イケメン。 「実際はイケメンじゃないと思う」芸能人ランキング 1位は綾野剛

【顔面偏差値が高すぎる男たち】イケメン芸能人詰め合わせ

イケメン

モテる男にはいくつか共通点があり、その中でも絶対といえる条件があります。 モテる男の条件を少しずつ自分のものにして、男の格を上げていきましょう。 余裕を持って女子と接することができる ガツガツと余裕のない男では、女子は引いてしまいます。 既婚者がモテるのは、結婚している分、独身よりもガツガツと食い気味にならないからです。 積極的だったり思いをストレートにぶつけたりすることはとてもいいことですが、自分ばかりではなく 相手のペースに合わせる余裕を持ちましょう。 時間の使い方を分かっている 社会人は、学生と違って時間の割り振りがとてもシビアです。 好きなように好きなことができなくなる分、自由なプライベートの時間は貴重ですよね。 モテる男はどこにどのくらい時間を使うか、 優先順位を付ける大切さを知っています。 限られた時間だからこそ、自分や大切な人のために使いたいものです。 モテるためにどうするか、という努力ができる モテたいと思っているだけでは、モテません。 モテるためにはどうしたらいいか、 考え、行動しなければなにも変わりません。 この記事を読んで終わりにするのか、自分にできることから始めてみるのか、その一歩がモテるために必要な、最初のポイントです。 行動力のある男は、女子から見ても魅力的に見えます。 自分をストレートにぶつけられる 相手を尊敬し自分に自信がある人は、いい意味で相手の顔色を伺う必要がありません。 嫌われたくないという気持ち先行ではないので、相手のためならはっきりと伝えることができます。 うじうじと言わない、言えないのも母性本能をくすぐるかもしれませんが、 女子は頼り甲斐のある男に惹かれるものです。 モテる男は自分に自信を持ち、相手が良くなるためであれば自分の保身に走ったりはしません。 仕事を仕事だと分かって楽しんでいる 社会人になると恋愛ばかりしているわけにもいかず、仕事が嫌になることもありますよね。 だからこそ、 普段から楽しんで働いている男は魅力的に見えるのです。 毎日の繰り返しを作業的に行うよりも、 楽しみながらやる方が、仕事への姿勢も環境も良くなります。 言動や態度が、紳士的 話し方や言葉使い、態度や対応が紳士的でなければ、モテる男とはいえません。 映画に出てくるジェントルマンのように過剰である必要はありませんが、相手の気分を害する言動はいただけません。 彼女や好きな人にだけではなく、 普段から周りの人への人当たりを気にすることで、自然と紳士的な自分を手に入れることができます。 遠慮なく親切にできる 困っている人に手を差し伸べるのは、分かっていてもなかなかできることではありません。 遠慮してしまったり考えすぎてしまったりと、多くの人が躊躇してしまいます。 ですが、そんなとき遠慮せずに、相手に自分の意思を伝えられる人がモテる男です。 困っているなら助けるよと伝え、実際にそばで助けになることができるのは、人として余裕があるからです。 余裕を持っている男がモテるのは、当然といえますよね。 自分の弱さを認められる 完璧な人はどこにもいませんし、誰にでも長所と短所があります。 失敗をしたり誰かを傷つけてしまう経験は、その人だけにあるものではありません。 本当の強さとは、 自分の弱さを認められることです。 意地を張りプライドを守っているうちは、弱さを引き合いに出しているだけということに気付きましょう。 失敗を許す心を持っている 自分の弱さを認められるのと同時に、接する人に対してもそれを要求しないこと。 たとえ相手が失敗してしまったとしても、それを許すことができる心を持っているかは、モテに大きく関係してくるのです。 例えばデートの相手が、何らかの理由があって遅刻をしてしまったとき。 怒って機嫌を悪くする人よりも、優しい笑顔で許してくれる人の方がモテるということは容易に想像できるでしょう。 とはいえ、失敗を何でもかんでも許しすぎてしまうと、相手が次第に失敗を失敗として認識しなくなる、ということも考えられます。 なにごともメリハリが大事ですが、基本的には許せる心を持ち合わせておきたいものです。 話を優しく聞いてくれる 女子は話好きと聞いたことがある人もいると思いますが、これは多くの女子に当てはまること。 女子から愚痴や悩み相談を聞かされることがあったら、そのときは優しく話を聞いてあげられるかどうかが重要になってきます。 女子特有の性質とも言えますが、この愚痴や相談に対しての答えは、女子にとってはそれほど重要なものではありません。 むしろ答えは自分の中ですでに決まっていて、その上で同意を求めているだけ、ということはよくあることなのです。 よって、女子の話は反論せずに、優しく聞いてくれるだけの人の方がモテるということ。 親切心や真面目な対応だとしても、叱咤したり正論をぶつけてしまうのはモテる男の行動ではないので注意してくださいね。 細かいことにこだわらない こだわりというものは、当人にとっては重要なことだとしても、他人にとっては全くどうでもいいことです。 そんなこだわりを相手にも押しつけるような人はモテないのは当然で、むしろ細かいことにこだわらない男の方がモテる傾向にあります。 特に注意したいのが、自分の中での理想の女性像にこだわりがある人。 「女子にはムダ毛が一本でもあってはいけない」 「女子は男の行動に口出ししてはいけない」 「女子はデートでいつもスカートを履いていなければいけない」など、 相手に理想というこだわりを押しつけると、女子から敬遠されてしまう可能性が高いでしょう。 恋愛をタスクとして考えない 恋愛を仕事のようにタスク化して考えている人よりも、抑えきれない感情を自由に表現している人の方がモテることがあります。 女子はロマンチストな人が多く、仕事のタスクを片付けるような形でスマートにデートや告白をこなされても、あまりよく思わないことが多いからなのです。 それよりも、後先考えずに「好きだ」と言ってしまう人や、相手を楽しませようと必死になってしまう人の方が、好印象を与えます。 10代や20代前半くらいの女子は、スマートな大人の男に憧れることも少なくはありません。 それでも、言動から気持ちの通じてこない相手より、少しくらい不器用でもきちんと伝えてくれる人の方がモテると言えます。 LINEで気を使わせない モテるモテないを大きく左右するようになった、LINEのやりとり。 モテる男はこのLINEの使い方も上手です。 一番は、気を使わせないLINEのやりとりができるかどうか。 質問攻めのLINE• 長文のLINE• 返事に困るLINE• 終わりどきがわからないLINE これらはモテない男のLINEの典型なので覚えておきましょう。 特に女子から聞くのが「終わりどきがわからなくてやりとりが面倒」という意見。 学生ならまだしも、社会人にも成ってくるとLINEに時間を割くことが難しくなってきます。 ダラダラ続くLINEを面倒に感じてしまうのは当然でしょう。 ここでモテる男は、自ら既読無視をし「返すのが億劫の時はいつでも既読無視をしていい」という関係をつくります。 そして、何事もなかったかのように別日にLINEを送る。 こうすることで相手に返信を気遣わせることがないので、恋愛に発展する可能性が高くなります。 LINEスタンプを駆使する これはモテ男の上級者テクですが、スタンプを駆使することで女子からモテることができます。 かつてミラーリングというモテテクが流行ったことをご存知でしょうか。 ミラーリングとは心理学でも使われている言葉で、鏡のように相手と同じ行動をすることで相手に親近感を抱かせ好感を得るというもの。 LINEスタンプを使うことで、これと同じような効果が期待できます。 やり方は、相手が使っているスタンプを買って、それを使うだけ。 いきなり送りつけるのはハードルが高いかもしれないので、「そのスタンプいいね」と一言いってから買って送るといいでしょう。 意外性がある これは男女共通することでもありますが、意外性がある人はとにかくモテます。 普段の自分が周囲からどのような印象を持たれているかをリサーチしておくことで、簡単に作ることができるので試してみてください。 例えば、ちょっと近寄りがたいと思われているのなら動物好きをアピールしてみるとか、イケイケに見えるのにアニメや映画に詳しいとか…。 趣味や好きなものを表現しておくことで、勝手にギャップと思われてモテ要素になるかも。 自分に似合うファッションを分かっている 身長や体重に関係なく、自分に似合うファッションが分かっていると、自分の魅力を引き出すことができます。 おしゃれというのは最先端という意味ではなく、 自分が相手にどう見えるかを分かっている人です。 モテる男に清潔感は必須。 自分の体や見え方を研究して、なにが似合うか見極められるようになりましょう。 いい匂いがする 通りすがりの女子からいい匂いがしたら、思わず振り返りたくなりますよね。 それと同じように、女子も いい匂いがする男性が好きです。 お話するときやキスをするとき、その日なにを食べたか分かるような匂いよりも、ほのかないい香りに包まれていた方が、大切な人とより良い時間を過ごせますよね。 内面をより輝かせるために、ファッションや香りがあります。 それらを上手に使いこなせるのが、モテる男のやることです。 まとめ.

次の

イケメンなあいつの陰に隠れ続けた俺が本当の幸せを掴み取るまで【旧題:イケメンのあいつはチートで、勇者で、主人公で……俺の親友で。】

イケメン

モテる男にはいくつか共通点があり、その中でも絶対といえる条件があります。 モテる男の条件を少しずつ自分のものにして、男の格を上げていきましょう。 余裕を持って女子と接することができる ガツガツと余裕のない男では、女子は引いてしまいます。 既婚者がモテるのは、結婚している分、独身よりもガツガツと食い気味にならないからです。 積極的だったり思いをストレートにぶつけたりすることはとてもいいことですが、自分ばかりではなく 相手のペースに合わせる余裕を持ちましょう。 時間の使い方を分かっている 社会人は、学生と違って時間の割り振りがとてもシビアです。 好きなように好きなことができなくなる分、自由なプライベートの時間は貴重ですよね。 モテる男はどこにどのくらい時間を使うか、 優先順位を付ける大切さを知っています。 限られた時間だからこそ、自分や大切な人のために使いたいものです。 モテるためにどうするか、という努力ができる モテたいと思っているだけでは、モテません。 モテるためにはどうしたらいいか、 考え、行動しなければなにも変わりません。 この記事を読んで終わりにするのか、自分にできることから始めてみるのか、その一歩がモテるために必要な、最初のポイントです。 行動力のある男は、女子から見ても魅力的に見えます。 自分をストレートにぶつけられる 相手を尊敬し自分に自信がある人は、いい意味で相手の顔色を伺う必要がありません。 嫌われたくないという気持ち先行ではないので、相手のためならはっきりと伝えることができます。 うじうじと言わない、言えないのも母性本能をくすぐるかもしれませんが、 女子は頼り甲斐のある男に惹かれるものです。 モテる男は自分に自信を持ち、相手が良くなるためであれば自分の保身に走ったりはしません。 仕事を仕事だと分かって楽しんでいる 社会人になると恋愛ばかりしているわけにもいかず、仕事が嫌になることもありますよね。 だからこそ、 普段から楽しんで働いている男は魅力的に見えるのです。 毎日の繰り返しを作業的に行うよりも、 楽しみながらやる方が、仕事への姿勢も環境も良くなります。 言動や態度が、紳士的 話し方や言葉使い、態度や対応が紳士的でなければ、モテる男とはいえません。 映画に出てくるジェントルマンのように過剰である必要はありませんが、相手の気分を害する言動はいただけません。 彼女や好きな人にだけではなく、 普段から周りの人への人当たりを気にすることで、自然と紳士的な自分を手に入れることができます。 遠慮なく親切にできる 困っている人に手を差し伸べるのは、分かっていてもなかなかできることではありません。 遠慮してしまったり考えすぎてしまったりと、多くの人が躊躇してしまいます。 ですが、そんなとき遠慮せずに、相手に自分の意思を伝えられる人がモテる男です。 困っているなら助けるよと伝え、実際にそばで助けになることができるのは、人として余裕があるからです。 余裕を持っている男がモテるのは、当然といえますよね。 自分の弱さを認められる 完璧な人はどこにもいませんし、誰にでも長所と短所があります。 失敗をしたり誰かを傷つけてしまう経験は、その人だけにあるものではありません。 本当の強さとは、 自分の弱さを認められることです。 意地を張りプライドを守っているうちは、弱さを引き合いに出しているだけということに気付きましょう。 失敗を許す心を持っている 自分の弱さを認められるのと同時に、接する人に対してもそれを要求しないこと。 たとえ相手が失敗してしまったとしても、それを許すことができる心を持っているかは、モテに大きく関係してくるのです。 例えばデートの相手が、何らかの理由があって遅刻をしてしまったとき。 怒って機嫌を悪くする人よりも、優しい笑顔で許してくれる人の方がモテるということは容易に想像できるでしょう。 とはいえ、失敗を何でもかんでも許しすぎてしまうと、相手が次第に失敗を失敗として認識しなくなる、ということも考えられます。 なにごともメリハリが大事ですが、基本的には許せる心を持ち合わせておきたいものです。 話を優しく聞いてくれる 女子は話好きと聞いたことがある人もいると思いますが、これは多くの女子に当てはまること。 女子から愚痴や悩み相談を聞かされることがあったら、そのときは優しく話を聞いてあげられるかどうかが重要になってきます。 女子特有の性質とも言えますが、この愚痴や相談に対しての答えは、女子にとってはそれほど重要なものではありません。 むしろ答えは自分の中ですでに決まっていて、その上で同意を求めているだけ、ということはよくあることなのです。 よって、女子の話は反論せずに、優しく聞いてくれるだけの人の方がモテるということ。 親切心や真面目な対応だとしても、叱咤したり正論をぶつけてしまうのはモテる男の行動ではないので注意してくださいね。 細かいことにこだわらない こだわりというものは、当人にとっては重要なことだとしても、他人にとっては全くどうでもいいことです。 そんなこだわりを相手にも押しつけるような人はモテないのは当然で、むしろ細かいことにこだわらない男の方がモテる傾向にあります。 特に注意したいのが、自分の中での理想の女性像にこだわりがある人。 「女子にはムダ毛が一本でもあってはいけない」 「女子は男の行動に口出ししてはいけない」 「女子はデートでいつもスカートを履いていなければいけない」など、 相手に理想というこだわりを押しつけると、女子から敬遠されてしまう可能性が高いでしょう。 恋愛をタスクとして考えない 恋愛を仕事のようにタスク化して考えている人よりも、抑えきれない感情を自由に表現している人の方がモテることがあります。 女子はロマンチストな人が多く、仕事のタスクを片付けるような形でスマートにデートや告白をこなされても、あまりよく思わないことが多いからなのです。 それよりも、後先考えずに「好きだ」と言ってしまう人や、相手を楽しませようと必死になってしまう人の方が、好印象を与えます。 10代や20代前半くらいの女子は、スマートな大人の男に憧れることも少なくはありません。 それでも、言動から気持ちの通じてこない相手より、少しくらい不器用でもきちんと伝えてくれる人の方がモテると言えます。 LINEで気を使わせない モテるモテないを大きく左右するようになった、LINEのやりとり。 モテる男はこのLINEの使い方も上手です。 一番は、気を使わせないLINEのやりとりができるかどうか。 質問攻めのLINE• 長文のLINE• 返事に困るLINE• 終わりどきがわからないLINE これらはモテない男のLINEの典型なので覚えておきましょう。 特に女子から聞くのが「終わりどきがわからなくてやりとりが面倒」という意見。 学生ならまだしも、社会人にも成ってくるとLINEに時間を割くことが難しくなってきます。 ダラダラ続くLINEを面倒に感じてしまうのは当然でしょう。 ここでモテる男は、自ら既読無視をし「返すのが億劫の時はいつでも既読無視をしていい」という関係をつくります。 そして、何事もなかったかのように別日にLINEを送る。 こうすることで相手に返信を気遣わせることがないので、恋愛に発展する可能性が高くなります。 LINEスタンプを駆使する これはモテ男の上級者テクですが、スタンプを駆使することで女子からモテることができます。 かつてミラーリングというモテテクが流行ったことをご存知でしょうか。 ミラーリングとは心理学でも使われている言葉で、鏡のように相手と同じ行動をすることで相手に親近感を抱かせ好感を得るというもの。 LINEスタンプを使うことで、これと同じような効果が期待できます。 やり方は、相手が使っているスタンプを買って、それを使うだけ。 いきなり送りつけるのはハードルが高いかもしれないので、「そのスタンプいいね」と一言いってから買って送るといいでしょう。 意外性がある これは男女共通することでもありますが、意外性がある人はとにかくモテます。 普段の自分が周囲からどのような印象を持たれているかをリサーチしておくことで、簡単に作ることができるので試してみてください。 例えば、ちょっと近寄りがたいと思われているのなら動物好きをアピールしてみるとか、イケイケに見えるのにアニメや映画に詳しいとか…。 趣味や好きなものを表現しておくことで、勝手にギャップと思われてモテ要素になるかも。 自分に似合うファッションを分かっている 身長や体重に関係なく、自分に似合うファッションが分かっていると、自分の魅力を引き出すことができます。 おしゃれというのは最先端という意味ではなく、 自分が相手にどう見えるかを分かっている人です。 モテる男に清潔感は必須。 自分の体や見え方を研究して、なにが似合うか見極められるようになりましょう。 いい匂いがする 通りすがりの女子からいい匂いがしたら、思わず振り返りたくなりますよね。 それと同じように、女子も いい匂いがする男性が好きです。 お話するときやキスをするとき、その日なにを食べたか分かるような匂いよりも、ほのかないい香りに包まれていた方が、大切な人とより良い時間を過ごせますよね。 内面をより輝かせるために、ファッションや香りがあります。 それらを上手に使いこなせるのが、モテる男のやることです。 まとめ.

次の

イケメン

イケメン

「顔より性格」とは言っても、やっぱりイケメンが好き。 男性が美人を好きなように女性もイケメンにあこがれています。 これは動物行動学的に見ても当然のこと。 女性は出産できる回数が決まっているため、よりよい遺伝子が欲しい。 ですからイケメンが好きなのです。 この快感が忘れられずイケメンを求めます。 そうは言っても、街行く男性を見てもあまりイケメンはいません。 もしかしてイケメンってテレビの中の話じゃない?いえいえそんなことはありません。 この現実世界にもイケメンは生息しているのです。 絶対数が少ないのでなかなかお目にかかれませんが。 さて今回はイケメンとお付き合いしている女性の方に、いろいろとお話を聞いてきました。 「イケメン大好きです。 今の彼もイケメンです」と豪語するのは薄幸な雰囲気の女性K子さん(27歳)。 「美女じゃなくても付き合えますよ」。 薄幸そうなルックスが効くのでしょうか……。 ところで出会いは? イケメンの場合、すでに彼女がいるのでは。 「そうなんですよね。 だいたいみんな彼女がガッチリガードしていて、近づけません。 ですから『青田買い』です」。 K子さんはなんと、イケメン予備軍を早くに見極めておくのだそうです。 「大学生のころはお金もないし野暮ったい。 でもよく見ればいい顔の男性がいるんですよ。 社会人になればあか抜けるからそれを予想して仲良くなるんです。 たいていの女子は目立つ男子ばかり見て、ダサい男子のことは見ていない。 そのダサい男子が好きな女子もそれほど積極的ではないので、まあ、私が積極的にいただいてしまうというか」.

次の