眼瞼下垂 口コミ。 切らない眼瞼下垂手術は元に戻る?ビフォーアフター&術後3年8ヵ月後までの経過写真・効果口コミ | 本気モードのアンチエイジング

全国の眼瞼下垂の治療実績・手術件数 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

眼瞼下垂 口コミ

やっぱり実際に調べてみると、アイアクトクリームを使った人の中にも効果を感じられなかった人は多少いるみたいですね。 そこで、アイアクトクリームの効果を感じなかった人達の 共通点を探ってみると 以下の2つであるとことが分かりました。 1日の使用量が少ない• ピクピクの症状がかなり重い まず、「1日の使用量が少ない」という共通点ですが、1つの目の口コミを見ても分かるように、もったいないからといって1日に一回少量しか塗っていない人もいるみたいです。 これでは効果が出ないのも無理ありません。 というのも、にも書かれているように、アイアクトクリームを塗るときは 少なくとも朝晩 2 回が推奨されています。 なので、効果を実感したいならケチらず使うことがポイントです! 「ストレスからか目の疲れからかわからないのですが、目がたまにピクピクと痙攣することがありました。 だんだんと目がピクピクすることが多くなり、左側の顔が全体的にピクピクするようになってしまい、どうしようか悩んでいました。 ネットで検索すると同じような症状の人がアイアクトクリームを使って改善できたと言っていたので、自分も試してみることに。 自分は肌が弱く敏感肌なので、肌に悪影響があるか心配していましたが、何も問題なく使うことができました。 顔のピクピクも改善されていて、 使い続けてよかったなと思っています!また目も以前のようにパッチリ二重に!これからも継続したいと思います。 」 アイアクトクリームがおすすめな人・おすすめじゃない人 アイアクトクリームが おすすめな人は、• 瞼のピクピクに悩んでいて、じっくりと症状を抑えたい方• 敏感肌の方• 手術ではなくて自宅でケアしたい方 この2つにあてはまる方は、アイアクトクリームがおすすめです。 アイアクトクリームが おすすめじゃない人は• 瞼のピクピクを今すぐに治したい方• ピクピクの症状がかなり重度の方 これに当てはまる方は、アイアクトクリームはおすすめできません。 定期購入をするとなると、解約のことを心配に思う方もいるかもしれませんが、これなら安心です。 定期購入が最もお得な購入方法なので、もしかうなら定期購入でアイアクトクリームを買うのがおすすめです。 アイアクトクリームの使い方は簡単!1回10秒で終わる! アイアクトクリームの使い方は1回10秒で終わるため、簡単です。 手間のかかるケアなら使うのが億劫になってしまいますが、簡単なケアなら継続して使えますよね。 クリームを手に取ります。 痙攣を感じている側の顔半分に軽く伸ばすように塗布します。 顔面の痙攣症状が強い場合は、顔全体に塗布することで効果が高まります。 これだけのケアで終わるなんて、かなり楽ですよね。 また、朝や日中、夜の時間帯別の塗布のポイントについては 朝は、スキンケア後、メイクをする前にアイアクトクリームを塗布しましょう。 塗布したばかりのベタつきが気になる場合は、ティッシュオフすると化粧にも影響はありません。 日中でも、 痙攣が気になる場合はメイクの上から塗ることもできます。 夜は、朝と同じようにスキンケアをした後に、アイアクトクリームを塗布するだけで大丈夫です。 アイアクトクリームに副作用はないの?安全性を調査してみた! アイアクトクリームは、副作用ではないですが「肌荒れ」が起きることがあるみたいです。 調べてみるとアイアクトクリームを購入した人の約3%の方が、肌荒れが起きていしまっているみたいです。 もちろんアイアクトクリームは、敏感肌の方でも使えるような成分で構成されています。 しかし、化粧品にはどうしても肌に合う・合わないがあり、個人差があるので、肌荒れを起こしてしまう可能性は0にはできないのが現実です。 アルジルリンが配合されていれば、顔のピクピク対策はもちろん、シワの対策もできますね。 顔のピクピクと同時にシワに悩んでいる方は、アイアクトクリームでどちらも改善できるので、一石二鳥ですね。 アルジルリンが配合されているシワ防止の化粧品は他にもあり、で紹介されたこともあります。 シンエイクは、スイスの製薬会社が、シワを伸ばす目的で開発しました。 シワを伸ばす効果が期待できる理由は、アルジルリンと同じように、筋肉の緊張を緩めるから。 この筋肉を緊張を緩和する作用で、顔のピクピクも改善されるのです。 期待できる効果によって購入を決めるといっても過言ではありませんよね。 ピクピクと感じるのは同じでも、それぞれ症状による効果を確かめておく必要があります。 以下では、アイアクトクリームはどんな効能が期待できるのかなど、詳しく解説します。 アイアクトクリームが瞼のピクピクに効く理由• アイアクトクリームの眼瞼痙攣への効果• アイアクトクリームの片側顔面痙攣や顔面痙攣への効果• アイアクトクリームの眼瞼下垂症への効果• アイアクトクリームの顔面麻痺や顔面神経麻痺への効果• アイアクトクリームの効果が感じられる期間 アイアクトクリームが瞼のピクピクに効く理由 先ほど紹介したアイアクトクリームに配合されている3つの成分( アルジルリン ・ シンエイク ・ プロジェリン )が、顔の筋肉の緊張を和らげます。 顔面麻痺・顔面神経麻痺は、表情筋を動かす顔面神経の負傷が原因で、顔面が硬直し、動かなくなることを指します。 顔面麻痺・顔面神経麻痺は主に顔の片側に症状が現れることが多いです。 口元からよだれが出たり、飲み物や食べ物が口からこぼれたりすることが頻繁にある場合は、顔面麻痺・顔面神経麻痺の可能性があります。 他にも、口角から空気が漏れて喋りにくく感じる、目が完全に閉じないなどの症状も。 アイアクトに配合されている3つの成分は、筋肉の緊張をほぶし、顔の引きつりにも作用します。 そのため、顔面麻痺や顔面神経麻痺の改善の効果も期待できます。 アイアクトクリームの効果はどのくらいの期間で感じられる? アイアクトクリームの効果を感じられる期間については、口コミを見るとだいたい2ヶ月ほどで効果を感じる方が多いです。 アイアクトクリームは即効性のあるものではありません。 そのため、数回使っただけで治るというわけではないので注意しましょう。 ちなみに、皮膚のターンオーバーはだいたい28日ほどと言われています。 アイアクトクリームの効果を感じるには、2ヶ月を目安に理想です。 また、口コミはだいたい2ヶ月で効果を感じる方が多かったものの、個人差はもちろんあります。 2ヶ月以内で効果を感じることができる方もいれば、2ヶ月以上経ってもなかなか効果を感じることができない方もいます。 とにかく 継続することが大切なので、効果を感じる期間には個人差があることを前提に、アイアクトクリームを毎日塗り続けましょう。 知っておきたい!アイアクトクリームの口コミサイトなどでの評価 アイアクトクリームを最安で購入する方法や効果など解説してきました。 ですが、やはりまだまだアイアクトクリームを使ったことのある人の声が聞きたいですよね。 購入する前に、気になる疑問を解決しておきたいものですよね。 アイアクトクリームは薬(医薬品)か?• アイアクトクリームは医学誌に掲載されているのか?• アイアクトとアイアクトリッチの違いとは?• アイアクトクリームは男性でも使えるのか? この4つの疑問について、詳しくご説明します。 アイアクトクリームは薬(医薬品)ですか? アイアクトクリームは「薬(医薬品)」ではありません。 アイアクトクリームは 「化粧品」の分類です。 まず、医薬品と化粧品の説明です。 医薬品は、病気やケガの治療、予防を目的としていて、配合されている有効成分の効果が、厚生労働省によって認められているもの。 一方、化粧品は身体を美化する、健やかに保つことを目的としていて、効果は緩やかなもの。 アイアクトクリームは化粧品のため、医薬品のような病気の治療を目的としているものではありません。 即効性もないため、しっかりとした医薬品で治したい方は、医師に診察してもらうようにしましょう。 アイアクトクリームが医学誌に掲載されているってホント? アイアクトクリームはメディアに多数掲載されていることをよく知られてますが 実はアイアクトクリームは化粧品ながら、さまざまな医学誌にも掲載されています。 医学誌に掲載されるなんて、かなり実力派のクリームですね。 医学誌に掲載されていることから、信用できると思った方も多いのではないでしょうか。 効果には個人差もありますし、一概には目の痙攣を改善できるとは言えません。 ですが、効果に個人差はあっても、効果を感じている人が多いですし、怪しい成分が含まれているなんてことはありません。 医学誌への掲載や、効果の口コミ、内容成分から分かる通り、信用性は高い商品です。 アイアクトとアイアクトリッチの違いって? 「アイアクト」とネットで検索すると、「アイアクトリッチ」と出てくるものもあります。 公式販売ページでは「アイアクト」という名称で扱われているため、アイアクトとアイアクトリッチに違いがあると思いがちです。 ですが、 アイアクトとアイアクトリッチに違いはありません。

次の

全国の眼瞼下垂の治療実績・手術件数 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

眼瞼下垂 口コミ

重い眼瞼下垂: まぶたが瞳孔をふさいでいる 眼瞼下垂は主に 先天性眼瞼下垂(生まれつきの眼瞼下垂)、 後天性眼瞼下垂(生まれた時は眼瞼下垂はなかったがその後まぶたが下がってきた状態)、 偽眼瞼下垂(一見眼瞼下垂のようであるがそうではない状態)に分類されます。 原因や程度により治療法や治療効果などが異なります。 最も頻度が高いのは後天性の眼瞼下垂です。 眼瞼下垂の分類 先天性眼瞼下垂 単純先天性眼瞼下垂 瞼裂狭小症候群 など 後天性眼瞼下垂 腱膜性眼瞼下垂 ・ 加齢性眼瞼下垂 ・ ハードコンタクトレンズ眼瞼下垂 神経に問題がある眼瞼下垂 ・ 重症筋無力症 ・ 動眼神経麻痺(脳梗塞、脳動脈瘤など) 筋肉に問題がある眼瞼下垂 ・ ミトコンドリアミオパチー ・ 筋強直性ジストロフィー など 偽眼瞼下垂 眼瞼皮膚弛緩症 眉毛下垂 眼瞼痙攣 眼球陥凹 小眼球症 など 先天性眼瞼下垂はまぶたを上げ下げする筋肉である上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)自体の発達やそれを動かす神経の発達異常によるものと考えられていて、生まれつきまぶたが下がっている状態です。 ほとんどの場合視機能の障害を及ぼすことはなく、通常は手術を急ぐことはありませんが、まれに弱視や斜視の原因となったり、これらを合併している場合もありますので眼科での診察と経過観察が必要です。 後天性眼瞼下垂とはもともとは普通にまぶたが開いていた人が少しずつまたは急にまぶたが下がってきた状態です。 ほとんどの場合は数年間かけて少しずつ下がってくる腱膜性(けんまくせい)の眼瞼下垂です。 腱膜とはまぶたを上げ下げする筋肉(上眼瞼挙筋)の末端部の腱のことであり、これが伸びたりゆるんだりしてしまうことによる眼瞼下垂を腱膜性眼瞼下垂といいます。 いわゆる「年をとって目が小さくなってきた」という加齢性の眼瞼下垂の場合が最も多くみられます。 その他ではハードコンタクトレンズの長期装用者や内眼手術(白内障手術、緑内障手術、硝子体手術など)の既往のある人にも生じてくることもあります。 ほとんどの後天性眼瞼下垂がこの腱膜性眼瞼下垂ですが、まれに神経や筋肉が原因の場合もありますので注意が必要です。 偽眼瞼下垂とは本当は眼瞼下垂ではない状態で、眉毛下垂や眼瞼痙攣、眼瞼皮膚弛緩症、眼球陥凹、小眼球症などにより、一見眼瞼下垂のようにみえてしまう状態です。 眼瞼の解剖図 眼球の後方からまぶたを動かす筋肉(上眼瞼挙筋)がのびてきて、その末端の膜(上眼瞼挙筋腱膜)がまぶたの組織につながっている。 症状 まぶたをきちんと上げることが困難になるために、無意識に前頭筋(おでこの筋肉)を使ってまぶたを上げる手助けをしようとします。 そのために眉毛の位置が上がり、おでこにしわが寄ります。 それでも視野が狭い場合には正面を見る際にあごを上げるようになります。 眼精疲労や頭痛、肩こりの原因になるともいわれています。 まぶたを上げ下げする筋肉の末端(上眼瞼挙筋腱膜)は二重まぶたを作る膜でもあるので、眼瞼下垂が生じてくると、二重の幅が広くなってきたり三重まぶたになってきたりします。 後天性眼瞼下垂の一部には複視(ものが二重に見える)を伴うものもあり、急いで対応した方がよいものも含まれています。 これは眼科や内科できちんとした診断と治療を受ける必要があります。 診断 正面を見た状態で上眼瞼が瞳孔にかかっていたら眼瞼下垂です。 鏡で見て程度がわかりにくい場合は、フラッシュつきのデジタルカメラにて撮影をすると判定しやすくなります。 どのタイプの眼瞼下垂かを診断するには、上眼瞼挙筋機能の測定が重要です。 これは前述した眼瞼を上げ下げする筋肉(上眼瞼挙筋)がどれくらい動いているかを見るものです。 眉毛の上を押さえおでこの力を使わないようにした状態にして、最も下を見たときと最も上を見たときのまぶたのきわの移動距離を測定します。 上眼瞼挙筋機能は通常15mm程度です。 後天性眼瞼下垂で最も頻度の高い、腱膜性の眼瞼下垂は腱膜の付着部が少々ずれただけの状態であり挙筋そのものの運動は問題ないので、上眼瞼挙筋機能は正常に保たれています。 上眼瞼挙筋機能が低下していれば筋肉そのものかそれを動かす神経に問題がある可能性があります。 ある日急にまぶたが下がった場合には脳梗塞、脳動脈瘤や糖尿病などによる動眼神経麻痺などが疑われますのでCTやMRIでの頭蓋内の検査や血液検査を要します。 朝は普通にまぶたが上がっているが夕方になると開かなくなるというように日内変動が大きい場合は重症筋無力症という神経の疾患が考えられ血液検査などを要します。 筋肉自体に問題があるものとしてはミトコンドリアミオパチーや筋強直性ジストロフィーなどがありますがとてもまれです。 いつから眼瞼下垂が生じてきたかということも診断の助けになります。 先天性眼瞼下垂は生まれつきまぶたが下がっている 上がらない 状態ですので、いつから下がっているかを聞くことにより比較的診断は容易です。 先天性眼瞼下垂は程度が様々であり、ごく軽度のものであれば本人にも気付かずに経過することもあり、これに加齢性の変化が加わった場合は診断困難な場合もあります。 先天性眼瞼下垂はまぶた自体の動きが悪いため、まぶたが上がらないだけではなく下がりも悪い状態です。 下を見たときに上まぶたが下がらずに白目が見えてしまったり、目を閉じたときにきちんと閉じきれず、少し白目が見えていたりします(閉瞼不全)。 治療 先天性眼瞼下垂や腱膜性眼瞼下垂に対しては、まぶたを上げる手術を行います。 脳梗塞や重症筋無力症のように他に病気があってそのため眼瞼下垂が生じている場合は、原因の病気の治療を行います。 これらの眼瞼下垂は自然に回復してくることも多いのでそのまま様子をみて6~12ヶ月経過しても改善しない場合はまぶたを上げる手術を行います。 眼瞼下垂の手術には大きく分けて2通りの方法があり、前述した上眼瞼挙筋の機能に応じて適応を考えます。 小児であれば全身麻酔で行います。 個人差がありますが10歳くらいから局所麻酔での手術が可能な場合もあります。 大人であれば通常は局所麻酔で、条件によっては日帰り手術でも行えます。 これには皮膚を切開する方法とまぶたの裏の結膜を切開する方法がありますが、当院では基本的に皮膚切開で行っています。 二重まぶたのしわに沿って皮膚を切開し、ゆるんでいる挙筋腱膜を縫合します。 これはおでこの筋肉の力を利用してまぶたを動かす方法で、まゆげの上とまつげの上の2か所を切開して何らかのもので連結させるものです。 材料としてはゴアテックスという人工の膜や太ももの奥の腱膜(大腿四頭筋腱膜)や太めの糸などが用いられます。 他に眼輪筋という目の周囲の筋肉を利用して前頭筋に吊り上げる方法もあります。 これらの手術の目的は正面を見たときに少しでもまぶたを上げた状態にすることです。 上眼瞼挙筋の動きを得ることはできませんので、術後は少なからず目を閉じることが困難になります。 手術後に予測されること 個人差がありますが、手術後1週間くらいはまぶたの腫れが強く出ることがあります。 1か月くらいかけてかなり自然な状態になりますが、完全に回復するのには数か月かかります。 腫れているあいだは二重まぶたの幅がとても広く見えますが、腫れがひけば予定していた二重の幅になります。 内出血が生じて青あざのようになる場合もありますが、皮下で広がりながら次第に吸収されてきます。 一時的なものなので問題ありません。 傷あとは通常はまぶたのしわに隠れてしまうので数か月するとほとんど分らなくなりますが、完全に消失するわけではありませんので、気にされる方は手術を受けないほうがよいでしょう。 まぶたが上がりすぎてしまった場合(過矯正)、まぶたの上がりが不足している場合(低矯正)、左右差がある場合は再手術を要すこともあります。 傷あとや左右差などについては細心の注意を払いますが、容姿を気にする方は美容外科での手術を受けることをおすすめします。 術後に上まぶたの皮膚のたるみが気になってくることがあります。 この場合は皮膚のたるみを切除する手術を行うことも可能です。 慶應義塾大学病院での取り組み 眼瞼下垂の診断と治療は形成外科と眼科で行っています。 基本的な治療指針はどちらの診療科でも変わりません。 腱膜移植を伴うような重度のものや外傷後などの特殊なケースは形成外科で行いますが、一般的なものであれば眼科でも対応しています。 まぶたが瞳孔にかかっていないようなごく軽度の眼瞼下垂で視野が狭くなっているわけではない場合は、手術の目的が美容的(病気の治療ではなく、より美しくするための手術)なものになるので保険適応がありません。 また、肩こりの解消目的の手術は当院で扱うことはできません。 さらに詳しく知りたい方へ• 野田実香(訳) 眼形成手術カラーアトラス エルゼビアー社 医師向けの書籍ですので専門的な内容になっています。 中島龍夫(編) 子どものための形成外科 永井書店 小児の先天性疾患を中心に、平易に記載しています。 文責: 最終更新日:2018年2月20日.

次の

リッドキララは眼瞼下垂に効果なし?気になる口コミや評判とは

眼瞼下垂 口コミ

眼瞼下垂手術を保険適用で受けてから1ヶ月経過しました。 写真と感想を掲載します 保険適用で、眼瞼下垂の手術を受けて1ヶ月経ちました。 術前の写真と術後1ヶ月の写真を掲載します。 また、その感想や生活の変化、病院の口コミなども合わせて書いていきます。 眼瞼下垂って何?眼瞼下垂とは? 眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、先天的理由、後天的理由(眼筋疾患・加齢・コンタクトレンズ装用・自己免疫疾患等)により、上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる疾病の一つ。 (wikipediaより) 私の起こった眼瞼下垂の症状 私は数年前から、右目の黒目の中央の一番黒い部分にまぶたがかかるようになってしまい、視野が狭くなったことと、まんせい的な眼精疲労による、眼球の筋肉痛のような症状に悩まされていました。 疲れすぎると頭痛が出たりすることも。 目薬をさしたり、右目まぶたを指で持ち上げたりと自分なりに工夫しましたが、症状は改善せず。 ネットで調べて「眼瞼下垂」なんだろうなあとはわかっていました。 眼瞼下垂手術(経皮法)とは?眼瞼下垂手術の内容について 皮膚切開法では重瞼形成術と同じく上眼瞼上の皮膚を切開し、上眼瞼挙筋(levator palpebrae superioris)から続いている眼瞼挙筋腱膜(levator aponeurosis)を眼瞼瞼板(tarsal plate)に縫合したり、ミュラー筋(Muller's muscle)(場合により結膜も)を短縮する手術を行うことにより、治療できる。 (wikipediaより) 難しすぎる… 簡単に説明すると、まぶたを開く筋肉がたるんでるから、まぶたが開きにくくなってしまったので、まぶたの外側を切って目を開け閉めをする筋肉を縫い縮める手術をします。 眼瞼下垂の手術にふみきるまでの葛藤 眼瞼下垂という自覚はありましたが、手術への思い切りがなかなかつかず数年経過。 なぜ手術をためらったのかいくつか理由をあげておきます。 「整形手術」にあたるのではないか、知人に影で「あいつ整形したやろ〜?」とか言われて、バカにされたりしたらどうしよう• 手術が失敗して目の形が変になったらどうしよう• 目のまわりを手術するのは痛そう• 保険適用でも5万円もする(高い)• 保険適用外ですと言われて、20万円以上かかったらどうしよう 主にこんな理由で、手術をしませんでした。 中でももっとも手術をためらった理由が、知人に影で噂されることでした。 眼瞼下垂手術は目の整形手術とほぼ同じ内容なので、黙っていたら「二重整形」と思われる可能性が高く、「ブスのくせに整形して」というような陰口が怖かったんです。 私が眼瞼下垂の手術を決断できた理由 それは、親しい友達が眼瞼下垂の手術をカミングアウトしてくれたから。 言われるまで全然気がつかなかった。 仕上がりも自然だし、視界もクリアになったと満足そうに教えてくれました。 彼女は眼瞼下垂の手術をしたことを、言いふらしている風でもなく、誰も彼女に対して「あいつ二重整形したぜ」と言ってる風でもなく。 私は単なる自意識過剰マンだったんです。 恥ずかし〜!! ていうか、冷静に考えたら影で何を言われたってどうでもいいんですよね。 友達の見立てでは、私も保険適用になるよ〜とも言ってもらえたし、完全に背中を押してもらう形で手術を決心することができました。 友よ、ありがとうやで。 眼瞼下垂の手術後の感想と口コミ お待ちかねの眼瞼下垂の手術前、手術直後、術後1ヶ月の比較写真を掲載します。 私が病院を選んだ理由や、手術の口コミなどを一緒に記載しています。 眼瞼下垂の手術は外科的にはそれほど難しい手術ではないようですが、顔、特に目元は目立つ部位なので、お医者さん選びは慎重になさってください。 私は、秋葉原シティクリニックという眼瞼下垂専門医院で手術したのですが、 院長の小野寺 剛慧 医師に手術をしてもらって、良かったのか悪かったのか半信半疑という感じです。 追記:しかも手術して3ヶ月後には病院潰れました。 別のところでしたら良かったなと思っています。 手術前の目元写真 やはり右目の開きが悪いです。 右目だけの手術かと思っていたのですが、左目も軽度の眼瞼下垂という診断で、左右どちらも手術しました。 この時点では一重まぶたです。 手術直後の目元写真 目がしみてパッチリと開くことができなかったんですが、それでも黒目の真ん中にまぶたがかかっていません。 二重まぶたになっています。 術後1ヶ月経過した目元写真 二重の幅が狭くなってきました。 美容整形ではなく、保険適用なので、まぶたの開きやすさを最優先するため、ぱっちり二重にはならないと言われていたので、予定通りという感じ。 ただ、右目の根元の縫い合わせが少し不自然でガビガビしているのが気になっています。 まぶたを閉じた状態の写真も掲載します。 二重のラインに沿ってまぶたを切開するため、ラインが赤い1本線になっています。 医師曰く、経過は順調とのことですが、今が一番手術痕が目立つ時期ということでした。 今後だんだん馴染んでいくので問題ないらしいです。 気になるのは、軽く目をつぶると、右まぶたが閉じ切らないこと… 眠る時に白目になるとかはないのですが、浅く伏し目がちにすると、左目と比べると右目の方がまぶたの閉じが甘いです。 完璧な左右対称なんてないので、私は諦めて受け入れていますが、気になる人は気になるかも。 あくまで治療としての手術であり、美容整形的には微妙な仕上がりなのかな?という気がする日もあり。 でも、もしかしたら眼瞼下垂の手術をした人たちは皆こんなものなのかな〜という気がする日もあり。 とりあえず、おおらかに受け入れていくしかないんかなと。 眼瞼下垂の手術を終えて1ヶ月。 生活はどうかわったか? 眼瞼下垂の手術を 目玉の筋肉痛と、眼精疲労による頭痛はおもしろいほどピタリと止まりました。 そして、視野が広くなったので、バイクを運転する際も楽ちんです。 みんなに眼瞼下垂の手術をすすめてまわりたいくらい快適。 40年以上一緒に過ごしてきた慣れた自分の顔が変わるということで、新しい自分の顔に違和感を感じたりするんじゃないかと不安もありましたが、1ヶ月前の自分の顔なんて全く思い出せないよ。 人は慣れる! 数日で順応する! まぶたの閉まりのことや、右目元のガビガビがあったとしても、今のとこ手術してよかったと思ってます。 手術した病院がオープンして半年ちょいで引越しするってどうなん? 私は「秋葉原シティクリニック」という2018年1月に開院した眼瞼下垂専門医で手術を受けました。 病院選びの動機は• 「眼瞼下垂専門」という安心感• 新設だから最新設備の手術機器なんじゃないかな?• 医院長が若くて、美容整形畑出身なので見た目が美しく仕上がりそうな気がする という理由だったのですが、• いつ行ってもガラガラ• 電話予約したら、1時間後の予約が取れる という不安要素もあったんです。 眼瞼下垂専門医ということで、利益率はかなり高そうだけど、こんなにガラガラで秋葉原の一等地で大丈夫なんかいな、家賃払えるんかいなと思っていたら。 案の定オープンして1年もせずに9月1日から船橋に移転することに… 移転先はは千葉県船橋市ですってよ。 遠すぎひん? しかも「一旦これにて治療は完了にしましょう。 何かあったら連絡してきてね。 今のところ経過も順調なので3ヶ月検診なしでいいよ〜」ですって。 ゆるすぎひん? 眼瞼下垂関連の投稿はこちら jikobukken.

次の