈み込まない支持性のあるものを選びます。 (材質がビーズタイプはオススメできないです) あまりに体の傾きがひどい人は、やはりその方にあったテーブルを選定してあげる必要があります。 その時に注意して欲しいのは、肩が引きあがらない位置に高さを調整してあげることです。 下の図を参考にして下さい。 出典: 元気な人なら「肘をついて食べるなんて行儀が悪い!」と思われるかもしれません。 しかし、筋力や体幹の弱い高齢者は支えるところがないと重たい腕に引っ張られてどんどん体が傾いてしまいます。 現場で車椅子での食事介助中によく体が傾く場合は、一度患者さんの腕がアームレストやテーブルにサポートされているかを確認してみてくださいね。 まとめ 車椅子での食事介助時に高齢者が傾いてしまう理由と対策についてご紹介してきました。 理由としては4つありました。 要介護となる高齢者の多くは一度姿勢が崩れてしまうと自分では戻せない• 車椅子の座面がたわんでいる• 足底(足裏)が床ついていない• 腕がアームレストもしくはテーブルで支えられていない 対策としては、 車椅子の座面のたわみをなくす、足底(足の裏)を床につける、腕をアームレストかテーブルで支える、ための詳しい方法をご紹介しました。 施設などで過ごされている方たちの中には、日々の変化が少ない毎日の中で唯一楽しみなことが「食事の時間」とおっしゃる方が多いです。 食事の時間が楽しいものになるように今回の記事がお役に立てば幸いです。 高齢者の食事介助中の姿勢改善についてはこちらの記事を参考にしてください。 ご相談を受けたときの実際のケースを写真と共にわかりやすく解説しています。 体の動きや使い方、姿勢について学ぶことから介護の問題を解決しませんか? 介護についての勉強会・講習会のご依頼や、現場でのお困りごとについて受け付けております。 介護サービス施設の方は、広島県が行うの制度の条件に合致すれば、広島市が研修費用を負担してご自身の事業所内で出張講習を受けることができます。 条件に合致しない場合は、直接フェルデンクライス広島の藤田までご連絡ください。 直接のお問い合わせ・お申し込みは お電話(tel:070-5673-1498)かからお願い致します。 フェルデンクライス広島では、お一人お一人が意識を向けられていないところにアプローチして、体の痛みや不調を改善するお手伝いもしています。 ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。 お申込みはこちらから.

次の