ココナッツ オイル うがい。 「オリーブオイルうがい」口臭予防に効果あり?歯磨きのコツも教えます!

【オイルプリングやり方体験談】ココナツオイルうがい26の効果と口臭は?好転反応の解説

ココナッツ オイル うがい

Contents• オイルうがいとは?別名オイルプリングという美容健康法 あなたは「オイルうがい」という「うがい術」をご存知ですか?海外セレブたちも実践中の健康法であり、美容法なんです。 ここでは、オイルうがいの魅力について解説します。 健康や美容に役立つオイルの力は驚くべき効果をもたらし、私たちの体を守ります。 アーユルヴェーダというインドの自然療法 オイルうがいとは、インドの自然療法で「アーユルヴェーダ」という健康法。 「オイルプリング」とも言われ、とってもお手軽簡単な美容法でもあるんです。 オイルプリングのプリングは、引っ張り出すという意味。 オイルが磁石のような働きをして、細菌などを引っ張り出し毒素を排出するということなのです。 海外セレブやモデルたちが実践していることでも有名な「オイルうがい」は、数々の驚くべき効果が報告されています。 オイルでうがいをする健康法 オイルでうがいなんて、ちょっと躊躇してしまいますよね。 口の中にオイルを入れる勇気さえあれば、美容や健康に非常に優れた効果を発揮してくれます。 抗菌作用や抗ウィルス作用もあるので、さまざまな予防も可能。 健康を維持するために、うがいはうがいでも「オイルでうがい」がポイントなのです。 また、うがいをするだけなのに、美容にも効果があるなんて不思議ですよね。 それでは、オイルがどのような効果をもたらしてくれるのか見ていきましょう! オイルうがいの魅力的な6つの効果 お手軽簡単な「オイルうがい」で、どんな効果を期待できるのでしょうか?健康にも美容にも効果大のオイルの力を解説していきます。 オイルうがいは、魅力的な効果がたくさん!オイルを口に含むだけなので、誰でも簡単に実践できます。 美容健康のケアが同時にできるのは嬉しいですよね。 口内細菌を排出 オイルが磁石のような働きをして口内細菌を排出。 オイルでうがいをすることで、口内を清潔に保ちます。 オイルで菌を絡め取り、免疫力UPの健康体へ導く効果が期待でき、体の不調を回復します。 口臭や虫歯予防などお口の問題を解消 歯磨きをしていても、黄ばんでいく歯。 オイルには歯に蓄積された汚れを溶かす効果があり、黄ばみを少しずつ改善していきます。 また、歯の隙間までオイルが入り込むため、しっかり汚れを落とし口臭予防や歯周病予防に効果大。 虫歯予防、ホワイトニング効果など口の中の問題を解決。 関連記事 デトックス効果 オイルでうがいすると、口の中からオイルが体に浸透し毒素を排出するデトックス効果が期待できます。 便秘解消にも効果を発揮するんです。 私たちの体は毒素排出の際、とてもエネルギーを消耗するそう。 しかし、オイルでうがいするだけなので、エネルギーを消耗せず毒素を外へ誘導できるのです。 ほうれい線を予防して透明感のある肌へ うがいで口をクチュクチュすることで表情筋が鍛えられます。 そのため、ほうれい線予防に期待大。 また、デトックス効果で体内の血液が綺麗になり、肌に透明感が生まれます。 しっかり筋肉を使うため、リフトアップ効果も。 肌のハリや血色も良くなります。 関連記事 アレルギー症状の緩和 口の中にある細菌や、侵入してきた細菌を外へ排出するので、喉の痛みや花粉症の改善に効果があります。 デトックス効果で免疫力が上がるため、アレルギー症状の緩和を期待できます。 細菌が体内に入り込む前にオイルで排出できるので、風邪予防につながります。 白髪や抜け毛予防に期待大 オイルの中でも「白ごま油」は、若返り効果が期待できます。 活性酸素を抑えて老化の原因を排除します。 口の中からごま油の成分が体内へ吸収され、白髪や抜け毛の予防に効果を発揮。 アンチエイジングにはうがいが一番効率的だと言われています。 オイルうがいの基本 オイルうがいは、一般的なうがいとは少し違います。 様々な効果を発揮するためには、オイルうがいの基本を知ることがポイント! ここでは、オイルうがいの効果的なやり方をご紹介します。 正しく行うことがとても大切。 しっかり把握して実践してみましょう。 基本的な実践方法 オイルうがいのやり方はとっても簡単!基本的な方法をマスターして、毎日の習慣にしてみましょう。 オイルうがいの基本的なやり方• オイルを大さじ1杯、口に含みます。 歯の隙間、表面、口の中全体に浸透するようにブクブクうがいしましょう。 時間が経ったら、ビニール袋に吐き出して終了。 うがいをしていると、唾液がたくさん出てきてオイルと混ざり水っぽくなってきます。 そのため、口の中がベトつかずすっきりするのです。 起床時や就寝前に、オイルうがいを習慣化するといいですね。 「ながらケア」なら、継続しやすいかもしれません。 オイルうがいは4つの注意点に気をつけよう オイルうがいは、私たちの体を健康へと導く簡単な健康法です。 せっかくの効果を無駄にしないために、正しく実践したいもの。 そこで、オイルうがいをする上で気をつけたい3つの注意点を解説します。 しっかり把握して正しく使用しましょう。 飲み込まない オイルうがいは、食用油で行いますが、うがいした油を飲み込むのはNG。 細菌がたくさん絡まっているものを飲むのは、うがいの意味がなくなりますよね。 また、油の多量摂取はニキビや吹き出物の原因にも。 うがい後は、必ず吐き出しましょう。 また、うがい後はなるべく水ですすがない方がベスト。 どうしても気になる場合は、少し時間を置いてからにしましょう。 うがい後のオイルは環境に配慮して処理をする うがい後のオイルは、排水溝に吐き出さずティッシュやビニール袋に出すのが正解。 環境への配慮も忘れないようにしましょう。 また、オイルの種類によっては固まってしまうものもあるので、排水溝のつまりの原因にも。 ケア後のオイルの処理には十分注意してくださいね。 継続は力なり オイルうがいを始めてすぐに効果を実感できるわけではありません。 早い人だと数週間の継続で効果を感じる人が多いです。 焦らず、毎日の習慣として美容と健康のために続けることがポイント。 効果が出たからといってやめず、ずっと継続できるといいですよね。 好転反応が出たら様子を見て 好転反応とは、体の調子が良くなっていく経過の途中で一時的に起こる反応です。 これは人によりますが、体の中で不調があった場所などに起こります。 頭痛や吐き気、倦怠感、下痢など治るまでの期間も人それぞれです。 歯の詰め物がゆるくなる人もいます。 その原因は、オイルうがいの効果で歯茎が引き締まることが挙げられます。 好転反応が辛いほどであれば、中止するか少し様子を見ることをお勧めします。 オイルうがいを実践した人の口コミを見てみよう! 口にオイルを含むって大丈夫?と、気持ち悪さが先にたってしまいますよね。 実際に習慣になっている人の感想や効果の口コミを参考にしてみましょう。 歯がワントーン明るくなった!• 口の中が気持ち良い• ほうれい線が薄くなった• 口臭が気にならなくなった• 二重アゴに効いてきた気がする• 風邪をひきにくくなった• 口内炎の回復力が早くなった• 慣れるまで時間がかかるかもしれないけど、すごくおすすめ!• 自分の歯に自信が持てるようになった• 思ってたより気持ち悪くなかった• 喉の痛みが緩和された オイルうがいの印象は、実践する前と後では違うようですね。 効果を実感している人も多く、期待大の健康・美容法!ぜひ試してみてくださいね。 オイルうがいに適したオイルの種類 オイルうがいは、どんなオイルでもいいわけではありません。 オイルうがいに適したものを選ぶのが正解。 ここではおすすめのオイルをご紹介しますね。 オリーブオイル 比較的使いやすく、特に喉の乾燥に効果的。 オイルうがいに使用するのは、ヴァージンオイルがおすすめです。 ココナッツオイル 酸化しにくく、抗菌・抗ウィルス作用がある。 栄養成分が豊富で、風味が良いので実践すやすいオイル。 他のオイルより細菌除去の力が強い。 アボカドオイル 抗酸化作用に優れ、アンチエイジングにおすすめ。 肌荒れを防いで美肌へ導きます。 中性脂肪の減少や、便秘にも効果あり。 白ごま油 加熱処理をする必要があるが、最も効果があると言われているオイル。 殺菌・口臭予防・白髪、抜け毛予防など多くの効果が期待できます。 白ごま油には、歯を白くする効果があるので、ホワイトニング効果を求めるなら白ごま油でのうがいがおすすめですよ。 その他、亜麻仁油やヒマワリ油、アーモンドオイルもおすすめ!あなたが使いやすいオイルで、オイルうがいを始めてみましょう。 美容・健康のために「オイルうがい」を実践してみよう! 忙しい朝でも実践しやすく、手間のかからない「オイルうがい」なら継続できそうですよね。 1度に使う量も大さじ1杯だから、コストがあまりかからないのも嬉しい!美肌への効果、お口の中の悩みもオイルうがいで解決しましょう。 アンチエイジングもできて、生活習慣病にも効くオイルうがいは、私たちエイジング世代にとって、毎日の習慣にしたいケアのひとつ。 美容にも健康にも効果があって、オイルでうがいするだけの簡単さも魅力ですよね。 今日からあなたも「オイルうがい」を実践してみませんか?.

次の

ミランダ・カーや道端ジェシカが「ココナッツオイルでうがい」をする理由

ココナッツ オイル うがい

みなさんは、ヴァージンココナッツオイルで口臭予防やホワイトニングができることを知っていましたか? 海外のセレブやモデルさんたちもこぞって続けているのが、このヴァージンココナッツオイルを使った"オイルプリング"です。 オイルプリングとはオイルでうがいをする健康法のことで、オイルプリングによってさまざまな健康効果が期待されています。 聞きなれない言葉なので、ちょっと難しそう・・・と思ってしまうかもしれませんが、もともとはアーユルヴェーダの1つの健康法だったそうです。 アーユルヴェーダとは、インドの伝統的医学、自然療法、または生命科学などと呼ばれていて、このオイルプリングは芸能人の間でもとっても人気のココナッツオイルの活用法ですが、オイルプリングにはどんな効果があるんでしょうか。 もともと、どんなに健康な人であろうと、人間の口の中には何十億という数の細菌がいます。 人間の口は、身体の健康を反映するとも言われていて、これらの細菌は生きた細菌で、バクテリアやウイルスなどで口内はいっぱい!ということですね。 それらの細菌は、これといって特に人に悪影響を及ぼすわけではありませんが、例えば日頃からファストフードの食事などの高カロリーや糖が多いものばかりを食べていると、この口内の細菌は増殖してしまうんです。 細菌が増殖しすぎると、例えば虫歯、口臭、歯肉炎(歯周病)になりやすくなったり、その他ぜんそくや 糖尿病、偏頭痛、関節炎など、さまざまな病気をも招きかねません。 口の中をココナッツオイルでうがい(オイルプリング)することによって、ヴァージンココナッツオイルが解毒作用を発揮し、口の粘膜から毒素を出す効果があるということです。 ヴァージンココナッツオイルで、口内の細胞を最小限にまで排除し、口臭や歯周病などさまざまな病気を予防することができます。 またオイルプリングをすることで、口の周りの筋肉をかなり使うためほうれい線の予防効果や、血行促進、歯のホワイトニング効果が期待できます。 うがいなら、水でもいいのでは?と思えてしまいますよね。 細胞は、脂肪に近い液体で覆われていて、水でうがいをしただけではそれらの脂肪とは混ざり合うことができないため、 毒素の排出が出来ません。 そのため、水でうがいをしても上記のような効果は得られません。 ヴァージンココナッツオイルでオイルプリング!効果的なやり方 ヴァージンココナッツオイルを使ったオイルプリングの、効果的なやり方を紹介します。 (1)まず、ヴァージンココナッツオイルを大さじ1杯前後、口に含みます。 (2)口の中にゆっくり浸透させます。 (3)マウスウォッシュのように、15分から20分間の間ぐちゅぐちゅとうがいをします。 間違って飲み込まないように注意しましょう。 15分もうがいするのは初めは辛いかもしれないので、慣れるまでは5分とかで途中で出してもいいですが、その時はやり直しましょう。 リラックスしながらやりましょう。 (4)最後は飲み込まずに吐き出します。 排水口ではなく、ゴミ袋などに吐き出すようにしましょう。 排水口に吐き出してしまうと、冬はオイルが固まって、詰まってしまう可能性があります。 (5)ぬるま湯または塩水で、うがいをしたら終わりです。 最後にこれをすることで、口内に残った毒素も綺麗に流せます。 オイルプリングした時のオイルは、絶対に飲み込まないようにしてください。 うがいをすることで老廃物がたくさん含まれているため、せっかく出した老廃物を飲み込んでしまっては、 オイルプリングの意味がありません。 オイルプリングをやったことがない人は、思ったよりも頬の筋肉を使うため、最初はとっても疲れてしまうかもしれません。 しかし、オイルプリングは力いっぱいぐちゅぐちゅとうがいすればいいというものではありません。 あくまでもリラックスして行うことが大前提なので、力いっぱいすすぐ必要はありません。 大切なのは口内のあらゆる箇所、すみずみまでにオイルが行き渡るようにすることであって、そこは間違えないようにしましょう。 イメージとしては、オイルを口の中のいろんな場所に動かすような感じです。 オイルプリングは、いつ行うのがベスト? 一番にお勧めしたいのが、 "朝1番に行うこと"。 朝寝起きの状態は、胃の中が空腹ですし、なんと言っても朝寝起きの時の口内は、便10g分くらいのレベルの細菌がいるため、オイルプリングでデトックスするにはもってこいなんです。 朝って何かと忙しい時間帯ですが、オイルプリングは何かをしながらの"ながら美容"ができるので、オイルプリングをしながら家事をしたり洗濯物をしたりと時間も有効に使えます。

次の

ココナッツオイルのうがいの効果の真偽性は?その理由とやり方!

ココナッツ オイル うがい

ココナッツオイルでうがいをすることで、驚くほど歯が白くなります! ココナッツオイルでするうがいのことをオイルプディングといいます。 意外な使い方と思われたでしょうが、驚く力が備わっています。 オイルプディングのやり方をマスターして、白い歯を手にしましょう! 想像してください。 もし自分の歯が、ハリウッド女優のように白くて綺麗だったらと 笑ったときに見える白い歯にあなたは憧れませんか? いざ白い歯を手にしようとしても、ホワイトニングや セラミックのかぶせ物はお金も費用もかかります。 もっと手軽に白い歯を手にする方法を知りたくはありませんか? そんなあなたにとっても簡単に白い歯を手にする方法を教えます。 Contents• ココナッツオイルで歯が白くなる! ココナッツオイルはココナッツミルクを分離して作られています。 去年から注目を浴びている、 天然美容オイルがココナッツオイルです。 いろんなことに使える 万能オイルとして、地位を確立しています。 ココナッツオイルをうがいに使うと歯が白くななります。 オイルでうがいをすることをオイルプディングと呼ばれています。 元はインドの自然療法「 アーユルヴェーダ」の健康法の一つで 水では洗い流せない口の中の油分を 綺麗に洗い流してくれるというものです。 オイルプディングでこんな効果が得られる! 主な効果は以下の5つ 1・口内から体内の毒素を排出するデトックス効果 2・口内の病気の予防 口臭、歯周病、虫歯、歯肉炎 3・ 歯のホワイトニング効果 4・うがいで口の周りの筋肉を使うことにより、 ほうれい線の予防や、血色、ハリを良くする 5・慢性的な疾患 偏頭痛・関節炎など の改善 ココナッツオイルは選び方が重要! オイルプディングは、ココナッツオイルをうがいに使うことですが ココナッツオイル選びが大切になります! オイルプディングに使う ココナッツオイルはバージンオイルを使います。 ココナッツオイルには、階級があります。 一番いいオイルのことを、 バージンココナッツオイルと呼びます。 バージンココナッツオイルつかってください! 一番大事なのでもう一度バージンココナッツオイルで オイルプディングをしてください。 バージンココナッツオイルとは絞りたてで 混ぜ物なしのココナッツオイルのことです。 香りが強く、30度以下だと固まります。 今はココナッツオイルに注目が集まっているので、 粗悪品が多く出回っています。 買うときにはラベルを良く見て注意して買ってください。 オイルプディングのやり方 さて、歯が白くなるオイルプディングのやり方をを紹介します。 大まかな手順は、ココナツオイルを口に含んでぶくぶくする! ほら簡単でしょ!• ココナッツオイルを大さじスプーン一杯口に含む。 マウスウォッシュみたいに口の中でもぐもぐします。 10分続け、吐き出す。 口の中の汚れがまざっているので、 飲み込んではいけません。 どの時間帯にやっても効果はありますが オススメは、 朝です。 口の中の雑菌が一番多いのは、朝一の寝起きの時です。 寝ている間に口の中で雑菌が繁殖しています。 朝一番にオイルプディングをすることで、 菌を根こそぎやっつけましょう! でもちょっとだけ注意! ココナッツオイルで、オイルプディングをした後は 排水溝に流すのではなくゴミ袋に入れましょう。 でないと排水溝の詰まりの原因になります。 ココナッツオイルは30度以下だと 固まってしまうという特徴があります。 袋に細かくちぎった新聞紙を入れて、 その中に吐き出しましょう。 あなたもココナッツオイルを使ったオイルプディングで 白い歯を手に入れましょう! 簡単なのであなたでもできますよ! 妖精の解答ポイント このオイルプディングでは、ココナッツオイルを進めていますが エクストラバージンオリーブオイルでもできます! 歯の白さって印象にすっごく影響されると思います。 肌が白くてきれいなのに、歯が黄ばんで。。。。 ちょっとがっくりきますよね。

次の