スガキヤ 京都。 スガキヤ 京田辺アルプラザ店

スガキヤラーメンは地元の人以外は美味しくないというのですが

スガキヤ 京都

お食事レポート Gourmet report 昔懐かしの味を求めてカナート洛北のスガキヤへ来ました。 地下のフードコートの一角にスガキヤはあります。 I went Sugakiya to look for my childhood taste. The restaurant is located at the food court at the Qanat Rakuhoku Shop. メニューを見ると、思っていたよりも品数が豊富。 There was more different types of ramen than I expected. ラーメン二郎にはやられた私ですが、 もともと大食い系なので特製ラーメン大盛(550円)をチョイス。 I ordered the large special ramen ¥550. スガキヤのラーメンの基本形は和風豚骨の白いスープです。 かつお節の味が強く効いています。 コショウとの相性が良さそう。 今回は大人らしく特製ラーメン大盛を頼みましたが、チャーシューはお子様サイズなのか小さいです。 肉の部位は昔はもっと脂身が多かった記憶がありますが、今日食べたのはほぼ赤身でした。 ここはとにかく値段が安くて、小さなお子様にラーメンを食べさせるのに最適なお店です。 子供はチュルチュル好きですから。 私も子供のころよく母親の買い物に付いてきて、スガキヤのラーメンを食べさせてもらっていました。 スプーンとフォークが一体化したおサジもスガキヤ独特ですね。 スガキヤは名古屋圏のチェーン店との事なので、そちら出身の方は特に懐かしいんじゃないでしょうか。 The standard soup of Sugakiya is Japanese style Tonkotsu pork soup. It has the taste of dried bonito shavings. It might be good with pepper. I ordered the large size ramen, but the roasted pork fillets were small. It used to be more fatty but there was more red meat part in the rasted pork today. Kids usually love the noodles. I used to go shopping with my mom, and eat at Sugakiya after. Sugakiya is originated from Nagoya, so the people from Nagoya might feel nostalgic when they come here. 筆者の採点・・・ 80点!!

次の

スガキコシステムズ

スガキヤ 京都

2府9県で36店が閉鎖へ 名古屋のソウルフードと呼ばれるほど、地元に定着しているスガキヤの「ラーメン」。 魚介だしと豚骨を組み合わせた独特の味わいが特徴で、価格は1杯320円(税込み)。 一般的なラーメンと比べると格安です。 出店エリアは、愛知、岐阜、三重、静岡の東海圏のほか、北陸や関西も合せて2府9県。 ユニーが運営する「アピタ」などの総合スーパーのフードコートをメインに展開し、小さな子供連れのファミリー層などに支持されてきました。 公式サイトの情報によると、8月までに閉店したのは27店舗(「寿がきや」業態を含む)。 9月に閉店する9店舗を合わせると計36店舗。 年初の時点で369店あった全店舗のうち、約1割に上る計算です。 県別に見ると、愛知(15)岐阜(5)静岡(3)大阪(3)三重(2)兵庫(2)奈良(2)石川(1)福井(1)滋賀(1)京都(1)となっています(詳細は記事末尾の参照)。 「スガキヤ欲を今後どこで満たせばいいのか…」 大量閉店を知った利用者は、Twitterに「スガキヤ閉店しまくってるけど大丈夫なんか?」「近所のスガキヤも閉店してしまう…スガキヤ欲を今後どこで満たせばいいのか…」と心配する投稿をしています。 運営元のスガキコシステムズに問い合わせると、赤字店舗の閉店による体質改善が目的だといいます。 「業界的に人手不足で手が回らないため、赤字の店舗を閉めて、黒字の店舗に回そうという意図も少しはあります。 9月末までで閉店はおそらく一段落します」と広報担当者は説明します。 特定の県からのエリア撤退という意味ではないそうです。 官報などによると、スガキコシステムズの2018年3月期の売上高は115億9,700万円、純利益は3億8,962万円を計上しています。 赤字店舗の大量閉店で、採算の改善を図ります。

次の

スガキコシステムズ

スガキヤ 京都

ラーメン店「スガキヤ」を運営するスガキコシステムズ(名古屋市中区)は25日、10月の消費増税に合わせ、ラーメンやソフトクリームなど主力の17商品を10~30円値上げすると発表した。 一方、トッピングなど約半数のメニューは価格を据え置き、客足への影響を小さくする考えだ。 ラーメンは税込み320円から330円、ソフトクリームは150円から160円になる。 一方、「お子様セット」(税込み490円)や、ラーメンや五目ごはんが少しずつ食べられる「まるごとミニセット」(同590円)など23品は価格を据え置く。 増税後の消費の落ち込みを抑えようと、新メニューも投入する。 10月1日から、かつて人気だった「天ぷらラーメン」(同450円)を40年以上ぶりに復活。 ラーメンの上に、約15センチのエビの天ぷらがのっているのが特徴だ。 軽減税率の8%が適用される持ち帰り商品の「ラーメンこしょう」と「お土産五目の素」は、販売を12月まで中止する。 店内飲食の10%と税率が異なり、レジの改修が必要だが、改修が間に合わなかったという。 スガキヤは、和風とんこつ味のラーメンで知られ、愛知県内を中心に別業態も含め約330店(10月1日時点)を展開している。 (石塚大樹).

次の