映画 ドラえもん のび太 の 恐竜。 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開日は8月7日に! 「STAND BY ME ドラえもん2」は延期 : 映画ニュース

ドラえもん のび太の新恐竜

映画 ドラえもん のび太 の 恐竜

この記事にはに関する記述があります。 記述内容は映画の公開によって変更されることがあります。 ( 2019年7月) ドラえもん のび太の新恐竜 Doraemon: Nobita's New Dinosaur 監督 脚本 原作 出演者 レギュラー ゲスト 音楽 主題歌 「」、「」 編集 制作会社 製作会社 映画ドラえもん製作委員会 配給 公開 (予定) 上映時間 110分 製作国 言語 前作 次作 (番外) 『 ドラえもん のび太の新恐竜』(ドラえもん のびたのしんきょうりゅう)は、に公開予定のの。 シリーズ通算第40作(アニメ第2作2期シリーズ第15作)。 通常は3月に上映されるドラえもんの映画であるが、今作はの事情により『』以来、約39年振り に夏休み映画として公開される2D映画でもある。 概要 [ ] 連載50周年記念作品。 『』()以来5年ぶりに児童小説や原作の短編を原案としない完全オリジナル作品であり、アニメ第2作の2期としては初の4年連続のオリジナル作品となる。 同時に本作は、映画第1作『』()公開40周年を記念した作品でもあり、恐竜にスポットを当てた作品群ではリニューアル後初の作品である第26作『』()以来で、通算3作目となる。 オリジナルストーリーの本編の漫画版が描かれるのは5年、外伝ストーリーが描かれるのは4コマ漫画を含め3年ぶりとなる。 本編と外伝ストーリーが同時に描かれるのは初めてである。 映画版は後述の諸事情により上映が延期になったが、漫画版や小説版の発売日は変更されなかった。 このため漫画版は、『ドラえもん』の映画で初めて映画上映前に結末の部分が先行公開された。 沿革 [ ] 2019年• 7月4日 - タイトルが発表される。 同時にティザービジュアルと特報映像が公開。 9月14日 - 『』10月号より漫画版が連載開始。 11月19日 - 主題歌 Birthday 発表。 特報映像第二弾が公開。 11月23日 - 90秒予告編が公開。 11月30日 - 『』1月号よりコミカライズ版が連載開始。 2020年• 1月9日 - 2つ目の主題歌(君と重ねたモノローグ)が発表され、スペシャル映像「君と重ねたモノローグ」ver. が公開。 2月19日 - スペシャルPV~Mr. Children W主題歌ver. ~が公開。 2月22日 - 15秒TVCM(タイトル無し、「キューミュー篇」、「ゲスト声優・木村拓哉篇」の3種類)が公開。 2月27日 - の影響で、公開日をから延期することを決定。 第1期・第2期を通して、社会的状況による公開延期はこれが初。 これにより公開日の表示は「近日公開」となったが、一部の関連商品は当初の予定通りに発売された。 3月19日 - 正式な公開日が8月7日に決定。 同日公開予定だった『』は延期となった。 ゲスト声優 [ ] ゲスト声優は と。 発表後に、本作の応援キャプテン、応援副キャプテンに就任した。 『』以来出演していたは本作には出演せず、通常放送で2020年1月25日開始の関連コーナー「スネ夫としげおの君も今日から恐竜博士」への出演・後述の関連番組でナレーターを担当する程度になっている。 あらすじ [ ] スネ夫の招待で恐竜展に訪れたのび太一行。 化石発掘体験で、石ころしか発掘できないのび太を馬鹿にするジャイアンたちを見返すために、のび太は閉館時間ギリギリまで発掘を続ける。 そこで発掘した新種の恐竜の卵を孵化させることに成功したのび太は、孵化した双子の恐竜に、キューとミューと名付け、飼育用ジオラマセットの中で育てていくが、キューとミューが町の住民に見られてしまい、白亜紀へと返しにいくこととなる。 キューとミューの仲間を探す旅が始まる。 ひみつ道具や恐竜たちの力を借りながら、恐竜の足跡を追う一行は謎の島にたどり着く。 声の出演 [ ]• (しずか) -• (ジャイアン) -• (のび太のママ) - ゲストキャラクター [ ] キュー 声 - のび太が出会った双子の緑色の赤ちゃん恐竜。 間抜けで弱気なオスの羽毛恐竜。 ミューよりも身体が小さくて軽く、滑空もできない。 ミュー 声 - のび太が出会った双子のピンク色の赤ちゃん恐竜。 活発で人懐こいメスの羽毛恐竜。 ゴル 声 - ジャイアンがひみつ道具「ともチョコ」でともだちになった (漫画・小説・ゲームでは)。 トップ 声 - スネ夫が「ともチョコ」でともだちになった (小説では。 ゲームではのび太がトリケラトプスと勘違いするが、「角が一本だからその仲間」とドラえもんが補足する形となっている)。 たまご探検隊 ドラえもんのひみつ道具。 キューやミューの仲間の恐竜探しに協力する。 恐竜博士 声 - のび太に恐竜についてのアドバイスをしてくれる。 ジル 声 - 白亜紀にはまだ存在しないはずの猿のような姿に扮している謎の男。 神秘に包まれた島に関する秘密を握っており、のび太たちの行動を監視。 彼らの運命のカギも握る事となる。 ナタリー 声 - ジルと通信した上で、同じくのび太たちの行動を監視する謎の女。 製作 [ ] 企画・脚本 [ ] 2020年が「『ドラえもん』連載開始50周年」、「映画40作目」「」というタイミングにあたるほか、『のび太の恐竜』(1980年、映画1作目)、『のび太の恐竜2006』(2006年、声優交代後1作目)とこれまでも節目では藤子Fが愛好した「恐竜」を扱っていた。 このことからは映画40作目のテーマを「恐竜」に決定し、『のび太の宝島』公開後、再び今井と川村に監督と脚本のオファーが出された。 しかし川村は『のび太の恐竜』、『のび太と竜の騎士』(1987年)、『のび太の恐竜2006』で既に「恐竜」が3作あるため、当初は「やることがない」と怯んだという。 だが絶滅したとされる恐竜も最新の学説ではそうではなく、「なぜ恐竜は絶滅していないのか」「どういう形で生き残っているのか」ということを物語にすれば良いのではないかとシンプルに思い、「違うものを作るというよりかは、その先に描くべき物が自然に見つかるんではないか」という考えに至る。 ストーリーのプロットとしては『のび太の恐竜』をあえて踏襲する形を取り、そこに最新の恐竜学説やするなどの要素を盛り込むことで、異なる物語へ展開していく構成である。 による映画ストーリー(漫画)では、明確に『のび太の恐竜』の後の物語として描かれているが、小説・ゲームでは仄めかす程度にとどまっている。 「恐竜」に加え取り上げられたのは「」と「」であり、川村は本作の発表時に「多様性が叫ばれる中、それが綺麗事ではなく、人類の進化への歩みであることを語りたい」 とコメントしていた。 今井も他者との違いが進化の本質であり、そこに「人と人の違いをプラスに考えよう」といったダイバーシティの要素を重ねることで、恐竜を通しそういった部分を描けるのではないかと気付いたという。 作画 [ ] 作画は『のび太の恐竜2006』と同様にキャラクターから影を排しているのが特徴となっており、これはキャラクターデザインを務めた小島の意見が反映されたものである。 ただし光源や時間帯、天候などに合わせ場面によっては影を付け加えている。 影に対しは意欲的に扱っており、本作ではドラえもんの頭やのび太たちの髪の毛へ基本的にハイライトが描き込まれている。 また差し込む光に対し、キャラクターなどの描線にハイライトを重ねるといった手法を採用している。 3DCG [ ] 本作では大部分の恐竜がであり、これはのアドバイスを参考 に表現した。 今井は「いい意味での違和感、主人公たちとは違う時代・世界の存在という異物感、恐竜なりの存在感」を際立たせ、3Dの良さを消さずに全体的なの世界の中に入れ込む方法を試行錯誤した という。 CGアニメーションスーパーバイザーを務めた森江康太は、2018年夏におまけ映像 に登場する恐竜のCGをまず依頼されており、本作も含めた制作期間としては1年以上関わっている。 の恐竜番組を手がけ、恐竜を研究していたことがオファーのきっかけとなった。 インタビュー内で森江は表現と再現の差異に言及しており、本作では再現ではなくアニメならではの表現に舵をきったこと、試行錯誤をしながらアイデアを提案したことを語っている。 スタッフ [ ] 前々作『』()で監督を務めた今井一暁と、脚本の川村元気が再度コンビを組む。 キャラクターデザインは小島崇史が初登板。 小島は『のび太の宝島』において、のび太がで走る場面の原画を担当している。 原作 -• 脚本 -• キャラクターデザイン - 小島崇史• CGアニメーションスーパーバイザー - 森江康太• 編集 -• 録音監督 -• 効果 - 糸川幸良• 音楽 -• 監督 -• 製作 - 藤子プロ、、、、、• 配給 - 音楽 [ ] サウンドトラック [ ] 『「映画ドラえもん のび太の新恐竜」オリジナル・サウンドトラック』のタイトルで2020年に発売。 全40曲収録。 トラックリスト タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「プロローグ」 2. 「太古からの声」 3. 「メインテーマ ~いのちの進化」 4. 「のび太とキュー ~誕生」 5. 「恐竜って何だろう」 6. 「似たものどうし」 7. 「急病」 8. 「ジオラマを作ろう」 9. 「ノビサウルスランドへようこそ」 10. 「ママに見つかっちゃう! 」 11. 「のび太とキュー ~約束された別れ」 12. 「メインテーマ ~いざ白亜紀へ! 」 13. 「ジュラ紀」 14. 「恐竜たちの闘い」 15. 「メインテーマ ~恐竜たちの世界」 16. 「たまご探検隊! 」 17. 「キャンプでお泊まり」 18. 「謎の二人」 19. 「迫るプテラノドン」 20. 「たまご探検隊!! 」 21. 「ティラノサウルス」 22. 「恐竜と友だちになろう! 」 23. 「たまご探検隊!!! 」 24. 「巨大な足跡」 25. 「忍び寄る恐竜」 26. 「巨大翼竜襲来」 27. 「再会」 28. 「ジルとナタリー」 29. 「メインテーマ ~新恐竜」 30. 「どうして」 31. 「ジルの狙い」 32. 「すれ違い」 33. 「のび太とキュー ~約束」 34. 「絶滅」 35. 「抵抗」 36. 「希望 ~ノビサウルスランド再び」 37. 「恐竜救出作戦」 38. 「熱風」 39. 「のび太とキュー ~二つの進化」 40. また、Mr. Childrenが1つの作品に主題歌を2曲書き下ろすのも初となる。 登場するひみつ道具 [ ] ただの羅列は避け、本文に組み込むか「」などに転記して下さい。 ちゃお連載版に登場 [ ]• 少年まんがライト• 少女まんがライト 関連・コラボ企画 [ ] きみが発掘した新恐竜イラストコンテスト [ ] 映画公開を記念し、オリジナルの恐竜を募集したイラストコンテスト。 最優秀賞は応募先共通で映画パンフレットに応募作品と名前が掲載されるほか、映画パンフレットと『』1巻から24巻のセットが、優秀賞は応募先によって別々の商品がプレゼントされる。 応募先別優秀賞 [ ]• 上映館 - オリジナルポスター• - 特別仕様の入館券とミュージアムショップ限定グッズ詰め合わせ• - ピンバッチとポストカードセットとギャラリーショップ限定グッズ詰め合わせ• - スカイ・パークショップ限定グッズの詰め合わせ• ・ドラえもんチャンネル - ドラえもん最新玩具• ・・・・・・・・ - ゲームソフト『ゲーム ドラえもん のび太の新恐竜』(後述)のゲーム本編に出演 漫画 [ ] 『映画ストーリー「映画ドラえもん のび太の新恐竜」』 作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気)。 『』2019年10月号 - 2020年3月号連載。 単行本は2020年3月25日発売。 ドラえもんチャンネルで期間限定の特別公開も行われ 、2019年10月15日 - に第1話、 - に第2話、 - 2020年に第3話、 - に第4話、2月15日 - 3月14日に第5話が公開された。 『月刊コロコロコミック』誌上での連載は第6話までとなっており、物語のラストは単行本に掲載する形で完結となる。 『映画 ドラえもん のび太の新恐竜~ふたごのキューとミュー~』 作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気、協力 - むぎわらしんたろう)。 本作のとして『』2020年1月号 - 4月号連載。 単行本は2020年3月4日発売。 連載第1回は一部ページをむぎわらが執筆するほか、ときわとむぎわらの対談が掲載された。 のび太と恐竜たちの日常を描いた外伝ストーリーであり、外伝ストーリーが単品で発売されるのは本作が初である。 小説 [ ] 『小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜』のタイトルで2020年に小学館ジュニア文庫より新書判、より文庫判が発売。 文庫判はに版が発売。 執筆は『小説 映画ドラえもん のび太の宝島』に引き続き涌井学が手がける。 家庭用ゲーム [ ] 用ソフト『ゲーム ドラえもん のび太の新恐竜』が2020年3月5日により発売。 テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION [ ] 2019年 - の期間中、「ドラえもん ARアトラクション 恐竜大冒険」が設置。 ドラえもん映画祭2020 [ ] 本作の上映を記念し、・にて2020年2月1日から3月5日に渡って『のび太の恐竜』から『』までの39作品と藤子・F・不二雄原作の併映19作品の連続上映が開催される。 首都圏の鉄道会社 [ ]• :2020年1月11日から5月10日にかけてを開催。 また、この企画に合わせ、当作品のが運行されている。 ・:2020年2月14日から3月29日にかけて2社合同によるを開催。 ジュラシック・ワールド [ ] では映画『』とのコラボレーション「『映画ドラえもん のび太の新恐竜』ミーツジュラシック・パーク」が3月6日〜5月10日に行われる予定だったが、の影響による臨時休園により開催時期が未定となっていたが、6月1日、開催期間が7月22日までに延長され、6月8日から段階的にパークを再開する方針が発表となった。 関連番組 [ ] 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念スペシャル プライムにて放送。 監督の今井一暁と脚本の川村元気が、映画ドラえもんシリーズや『のび太の新恐竜』について語る特別番組。 ナレーションは高橋茂雄(サバンナ)。 番組内では『のび太の新恐竜』の初期イメージボードや絵コンテの一部が公開された。 スタッフ• 構成 -• CAM - 阿部安秀• 音響効果 - 若林雄二• 編集 - 江原英生• MA - 渡辺裕太• 技術協力 - 株式会社あお、FMT• デスク - 本田東子• AD - 飯塚恭平• AP - 冨永哲平• 演出・ディレクター - 増田真也• 制作プロデューサー - 松島志保• プロデューサー - 渡邉数馬• 取材協力 - 東宝• 協力 - 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ動画・ADK• 制作協力 -• 製作著作 - WOWOW 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念 映画ドラえもんと恐竜の世界 にて2020年からまでに先行独占配信。 川村元気のスペシャルインタビューのほか、高橋茂雄(サバンナ)とが恐竜の知識を深めて映画の魅力に迫った。 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念 恐竜・知っトクSP にて2020年2月29日からに放送。 番組内で映画に登場する恐竜について紹介したほか、応募者50名に恐竜柄と「映画ドラえもん のび太の新恐竜」ぬいぐるみ(探検隊セットを身に付けたドラえもんがキューとミューの卵を抱いたもの)がセットでプレゼントされるキャンペーンを実施した。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 同映画と同じく歴代の映画シリーズに含まれていない3D映画『』を含むと、約6年振りとなる。 com 2019年7月4日. 2020年6月19日閲覧。 シネマトゥデイ 2019年7月4日. 2019年7月4日閲覧。 ただし漫画版では、これまでの映画の漫画版と同じく設定や展開が映画版と異なる部分が多い。 小説版でもこれまでの映画の小説版と同じく、映画版には無い設定やシーンが盛り込まれている。 rockinon. com 2020年2月20日. 2020年2月23日閲覧。 2020年2月27日閲覧。 テレビアニメにおいては29日の通常放送及び映画『のび太の月面探査記』放送の冒頭で、ドラえもんにより告知された。 ただし、感染症流行が原因である事は言及しなかった。 映画ドラえもん公式サイト. 2020年3月19日閲覧。 映画「STAND BY ME ドラえもん」公式サイト. 2020年3月19日閲覧。 木村拓哉がアニメ映画に出演するのは『』以来9年振り、『』も含めて3度目である。 マンガ『のび太の新恐竜』第4話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル. 2019年11月26日閲覧。 映画ドラえもん公式サイト. 2019年12月19日閲覧。 2020年2月15日閲覧。 SANSPO. COM 2020年1月16日• コミックナタリー 2020年1月29日. 2020年1月29日閲覧。 88を参照。 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト. 2020年2月23日閲覧。 『『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念スペシャル』内のインタビューより。 129を参照。 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト. 2020年2月23日閲覧。 『』2019年10月号を参照。 『アニメージュ』APRIL 2020 vol. 89を参照。 『のび太の月面探査記』(2019年)• クリエイターズステーション(ライター - 坂本彩) 2020年6月24日. 2020年6月25日閲覧。 アニメハック 2018年3月3日. 2019年11月22日閲覧。 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト 2020年1月9日. 2020年2月23日閲覧。 ドラキッズ・小学館アカデミー在籍生のみ応募可能。 コロコロオンライン 2019年8月10日. 2019年8月10日閲覧。 ドラえもんチャンネル 2019年8月10日. 2019年8月19日閲覧。 ドラえもんチャンネル 2020年2月15日. 2020年2月18日閲覧。 はてなブログ 2019年11月2日. 2019年11月16日閲覧。 ドラえもんチャンネル 2019年11月30日. 2019年12月16日閲覧。 フリュー. 2020年1月20日閲覧。 小学館 2019年12月2日. 2019年12月3日閲覧。 西武鉄道. 2020年1月20日閲覧。 西武鉄道. 2020年1月20日閲覧。 小田急電鉄. 2020年2月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - プレイリスト.

次の

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開日は8月7日に! 「STAND BY ME ドラえもん2」は延期 : 映画ニュース

映画 ドラえもん のび太 の 恐竜

解説 国民的アニメ「ドラえもん」の長編映画40作目。 シリーズ最高の興行収入53. ある時、恐竜博の化石発掘体験で化石を見つけたのび太は、それを恐竜のたまごだと信じ、ドラえもんのひみつ道具「タイムふろしき」で化石を元の状態に戻す。 するとそこから、新種の双子の恐竜が生まれる。 2匹をキューとミューと名づけて育てるのび太だったが、やがて限界がきてしまい、2匹を元の時代に返すことに。 ドラえもんや仲間たちとともに6000万年前の世界へと旅立ったのび太は、キューとミューの仲間を探す中で謎の島にたどり着き……。 2020年製作/110分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト Powered by• 2020年• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2004年• 2004年• 2003年• 2002年• 2002年• 2001年• 2001年• 2000年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1998年• 1998年• 1997年• 1997年• 1996年• 1996年• 1995年• 1995年• 1994年• 1993年• 1992年• 1991年• 1990年• 1989年• 1988年• 1987年• 1986年• 1985年• 1984年• 1983年• 1982年• 1981年• 1981年• 1980年 映画ドラえもん のび太の新恐竜• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「ドラえもんのび太の恐竜 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

映画 ドラえもん のび太 の 恐竜

新作では良作の部類に入るかと。 ストーリー展開上、『ドラえもん』らしさはあまり崩れてない。 日常性も丁寧に描かれていてよかった。 ティラノが「たまたま」だんごを食ったのところもよかった。 ただやはりメッセージ性は大きく変わってしまっている。 まずドラえもんの子守の感覚(設定)がかなり高度なものになってしまっていて、ドラえもんをあくまで「ロボット」として描いていたF先生の世界観からは少し遠くなってはいる。 例えば、のび太が疲れないように甘やかし続けていくドラえもんの姿はなかった。 その姿勢がドタバタを生み出し、ストーリー展開につながっていくのが『ドラえもん』だった。 本作ではのび太が疲れてへばったところで、秘密道具を活用していた。 それもストーリー的には軽い演出で済まされていた。 ドラえもんの子守設定がちょっと違っている。 まあ、本作に限っていえば、これはさほど前面に出てきてはいない。 それとやや残念だったのは、「友だち」「仲間」ということのテーマ性の強さ。 それは映画を見れば自然と分かったものであって匂ってきたものであって、あからさまな演出をする必要のなかったものだった。 ましてや言葉で言わせるなんて。 「仲間」というものが陳腐なものになってしまっていて残念だった。 これは新ドラ全体に及んでしまっている。 あざとさ。 だけど一番残念だったのは、敵であっても、人間の死んだシーンが描かれていること。 アジア的なヒューマニズムがF先生作品の真骨頂だったのに、見事に破壊されている。 5人の近くで死んでしまうなんて、『ドラえもん』じゃない。 旧作・原作のドラえもんは、たとえ敵であっても人間の命は助けた。 最終的に大人が逮捕して裁いていた。 地味に大事なところだったのに。 人が死んだ状況を体験してきたのに、ラストシーンでどうして笑顔でおわれるのか。 目の前でおきた人の死に対し、無関心な少年少女の姿があった。 非常に残念だった。 それと絵が酷い。 『クレヨンしんちゃん』を彷彿とさせるものがある。 シンエイ動画の手抜きか、おふざけか、その両方かだと思った。 そういうシーンがあったことも非常に残念だった。 絵…毛羽先で撫でたようなガタガタの輪郭 動画…動かなくていいところまで意地でも動かす疲れるだけの画面作り 声…ひたすら不快におどけているだけのオーバーアクションな演技 シナリオ…上記3項目が鼻につきすぎて評価すらできないレベル 最低なのがピー助の声でした 大きくなってからの声が本当にひどすぎてもう見てられないレベルで無理でした 拷問としか言いようがないです 調べてみたらこの配役を疑うしゃがれ声と大根演技はなんとあの神木隆之介ですね(笑) とりあえず酒でも飲んでるときにドラえもんの話が出たらスタンドバイミーともどもあれは本当にどうしようもないクソ映画だったねと話題にするくらいしか意味のない映画かと思います 確実に言えるのはこれを見るくらいなら旧作を見たほうが確実に有意義な時間を過ごせます 旧作はおすすめです この作品は良くも悪くも「水田世代の新ドラえもん」とは何かが問われた作品となっています。 2020 令和2 年 新型コロナでの新恐竜の公開延期後 に改めて確認してみました。 2006 平成18 年に水田新ドラで求められていた課題を乗り切ろうとする様子が見えます。 原作の「のび太の恐竜」は映画化を初めて行う、大長編シリーズの先駆けとなった作品でした。 原作には基となる通常のシリーズの1話があり、鼻でスパゲッティの後からが原作のオリジナルでした。 そのため、原作・旧作において色々な枠組みを構成する必要がありました。 本作ではカットされていますが、原作では「24世紀」から敵が来たという、かなり無理な設定が入ります。 日本誕生などでも明らかになったように、進めるのは1世紀で充分で、2世紀は無理があります。 そうした無理や余分 ひらりマントで敵のビームをかわす、タケコプター停止で歩くシーンが無闇に長い などは本作ではカットされています。 一方、もし池に恐竜がいたなら、というピー助救出騒動は 原作より遥かに大掛かりに 描かれています。 2002 平成14 年のタマちゃんフィーバーなどを思えば、これ位の騒動は確かに考えられます。 この作品の前年に声優の大掛かりな変更があり、映画を1年止めた上での本作には問われていたことがありました。 それは「大山ドラえもん世代を如何に納得させるか」につきます。 絵のタッチも子ども向けに変わった段階です。 単にマイナーチェンジだけでは「旧作の方が良かった」という声には勝てません。 水田ドラえもんから入った方には信じられないのかもしれませんが... 大山ドラえもんには様々な神がかった伝説が幾つもあり、それを乗り越えるには相当な努力が必要でした。 ドラえもん史をご存じの方なら当たり前の事項ではありますが、ドラえもんは1度日テレで打ち切られています。 テレ朝で復活するときに丁度起用されたのが大山ドラえもん時代の声優となります。 しかし、藤子・F・不二雄先生がその大山さんの声を聞いて「ドラえもんってこういう声をしていたんだね」という趣旨の発言をしたことは今でも伝説として言われています。 ドラえもんが「ぼく」と呼ぶのも、こうした大山ドラえもん時代のアドリブから来ています。 そうした様々な大山ドラえもん世代を知る層からの「重圧」を乗り越える試練としてこの作品はありました。 だからこそ、敢えて第1作に改めて挑むということをする必要があったのです。 あれから14年経ちますが、この作品は改めて見ると、その重圧を確かに乗り越えたと思います。 私はその1因として「スネ夫の原点回帰」があったものと思います。 原作でもスネ夫は大事な決断の前に嫌がるシーンはあるのですが、割とサクッと乗っかります。 これに対し、本作ではスネ夫は「かなり」嫌がった結果渋々従う、という部分が強調されています。 水田新ドラの映画の1つの共通点として、こうした大事な決断の前にスネ夫が嫌がるシーンの強調があります。 しかし、スネ夫の名前を考えれば、拗ねるシーンは大事であり、その意味では大事な演出です。 スネ夫は単なる金持ちの子でも、単なるジャイアングループの2番手でもないのです。 また、今では割と当たり前ではありますが、この頃はコンプライアンスへの強化が必要とされた時代です。 それは漫画・アニメ業界にも浸透・葛藤していた部分があります。 特に「しずかちゃんの裸」に関しては、児童ポルノの代表格として名指しで批判される位の状況もありました。 原作の時代はそのような時代ではなかった為、例えば着せ替えカメラでのチョイスミスなどのシーンがあります。 原作ではこのシーン、しずかちゃんは「前向き」なのですが、本作では後ろからのアングルになっています。 また、このチョイスミスを偶然とするため、全員まとめての撮影とそのための水着の絵を描くシーンがあります。 恐らくこのシーンを「カット」となると別の批判が飛びかねない中での切り抜け策だったと思われます。 残念なシーンとしては他の方もご指摘なされていますが、次の部分が挙がります。 大人になったピー助の神木隆之介さんの声。 声質がこのキャラとは合っていません。 この人をこの作品に起用するなら、敵役の1人、例えば道楽として参加している敵役などの方が良かったでしょう。 「その一言しか喋れない」条件での喜怒哀楽の意思表示などは、非常に難しいものがあります。 ポケモンでのこおろぎさとみさんの「ピカチュウ」やサザエさんのイクラちゃんをイメージしてみましょう。 話題性を考えるにしても、恐竜の声はやはりその手の声優さんにお願いすべきだったと思います。 敵役の1人が岩に押しつぶされるシーン。 本作オリジナルの筈です。 このシーンを描くなら、ギリギリ回避したところをタイム・パトロールに捕まる、とかの方が賢明です。 人が潰されるシーンの直後にはやはり衝撃を見た顔が必要ですが、本作にはそれがありません。 タイム・パトロールを「断ってから」の東京までの道のりがカットされている。 敵と戦うシーンではまだ 多分 北海道にすら辿り着いてはいなかった筈で、ラストが急すぎます。 これをやるならやはりタイム・パトロールに「その場所まで連れて行ってもらう」シーンが必要です。 少なくともタケコプターは壊れていて、ピー助が運ぶ以外の手段がないはずなので。 東京まで来ても、のび太が住む練馬の該当の場所まで自力で探すのは困難な筈です。 一応、世田谷ドラえもん研究会の見解を思い出すと、「ドラえもん7巻以降の」のび太は練馬在住の筈です。 ただ、そうした部分を差し引いても、この作品に与えられた役割は達成できたといえるでしょう。 つまり現代のドラえもん映画 水田新ドラによる映画 の基本設定の策定です。 大長編ドラえもんの醍醐味は、のび太達5人が冒険に出て危機に陥るも意思と勇気と秘密道具で乗り越える事だと思いますが、この作品は全然駄目ですね。 1 タイムマシン航行中に密猟者に追いかけられるシーン。 これは絶対にシリアスに描かなければならないシーンです。 にも関わらず、風圧で顔の皮がよれる余計なコメディを入れる事で緊張感が損なわれています。 また、この時ピー助が吹き飛ばされそうになるんですが、この時のび太が全然危機感の無い顔をしています。 ピー助を大事に思っているならもっと慌てふためきながら必死に助けようとしないとおかしいです。 2 焚き火してたらティラノサウルスが出てきて、襲われかけるんだけど何もせずに去って行くのは何なのでしょう?本来ならここは、秘密道具で何とかするとか、あるいはティラノは目が悪いから怖いのを堪えてジッと動かずにやり過ごすとか、知恵・勇気・意思の力で危機を乗り越えるという大事な場面です。 3 超大型恐竜の足元で踏み潰されないように気をつけなければならない状況で、ジャイアンが危機感無く特になんの意味もなく仰向けに寝転がっているのは何を表現したいのでしょう? 4 タケコプターで峡谷を飛行中、翼竜に追いかけられて逃げている最中にジャイアンのタケコプターが故障し落下してしまうのをのび太が助ける重要なシーン。 流れの中で一瞬であっさり助けてしまうので全然印象に残りません。 タケコプターの調子が悪い様子をつまらないコメディ描写するのを止めて、代わりにジャイアンの危機、のび太の勇気をしっかりと描くべきです。 5 激流の中での密猟者とのバトルシーン。 ここもシリアスに描かなければならない部分なのに、粘着弾がくっついた密猟者やスネ夫の顔が餅みたいにびよーんと伸びるつまらないコメディのために緊張感が損なわれています。 6 滝からのび太とドラえもんとピー助が落下するシーン。 落下しながらドラえもんが「何とかお守り」を出して助かるんですが、何回聞き直しても道具の名前が聞き取れないし、道具の効果でどのように助かったのかの描写も無いので、ただラッキーで助かったように見えてしまいます。 7 密猟者との最後のバトルシーン。 最大の見せ場なのに、のび太達の力で危機を乗り越えたのではなく、勝手に密猟者が自滅しただけの印象です。 8 ピー助との別れのシーン。 ピー助は仲間に会えて嬉しそうにしています。 ピー助を愛しているなら、のび太は「ピー助、仲間に会えて良かったな、元気でな!」と満面の笑みでピー助に別れの挨拶をして、背中を向けてから一筋の涙がこぼれる、となるべき所です。 ところがこの作品では、ピー助が仲間に会えて喜んでいるのには全く目を向けず、自分勝手な感情で醜く泣き喚き、またまた余計なコメディタッチで七転八倒するのび太。 ドラえもん・ジャイアン・スネ夫・静香も大袈裟に顔をぐちゃぐちゃにして1リットル位涙をこぼして号泣。 キモい。 視聴者の感情を追い越してキャラが過剰な演技をしたら、視聴者がドッチラケになるという事が、製作者は何故分からないのか? …普通に観たら「なんとなく違和感」で終わってしまうんですが、文章化したらこんなになってしまいました。 違和感の正体をまとめるとこんな感じです。 ・危機を危機と認識していない頭が弱いのび太達 ・知恵・勇気・意思の力で危機を乗り越えるのでは無く、ただラッキーで事なきを得る頭の弱い展開 ・とりあえず最後は泣かせたい製作者。 「はい、ここ泣くとこですよー」という頭の弱い誘導 こんな作品を子供が観ると、頭が弱くて意志も弱い、ボケーっと人生を生きる人間になりそうで本気で心配です。

次の