さらば愛しき人よ。 さらば愛しき人よ : 作品情報

さらば愛しき人よ (映画)

さらば愛しき人よ

サクラ大戦は僕の大好きなシリーズですがレビューではなるべく冷静になって評価しないといけませんねぇ^O^。 このシリーズは主人公は平和を守るため戦いにはげみつつ、かと思いきや好みの女の子と恋愛もできちゃうとても贅沢なゲームです。 1作目が発売された当初はジャンルの位置づけにゲーム雑誌が困ってましたよねぇ、アドベンチャー+シュミレーションみたいな・・。 それくらい新しいゲームで大ヒットしたので、似たようなゲームはたくさんリリースされましたが、正直まだどれも足元にも及んでないじゃないですかねぇ。 相変わらず前置きが長いですけど、この「サクラ大戦5」文字通りシリーズ5作目です。 素晴らしい所はいろいろあるのですが、やっぱり1番はキャラクターだと思います。 このサクラ5でもキャラクターが総入れ替えとなっております。 キャラが肝であるゲームで全て一新するというのは大英断だと思いますが、今回もみんなしっかり輝いてます^^。 ただかわいいキャラだけでなくサクラにはこんなのアリですか〜?といいたくなるような風貌や、 性格はみんなクセのある者ばかりです。 でもプレイしていくと不思議と愛情が沸いてきちゃうんよねぇ〜。 なんか街の住人とかも含めてみんな好きになっちゃうよぉ、って感じです。 システム的にはこれと言って目新しいものは無いのですが、一段と美しくなったグラフィックや相変わらず聴かせてくれる音楽、キャラの表情や感心する選択肢の豊富さなど全てが進化して超一流のエンターテイメントがそこにはありました。 まぁ、しかしあえてマイナス面をいうと(レビューなんで)今回はちょいとストーリーの盛り上がりに欠ける、というか敵の存在感が薄いですねぇ。 あと戦闘が簡単すぎません?これ。 僕がそう思うんだからよっぽど簡単なんだと思います^^。 とはいえ素晴らしい作品には違いないので、今さら単なるギャルゲーと思ってる人はいないと思いますが、女性にもおすすめできるゲームなのでプレイしてほしいと思います。 でもあんま売れなかったねぇ〜。 6はあるのか〜?ドリームキャストで出して下さいよ〜^0^。

次の

JIN-仁-2 第3話 さらば愛しき人

さらば愛しき人よ

あらすじ [ ] 暴力団大東連合の若手幹部である早坂修史は標的を待っていた。 やがて、敵対する闘竜会の会長・木内剛三が愛人のアパートから現われる。 修史の銃が一瞬にしてボディガードを倒し、木内に向けられる。 懸命に命乞いをする木内に対して修史はとどめを刺さず、弟分の福島哲夫の車で去る。 会長の新田実は修史に目をかけているが、闘竜会との和平工作をすすめる兄貴分の加東昭司は、彼を煙たがっていた。 そんな折、都心の一流ホテルで、新田の娘の結婚披露宴が行なわれた。 そこで修史は、ひとりのメイド・海老沢ひとみに声をかけられた。 彼女は修史の幼馴染で、初恋の相手だった。 心に反し修史は「人違いです」と答えてその場を去る。 その後、闘竜会の報復をかわすため、修史は愛人のホステス・石橋由美子のマンションに身を寄せていた。 しかし、10年ぶりの再会に心揺れる修史の足は、いつしかひとみのもとへ向かっていた。 早朝まで語り明かす二人は、木内の弟・義政の雇ったヒットマン・間柴秀一がつけ狙っていることを知らなかった。 間柴の襲撃を受け2人は一命をとりとめたものの、ひとみは脳内出血のために視力を失った。 由美子も間柴の拷問から逃れるため自ら命を断った。 抑えに抑えていた激情が爆発した修史は哲夫と二人、大東連合と闘竜会合体の発会式場に殴り込みをかける。 キャスト [ ]• 早坂修史 -• 海老沢ひとみ -• 福島哲夫 -• 木内義政 -• 石橋由美子 -• 間柴秀一 -• 新田実 -• 加東昭司 -• 南場格 -• 木内剛三 -• 浦田力夫 -• 立松みち -• ストームフィールドのマスター -• 下田社長 -• クラブのママ桜子 -• ラジオのゲスト -• ディスコのオーナー -• 警官 -• その他 - 、、、 スタッフ [ ]• 監督・脚本 -• 製作 - 、• プロデューサー - 茂庭喜徳• 原作 -• 撮影 -• 音楽 -• 美術 - 丸山裕司• 編集 -• 録音 - 井家眞紀夫• スチール - 副田宏明• 助監督 - 門奈克雄• 照明 - 高屋齋 外部リンク [ ]•

次の

サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜

さらば愛しき人よ

あらすじ [ ] 暴力団大東連合の若手幹部である早坂修史は標的を待っていた。 やがて、敵対する闘竜会の会長・木内剛三が愛人のアパートから現われる。 修史の銃が一瞬にしてボディガードを倒し、木内に向けられる。 懸命に命乞いをする木内に対して修史はとどめを刺さず、弟分の福島哲夫の車で去る。 会長の新田実は修史に目をかけているが、闘竜会との和平工作をすすめる兄貴分の加東昭司は、彼を煙たがっていた。 そんな折、都心の一流ホテルで、新田の娘の結婚披露宴が行なわれた。 そこで修史は、ひとりのメイド・海老沢ひとみに声をかけられた。 彼女は修史の幼馴染で、初恋の相手だった。 心に反し修史は「人違いです」と答えてその場を去る。 その後、闘竜会の報復をかわすため、修史は愛人のホステス・石橋由美子のマンションに身を寄せていた。 しかし、10年ぶりの再会に心揺れる修史の足は、いつしかひとみのもとへ向かっていた。 早朝まで語り明かす二人は、木内の弟・義政の雇ったヒットマン・間柴秀一がつけ狙っていることを知らなかった。 間柴の襲撃を受け2人は一命をとりとめたものの、ひとみは脳内出血のために視力を失った。 由美子も間柴の拷問から逃れるため自ら命を断った。 抑えに抑えていた激情が爆発した修史は哲夫と二人、大東連合と闘竜会合体の発会式場に殴り込みをかける。 キャスト [ ]• 早坂修史 -• 海老沢ひとみ -• 福島哲夫 -• 木内義政 -• 石橋由美子 -• 間柴秀一 -• 新田実 -• 加東昭司 -• 南場格 -• 木内剛三 -• 浦田力夫 -• 立松みち -• ストームフィールドのマスター -• 下田社長 -• クラブのママ桜子 -• ラジオのゲスト -• ディスコのオーナー -• 警官 -• その他 - 、、、 スタッフ [ ]• 監督・脚本 -• 製作 - 、• プロデューサー - 茂庭喜徳• 原作 -• 撮影 -• 音楽 -• 美術 - 丸山裕司• 編集 -• 録音 - 井家眞紀夫• スチール - 副田宏明• 助監督 - 門奈克雄• 照明 - 高屋齋 外部リンク [ ]•

次の