織田信長役。 大河ドラマ「麒麟がくる」で染谷翔太さんの織田信長が話題!今までにない信長?染谷翔太さんの織田信長役まとめ!

織田信長

織田信長役

vip-times. きっとドラマでも大事な役どころになると思われますね。 そんな役を高橋克典さんのキャスティング。 いいですね~。 高橋克典さんは演技力もありますが、渋~い低音ボイスがまた演技を深めて、それがまた人の心の動きを感じて切なくなるんですよね~。 織田信秀楽しみです。 織田信定の長男として生まれた織田信秀 1510年、尾張の勝幡(しょばた)城主・ 織田信定の長男として、織田信長の父・ 織田信秀は誕生しました。 織田家は「 清洲三奉行」と呼ばれる立場の家柄でした。 「 清洲三奉行」というのは、戦国時代の尾張国守護代、清洲織田氏(大和守家)に仕える奉行三家のことを指します。 身分については、そんなに高くはありませんでした。 父・信定は、 津島(尾張の商港)や熱田を領地とし、交易などの利益を税収として得て、財を蓄え、領地の発展、勢力拡大していました。 商業重視のこの姿勢は織田氏の特徴でもあります。 1527年に信定は隠居します。 そうして信秀は18歳で家督を継ぎ、当主となりました。 この時代は、身分は関係なく、実力で勢力を伸ばせる下剋上の風潮がありました。 信秀は「 尾張の虎」と呼ばれ恐れられるほど知勇に優れており、 領地の経済力と才知をもって勢力の拡大を図ります。 この時に築いていった勢力は、後に織田信長が大きな飛躍をとげる基盤となるのです。 1551年、信秀は急病に倒れ居城である末森城で亡くなっています。 死因は流行病、脳卒中、心筋梗塞などの説が言われています。 42歳でした。 信長が上り詰める基盤となった織田信秀の勢力拡大手腕とは 先ほど織田家は「 清洲三奉行」と紹介しましたが、その中の清洲織田氏(大和守家)に仕えていて、尾張の南半分を支配していました。 そして残りの一部は、大名・今川氏親(本拠地:駿河(静岡県東部))が支配していました。 あと、那古屋城(後の名古屋城)の方は、今川氏豊(今川氏親の一族)が、同地の経営にあたっていました。 那古屋城奪取 1532年、信秀は 那古屋城奪取をもくろみます。 信秀は、連歌好きな今川氏豊が催していた『 連歌の会』 に何度も参加していました。 (連歌=多人数で和歌を連作して楽しむこと。 ) そして次第に氏豊と親しくなっていき、那古屋城に何日も逗留できるほどの関係になると、計略を実行に移します。 ある日信秀は城内で仮病をつかい、氏豊に「 家臣に遺言をのこすので城内に入れて欲しい」と願い出ました。 同情した氏豊はためらわずに許可。 家臣が入城すると信秀は仮病のふりをやめると、城に火を放ち、 城外に待機させていた兵を引き入れ、兵の損害を出さずに 那古屋城を乗っ取ります。 それはそれは鮮やかな手腕で、勢力の拡大に成功しました。 そして22歳の時、 捕らわれた氏豊は信秀に命乞いをし、京都に逃げます。 それからも、信秀は順調に勢力を拡大させ、 古渡城、末森城といった拠点を那古屋城の周辺に築き、尾張南西部~南東部へ支配地域を広げていきました。 そして、京都に上洛し、朝廷に献金。 従五位下・備後守に叙任されます。 さらに伊勢神宮の式年遷宮の際、700貫を献上。 三河守にも任じられ、実力、格式、ともに主家を上回る立場となりましたが、 信秀には主家を倒し、取って代わろうとする野心は、なかったようです。 もしかすると、実行に移すと、自身への反発が強すぎて、尾張の統制が取れなくなるかも…。 と、考えたのかもしれません。 それでも、この時点で信秀は尾張で敵なし! 隣国への侵攻を開始します。 隣国への侵略と陰り 1535年戦場で松平清康が家臣に殺害されてしまったという悲劇を、信秀はチャンスと捉え、すぐさま西三河への侵攻を開始します。 1540年信秀は、 安祥城(尾張、三河の国境付近)を侵略。 これにより松平氏は危機的状況となってしまいます。 そして、駿河にある今川義元の傘下に入ります。 そうなると、今川氏が三河に介入する情勢となります。 で、この時の今川氏はというと、家督相続争いの余波で混乱が続いている状態。 つまり、十分な軍備を整えられない状況。 それでも1542年今川義元は、三河に兵を送っていますが、信秀は「 小豆坂の戦い」で破り、西三河の支配権を確立しました。 時同じ頃、美濃では国主の土岐頼芸が家臣・斎藤道三に追放される事件発生。 またもや信秀はこの混乱につけこみ、土岐頼芸を保護し、斎藤道三と戦います。 そして美濃西部の大垣城奪取に成功します。 しかし、これが原因で朝倉氏(越前(福井県)の領主)の介入を招くことになり、 信秀は名将・朝倉宗滴と戦います。 しかしこの戦いには負けてしまい、美濃から撤退。 1547年には、 稲葉山城(斎藤道三の本拠地)まで攻め込みますが、撃退されてしまい、 当初の勢いはだんだん衰えていきます。 そんな中、1548年には、 甥・織田信清が謀反を起こしてしまいます。 それはすぐに鎮圧していますが、実質 信秀の勢いは、目に見えて勢いがなくなっていったのでした。 松平竹千代を人質に 同年、 松平広忠(西三河の領主)が、主君・今川義元に、嫡男・竹千代を人質として送ろうとしますが、その護衛役の戸田康光(三河の国人領主)が信秀に寝返り、竹千代(後の徳川家康)を尾張に送ってきます。 そして、松平氏の嫡男を預かる事になるのです。 今川義元は、その後も変わらず従属を続ける松平広忠を信用し、 三河への派兵を決定します。 そうして義元は、腹心の太原雪斎に軍1万人を与え、西三河を攻めさせます。 もちろん信秀も出陣しますが、4000人の兵を出陣したのも虚しく、 織田勢は撤退。 更に1549年、太原雪斎は大軍で再度来襲、織田方の重要拠点・安祥城を包囲します。 安祥城は信秀の庶長子(側室の子)・ 信広が守っていましたが、その勢いに耐えきれず、落城してしまいます。 そして太原雪斎は、 信広と竹千代の人質のチェンジを申し入れ、信秀はこれを受け信広を取り戻しましたが、 三河の拠点を失う事となり、結局、織田勢力は縮小。 この敗戦で、織田氏の劣勢が明らかとなり、三河と尾張の国人領主たちの離反を招くことに…。 で、あの有名な、 道三の娘の 濃姫と、嫡男・ 信長との婚姻を行い、斎藤氏との関係を改善したのです。 そして自分の娘を道三の側室として、差し出します。 その結果、道三は信長の才能を高く評価する事となり、信秀にとっても良い結果をもたらすのです。 そんな信秀は、斎藤氏との関係の改善には成功しましたが、 今川義元との戦いについては、敗北続きでした。 そんな中、信秀は自身の後継者を信長に定めると、周囲に意見されても変えることはありませんでした。 なぜ信長が周りから意見されたかと言うと…。 ・信長は素行が悪い。 ・奇矯なふるまいが多い。 などなど、信長で将来を心配する声があがったのです。 しかも弟・信行は、行儀がよいので、 余計に周りは、「 何も無理して長男にしなくても…。 」という思いがあったのかもしれませんね。 しかし、信秀は信長の才能を見抜いていたのか、周りの言葉に揺れることはなく決定したのです。 信秀は結果、広大な勢力を築くには至りませんし、 尾張国内に他勢力が残存していて、統一にも至っていませんが、 織田弾正忠家を発展させ、信長が尾張を統一するための礎を作りました。 スポンサーリンク•

次の

染谷将太の信長役の演技力の評判まとめ!麒麟が来るのキャストに違和感?|メモリア

織田信長役

1534年、尾張(愛知県西部)に生まれた戦国武将・織田信長。 1551年に家督を継ぎ、1560年の桶狭間の戦いで今川義元を破って尾張一国を統一、隣国の美濃も攻略すると、京への上洛を機に全国の敵と戦い続け、天下統一を目前に、家臣の明智光秀の謀反により京都本能寺で自害に追い込まれ、49年の人生に幕を下ろしました。 そんな信長の性格は、残虐で冷酷、ワンマン体制を貫き通したカリスマ性あふれる人間だったとされていますが、これまで数々のドラマで様々な信長像が描かれ、数多くの俳優が演じてきました。 この冬からスタートするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では染谷将太さんが演じます。 これまで、どの俳優が演じた織田信長が一番人気なのでしょうか。 300人にアンケートした結果を、ドラマのレビューとともに紹介します! 引用: 1位:小栗旬:信長協奏曲 引用: 戦国時代にタイムスリップした高校生のサブロー(小栗旬)が、そこで自分と瓜二つの容姿をした本物の織田信長と出会い、信長として生きていくことになる物語。 石井あゆみの漫画が原作。 ドラマ詳細 フジテレビ 月21:00~21:54 放送 2014年10月13日~12月22日 出演 小栗旬 柴咲コウ 山田孝之 向井理 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2) 脚本 西田征史 岡田道尚 宇山佳佑 徳永友一 選んだ理由紹介 ・織田信長にしか見えなくなった 小栗旬さんの織田信長は、最初はイメージとかけ離れているように感じていました。 しかし話が進んでいくうちに、あのうつけ者が小栗旬に見えてきたのがなんとも不思議。 厳格で、血も涙もない覇王信長とはまた違う、人間味のある織田信長を見られました(紗枝さん) ・本格時代劇では観れない織田信長像 信長というと「鳴かぬなら殺してしまおうホトトギス」という言葉を思い出すが、慌ただしくてせっかちな人だったのかなと、自分が思っていたイメージにぴったりの織田信長だった。 小栗旬は軽快に馬を乗りこなして行動力が抜群で、感情豊かな表情が素晴らしい!戦国の時代に一生懸命に生きている感じが合ってたし、アツくて良かった!(拓海さん) ランキング1位は小栗旬さん!織田信長を一人二役で演じ、本物の信長役の時は冷徹でシリアス、サブローの信長役の時は天真爛漫で温かく、その演じ分けに引き込まれる作品です。 映画「信長協奏曲」はで見ることができます! 2位:渡哲也:秀吉(NHK大河ドラマ) 尾張の百姓の子として生まれ、のちにライバルとなる明智光秀(村上弘明)との出会いを経て織田信長(渡哲也)の足軽となり、ついには天下人となるまでの豊臣秀吉(竹中直人)の生涯を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 1996年1月7日~12月22日 出演 竹中直人 沢口靖子 渡哲也 村上弘明 仲代達矢 高嶋政伸 松たか子 脚本 竹山洋 選んだ理由紹介 ・何年経っても記憶から薄れぬ織田信長 秀吉との主従の関係性や、会話のテンポ、雰囲気が絶妙に心地良かった。 このドラマの織田信長は威厳があって、秀吉を「サル」呼ばわりし、他の部下にも厳しい。 しかし秀吉には愛を感じる。 そんな厳しさと優しさを、渡哲也さんの信長は体現されていたと思います(麻里さん) ・信長の人物像を確立した これまで織田信長といえば暴君、数寄者、変わり者で、明智光秀を苛め抜いた男という印象だったけれど、このドラマによって、秀吉の育ての親であり、師匠であり、心の友であったことを渡哲也が確立するまでに高めたと思う。 渡哲也の魅力と相まって裏と表が見事に表現され、冷酷なだけでない織田信長という人物の魅力がよく表現されていた(雄一さん) ランキング2位の渡哲也さんは、冷徹でありながら秀吉に対してはどこか愛を感じるような繊細な演技で、織田信長という人間の深さを見事に表現。 そして最期の演技は圧巻の一言でした! 3位:反町隆史:利家とまつ〜加賀百万石物語〜(NHK大河ドラマ) 引用: 加賀百万石の礎を築き上げた藩祖・前田利家(唐沢寿明)と、賢婦として知られる妻・まつ(松嶋菜々子)の夫婦愛を軸に、激動の戦国時代を熱く生き抜いた人々を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2002年1月6日~12月15日 出演 唐沢寿明 松嶋菜々子 反町隆史 香川照之 天海祐希 脚本 竹山洋 選んだ理由紹介 ・大先輩たちよりも貫録十分! 家来である豊臣秀吉や前田利家を演じているのは、反町隆史さんよりもキャリアも年齢も上の俳優さんでした。 その大先輩たちよりも貫禄のある演技で、織田信長を見事に演じきった反町さんの気迫が凄かった。 本能寺の変での萩原健一さんとのやりとりは鳥肌ものでした(セブンさん) ・本物の信長を見た! 織田信長は背が高く、スタイルも良くて顔は濃く、目がキリッとしているイメージでしたが、反町隆史さんは、そのイメージにピッタリでした。 また、渋くて低い声やニヤリと笑った顔も、信長はこんな感じじゃなかったのかな、と思わせるものがありました(Sakuさん) ランキング3位の反町隆史さんは、眼光が鋭く冷徹で、傲慢で破天荒。 しかし重々しくない絶妙なバランスで織田信長を見事に表現しました。 そして何より顔立ちが端正! 「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」はで見ることができます! 「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」はで見ることができます! 4位:豊川悦司:江~姫たちの戦国~ 引用: 織田信長(豊川悦司)の妹・市(鈴木保奈美)の三女として生まれた江(上野樹里)を主人公に、運命に翻ろうされながらも強く生き徳川の礎となった江と2人の姉の、波乱に満ちた人生を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2011年1月9日~11月27日 出演 上野樹里 水川あさみ 宮沢りえ 豊川悦司 時任三郎 向井理 脚本 田渕久美子 選んだ理由紹介 ・威厳と優しさは織田信長そのもの! 威厳溢れる豊川悦司さんの姿に毎回目を奪われました。 織田信長は冷徹なイメージがありましたがどこか優しさもあり、不器用な人だったのだと感じましたし、上に立つ人らしい孤独な姿に武将らしさも。 非情な場面の演技は怖いと思えるくらいの迫力がありました(愛美さん) ランキング4位の豊川悦司さんは、目元の色気や冷徹さ、喋る口調など、醸し出す雰囲気が思い描く信長像に近いと高評価!粗野な中にも教養を感じさせるあたりも、豊川さんならではでした。 「江~姫たちの戦国~」はで見ることができます! 「江~姫たちの戦国~」はで見ることができます! 5位:市川海老蔵:おんな城主直虎(NHK大河ドラマ) 引用: 曽祖父の代から戦に負け続け、お家断絶という絶体絶命の危機を迎えた遠江の井伊家。 そこの姫として生まれながら男の名で家督を継いだ、おんな城主・井伊直虎(柴咲コウ)の生涯を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2017年1月8日~12月17日 出演 柴咲コウ 三浦春馬 高橋一生 杉本哲太 阿部サダヲ 市川海老蔵 脚本 森下佳子 選んだ理由紹介 ・豪華な衣装で圧倒的な存在感 市川海老蔵さんの雰囲気が織田信長にピッタリでした。 歌舞伎役者なので目力が強烈で迫力満点。 海老蔵さんが戦国時代にいてもおかしくないと感じました。 直虎でも腰が引けるほどの存在感、本当に凄かったな。 もっと市川海老蔵さんの織田信長を見たかったです(POTさん) ランキング5位の市川海老蔵さんは、とにかく目力が最強で、睨まれただけで震えあがってしまう迫力が『魔王』と呼ばれた信長にピッタリでした。 きらびやかな衣装の着こなしも流石! 6位:緒形直人:信長 KING OF ZIPANGU(NHK大河ドラマ) 引用: ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの回想を通して、型破りな暴君ではなく知的で繊細な人間味あふれる政治家、文化人としての戦国武将・織田信長(緒方直人)の姿を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 1992年1月5日~12月13日 出演 緒形直人 菊池桃子 仲村トオル 平幹二朗 宇津井健 脚本 田向正健 選んだ理由紹介 ・怖さと怒りに満ちた迫力の演技 迷いや苦悩を抱え、繊細さも見せる人間味に溢れた新しい信長は、緒方直人さんにしか演じられないと思うほど、見事に演じ切っておられました。 その一方で、目力が強く顔立ちも凜々しいので、強いリーダーとしての一面もしっかりと表現されていたのが印象的でした(洋平さん) ランキング6位の緒方直人さんは、卑劣さと知的さを合わせ持つ信長を見事に表現し、鬼気迫る演技で視聴者を魅了しました。 織田信長が単独主役として取り上げられた初の大河ドラマ。 7位:及川光博:信長のシェフ 戦国時代にタイムスリップしたフレンチシェフのケン(玉森裕太)が、ひょんなことから織田信長(及川光博)の専属料理人となり、「足利義昭に朝倉討伐を認めさせるための料理」など、様々な料理で乱世の世を生き抜く姿を描く。 西村ミツル・梶川卓郎の同名漫画が原作。 イメージをくつがえす演技でした。 普段とは全く違う、冷たく残忍で、自分の考えを決して曲げない信長をあそこまで演じ切ることができるとは、改めて俳優としての及川さんの凄さを感じました(満さん) ランキング7位は、王子様キャラの及川光博さん。 ちょっと意外なキャスティングでしたが、周りを見下す目や、自分勝手で傲慢な立ち居振る舞いなど、その演技はお見事!賞賛でした。 8位:江口洋介:軍師官兵衛(NHK大河ドラマ) 才知に長け、信長(江口洋介)、秀吉(竹中直人)、家康(寺尾聰)の三英傑に重用された軍師・黒田官兵衛(岡田准一)が、戦国の乱世を見事に生き抜く姿を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2014年1月5日~12月21日 出演 岡田准一 中谷美紀 江口洋介 竹中直人 柴田恭兵 脚本 前川洋一 選んだ理由紹介 ・リアルな演技に脱帽! 江口さんの演じた信長は、稀代の戦国武将としての迫力を十分に感じさせるものでした。 言葉、表情、どれをとっても桁外れのスケール。 おそらく信長は前例にとらわれない思考力や、秀吉などの部下の持っている能力を見極める眼力が際だって優れていた人物だったと思いますが、そんな信長を見事に演じきっていたと思います(Osamuさん) ランキング8位の江口洋介さんは、残酷かつ冷徹で、近寄りがたいイメージが信長っぽいとかなり高評価。 本能寺のシーンが印象深く、信長のカリスマ部分の表現が抜群でした。 9位:吉田鋼太郎:真田丸(NHK大河ドラマ) 家族とともに戦国の世を駆け抜け、豊臣方の武将として大坂夏の陣で徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な活躍から「日本一の兵」と評される名将・真田幸村(堺雅人)の生涯を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2016年1月10日~12月18日 出演 堺雅人 長澤まさみ 大泉洋 草刈正雄 吉田鋼太郎 脚本 三谷幸喜 選んだ理由紹介 ・威圧感が半端ない信長! 吉田鋼太郎さんが演じた織田信長には、圧倒的な威圧感がありました。 こんな織田信長だったら、明智光秀もノイローゼになり謀反も働くだろうと思いながら見ていました(笑)登場回数が少なかったにも関わらずとてもインパクトがあり、その存在感が素晴らしかった!(MEGAさん) ランキング9位は吉田鋼太郎さん。 血気盛んな時代を過ぎ、知的で冷徹な織田信長で、画面に映るだけで緊張感が漂うほどの重厚な演技に魅了されました。 10位:吉川晃司:天地人(NHK大河ドラマ) 引用: わずか5歳で上杉景勝の家臣となり、戦国時代に「愛」を重んじ「義」の精神を貫き通した武将・直江兼続(妻夫木聡)の生涯を描く。 火坂雅志の同名小説が原作。 「愛」とかかげた兜が印象的! ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2009年1月4日~同年11月22日 出演 妻夫木聡 北村一輝 常盤貴子 阿部寛 松方弘樹 吉川晃司 脚本 小松江里子 選んだ理由紹介 ・織田信長が乗りうつったような演技 高身長かつ低音ボイスの吉川晃司が演じる信長は、まさに天下人!というオーラに満ちており非常にかっこよかった。 織田信長をただのうつけ者としてではなく上司として部下を思いやる一面や、一方で失敗を許さない冷酷な一面、そして戦や海外文化に研究熱心な一面など、信長の多面性を丁寧に演じ分けていてリアリティがありました(尊さん) ランキング10位の吉川晃司さんは、特異な存在感で織田信長を好演し、威圧的な中にもどこか寂し気な雰囲気を演出。 独特の話し方も信長のイメージに合っていると評判でした。 「天地人」はで見ることができます! 「天地人」はで見ることができます! 11位:舘ひろし:功名が辻(NHK大河ドラマ) 引用: 真っ直ぐな生き方で、織田信長(舘ひろし)ら三英傑に仕えた戦国大名・山内一豊(上川隆也)と内助の功で一豊を支えた妻・千代(仲間由紀恵)の生涯を描く。 司馬遼太郎の同名小説が原作。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 2006年1月8日~12月10日 出演 仲間由紀恵 上川隆也 舘ひろし 柄本明 西田敏行 脚本 大石静 選んだ理由紹介 ・演技も雰囲気もパーフェクト! 明智光秀役の坂東三津五郎を痛ぶったりとにかく恐ろしさ満点の迫力がある信長であった。 また人生50年の能を披露する信長が凄くカッコいい。 信長を演じた俳優の中で舘さんは男としての色気をすごく感じられた。 この金柑頭がぁ!のセリフは未だに忘れられない(啓二さん) ランキング11位の舘ひろしさんは、鋭い目つきで冷酷さを表現しながら優しさも感じられる信長像を演じ迫力満点!良妻賢母の見本ともいわれる千代もあまりに魅力的な作品です。 織田信長(GACKT)率いる織田軍と、伊達政宗(林遣都)率いる伊達・武田連合軍の戦いを描く。 ドラマ詳細 MBS 金01:25~01:55 放送 2012年7月13日~9月21日 出演 林遣都 武田航平 GACKT 徳山秀典 脚本 高橋ナツコ 山口亮太 選んだ理由紹介 ・新鮮な織田信長 GACKTが演じた織田信長の意外性に感心することしきり。 重々しい声と戦う姿が素晴らしく、甲冑は仮面ライダーの悪役のようで新鮮でした。 GACKTが歌うエンディングテーマ「白露-HAKURO-」もカッコいい!(潤さん) ランキング12位のGACKTさんは、例え血がつながった親族であろうとも、全ての敵に容赦せず、天下を恐怖で染め上げる最魔王としての信長を美しく表現。 ファンにはたまらない作品です。 「戦国BASARA-MOONLIGHTPARTY-」はで見ることができます! 13位:石橋凌:武田信玄(NHK大河ドラマ) 引用: 風林火山の旗印をかざし、戦乱の世を駆け抜けた武田信玄(中井貴一)。 最大のライバル上杉謙信(柴田恭平)や織田信長(石橋凌)ら名だたる大名達との戦いと、天下統一に賭けた生涯を描く。 ドラマ詳細 NHK 日20:00~20:45 放送 1988年1月10日~12月18日 出演 中井貴一 平幹二朗 柴田恭兵 若尾文子 紺野美沙子 石橋凌 脚本 田向正健 選んだ理由紹介 ・冷徹さと野心に燃える表現がうまい 石橋凌さんが演じた信長は、最初は荒々しく乱暴な若者で、桶狭間の戦い以降は頭脳明晰で冷徹なイメージ。 そんな中にも、野心に燃えてギラギラしたものも心の奥に持つ様子をよく表現されていました。 父親の葬儀で抹香を祭壇に投げつけたシーンが印象に残っています(ネオさん) ランキング13位の石橋凌さんは、冷酷無残な描写が強調された信長像を、見事に演じました。 ドラマ平均視聴率がNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」に次いで歴代2位を記録した名作です。 14位:村上弘明:太閤記〜天下を獲った男・秀吉 足軽の家に生まれ、織田信長(村上弘明)に仕え次第に頭角を現し、信長亡きあと悲願の天下統一を成し遂げた豊臣秀吉(中村橋之助)の生涯を描く。 ドラマ詳細 テレビ朝日 火19:00~19:54 放送 2006年10月31日~12月12日 出演 中村橋之助 星野真里 内藤剛志 柄本明 村上弘明 脚本 渡辺善則 小木曽豊斗 塩田千種 選んだ理由紹介 ・信長モノとしても楽しめる太閤記 織田信長を演じた村上弘明さんは端正なルックスなのに、すべてを従える威厳があり、怒りの迫力も凄まじい。 立っているだけで圧倒的な強さを体現していた。 なにより時代劇役者だけに、目力が半端ない。 あの目でにらまれたら、家臣一同震えあがるのも納得です(SORICさん) ランキング14位は村上弘明さん。 このドラマは6話完結で、本能寺の変で信長を失った秀吉が雄飛する部分までを描いているので信長の比重が重く、村上さんの好演が目立っていた作品です。

次の

【歴代・織田信長役一覧】ハマっていた俳優ランキング発表│歴代.com

織田信長役

本名:染谷将太 誕生日:1992年9月3日(28歳) 出身地:東京都江戸川区 事務所:トイズファクトリー 趣味:映画鑑賞、カメラ、プロレス観戦 特技:パントマイム、手品、卓球 7歳の時に子役として活動をはじめ、9歳の時には映画『STACY』で映画デビューしています。 俳優歴が20年近くあるベテランさんですね。 大日本プロレスが大好きで葛西純選手のファンとのこと。 番組内で「葛西純選手がプロデュースする年2回の興業日は撮影を入れない」と断言し、マツコ・デラックスさんが「こんなにペラペラしゃべるの初めて見た」と驚いていました。 プロレスにかける熱い情熱が画面越しにも伝わってきますね。 2015年には女優の菊地凛子さんと結婚されて現在は2児の父でもある染谷将太さんです。 染谷将太の過去作品と受賞歴 染谷将太さんは20年近い俳優歴があるので、本当にたくさんの作品に出演されています。 ここでは染谷将太さんが映画賞を受賞した作品と最近の作品をあわせて3つご紹介します。 『ヒミズ』 『ヒミズ』鑑賞。 まず言いたいのは、染谷将太と二階堂ふみの演技が強烈ですさまじかった。 最後まで釘付け。 クズな親、最悪な環境のせいで普通に生きたいのに生きれない、もがききれない現実。 絶望のどん底の住田を鬱陶しがられても救おうとする茶沢さんは健気で良かった。 最後のシーンでボロ泣き。 — モアななな 受験の為ログアウト moviemoananana 『ヒミズ』は2012年に公開された園子温監督の作品です。 「平凡」に生きることが目標だった主人公・住田祐一が、父親を殺してしまったことから「悪いやつを殺す」というルールにとらわれ転落していく物語です。 染谷将太さんはこの映画で共演した二階堂ふみさんとともにベネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞しました。 ちょっと噛みそうな名前の賞ですが、日本人の受賞はこれが初めてでした。 『悪の教典』 この染谷将太見るためだけに悪の教典何回でも見れる、、すぐ死ぬけど、、染谷将太の心配する二階堂ふみになりたいだけの人生やった、🔪🔪🔪 — なるう Nalu720Sleepy 『悪の教典』は2012年に公開された三池崇史監督の作品です。 染谷将太さんは、伊藤英明さん演じる蓮見聖司の正体に肉薄する速水圭介を好演し、この作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。 com eigacom 『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』は2018年に公開されたチェン・カイコー監督の作品です。 日中合作映画で、東京国際映画祭第30回記念のオープニングスペシャル作品として上映されました。 染谷将太さんは主役の空海を演じました。 この役を演じるために中国語を猛勉強し、撮影に臨んだとのことです。 染谷将太はミスキャスト? そんなベテラン・演技派俳優の染谷将太さんですが、今回『麒麟がくる』で織田信長を演じることに疑問を感じている視聴者も少なくありません。 麒麟がくるは凄い楽しみなんだけど、唯一この染谷将太だけが解せぬ。 未だに解せぬ。 これで信長の最後まで 恐らく夏場よりも後まで なんでしょ… — 🧡昂子 アキコ 🧡 akiko24yamateni それは今までの織田信長と染谷将太さんのイメージが重ならないからかもしれません。 しかし、そこに『麒麟がくる』の狙いがありました。 織田信長のキャラクターと演じてきた役者 織田信長といえば若いころは「尾張のおおうつけ」と呼ばれ、延暦寺を焼き討ちしたり、戦にいち早く鉄砲を導入したりと、型破りな人物でした。 さらには室町幕府を滅亡させ、天下統一まであと少しのところまで上り詰めました。 野心とカリスマ性にあふれ、今風に言えばギラギラした性格といえるでしょう。 過去に織田信長を演じた俳優さんをあげると、 反町隆史さん、豊川悦司さん、市川海老蔵さん、渡哲也さんなどがいます。 染谷将太さんはどちらかといえば中性的な印象があり、貫禄と力強さあふれる過去の織田信長と比べると「大丈夫なの?」と一部の視聴者の方は思ってしまうのかもしれませんね。 『麒麟がくる』は新しい織田信長を描き出す 『麒麟がくる』の公式HPに染谷将太さんのこんなメッセージがあります。 自分が織田信長を演じることになるとは思ってもみませんでした。 しかも、革新的な信長像をゼロから構築したいとNHKの方からお聞きし、新しい織田信長を演じられる喜びと同時に大きな責任も感じています。 気になるキーワードは 「革新的な信長像をゼロから構築したい」というところです。 これまでと全く違う織田信長をつくりあげるために、これまで織田信長を演じてきた俳優さんと全く違う印象をもつ染谷将太さんが選ばれたということなんですね。 染谷将太さんがどんな織田信長を演じるのか、今から楽しみですね! まとめ 今回は、大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長役を演じる染谷将太さんについて• 染谷将太のプロフィール• ミスキャストと言われる理由とその狙い この2点をくわしくまとめました。 染谷将太さんの演技力と、新しい織田信長のイメージがどんな化学反応をみせてくれるのかとても楽しみですね。 登場が待ちきれません! 【麒麟がくる】キャスト記事一覧はこちら 役名 俳優・女優 長谷川博己 西村まさ彦 木村文乃 染谷将太 安藤政信 伊藤英明 本木雅弘 堺正章 片岡愛之助 尾美としのり 門脇麦 滝藤賢一 風間俊一 川口春奈 佐々木蔵之介.

次の