おんなの駅。 沖縄ネイティブの間で密かに愛されてきた幻の銘菓「ドラゴンボール」を食べてきた

国道58号線「おんなの駅」オススメの13アイテム教えます!

おんなの駅

地元の人と観光客にも人気の道の駅 本島北部のリゾートエリアにあるおんなの駅 恩納村 おんなそん の国道58号線沿いにある「おんなの駅」では、海ぶどう等の水産物をはじめ、農産物、特産品などの販売をしています。 お土産品はもちろん、パーラーではブルーシールアイスクリームやサーターアンダギーなども販売しています。 近くを通った際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 旬のフルーツがおすすめ おんなの駅では旬の野菜やフルーツの販売をしています。 特に夏の旬のフルーツと言えば、マンゴーやパイナップル、甘酸っぱいパッションフルーツです。 その場で食べたいよという方は、おんなの駅内にある琉冰 りゅうぴん で南国フルーツたっぷりのかき氷を食べることもできます。 恩納村は海ぶどう養殖が盛ん 水産物販売コーナーでは新鮮な海ぶどうを低価格で販売しています。 プリプリの海ぶどうはプチプチ食感で最高ですよ。 海ぶどうは冷やすとダメなので常温でなければいけません。 しばらくは持ち歩いても大丈夫なので、ホテルでのおつまみにいかがでしょうか。 おんなの駅内の売店 琉冰 りゅうぴん 沖縄の新鮮なフルーツを使ったかき氷が大人気のお店で夏は行列ができるほど。 ボリュームがありますが、女性一人でもペロッと食べてしまうほどおいしいです。 写真はトロピカルフルーツ。 マンゴーとパイナップル、パッションフルーツにドラゴンフルーツが入ったかき氷です。 てっぺんにはアイスクリームも乗っかっています。 その他種類も豊富にあり、マンゴーだけのかき氷やマンゴーやパッションフルーツだけのかき氷もあります。 そして、昔から沖縄で愛されている沖縄ぜんざいもあります。 沖縄のぜんざいは温かいぜんざいではなく、ぜんざいの上にかき氷がのっている冷たいかき氷なのです。 恩納村水産物直売店 恩納村で養殖された新鮮な海ぶどうや刺身、魚のから揚げなどを販売しています。 海鮮丼を注文するお客さんもいますが、ウニソースを使ったムール貝もおすすめです。 海ぶどうをパックで販売しています。 夜のおつまみにいかがでしょうか。 ムール貝のウニソース焼きや車エビや伊勢エビのウニソース焼きもあります。 三矢本舗のサーターアンダギー サーターアンダギーとはドーナツに近いお菓子で、小麦粉に砂糖を混ぜて低温でじっくり揚げた昔ながらの沖縄の菓子です。 沖縄の方言でサーターは砂糖、アンダは油、アギーは揚げるという意味でその3つの単語が合わさってサーターアンダギーです。 種類もいくつかあり、砂糖の代わりに黒糖で作ったものや、紅イモやカボチャを使ったアンダギーもあります。 三矢本舗では人気のドラゴンボールとドラゴンボールZがあります。 ドラゴンボールは中に何も入っていませんがZには紅イモのあんこが入っています。

次の

沖縄中部・おんなの駅「なかゆくい市場」で喜ばれるお土産3選!|OKINAWA CONCIERGE沖縄の旅行情報サイト

おんなの駅

1.「おんなの駅 なかゆくい市場」ってどんなトコ? 「おんなの駅」があるのは沖縄本島中部の国頭郡(くにがみぐん)恩納村の国道58号線沿い。 本島の南北をつなぐ58号線は『最高のロケーションが楽しめる道』としても人気の絶景ドライブコースです。 那覇空港から北部にある「美ら海水族館」を目指してドライブした場合、おんなの駅があるのはちょうど中間地点あたり。 さっそくオススメを見ていきましょう! 2.オススメの13アイテム調べてみた! 1. 小腹レスキューには最高の1品。 揚げたてのカマボコって本当にうまい! 2. イチオシは豚の三枚肉とソーキ肉の両方が味わえる贅沢な「二又そば」。 ハラペコには嬉しい値段&ボリュームのお店です。 豪快にガブリといきたい1品。 このボリュームでこのお値段というのも驚きです! 4. お土産にもどうぞ。 生地と餡に恩納村産のもずくと豚肉・トマトがたっぷり入っています! ヘルシーなのに食べ応えバッチリという嬉しい1品。 インパクト大の真っ黒いおにぎり「いかすみジューシー」は海の旨みがギュっと詰まった1品。 沖縄のソウルフード「ポーク玉子おにぎり/200円(税込)」もオススメです。 パッションフルーツ・いちご・マンゴー・パイナップルが乗ったその名も「トロピカルフルーツ」は、まさしくTHE沖縄の1品です。 小豆ではなく金時豆を使ったふっくらとした食感の餡子も特徴。 カナばあちゃんがじっくりコトコト煮込んだ秘伝の味は、優しくほっこりとする甘さで、運転疲れだって吹っ飛ばしてくれます! 9. しかも、コチラのたこやきは『冷めてもふわっふわっで美味しい』という嬉しいオプションつきです。 丼物や焼き物を、嬉しい値段でオナカいっぱい食べられます! 濃厚な香りがたまらない「ムール貝うにソース」は、ぜひ食べておきたい1品。 「おんなの駅」には駐車場に面した外店舗のほか、野菜やお惣菜・お土産などを取扱っている内店舗があります。 美味しいモノを食べて一息つくだけでなく、他ではなかなか手に入らないようなお土産も見つけるコトができるかも! 11. お昼前後には売切れてしまうコトが多いため、見つけたら迷わずゲットしたいところ。 ほんのり甘い「塩パン」は小腹が空いたときにちょうどイイ大きさです。 恩納村の泡盛「萬座(まんざ)」は、通常のお土産屋さんでは手に入りにくいレア商品です。 ほかにも思わず『クスッ』と笑ってしまう、オリジナル手書きラベルの泡盛は、お土産にも喜ばれそう! お酒好きならチェックする価値アリのお店です。 所要時間:約55分。 所要時間:約30分。 「おんなの駅 なかゆくい市場」は名前のとおり、立ち寄ると何だかホッと一息つける、不思議な魅力があります。 運営は、現地体験や高速バス等の予約サイトを運営するオンライントラベル株式会社です。 私たちは、多くのお客さまの沖縄旅行のお手伝いをしてきました。 また、一度も沖縄へお越しになっていない方も、大勢いらっしゃいます。 そこで、もっと沖縄を好きになってもらいたい、足を運んでほしいと思い、この「沖縄ラボ」を立ち上げました。 長年の経験を活かして取材し、撮影し、どこよりも詳しく、リアルに伝えていきます。

次の

おんなの駅のかき氷店「琉冰」でトロピカルフルーツたっぷりの贅沢かき氷。

おんなの駅

我が家の子供と一緒に行く沖縄旅行記1日目その1からの続きです。 ルネッサンスリゾートオキナワについてから、屋外プールで遊び、最も近いレストラン「浜の家」で夕食、その後「おんなの駅」でかき氷を食べました。 屋外プールで遊ぶ!ルネッサンスさいこー! 15時30分; お昼寝してたイチゴを起こし、私とイチゴもプールへ。 この1時間ほどの間に、既にレモンとパパは、ビーチも屋内プールも屋外プールもリーフガーデンも制覇してしまったらしい。 頑張って来てよかった。 16時30分; そろそろお部屋に引き揚げようよ。 初日から遊びすぎだ。 お部屋は9階でした。 の無料グレードアップで、デラックスツインのお部屋にしてもらえています。 おお~!さすがに、素敵じゃーん。 ベッド3台入っても十分な広さ。 子供用の歯ブラシやパジャマもある!引き出しやクローゼット収納もあって長期滞在に便利です!窓から見える景色も最高!ビーチとプールが一望で、素敵~。 デラックスツインにエキストラベッド ベッド3台でも十分な広さです 夕暮れのビーチ 1日目の夕食は、「浜の家」で名物・魚のバター焼き定食を堪能! 17時30分; さあ!ホテルのレストランで食事だ!と思ったら、パパが「今日は焼き肉って気分じゃないなー」と言い出した。 「外で食べようよ。 どっかないの?」ときたもんだ。 あのね、私がどんだけ事前に考えてスケジュール組んでるかわかってる? 全部人にヤラセておいて「気分じゃない」とか、「どっかない?」とか言うか?普通。 私はツアーガイドじゃないんだけど? しかたがないので、 ルネッサンスリゾートオキナワからすぐそこにある(らしい)「浜の家」に行くことにしました。 コーラルシービューには、レストラン受付に内線で電話してキャンセルを入れておきました。 ごめんなさい。 浜の家は「ルネッサンスから徒歩8分」と記載があったんだけど、イチゴがちゃんと歩くとは思えず、ひとまずレンタカーで行くことに。 ロビーに降りてベルマンに車をお願いすると「遠くにある駐車場に停めてございますので、お車をお回しいたします。 」と言われた。 「車を回す」って言うからてっきり我が家のレンタカーを持ってきてくれるんだと思ったら、これが、 ワゴン車が来て駐車場まで送迎する っていう意味だったの。 げげー。 駐車場が遠くて不便だというのは知っていたが、わざわざワゴン車で送迎してもらわないといけないのはかなり不便だぞ。 迎えに来たワゴン車に乗り込み、向かったのは第4駐車場。 駐車場まで行く途中に「おんなの駅なかゆくい市場」の看板が見えた。 「あれ?おんなの駅ってことはもこの近くのはず…?」と思った瞬間「」の前を通り過ぎた! あれ?ここじゃん!行こうと思ってた「」じゃん! ワゴン車は目的地の「」を通り過ぎ、横のわき道を入った。 細い道を抜けるとそこは広大な駐車場。 どうやらここが第4駐車場のようです。 ざっと150台ほどは停まっていたかしら。 私たちの車が停められていた第4駐車場は「」の奥・浜の家の後ろ側って感じ。 までは歩いても行けそうな距離だったけれど、そのままレンタカーに乗り込み、目と鼻の先の「」の駐車場に入れなおしました。 18時; 「」はかなり人気と聞いていたけれど、まだ時間が早いからか、お客さんはうちを入れても3組だけ。 座敷もイス席もありましたよ。 ミーバイの煮つけ定食なんかもあるから、取り分けもしやすいし、お子様ランチもありました。 付け出しのもずく。 イチゴがハマって食べまくり 浜の家名物・魚のバター焼き定食 今日の魚は「タマン」?なんじゃ? イチゴは「もずく」にハマった。 自分の分とパパの分と私の分も平らげて、まだ「おかわり」って言うほど。 もうこうなるともずくしか食べないから、最後はご飯に「もずく」を乗っけて「もずくご飯」にして食べさせたよ。 イセエビ定食もおいしかったけれど、やっぱり名物だけあって魚のバター焼きが絶品! 今日の魚は「タマン」だったみたいです。 淡白な味だけど、バターとよく合う。 でも脂っこくないし、お魚も柔らかいから取り分けにもOK。 すっごく大きかったから、私1人じゃ食べきれずみんなで分けっこして食べました。 こちらから「海鮮料理浜の家」の割引クーポンが入手できますよ。 浜の家にエイサー公演が来た! 食べてるうちに、なんだか音が聞こえてきた。 これってサンシン? 窓を開けてみると、何やらお兄さん達が集まっている!これは噂のエイサーではないか?? 聞けば「恩納村青年団」のエイサー公演がここ浜の家の駐車場で始まるらしい。 すごーい! いつもやってるわけじゃないんだって。 今日だけ。 ラッキーだねー。 時間が早いからか他にお客さんいなくて、我が家の独占状態! 音につられて窓を開けてみたら… いつの間にか集まったエイサー隊が。 お兄さんに一緒に踊ろう!って言われて… 踊っちゃった! おんなの駅なかゆくい市場で、かき氷を食べよう! で食事を終えると時間は18時40分ほどでした。 「まだお腹にデザート入る?」「はいるはいるぅ!」と子供と一緒に行ったのは目と鼻の先にあった「おんなの駅なかゆくい市場」。 ここに来たのは他でもない。 「」でかき氷を食べるためです。 にも大きく取り上げられているお店ですよ。 お店の前には行列していましたが、回転が速くあっという間にゲットすることができました。 1番人気のアイスマウンテン。 きらきらしててとってもきれい。 マンゴーにパイナップルにドラゴンフルーツにアイスクリームが乗っています。 パイナップルはやわらかく、ドラゴンフルーツは甘酸っぱい。 マンゴーは文句なし甘くてうまい!こんな贅沢なかき氷があっていいのでしょうかっ!! 夕食をお腹いっぱい食べた直後なのに、あっという間に平らげてしまいました。 19時30分; お部屋に戻ると、すぐにお風呂で就寝。 大満足の一日目。 ルネッサンスが予想以上に楽しくて、素敵でした。 明日は青の洞窟ツアー。 とっても楽しみで寝られないのはママだけ。 3人はそろって朝まで爆睡でした!.

次の