野菜 スープ。 最強の野菜スープの作り方はシンプル!ほぼ毎日食べ続けてます。

ハーバード大学式野菜スープの作り方と効果・残った野菜の活用法は?|むしめがね

野菜 スープ

文/鈴木拓也 体内で生成され、ウイルスや細菌を撃退する頼もしい「活性酸素」。 他方で正常な細胞膜を酸化させ、老人性のシミ・シワやアルツハイマー病の遠因となるだけでなく、DNAを損傷させてがんを誘発するリスクがあるなど、厄介な一面もある。 そのため、過剰な活性酸素を減らすことが健康長寿の秘訣と認識され、「活性酸素を無害化する」との触れ込みで、水素水が一時ブームになった。 消費者庁から効果に疑問ありと注意喚起されブームは去ったが、それよりもっと身近で、様々な研究で実効性が確認されているのが野菜だ。 そんな中、がん予防には「野菜スープ」が一番と『最強の野菜スープ』(マキノ出版)を上梓したのが、熊本大学の前田浩名誉教授だ。 『最強の野菜スープ』(マキノ出版) 前田名誉教授の本業は、副作用のない抗がん剤の研究。 この研究でノーベル賞候補にも挙がったが、がんそのものを予防する研究も行っている。 そして、長年の取り組みから、「がん予防の食事には野菜スープが一番」という結論に到達したという。 その理由は、野菜に含まれるファイトケミカル。 これは、植物が紫外線や害虫から身を護るために作り出す化学物質の総称で、カテキン、リコピン、カロテノイドなどよく聞く名前もフィトケミカルである。 前田名誉教授が、ファイトケミカルに注目したのは抗酸化作用。 本書では、以下のように説明されている。 ファイトケミカルの特長は、活性酸素を消去する強力な抗酸化作用があることです。 植物はファイトケミカルを内蔵しているおかげで、夏の太陽光の強い紫外線を浴びても活性酸素を消去でき、がんにかからないというわけです。 (本書36pより引用) 実は人間にも、活性酸素を消去する物質を生成する機能が備わっているが、加齢とともにその機能は低下してゆく。 それを補うのが、野菜のファイトケミカルというわけだ。 ただし、「生の野菜をそのまま食べても、ファイトケミカルはわずかしか吸収することができません」と前田名誉教授。 その理由は、野菜の細胞を包むセルロースでできた細胞壁を人間は消化できないため。 とはいえ、ゆでるだけで細胞壁は簡単に壊れ、中のファイトケミカルを摂取することが可能になる。 野菜のゆで汁の活性酸素消去力は、生野菜の実に10~100倍。 なので、野菜スープとして摂ることを前田名誉教授は大いにすすめる。 がん予防対策の野菜スープと言っても、食材や調理法に何か特別なものがあるわけでなく、誰でも家庭で作れる。 本書では何種かのバリエーションが紹介されているが、基本の作り方は以下のとおり。 1 タマネギ、ニンジン、キャベツ、カボチャ、セロリ、セロリの葉、トマトを合わせて300gほど用意し、よく洗っておく。 2 タマネギは一口大、キャベツはざく切りにするなど、各食材を食べやすい大きさに切る(ニンジンは皮をむかない)。 3 鍋に野菜を入れ、水を900ml注ぐ。 4 ふたをして火にかける。 沸騰直前に火を弱め約30分煮てできあがり。 前田名誉教授によれば、野菜に含まれるファイトケミカルには、体内の発がん物質の解毒・排泄作用を高める、腸の善玉菌を活性化させ免疫力をつける、抗がん剤の副作用を抑えるなどの効果もあるという。 材料は安価で、冷蔵・冷凍保存もできるので、日ごろの食事に適宜加えて、がんを寄せ付けない体質づくりをはかるとよいだろう。 * * * 【今日の健康に良い1冊】 『』 (前田浩著、本体1,300円+税、マキノ出版) 文/鈴木拓也 老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。 趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

次の

くず野菜のだしでつくる栄養満点スープ3品

野菜 スープ

・タマネギ 血液をサラサラにして血行を促進する働きがあるため、代謝アップ効果が見込めます。 硫化アリルには、ビタミンB1の吸収を助ける働きもあります。 食物繊維によるデトックス効果も期待できます。 かさがあるので満腹感を得やすく、ダイエット向きの野菜です。 キャベツ特有のビタミンU(キャベジン)には、胃壁の粘膜を丈夫にし、消化を助ける働きがあります。 ビタミンCによる美肌効果も期待できます。 ・トマト 抗酸化作用の高いリコピンやビタミンがたっぷり含まれています。 スープには缶詰のトマトで代用してもOK。 生のトマトを使う場合は、なるべく赤く熟したものを使いましょう。 緑のピーマンより、赤や黄色のピーマンはビタミンC含有量が多いのが特徴です。 ピーマンに含まれるビタミンは加熱調理しても栄養素が消失しにくいのでスープに向いています。 今回ご紹介したおすすめの野菜はいずれも食物繊維やビタミンなどが豊富で、脂肪燃焼をサポートしながら、エイジングケアにも役立つ抗酸化作用を持つものばかり。 ダイエットしながら、若々しさもキープできれば一石二鳥です。 例えば、便秘がちでデトックスを意識する場合、食物繊維を多く含むセロリやキャベツに、レンコンやゴボウなどの根菜を組み合わせがおすすめ。 食物繊維量を増やすことでお通じを促し、老廃物を排出することで新陳代謝を活性化するため、脂肪を燃焼しやすい体作りにつながります。 ただし、便秘のタイプによっては不溶性食物繊維を摂ることで症状の悪化につながることも。 不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよく補うよう、意識しましょう。 ダイエットと同時に美肌作りも意識したい場合は、トマトやニンジン、ピーマンなどの緑黄色野菜を積極的に入れてみましょう。 ビタミン類は美肌をサポートするだけでなく、疲労回復にも役立つ成分。 ダイエット中の疲れ対策にもおすすめです。 ダイエット効果にプラスして求める要素に合わせ、野菜を選ぶようにすることで、健康と美容にも役立ちます。 コンソメ味のシンプルなスープで野菜をたっぷり摂りましょう。 ビタミンも豊富で、野菜のおいしさとともに栄養も余すことなく摂れるはず。 木綿豆腐を入れることでタンパク質を補い、食べごたえもアップします。 食物繊維の豊富なセロリと一緒に摂ることで、デトックス効果もアップ! 早く痩せたいからと1日3食すべてを野菜スープに置き換えるのはNG。 野菜だけでは、タンパク質や脂質が不足し、栄養バランスが偏ってしまいます。 最初にもお伝えした通り、夕食を野菜スープに置き換えるのがおすすめ。 肉や魚、豆類などは朝食か昼食で摂り、野菜だけでは補いきれない栄養を補給してバランスをとるようにしましょう。 また、ダイエット中はカロリーの高い油分を避けがちですが、油は体の中で細胞やホルモンを作る原料として必要不可欠。 体内で合成できずに食事から摂らなければならない「必須脂肪酸」があるため、完全に抜いてしまうのは体にとってよくありません。 健康的にダイエットするなら、亜麻仁油やオリーブオイルなどの、体にいい良質な油を野菜スープにひとさじプラスするのもおすすめです。

次の

野菜スープダイエットの効果と痩せるレシピ!リバウンドの心配はないの?

野菜 スープ

ファイトケミカルとは? ファイトケミカル=植物性化学物質は動くことができない植物は、紫外線による酸化や、動物や昆虫などの外敵から自らを守るために作り出した、色、におい、苦味を持った物質です。 人間にとって有用なファイトケミカルとしてよく知られているものは、 カテキン、リコピン、イソフラボン、アントシアニンなど。 多くのファイトケミカルに抗酸化性があるのは、植物自身の身を守るためなんですね。 栄養には、体を作ったり動かしたりする三大栄養素(糖質、たんぱく質、脂質) ビタミン、ミネラルがありますが、 最近では第6の栄養素として食物繊維、そして第7の栄養素としてファイトケミカルが注目されています。 ファイトケミカルは、人間の体の中では、• 抗酸化作用により活性酸素を除去する• 免疫力を高める• 血管の老化を防ぐ• がんを予防する• アレルギー反応を抑制する• ハーバード式野菜スープでは、これらのファイトケミカルの働きを毎日効率よく取り入れることができる、とされています。 ハーバード式野菜スープの作り方 【材料】 水1リットルに対して、• キャベツ 100g• タマネギ 100g• ニンジン(皮つき) 100g• 2.切った野菜を鍋に入れ、水を加えます。 鍋はホーロー製かステンレス製が望ましいです。 3.鍋のフタをして、強火にかけます。 沸騰したら、火を弱め、フタをしたままコトコトと20分程度煮込みます。 ハーバード式野菜スープの飲み方 できあがった野菜スープは、具材を除いた煮汁のみの量で200mlを食前か、食事と食事の間(要するに、空腹時に)のみます。 あえて、このタイミングが一番良い、とするなら、朝食の前、だそうです。 前日の夕食からほとんど何も食べていない朝食の前は栄養素の吸収が良いためです。 ハーバード式野菜スープの日持ち ハーバード式野菜スープの保存は、冷蔵で1日、冷凍で2週間、となっています。 冷凍する場合は、具が入ったまま冷凍します。 冷凍すると、細胞が壊れて、よりファイトケミカルが 出てきやすくなるそうです。 残った野菜の活用法 ハーバード式野菜スープは、「食事」ではなく、どちらかというと「健康のために飲むもの」なんですね。 具材はいっしょに食べても良いし、他の料理に使ってもよい、とされています。 ただ、栄養や味はスープの方に出てしまっているので、残った野菜には、あまり味はありません。 食物繊維を摂るためには食べたほうがよいのですが。 他の料理に活用するとしたら、• みそ汁の具• ミキサーにかけ、調味料や牛乳を入れてポタージュにする• ベーコンやトマトジュースを入れてミネストローネにする• 絞ってハンバーグの具にする などです。 後述する、マクロビオティックの「甘い野菜のスープ」を作る方法を習ったときには 「はっきりいってカスなので、感謝して捨てていいです」と言われたこともあります。 もったいないと思うかもしれませんが、スロージューサーでジュースを作っている人は毎日でるジュースの絞りかすを全部食べている、なんてことはないはずなので、それと同じように考えても良いのかな、と思います。 これって・・・「甘い野菜のスープ」じゃないの? 材料が、人参、玉ねぎ、野菜、かぼちゃの4つの野菜である、ということと、食前にスープだけを飲み、残った野菜は別途活用する、とされていることで、 私がすぐに連想したのが、マクロビオティックのレシピの中にある「甘い野菜のスープ」です。 マクロビオティックは、もともとは日本人桜沢如一氏が体系化し海外へもひろめたものですが、 アメリカに渡った桜沢氏の弟子久志道夫氏がアメリカで指導していたマクロビオティックがマドンナなどセレブの間ではやり、「クシマクロビオティック」として日本に逆輸入されました。 そのクシマクロで、人参、玉ねぎ、野菜、かぼちゃを煮出した甘い野菜のスープをよく飲むんです。 (桜沢氏直系の、オーサワマクロではあまり使われていない印象があります) ハーバード式と違うのは、野菜を5㎜角程度まで細かく切ること。 そして、飲む目的は、主に、「低血糖症を改善するため」とされています。 効果がある理由も、野菜のファイトケミカル、ということではなく、 人参、玉ねぎ、野菜、かぼちゃは、野菜の中では中庸の力を持っているので(マクロビオティックでは、食べものを「陰」「陽」の力のバランスでとらえています)、 ということになっています。 効果があるのは煮出した汁の方で、汁だけを飲み、野菜の固形物の方は、もったいないのでなんとかして活用するか、「感謝して捨てる」となっていました。 あと、ハーバード式では、野菜を入れたまま冷凍して保存すると、野菜の細胞膜がさらに壊れてファイトケミカルが出てきやすくなる、と推奨されていますが、 マクロビでは冷凍保存は、勧められないのです。 だからそれ以前の処理として細かく切るのでしょう。 甘い野菜のスープは「甘い野菜のドリンク」という商品名で、レトルトパックで売られています。 ハーバード式野菜スープを続けたいけれど、作るのが大変、野菜の処分に困る、という人は 少々割高ですが、レトルトを利用してもいいかも。 ハーバード大学式野菜スープの作り方と効果・野菜の活用用は? まとめ ハーバード式野菜スープは、野菜に含まれる、フィトケミカルには活性酸素を取り除きガンや生活習慣病を防ぐ作用があることに注目し、その効果を毎日取り入れられるように考案されたスープです。 使う野菜は、人参、キャベツ、タマネギ、かぼちゃ、と身近なものばかりですが、 毎日、となると、作る時間が面倒、という人もいるかもしれませんね。 ハーバード式野菜スープの材料や作り方は、マクロビオティックの「甘い野菜のスープ」「甘い野菜のドリンク」とほとんど同じなので、レトルトで販売されているマクロビの「甘い野菜のドリンク」を時には利用してもよいのでは、と思われます。 参考にしてみてください!.

次の