フッ 化 水素 事故。 NaH(水素化ナトリウム)の取り扱い・事故・処理

韓国部品でiPhone不良発生、やっぱりフッ化水素の国産化は困難?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

フッ 化 水素 事故

概要 [ ] 、八王子市内にあるの院長である歯科医師(当時69歳)は、予防薬が少なくなったため、助手である妻(当時59歳)に注文するように依頼した。 同医師の妻は、虫歯予防用のフッ化ナトリウムのつもりで「フッ素」と市内の歯科材料会社に注文したが、注文を受けた社員は歯科技工に用いるフッ化水素酸と解釈してその日に同院へ配達した。 その際、に基づいて受領書への押印を求められたが(フッ化ナトリウムの納入では不要)、同医師の妻はその違いに気付かず印鑑を押して瓶を受け取り、その瓶を診療室の薬棚に入れた。 同医師も、従来使用していたものとは瓶の大きさやラベルが違うことに気付いたが(容器の外側には「フッ化水素酸」と表示されていた)、前年暮から取引を始めた新しい業者から納入されたもののため、違うメーカーのものが届けられたと判断し、使用しやすいように従来使用していたフッ化ナトリウムの瓶に移し替えた。 午後3時40分頃、市内に住む女児(当時3歳)とその母親(当時33歳)が、虫歯予防のためのフッ化ナトリウムを塗布してもらうために、同院に訪れた。 午後3時50分頃 、同医師は、フッ化ナトリウムと勘違いしたフッ化水素酸をにしみこませ女児の歯に塗布した。 その直後、女児が「」と訴えて仰け反った(フッ化ナトリウムは本来無味無臭である)。 同医師の指示で女児の母親と同院の助手の女性が女児の体を押さえつけ、再び液体を塗布したが、その直後に女児の口から白煙が上がり、暴れだして診察台から転がり落ちた。 腹痛を訴え床を転げ回る女児を母親が抱き上げると、口の周りが真っ赤にただれていた。 同医師は、初めての反応に対して特殊体質によるものだと判断し、強心剤を注射した上で通報した。 女児はで近所の病院に搬送されたが、症状が重篤であるため、に転送された。 同日午後6時5分頃、死亡した。 同医師が女児に付き添い医療センターに向かっている間に、妻は違和感を持ち、女児の歯に塗布した薬品を自分の歯につけたところ、強い刺激を感じ歯茎が荒れたため、うがいをして吐き出し、薬を間違えたと判断して、容器などを洗い、自宅ので焼却処分した。 また、同日にが業務上過失致死の疑いで家宅捜索に入り、診療室内の薬品や焼却炉内の灰を押収した。 、女児のの席で、同医師は高血圧性脳症を起こし倒れた。 また、同日のにより急性毒物中毒の特徴が確認された。 、が治療時の容器などを分析した結果、フッ化水素酸が検出された。 、は同医師を業務上過失致死で起訴した。 、同医師が治療ミスを全面的に認め、3850万円の慰謝料を支払うことで遺族との示談が成立した。 、でにより1年6ヶ月、4年の有罪判決を受け、この一審判決が確定した。 裁判 [ ]• 東京地方裁判所八王子支部(第一審)判決、昭和58年2月24日、昭和57年(わ)第1222号、『業務上過失致死被告事件』。 脚注 [ ] []• 」『日本経済新聞』、1982年4月24日、23面。 「フッ化水素酸のラベル確かめず」『毎日新聞』、1982年4月24日、21面。 「ニュース・スポット 毒物塗布の歯科医起訴」『読売新聞』、1982年9月29日、22面。 「三千八百万円で示談 虫歯治療で毒物塗布死」『読売新聞』、1983年2月8日、10面。 「ニュース・スポット 予防薬ミス歯科医有罪」『読売新聞』、1983年2月24日、14面。 」『日本経済新聞』、1983年2月24日、11面。 参考資料 [ ]• 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

亀尾フッ化水素酸漏出事故

フッ 化 水素 事故

日韓両政府は輸出管理をめぐる問題を議論する局長級の政策対話を16日に開き、24日を軸に日韓首脳会談の開催を調整している。 だが元徴用工問題などで両政府の認識には大きな隔たりがあり、どこまで歩み寄れるかは予断を許さない。 すでに韓国は日本からの輸入に依存しているフッ化水素の国産化を模索しているが、課題は少なくないようだ。 韓国メディアによると、LGディスプレイは米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)11 Pro」シリーズ向け有機ELパネルで、日本製から切り替えて国産化したフッ化水素に起因するとみられる大量の不良が発生した。 LGディスプレイは韓国での国産化に成功したというフッ化水素を使い、画面に縦じまが入る製品不良を発生させたという。 川下の組み立て段階で判明し、数十万枚のパネルが廃棄されたという。 一方で、品質トラブルの原因は国産フッ化水素ではなく、反文在寅政権の保守系勢力による扇動を指摘する声もある。 LGは今回の件を公表していない。 アイフォーンの有機ELパネルはこれまでサムスン電子が独占供給してきたが、19年9月発売の新モデルからLGもサプライヤーに加わっていた。 アップルは今回、サムスンからの調達量を増やして影響を最小限に抑えたとみられる。 半導体産業へのマイナス影響も出てきた。 SKハイニックスは19年内にもNAND型フラッシュメモリーなどの製造に使うフッ化水素の代替調達を始める。 韓国、米国、中国メーカーが候補に挙がる。 これまでは市況低迷で過剰気味だった製品在庫から供給するなどして急場をしのいだが、11月末に日本による輸出管理厳格化措置が撤回されなかったため代替調達に乗り出す。 日刊工業新聞2019年12月17日.

次の

八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故とは

フッ 化 水素 事故

ウォルターは遺体を「処分」するのに フッ化水素酸を使いましたが、実際には、フッ化水素酸で人体を溶かしてトイレに流せるレベルにまでするのは、かなり難しいようです。 より(微グロ注意なシーンなのでモザイク入れてます) フッ化水素酸はそれほど強い酸ではない 「これ実際どうなの?」と考える人は多いようで、質問サイトStack Exchangeには「(英語)」という質問がありました。 それによると、フッ化水素酸は有毒で腐食性がある「 怖い」酸ではあるものの、それほど「 強い」酸ではないそうです。 通常は薄めてガラスや陶器にエッチングする用途に使われるもので、もし人体に使ったとしても組織を壊すのにもかなりの時間がかかるし、時間をかけても排水に流せるような状態にはならないだろう、とのことでした。 MythBustersの実験でも「不可能」判定 また、都市伝説や映画のエピソードなどを検証する番組「 怪しい伝説()」では、2013年に「 ブレイキング・バッド特集」が放映され、実際に酸で遺体やバスタブ、天井まで溶かすことができるのかを検証しました。 実験では大掛かりなセットを組んでバスタブも準備。 人体ならぬ豚肉を溶かすために硫酸+ある化学物質(この物質が何かについて不明)を、ウォルターが使用した量の3倍も使用したようです。 結果、ものすごい煙と臭いと熱が出て、肉は溶けて真っ黒いドロドロした物体になったものの、かなりの部分が残っていました。 また、鋳鉄製のバスタブや天井は全く溶けず、そのままの状態だったので、 実現は不可能と判断されたようです。 MythBustersの「ブレイキング・バッド特集」のイントロ部分。 ヴィンス・ギリガンとアーロン・ポールが出演しています。 一方、現実に酸を使用した例がいくつもある ところが、現実は実験とは違うこともあるようで、実際に殺人事件で証拠を消すために酸を使用した例がいくつもあるようです。 例えば、イギリスのシリアル・キラー、 ジョン・ジョージ・ヘイグは「遺体がなければ殺人を犯しても罪にならない」と考え、被害者9人の遺体を硫酸を使って溶かしたようです。 残ったのはわずかな骨と入れ歯、胆石だけだったとか。 また、メキシコでは苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)で300体もの遺体を「処分」した「 シチューメーカー」と呼ばれる男が逮捕されています。 この男は麻薬組織の遺体処理係で、1体5万円で対立するギャングの遺体を「処分」していたそうです。 つい先月も、フランス トゥールーズで 「ブレイキング・バッド」を真似て遺体を溶かそうとした男女が逮捕されていました。 そして、なんとここ日本で、まさに フッ化水素酸を使用した例がありました。 2009年に千葉で逮捕された男が「遺体をフッ化水素酸で溶かして処理した」と供述した例があるようです。 (記事が削除されました。 ) 殺人目的で使用された例も フッ化水素酸は「溶かす」力は弱いものの毒性はかなり強く、また、腐食性は硝酸や硫酸より強いそうです。 付着するだけで体に浸透して、カルシウムで結合している部分(骨や組織)をなにもかも破壊していくそうで、心不全や低カルシウム血症を引き起こして死亡する可能性もあるとか。 実際に日本でも、交際を断られた腹いせに同僚女性の靴にフッ化水素酸を塗って殺害を図った男が静岡で逮捕されています。 被害者の女性は足の指5本を切断する重傷を負いました。 非常に恐ろしい物質なので、日本では毒物及び劇物取締法の医薬用外毒物に指定されています。 ちなみに、ウォルターが言っているようにテフロン(TFR、FEP)やポリエチレン、天然ゴム、ネオプレンなどは溶かさないそうです。 「ブレイキング・バッド」の化学は意図的に改変されている というわけで、実際に物語で使用していたような「用途」に向くかというとやや疑問が残るフッ化水素酸ですが、「ブレイキング・バッド」に出てくる化学、特に悪用されそうな化学は微妙な改変が加えられている事が多いようです。 DEA(麻薬捜査局)の化学チームや大学教授がアドバイザーとして参加しているそうなので、わざと悪用を避けるためにこのようにしているものと思われます。

次の